セキュリテニュース

お知らせ2017年8月8日 10:00

セキュリテトークイベント開催報告

/data/blog/archive/original/36726.jpg

先日8/1(火)丸の内でミュージックセキュリティーズ株式会社主催「セキュリテトークイベント」を開催いたしました。今回はいつものような事業者さまに登壇いただくイベントでなく、取締役の杉山、影山を中心にセキュリテのメンバーのみでお送りいたしました。ご参加いただいた皆さま、誠にありがとうございました。この記事では本イベントの様子をレポートいたします。
 
非常勤取締役 影山 知明(右)
東京大学卒。戦略系コンサルティングファームMckinsey&Companyに入社。広く金融機関、ヘルスケア、製造業等の各分野で新規事業立ち上げ、マーケティング戦略立案、組織運営システム再設計等のコンサルティングに従事。 2002年5月弊社取締役就任。自身も「クルミドコーヒー」を経営する。
取締役 杉山 章子(左)
国際基督教大学卒。米国コロンビア大学大学院修了。国際協力銀行、日本政策金融公庫等を経て2009年弊社入社。海外のマイクロファイナンスファンドや被災地応援ファンド等の担当を経て、2013年弊社西日本支社開設時に支社長就任。2015年弊社執行役員就任。2017年、ミュージックセキュリティーズ創業以来初となる「顧客担当役員」として取締役就任。
 

オープニング


まずは司会進行をつとめる広報の加藤からみなさまへご挨拶。

「セキュリテの過去、現在、未来を赤裸々にお話しするなかで、金融の可能性についてみなさまと一緒に考えていけたらと思います」。

そして取締役の杉山が登場し、セキュリテのこれまでの道のりを簡単に紹介いたしました。社名に「ミュージック」とあります通り、ミュージシャンをファンが応援する音楽ファンドから始まった当社ですが、神亀酒造の小川原専務との出会いが大きな転機となり、はじめて音楽以外のファンド「全量純米蔵ファンド」を募集。2011年には東日本大震災があり、半分寄付・半分投資の「セキュリテ被災地応援ファンド」を募集いたしました。この頃当社を知ってくださった方も多いと思います。

/data/blog/archive/original/36727.jpg
▲2009年頃のイベントに登壇する影山と杉山

そうして現在までに、704本のファンドで71億円程度のお金を集めてきました。今も300本以上のファンドを運用中です。
 

セキュリテの今後


次に影山が登場し、杉山と2人のトークが始まりました。まず話題になったのは「セキュリテができていないこと」。
数多くのファンド組成に関わってきた杉山は事業者さまの事業や、お人柄の魅力を近くで感じつつげてきましたが、必ずしもすべての事業者さまが発信が上手なわけではなく、投資家さまへ魅力を伝えきれない部分もあったといいます。

/data/blog/archive/original/36724.jpg
▲「顧客担当として顔の見えるサービスを目指したい。」と話す杉山

これまで全国の自治体や金融機関との連携は広く進めてきましたが、今課題となっているのがひとつひとつのファンドについての事業者さまの情報や、投資家さまが「事業に参加していただく場」の提供。毎年企画している東北の事業者さまを訪問する「425祭」には想いのある投資家さまが毎年多く参加されますが、まだ機会が少ないと感じています。

2002年頃、元々はベンチャーキャピタルとしてミュージックセキュリティーズへ投資を決断した影山が当時感じたセキュリテの可能性も

・事業ができあがっていく過程を垣間見せることのおもしろさ
・投資が社会参加のかたちのひとつになること

今ではファンドの事業者でもある影山。自身のファンド「クルミドコーヒーファンド」では、投資家さまにファンドの資金で立ち上げた「胡桃堂 喫茶店」に集まっていただき、影山から事業者としてお店の状況をお話ししたり、投資家さまのお話しをうかがったり、投資家さまのアイデアや発意から何かが生まれていく場づくりを計画しているとのこと。お金だけではない価値を感じていただけることがセキュリテの特徴であるということが語られました。


/data/blog/archive/original/36723.jpg
▲そういった場で「今では想像もつかないようなおもしろい取り組みが芽吹いていくのでは」と話す影山

クルミドコーヒーファンドについて詳しくはこちら(受付中)
 

