セキュリテからのお知らせ

ニュースリリース 2020年10月14日 12:44

【神奈川新聞】神奈川県との「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定締結」について掲載。

メディア掲載


本年 10 月 12 日、当社は、神奈川県と、 SDGs の達成に向け、相互に連携して取り組むことにより、神奈川県内における地域のより 一層の活性化に資するため、「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定」を締結しました。 本協定に基づき、社会的リターンと経済的リターンの両立を目指す「かながわ SDGs アクションフ ァンド」を創設し、特設サイトを公開しました。(https://www.securite.jp/kanagawa

本件について、10月13日付の神奈川新聞に掲載されました。(以下、記事一部抜粋)
 
SDGs推進へファンド ~県、投資会社と連携協定~
MS社が創設するのは、クラウドファンディングによる「かながわ SDGs アクションフ ァンド」。
個人投資家や法人が出資することで、県が登録する「かながわSDGsパートナー」(現在263社)の社会的投資の拡大を図る。
県庁で協定を締結した黒岩祐治知事は「SDGsの取り組みが資金の流れと結びつくことは非常に重要」と強調。MS社の小松真実代表取締役は「社会課題の解決に共感して頂き、これだけ社会が良くなったという可視化を進めていきたい」と語った。

/data/blog/archive/original/50485.JPG

この記事だけを表示

ニュースリリース 2020年10月13日 00:00

【日本経済新聞】神奈川県との「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定締結」について掲載。

メディア掲載

本年 10 月 12 日、当社は、神奈川県と、 SDGs の達成に向け、相互に連携して取り組むことにより、神奈川県内における地域のより 一層の活性化に資するため、「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定」を締結しました。 本協定に基づき、社会的リターンと経済的リターンの両立を目指す「かながわ SDGs アクションフ ァンド」を創設し、特設サイトを公開しました。(https://www.securite.jp/kanagawa

本件について、10月12日付の日本経済新聞に掲載されています。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64884850S0A011C2L82000/


/data/blog/archive/original/50485.JPG

今後、「かながわSDGsアクションファンド」においては、神奈川県が実施している「SDGs社会的インパクト評価実証事業」の結果も踏まえ、かながわSDGsパートナーが自らの取組のSDGsインパクトを可視化し、個人投資家や法人などから資金調達を行って参ります。

 

この記事だけを表示

ニュースリリース 2020年10月12日 17:00

神奈川県と「SDGs推進に係る連携・協力に関する協定」を締結しました。

/data/blog/archive/original/47989.jpg 
 令和2年10月12日
  ミュージックセキュリティーズ株式会社
 


 
神奈川県と「SDGs推進に係る連携・協力に関する協定」を締結
~「かながわSDGsアクションファンド」を創設します~
 
/data/blog/archive/original/50483.jpg
 
本年10月12日、ミュージックセキュリティーズ株式会社(代表取締役:小松真実、東京都千代田区、以下「MS社」)は、神奈川県(知事:黒岩祐治、神奈川県横浜市)と、SDGsの達成に向け、相互に連携して取り組むことにより、神奈川県内における地域のより一層の活性化に資するため、「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定」(以下「SDGs推進協定」)を締結しました。
また、社会的リターンと経済的リターンの両立を目指す「かながわSDGsアクションファンド」を創設、特設サイトを公開し(https://www.securite.jp/kanagawa)、神奈川県が登録する「かながわSDGsパートナー」向けのインパクト投資を推進します。
「かながわSDGsアクションファンド」においては、神奈川県が実施している「SDGs社会的インパクト評価実証事業」の結果も踏まえ、かながわSDGsパートナーが自らの取組のSDGsインパクトを可視化し、個人投資家や法人などから資金調達を行います。

 
/data/blog/archive/original/50479.jpg

MS社はこれまで、30を超える自治体と連携し、SDGs達成に貢献するファンドの組成を推進してきましたが、この度、神奈川県とSDGs推進協定を締結し、かながわSDGsアクションファンドを創設することで、個人がインパクト投資という具体的なアクションによりSDGsに携わることができる社会的投資システムを構築し、SDGs達成に向けた取組を加速させます。
 
社名 ミュージックセキュリティーズ株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
代表者 代表取締役 小松 真実
所在地 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル3階
事業内容 1口数万円の少額からご出資いただけるインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」を運営。 「セキュリテ」は経済的なリターンを求めるだけではなく、創業や中小企業支援による産業振興・地域創生、インディペンデントな創作活動と研究開発、環境問題の解決、そして、震災からの復興など、それぞれの地域で抱える社会的な課題に対して、皆様からの出資を通じて解決しようとする、経済的な価値と社会的な価値の両方を追求する新しい投資の仕組み。 個人の共感をベースにした新しい金融の枠組みを作り出し、世の中に新たな価値を提供することを目指し事業を展開しています。
URL 「セキュリテ」 https://www.securite.jp/
「かながわSDGsアクションファンド」https://www.securite.jp/kanagawa
「ミュージックセキュリティーズ株式会社」https://www.musicsecurities.com/
    
 
【本件に関するお問い合わせ先】
ミュージックセキュリティーズ株式会社 広報 
TEL:03-5948-7301 
E-mail:mspr@musicsecurities.com


 
 
 

この記事だけを表示

イベント 2020年10月9日 16:59

10/23 オンライン説明会「地域の自立を目指す 小水力発電ファンド」

この度、現在募集中の「地域の自立を目指す 小水力発電ファンド」のオンライン説明会を開催いたします。

本ファンドは、長野県茅野市の3V小水力発電株式会社が八ヶ岳山麓で新たに開始する小水力発電事業へ出資するものです。

本説明会では、テーマを「エネルギー・教育・農業で持続的な地域へ」とし、高齢化の中で今後も地域が持続するための3つの柱や、その中の一つとしての小水力発電について、同社の松本代表にお話いただきます。

/data/blog/archive/original/50445.jpg

◆イベント情報

・日時:10月23日(金)19:00~20:30
 (質疑応答の内容によっては30分ほど延長となる場合がございます。)
・参加費:無料
・定員:100名
・形式:ZOOMを使用します。イベントの視聴及びテキストでの質問が可能です。
   (視聴者の映像・音声は発信されません)   

◆登壇者
 
 3V小水力発電株式会社 代表 松本 修二様
【経歴】
 教育者として活動後、農業分野のコンサルを経て、2014年1月に株式会社3V設立、代表取締役就任 
 2019年4月「3V小水力発電株式会社」設立
/data/blog/archive/original/50480.jpg

◆お申込み方法

 以下のURLより事前登録の上、登録メールに記載のURLよりご参加をお願いいたします。
 <申込フォーム>

◆ご注意事項

 ・本イベントでは、募集中ファンドの勧誘を行う場合がございます。
 ・イベント内容が変更になる場合がございます。

本イベントに関するお問い合わせはこちらからお願いいたします。

この記事だけを表示

ファンドについて 2020年10月8日 18:30

名古屋の新シンボルに誕生したサウンドカフェ「base lab.」

皆さま、こんにちは。

今日は、今月いっぱいで募集受付が終了となる「名古屋テレビ塔サウンドカフェ応援ファンド」をご紹介します。

/data/blog/archive/original/50473.jpg

名古屋の中心部・栄のシンボル『名古屋テレビ塔』が、2020年9月18日(金)にグランドオープンしました。
名古屋のシンボルとして、ホテルやレストラン、カフェなどが入る新しい魅力にあふれたスポットとして生まれ変わったこの場所に、本ファンドの対象事業である「base lab.(ベースラボ)」が出店。
こだわりのドリンクやスイーツを見晴らしの良い空間で味わえるカフェとして、お客様をお迎えしています。

/data/blog/archive/original/50475.jpg

当店で味わえるコーヒーメニューはすべて自家焙煎で、毎日バリスタが天候に合わせてエスプレッソマシンの抽出圧を調整しています。
看板メニューは、ラテアートが楽しめるラテ。
人気の理由は、バリスタが描くラテアートだけでなく、最後の一口までしっかりコーヒーの味を楽しめる、こだわりの美味しさにあるようです。
 