インパクト投資

投資によって生まれる価値が語られるなか、続いては会場のお客さまからの質問「事業者さんをどうやって選んでいるのですか」にお答えしました。

担当者の「この事業者さんのファンドを作りたい」という気持ちを原点としながら、今後セキュリテでは「持続可能な開発目標(SDGs)」を評価指標のひとつとして、事業者さまの想いのある事業の成長そのものだけでなく、それぞれの地域で抱える課題や貧困や環境などの社会的な課題をいかに事業が解決するかという側面について、より尊重していくことが語られました。

SDGsとは2015年9月の国連サミットで採択された持続可能な開発のための17の目標です。
SDGsについて詳しくはこちら(国連広報センター)

そしてセキュリテは「インパクト投資プラットフォーム」として投資家さまには経済的な価値と社会的な価値の両方を提供してまいります。

/data/blog/archive/original/36725.jpg

インパクト投資プラットフォームについて詳しくはこちら
 

次回イベント


その後も時間の許す限り、会場のお客さまからの熱心なご質問にお答えさせていただきました。これまでのお話にもありました通り、セキュリテでは投資家さまにより事業者さまの魅力を感じていただくため、次回イベントも鋭意準備中です。最新情報はメールマガジンやSNSでお知らせいたしますので、ぜひ続報をお待ちください。

会員登録はこちらから(期間限定キャンペーン実施中)
セキュリテ公式Facebook
セキュリテ公式twitter

杉山と影山のブログの更新もどうぞ楽しみにお待ちくださいね。

ゆっくり、いそげ? セキュリテ自由帳

最後までお読みいただき、ありがとうございました。会場の雰囲気が少しでも伝われば幸いです。

この記事だけを表示

お知らせ2017年8月2日 17:40

弊社の代表小松が「GSG Impact summit 2017 」に参加しました

シカゴで7月に開催されたインパクト投資についてのサミット「GSG Impact summit 2017」に弊社代表の小松が参加いたしました。

GSG Impact summit 2017

パネルディスカッションでは、インパクト投資プラットフォームの運営企業として各国の個人投資家と意見交換させていただく貴重な機会となりました。

アジェンダ(PDF)

セッションの詳細(PDF)

インパクト投資プラットフォームについて詳しくはこちら
経済的な価値と社会的な価値の両方を追求する新しい投資の仕組みを提供してまいります。

この記事だけを表示

ファンドについて2017年7月26日 17:30

山形県森谷農園の美味しいさくらんぼを頂きました

みなさま、こんにちは。
東京オフィスです。
 
現在募集中の「食の安全を願う生産者ファンド2016」の特典にもなっている山形県森谷農園の美味しいさくらんぼを食べてみました。
 
/data/blog/archive/original/36407.JPG
 
みずみずしくておいしかったです。

「政治家や著名人もわざわざ取り寄せるほど」とおっしゃっていたのも、「そうだろうなあ」と頷けるところです。
 
「うちの子は種があるものを敬遠してしまう」というお父さん・お母さんも多いかもしれませんが、このさくらんぼは甘くて食べやすいので(すっぱくないんです!!)、いくつも欲しがること間違いなしです。
 
大人買いして独り占めしても食べきれてしまいそうなおいしさですが、家族みんなで食べればすぐになくなってしまうはず。

我が家の経済力ではなかなか日常的に食べることは難しいですが、バーベキューパーティーや、ちょっとしたホームパーティーの際に持ち寄るのも素敵かなーと思います。
 
消費者が、美味しくて安全な果物や野菜が食べたいと思うのは当然のこと。
生産者もその期待に応えるべく美味しくて安全なものを作ろうと日々格闘しています。
ファンドを通じてご支援頂ければ幸いです。
 
このファンドの詳細・お申込みはこちらです。
https://securite.jp/fund/detail/2673
 
なお、さくらんぼの季節が6~7月上旬ということもあり、現在の投資家特典は、ふるさと21で利用できる7,000円相当のクーポン券(1口あたり)になっています。
 

この記事だけを表示

ファンドについて2017年7月25日 15:00

セキュリテで探す全国の農家さん

みなさま、こんにちは。今回は日本全国でさまざまな工夫を凝らして果物や野菜、米の農業に取り組む事業者さんのファンドをピックアップして紹介いたします。
 

【兵庫】あなたが選ぶ美味しい米農家ファンド ※お申し込み9/30まで

/data/blog/archive/original/36351.jpg
井澤社長が提案するのは、「農家別」で米を選ぶということ。同じ品種、産地でも、少しの栽培の違いで、米の味はかわります。自分が美味しいと思える米に出会えることは、より豊かな生活につながるとともに、本当の意味での安心・安全になると井澤社長は語ります。

 

【奈良】奈良 月ケ瀬から世界へ井ノ倉抹茶ファンド

/data/blog/archive/original/36432.jpg
ティーファーム井ノ倉は2010年の全国品評会で1等の農林水産大臣賞を受賞するなど、国内では品評会受賞の常連。ただ単純にお茶を飲んでもらうというだけではなく、茶器や淹れ方、飲むシチュエーションといった細部にまでこだわりを持ち、消費者に提案していくため、茶農園併設のカフェ「SHOP粋翠」を営んでいます。

 

【奈良】奈良大和 発酵土壌農業ファンド

/data/blog/archive/original/38581.jpg
青ネギの生産から 加工、販売までを一貫して行う「6次化体制」を推進してきた奈良県五條市にある「農業生産法人株式会社五條市青ネギ生産組合」のファンドです。

 

【福井】若狭の恵 ひまわりの里 お米ファンド

/data/blog/archive/original/38592.jpg
太陽の光をいっぱいに浴びたひまわりを有機肥料として活用し、化学肥料は不使用、農薬の使用量を通常の半分以下に抑えた「ひまわり米」。生産しているのは、福井県小浜市のメガファーム「株式会社若狭の恵」です。

 

【熊本】「日本の食を守りたい」ろのわファンド

/data/blog/archive/original/38564.jpg
熊本県内でいち早く米や穀物の有機栽培に取り組み、オーガニック食材など、安心・安全の食にこだわる消費者に評価されてきた株式会社ろのわ。熊本地震により壊れた設備・機械の修理や液状化した田んぼや畑に暗渠(あんきょ)排水工事等を行い、生産を増やします。


関連して、農家さんと密接に関係するこんなファンドも。
 

【京都】マイファーム つくる通信ファンド

/data/blog/archive/original/38579.jpg
株式会社マイファームは自分たちが作った農産物を自分たちで消費する「自産自消ができる社会」創りを目標に、耕作放棄地を利用した体験型農園の運営などを行っています。農業の楽しさや大変さ、食べることへの理解などを深めることを目指しています。

 

【青森】食の安全を願う生産者ファンド2016 ※お申し込み9/29まで

/data/blog/archive/original/38580.jpg
青森県を拠点に、全国の農家が生産した無農薬米、有機野菜や果物を直販。生産者を第一に、手塩にかけて育てた有機作物に対して、正当な対価を生産者が得られるような仕組み作りを目指ざしています。
また、事業者の「ふるさと21」は過去にも同様の事業を対象としたファンドを募集し、プラスの償還実績を持っています。詳しくはこちらをご覧ください。

プラス償還実績を持つリピーター事業者さん


いかがでしたでしょうか。セキュリテを通じて、ぜひ応援したい農家さんを探してみていただければ幸いです。

もっと受付中ファンドを探す

この記事だけを表示

西日本支社2017年7月20日 14:15

よしかファーム糖度保証ミニトマトの試食のご報告

みなさま、こんにちは。西日本支社です。
よしかファーム糖度保証ミニトマトファンドのミニトマトを試食しましたので、ご報告いたします。
/data/blog/archive/original/36062.jpg
最近、スーパーの青果売り場ではたくさんの種類のトマトが並んでいて、どのトマトを買うか悩んでしまいますね。フルーツトマトもたくさん並んでいます。
よしかファームのトマトは、自動糖度選別機を用いて糖度毎に選別した糖度保証ですので、同じ甘さでハズレなしです。今回のトマトは糖度7でとても甘かったのですが、よしかファームでは糖度14までのトマト栽培を計画しています。
もし、近い将来お近くのスーパー・百貨店でみかけられたら、ぜひご支援をよろしくお願いいたします。
/data/blog/archive/original/36063.jpg
/data/blog/archive/original/36061.jpg
【スタッフの感想】
・封を開けた瞬間、とっても甘い香りが漂い「何のフルーツ?!」と思いました。
 トマトを毎日欠かさず食べている私ですが、本当にハズレなしの甘さです。
 トマトの酸味が少し...と思われる方にも、是非お勧めです!!