◇ パスファインダー有吉社長メッセージ
 これまでのカフェにはなかったサウンドシステムで、耳からもくつろげる空間を作り出します。
店内に流れる音楽は、Jazztronikの野崎良太氏が立ち上げたmusilogue(ムジログ)から楽曲提供いただいています。

/data/blog/archive/original/50474.jpg

実験的な音響空間に自然音と音楽を交えたサラウンド環境で、最高の一杯を楽しんでいただきたいと思っております。
宜しくお願い致します。

パスファインダー株式会社 
有吉 剛志

/data/blog/archive/original/50476.jpg

まだ走り始めたばかりの当店ですが、その発展を一緒に応援してくださる出資者の皆さまをお待ちしています。
本ファンドでお預かりした資金は、「base lab. 名古屋テレビ塔店」の内装、設備費用に使用させていただきます。


【詳細はこちら】


/data/blog/archive/original/50477.jpg

一口      ¥21,600
募集総額    ¥25,000,000
事業者     パスファインダー株式会社
参加人数    93人
募集期間    2019年10月10日~2020年10月31日
分野      飲食店
シリーズ    いいね!あいち応援ファンド
特典
1口につき、次のうちいずれかをご選択の上お受け取りいただけます。
選択方法等は、会計期間中にご案内いたします。

・名古屋テレビ塔内の新店舗「base lab.」の1年間フリーパス(1日につき1杯まで、ドリップコーヒー「HOTまたはICE」限定)
特にフリーパスをご選択の出資者様は、会計期間中のアンケートへの積極的なご協力をお願いいたします。フリーパスは複数口をご出資いただいた場合でも、出資者様に対して1枚の発行となります。

・base lab.専用ロースターで焙煎したオリジナルブレンドコーヒー豆(送料・税込約3,000円相当)
コーヒー豆は、深煎り・浅煎りなどのご要望をお伺いし、発送する予定です。


【ファンドのお申し込みはこちら】
 

この記事だけを表示

ファンドについて 2020年10月6日 18:30

地産ホップだけを使ったフレッシュホップビール

皆さま、こんにちは。
今日は、「福島産ホップで地域を潤すビールファンド」の事業者である株式会社ホップジャパンの近況をご紹介します。

/data/blog/archive/original/50467.jpg

先日、同社では、地元である福島県田村市産の生ホップだけを使用したフレッシュホップビールの仕込みが行われました。
地産ホップだけを使ったビールは初めての試みということで、田村市長と一緒にホップを醸造釜に投入するセレモニーも開催。
その模様が各メディアで紹介され、ファンドニュースでもご案内しています。

仕込みの様子が各メディアで紹介されました。


/data/blog/archive/original/50468.jpg

100%田村産の生ホップを使ったこのビールの名前は「Abukuma FRESH(アブクマフレッシュ)」。
約2週間かけてホップの香りや苦みをしっかり感じられる味わいに仕上げていきます。
苦みが強いドライなタイプからフルーティーな味わいまで、7種類のビールを仕込み、10月上旬にも醸造所やインターネット通販などで販売を始める予定です。

/data/blog/archive/original/50466.jpg

同社が醸造するクラフトビールの特徴は、地元の農家の方々がホップを手摘みをして1時間以内に製造工程に投入することが可能なため、香りがワインのようにとても華やかになり、一層フルーティーな味わいになる点にあります。
「福島産ホップで地域を潤すビールファンド」は半分投資、半分購入型のしくみとなっており、ご参加頂いた方には、ご購入分のビールをお届けします。
これらのビールはいずれも福島県田村市産のホップを使用した味わい深いものとなっています。
事業を見守る楽しみと、商品を味わう楽しみの両方を体感していただけるファンドとなっていますので、是非多くの方にご参加頂ければ幸いです。
なお、ファンドでお預かりした資金はビール醸造設備導入費用として、大切に使用させていただきます。


【詳細はこちら】


/data/blog/archive/original/50469.jpg

一口         ¥32,400
募集総額    ¥9,000,000
事業者       株式会社ホップジャパン
参加人数    109人
募集期間    2020年3月26日~2021年3月31日
分野         食品製造、酒