・これまで食べたトマト史上もっとも甘いと感じましたが、糖度14も栽培計画されているとお伺いし、
 この甘さの2倍ですか....もはや想像が出来ません。また実家でも美味しくいただき、母から妹夫婦にも渡りました。
 この甘さと美味しさはほかの誰かにも共有したくなる味です!

■『よしかファーム糖度保証ミニトマトファンド』のご紹介■
よしかファーム株式会社は、2016年から島根県吉賀町で高糖度ミニトマトの栽培に取り組みはじめました。土を使わない「アイメック(R)農法」を取り入れ、先進農業を実践しています。近年、女性を中心に高糖度ミニトマトの人気が高まる中、同社はトマトの糖度保証を行うことで、他社との差別化を図るブランド構築に挑戦しています。
本ファンドでは、糖度保証を行うための、自動糖度選別機(※)の購入費用を募集しました。

<【募集終了】よしかファーム糖度保証ミニトマトファンド> 
https://www.securite.jp/fund/detail/3326

この記事だけを表示

ファンドについて2017年7月14日 10:00

原材料にこだわった「お茶」の魅力

/data/blog/archive/original/36038.jpg

いつもご覧いただきありがとうございます。今回は原材料にこだわるお茶のファンドを紹介いたします。

/data/blog/archive/original/36004.jpg
奈良 月ケ瀬から世界へ井ノ倉抹茶ファンド


日本だけでなく、今や世界中で人気の日本茶。ティーファーム井ノ倉は260年前から、奈良県の月ケ瀬で大和茶を作っています。

​月ケ瀬は良質な茶の栽培には適しているとされる冷涼な気候である茶産地。

お茶を栽培する上で、ティーファーム井ノ倉が大切にしているのは環境にやさしい土作りです。有機肥料を中心に使いながら生きた土を育てています。 一般茶も品評会茶を創るのと同じようにブレンドを一切せず一葉一葉を丁寧に製造しています。

/data/blog/archive/original/36008.jpg

2010年には「粋翠」が、全国茶品評会1等農林水産大臣賞を受賞。また、2013年の関西茶品評会では「春光」が1等農林水産大臣賞を受賞し、パリ、ミラノ、ニューヨークにもお茶を供給し世界からも注目が集まっています。


/data/blog/archive/original/36005.jpg
VALORE「メーカーズピア」店ファンド


ハーブといえば料理にアクセントを付けるキッチンハーブがイメージされますが、古くは紀元前3500年ごろから、風邪気味でのどが痛い時やリラックスしたいとき、花粉症対策まで、日常生活の諸症状に幅広く利用されてきました。
 
愛知県の株式会社ランドは、そのようなハーブの効果を最大化し、安心して楽しんでもらうため創業以来、「本場で育った」原材料を直接仕入れ、加工時には人工香料でフレーバーを味付けすることはせず素材の良さを生かした商品を造っています。
 
ランドの代表の阿部さんは、1年に少なくとも10カ国以上は自ら現地に赴き、仕入先の原材料の品質チェックを欠かしません。例えば「ハーブの女王」と呼ばれているのがラヴェンダーはフランス・プロヴァンスからの直輸入ですが、毎年ラヴェンダーの収穫期である6月末から7月上旬にかけて現地に赴き、蒸留したラヴェンダーの品質を確認しています。

/data/blog/archive/original/36009.jpg
▲ 「大切にするとは、ただ単に有名な産地の素材を手に入れるということではなく、世界中をくまなく探し、その中で一番求める素材を手に入れる事でそのためには現地の人々との信頼関係を築くことが一番大切」と語る阿部さんです。


/data/blog/archive/original/36006.jpg
オリーブ薬局 青パパイヤファンド


愛知県みよし市の「有限会社モリ薬局」は処方薬を提供する『オリーブ薬局』を運営する会社。
2014年の薬事法改正では一般人が専門的な知識を持たずにWEBで医薬品を手にする安全性が問われる中、代表取締役の森道成さんが「私たちが患者様のお悩みに積極的に乗ることで一人ひとりに適した医薬品を提供しよう」と一念発起。

WEB上で薬剤師がお客様の悩みや生活習慣のヒアリングをした上で一人ひとりに最適な漢方を提供する漢方煎じ薬の通販サイト『Net OLIVE(ネットオリーブ)』を始め、オープン以来ヒアリング後の購入率は、なんと9割にものぼります。

/data/blog/archive/original/36007.jpg

そんなオリーブ薬局が新たにはじめるのは、『青パパイヤ』を使った商品販売です。青パパイヤには、パパイヤ独特の酵素をはじめ、18種のアミノ酸やビタミンC、食物繊維やβ-カロテンなど、さまざまな成分が豊富に含まれており、その栄養の豊富さから『メディカルフルーツ』とも呼ばれています。

オリーブ薬局は実の3倍の酵素が含まれる青パパイヤの「葉っぱ」を緑茶と半々でブレンドし、『パパイヤ緑茶 吉備の宝』を開発。今回は、パパイヤの苗の販売促進活動を行っている岡山県の農家さんが育てた青パパイヤが使われます。商品販売で青パパイヤの出荷量が増えれば、耕作放棄地の活用も可能。過疎化が進んだ土地が青パパイヤの生産によって蘇えれば、若い人材を集めることができ、農産物の出口づくりにもつながります。


また、現在セキュリテストアでは「丸光の桑茶」を販売中。

/data/blog/archive/original/36018.jpg
【ストア】丸光の桑茶 

 
自然の草の葉のような香りが口の中に広がる、無農薬・ノンカフェインの粉末茶。
工場のある岩手県一関の農家さんが栽培している桑の葉を使用したお茶です。マルベリーリーフという名称でハーブティーとしてもお召しあがりいただいています。さっぱりとして飲みやすく、ご家族で毎日楽しんでいただける飲料です。

この夏、栄養たっぷりのお茶で乗り切ってくださいね。

この記事だけを表示

お知らせ2017年7月1日 18:20

【岩手県北上市・きたかみ輝くビジネスプラン】クラウドファンディングセミナーの開催及びビジネスプランの募集について

北上市では、市内中小企業等の、地域貢献につながる優れたビジネスプランの実施を応援するため、クラウドファンディングによる資金調達を支援します。クラウドファンディングを活用して、新規顧客開拓、事業PR及び新たな資金調達につなげませんか?

①応募資格

補助対象者は次のいずれかに該当し、市内に住所を有する市税を滞納していない者。またはこれから北上市内に住所を置いて事業展開をする予定の者。
 ア 中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条に規定する中小企業者
 イ 本事業年度内に法人を設立または個人事業主として事業を開始する個人
 ウ 農・林・水産業等の第一次産業に従事する個人若しくは法人

※NPO法人、ボランディア団体、一般財団法人、一般社団法人、農事組合法人、企業組合、協業組合、事業協同組合、事業協同小組合、商工組合、協同組合連合会等は対象外です。

②対象事業計画

本事業に申請できる事業計画は、産業分野を問わず、新事業、既存事業のブラッシュアップ、販路開拓、または新たな事業分野へ展開するビジネスプラン等であって、次の要件をすべて満たすものとします。

 (1)北上市の地域資源や特色(人・もの・景観など)を生かしたプラン、または地域課題の解消に資する取組であること。
 (2)クラウドファンディングの出資者とのつながりを広め深めながら、事業の成長を図る取組であること。   
 (3)資金調達規模が300万円以上のビジネスプランであり、かつ、資金使途が明確であること。
  ■対象経費(資金使途)
   申請事業の設備投資(不動産取得は含まない)、売上原価及び販管費等であり、かつ申請事業の実施により新たに生 
   ずる費用であること。
   売上原価=原材料費、外注費、人件費、光熱水費、地代家賃 等
   販 管 費=販売手数料、広告宣伝費 等
 (4)ファンド募集終了後、ただちに事業に着手し、事業開始から5年以内に出資者へ分配を終了する計画であること
  (小口投資で調達し申請事業の費用として使用した資金を、5年以内に回収して出資者への分配を行うこと)。
  ただし、出資者への分配終了後の事業継続は可能。