本ファンドへお申込みを頂きますと、1口のお申込み金額30,000円(取扱手数料抜)につき、15,000円(取扱手数料抜)が出資金として、15,000円がホップジャパンのビールとオリジナルグッズ購入分として営業者へ支払われます。
お送りする商品は、以下の2点です(税・送料込 約15,000円相当)。

・福島県田村市の農家の方々が栽培したホップを一部使用したSession IPAとWhite Wheat Ale(330ml)各8本、合計16本
・ホップジャパン オリジナルグッズ
(オリジナルグッズの詳細は2020年夏頃決定予定です。)

※会計期間中2回に分けての発送を予定しております
※海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください


【ファンドのお申し込みはこちら】
 

この記事だけを表示

ファンドについて 2020年10月1日 19:00

新ファンド募集開始のお知らせ

皆さま、こんにちは。

今日は、昨日募集を開始した新ファンド「地域の自立を目指す 小水力発電ファンド」のご紹介です。
本ファンドは、長野県茅野市笹原地区にある農業用水を活用した小水力発電事業を応援するものです。

/data/blog/archive/original/50442.jpg

小水力発電とは、一般的に水力発電のうち比較的小規模なものを指します。
河川や水路等を利用しながら、ダム等を伴わず小規模な設備で実施でき、環境負荷が少なく、長期にわたり安定して電力を生み出すことが可能です。
しかし、優れた発電方法であるにもかかわらず、日本での水力発電の普及は遅れています。
なぜなら、水力発電を開始するためには、現地調査や水利権、その他多くの規制があり、それらをクリアするのに何年もの時間がかかる上に、初期投資として多額の費用が必要となるからです。

/data/blog/archive/original/50441.jpg

本ファンドの事業者である「3V小水力発電株式会社」は、地方を再生するための原動力として、水力発電を提案しています。
そして今回、地元である長野県茅野市での発電を行うこととなりました。
長野県内は山が多く、高低差によって水力発電を行うために適した環境が揃っています。
また、長野県茅野市の地元企業であるという地の利を生かして、通常であれば何年もかかる現地調査をすでに数多く行なっています。
現在、茅野市の行政や住民、土地の権利者と密接に関わりながら発電所設置に向けての準備を進めるにまで至りました。

/data/blog/archive/original/50443.jpg

本事業を行う背景には、もう一つの目的があります。
茅野市は自然豊かな避暑地として名が知られていますが、全国の観光地・避暑地と同じように過疎化や若者の流出が進んでおり、地域全体の高齢化は否めません。
本ファンドの事業者である「3V小水力発電 株式会社」代表の松本氏は、このような高齢化・過疎化が進む地域に自信と活力を取り戻したいと考えています。
そして、地域再生の要となる食とエネルギーの「地消地産」(地域で消費するものは地域で産み出す)を、この事業を通して実現していこうとしています。

/data/blog/archive/original/50444.jpg

本事業は、日本では数が少ない小水力発電を通して、高齢化地域の再生を試みるエネルギー事業です。
ファンドでお預かりした資金は、事業開始のために必要となる八ヶ岳水力第二発電所の建設に係る設備や工事費用の一部として使用させていただきます。
出資者の皆さまには、発電所施設に設置するパネル等に、任意でお名前を掲載させていただくほか、会計期間中年1回(全7回)、現地(長野県茅野市)にて、発電所の見学を兼ねた事業報告会への参加を準備しています。
長期にわたりこの取り組みを見守っていただけましたら幸いです。


【詳細はこちら】


/data/blog/archive/original/50445.jpg

一口     ¥32,400
募集総額   ¥30,000,000
事業者    3V小水力発電株式会社
参加人数   4人
募集期間   2020年9月30日~2021年9月30日
分野     エネルギー
特典
ご出資頂いた方全員に、下記の①、②の特典両方をご提供します。
①発電所施設に設置するパネル等に、出資者の氏名を掲載(任意)
②会計期間中年1回(全7回)、現地(長野県茅野市)にて、発電所の見学を兼ねた事業報告会への参加

・本ファンドでは、小水力発電を通じて、地域と出資者のみなさまが、また出資者のみなさま同士がお互いにつながり続けることを目指しております。 
・事業報告のほか、地域についての紹介や、小水力発電を通じてエネルギーについて学ぶ内容を予定しています。
・ご訪問いただいた際には、地元事業者とも連携し、茅野市・八ヶ岳地域を楽しんでいただけますよう、プログラムを検討してまいります。

※交通費、宿泊費等は、恐れ入りますが出資者のみなさまに自己負担いただきます。
※現地でのご参加が困難な場合、オンラインでの中継または実施レポートのご提供等を予定しています。
※新型コロナウイルスによる移動の制限、その他予期せぬ事情により、現地での開催が困難となる可能性がございます。予めご了承ください。


【ファンドのお申し込みはこちら】
 

この記事だけを表示

ニュースリリース 2020年9月30日 15:00

大学連携プロジェクト「Securite ACADEMIA(寄付)」に 滋賀銀行がサポート企業として参画

/data/blog/archive/original/45355.png/data/blog/archive/original/45047.jpg


2020 年 9 月 30 日
ミュージックセキュリティーズ株式会社
 
大学連携プロジェクト「Securite ACADEMIA(寄付)」に 滋賀銀行がサポート企業として参画

 この度、弊社ミュージックセキュリティーズ株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役:小松 真実)が運営する「大学連携プロジェクト Securite ACADEMIA(寄付)」に、滋賀銀行(本店:滋賀県 大津市/取締役頭取 高橋 祥二郎)がサポーター企業として参画いたします。
 本日付で、同行の「SDGs 私募債『つながり』」(※1)による拠出金 50 万円を「日仏共同研究に よる新型コロナウイルス感染症対策基金」へ贈呈されました。ここにご報告申し上げます。

<本基金の概要>
名称 日仏共同研究による新型コロナウイルス感染症対策基金
内容 パスツール研究所と京都大学の共同研究所に最新機種の検出装置を導入することを目標とします。
第1次募集期間 2020年7月14日〜2020年10月31日
運営者 京都大学大学院医学研究科
基金募集サイト https://www.securite.jp/ac/UKyoto2
 
<滋賀銀行株式会社の概要>
名称 株式会社 滋賀銀行
設立日 1933年10月1日
所在地 滋賀県大津市浜町1番38号
資本金 330億円
事業内容 滋賀県大津市本店の地方銀行。銀行業を中心に、リース・投資(ベンチャーキャピタル)事業、クレジットカード事業、事務代行事業、信用保証事業等の金融サービスを提供。
 
 
<大学連携プロジェクト「Securite ACADEMIA(寄付)」概要>
名称 大学連携プロジェクト「Securite ACADEMIA(寄付)」
内容 大学の教育研究を支える財政基盤多様化の一環として発足した大学連携プロジェクトです。大学基金を経由して大学の研究者へ研究資金を届けることを目的としています。
文部科学省「研究支援サービス・パートナーシップ認定制度」 において、研究者の研究環境を向上させ、我が国における科学技術の推進及びイノベーションの創出を加速するサービスと認定されました。
オフシャルサイト https://academia.securite.jp/
 
(※1)SDGs私募債「つながり」
同行に「SDGs賛同書」を提出いただいた企業が私募債を発行した際、発行額の0.2パーセント相当額の資金を同行が拠出し、学校や特定公益増進法人に対し、物品の寄贈や活動資金の寄付を行うもの。
 
 
(参考)本件の寄贈スキーム

                                                以上


<本件に関するお問い合わせ>
ミュージックセキュリティーズ株式会社 産学官連携推進室
〒100-0004 東京都千代田区大手町 1-6-1 大手町ビル3階
Mail:ac@musicsecurities.com
Tel :03-5948-7301
Fax : 03-3287-7210

この記事だけを表示

ファンドについて 2020年9月29日 19:09

タグボート大正クルーズ 就航中

皆さま、こんにちは。

秋風の心地よい季節になりました。
今日は、今の時期に最適なクルーズ船を就航している「タグボート大正」をご紹介します。

TUGBOAT_TAISHOクルーズコースのお知らせ

/data/blog/archive/original/50421.jpg

「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」は、株式会社RETOWN(以下「RETOWN」)と大阪市大正区がタッグを組み開業した複合施設です。
現在募集中の「大正 水辺のターミナルタウン構想ファンド」は、この「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」に船着き場を作るための資金を募集するもので、このクルーズ船の就航は、皆さまからのご支援により成り立っている事業といえます。

/data/blog/archive/original/50425.jpg

何といっても船の魅力は、陸上からは見る事ができない水辺ならではの景色です。
大阪でいえば、道頓堀など町中にもリバークルーズはありますが、海に近い大正区の水路は幅が広いため、大きな空と水平線、普段と違う角度で見る大きな橋など、開放的で壮観な景色を楽しむことができます。
クルーズは3つのコースが用意されており好みに合わせて楽しめるようですので、お近くにお越しの際はぜひ乗船してみてはいかがでしょうか?

/data/blog/archive/original/50423.jpg

ここ「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」のターミナルは、観光だけではなく「日常の移動手段」として定期運航もしていきます。
一過性のものではない新しい人の流れをつくることで、まちを再生していきたいと考えています。
出資していただいた皆様には、特典としてボートの年間パスポート(非売品)をお届けしますので、ぜひご参加ください。

/data/blog/archive/original/50424.jpg

また、3口以上の出資で日本初の水上に浮かぶホテルの宿泊を利用いただけます。
この、日本初となる水上に浮かぶホテルは、客室数12室で開業準備中です。
内部の様子が見えてきましたら、また、このメルマガでもお伝えしていきたいと思います。
是非、舟運事業にもご期待いただきつつ、大阪にお越しの際には、乗船・水上ホテル宿泊をお楽しみください。


【詳細はこちら】

/data/blog/archive/original/50422.JPG

一口     ¥52,500
募集総額   ¥28,400,000
事業者    株式会社RETOWN
参加人数   39人
募集期間   2019年6月27日~2021年6月30日
分野     観光・宿泊
シリーズ   セキュリテ大阪ファンズ
特典
■1~2口ご出資のみなさま
「投資家限定 大正~USJ間の乗船フリーパス会計期間中1年間(1名様1日1往復)」をご提供。

■3口以上ご出資のみなさま
・「投資家限定 大正~USJ間の乗船フリーパス」を会計期間中の1年間(1名様1日1往復)
・「日本初水上ホテル2名様1泊素泊まり無料」を会計期間中の3年間(1年1回で合計3回)をご提供。

【ファンドのお申し込みはこちら】
 

この記事だけを表示

セキュリテストア 2020年9月29日 12:00

“いつか”に備えて

みなさん、こんにちは。
セキュリテストア担当の田村です。

突然ですが、皆さんは“備え”は万全ですか?
近年、毎年のように地震や台風など自然災害が起こっています。
日本中、いつ、どこにいても自分や家族が巻き込まれる可能性はあります。
いざという時のため、こんな商品のご提案です。
 
災害用備蓄食セット12食分 全6種20品
/data/ec/2710/_X3A8987.jpg

ホテルや機内食に採用されている惣菜を長期保存可能な備蓄食にしました。
ライフラインがすべて停止した非常時でも、少量の水(雨水でも可)さえあれば場所を問わずに加熱できます。
また、7大アレルゲン物質は使用しておらず、豚やアルコールも使用していません。様々な食のハードルを取り除いた非常食ですので、アレルギーが心配という方にも安心です。
消費期限は5年間と、長期の保存が可能です。

/data/ec/2710/_X3A9120.jpg
非常時でも温かく、そして美味しいものを食べられることは、身体と心の健康にとても大切なことです。
そして、すでに備えはバッチリという方にも、ぜひご確認いただきたいことがあります。
おうちにある非常食の消費期限は、十分に余裕がありますか?
定期的に確認をして、新しいものに入れ替えましょう。

その他商品はこちら→セキュリテストア

田村

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2021 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.