【事業分野の例示】
食品製造、酒、農業・畜産・林業、6次産業、小売り、製造、観光・宿泊、民芸・工芸、料飲店、サービス業、広告・出版、服飾、化粧品、音楽、スポーツ、健康・福祉、環境等

③事業計画の選定基準
選定基準は以下の(1)~(3)のとおりです。
 (1)地域経済の活性化、地域のブランド力強化、地域の課題解決等の貢献が期待されること
 (2)自社の企業競争力の強化につながること
 (3)資金使途が明確であり、収支計画を含む事業計画の実現可能性が高いこと
④採択後の支援及び事業者の経費負担
/data/blog/archive/original/35504.JPG
※上記以外に、事業終了時の損益が損益分岐点を超えて利益が上がった際、指定ファンド運営業者への成功報酬が生じます。
【空き店舗活用支援補助金】
 採択事業を実施するにあたり、中心市街地商店街の空き店舗を使用する際は、その改修費用に対する支援も合わせて受けることができます。申請は、きたかみ輝くビジネスプラン応援事業空き店舗活用補助金要領により、ビジネスプラン応募時に同時に申請してください。
/data/blog/archive/original/35505.JPG
⑤事業全体の流れ
/data/blog/archive/original/35506.JPG    
⑥応募方法
(1)受付期間
 平成29年7月21日(金)~10月10日(火) 
(2)応募時に提出する書類
 ア申請書
 イ直近3年の決算書類の写し
  (税務申告書、決算書及び勘定科目明細、税務署受付印のあるもの) ※法人の場合
 ウ直近3年の確定申告書の写し
  (収支内訳書含む、税務署受付印のあるもの) ※個人の場合
 エ北上市税を滞納していないことが確認できる書類 ※北上市在住の事業者及び個人
 オ事業を実施しようとする際に置く北上市内の住所及び場所が分かる書類 ※北上市外在住の事業者及び個人                                                        
 カ市内空き店舗の利用を希望する場合は、補助金申請書(様式1~様式3)
⑦補助金交付
(1)ファンド組成初期費用 
  市が負担し、直接ファンド運営業者へ支払います。
(2)空き店舗活用補助金
   3月末までに工事を完了させ、実績報告書および補助金請求書を提出してください。期限までに完了しない場合は相談に応じます。事前相談がない場合は、補助対象外となりますのでご注意ください。
  提出書類の締め切り:平成30年3月26日(月) 

⑧提出先・お問い合わせ

○ビジネスプラン応募に関すること
  北上市役所商工部商業観光課商業係
  〒024-0851 北上市芳町1-1
  TEL:0197-72-8240 FAX:0197-64-2171
  Eメール:shokan@city.kitakami.iwate.jp

○クラウドファンディングに関すること
  ミュージックセキュリティーズ株式会社 東京本社
  〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル3階
  TEL:03-5948-7301 FAX:03-3287-7210
  Eメール:info@musicsecuritises.com

【応募申請フォーム・様式】
北上市HPよりダウンロードの上、北上市へご提出をお願い申し上げます。
北上市のHPはコチラ

この記事だけを表示

西日本支社2017年6月27日 11:38

その② エナジーアルコールSPASA(スパサ)試飲のご報告

みなさま

いつもご覧いただき誠にありがとうございます。
西日本支社の渡部と申します。

先日、エナジーアルコールSPASAの試飲の記事がアップされましたが、私も後追いで頂きました!
時間は23時くらいでしょうか・・・夜に仕事が終わりかけのころに仕事でアイデアを思いつき、たまらず参考になりそうな本を読もうとしていたころに、こんな時こそ「SPASA」じゃないか!と思いまして、頂いてみました。
前回はみんな缶のまま飲んでいましたが、じっくり考えることをしたかったので、落ち着いて会議室にこもり、コップで頂きました。

/data/blog/archive/original/35413.jpg

以前は缶のまま飲んだこともあるんですが、コップに入れるとSPASAの香りがガツンと鼻にきます。
もちろん目が覚めるような感覚というのもありますが、どちらかというと落ち着きをもって考えたいことに集中できるという印象です。
アルコールが入っているので、そういった効果も感じることが出来るのかなと思いました・・・
(あまり飲みすぎると酔っぱらってしまいますので今日は控えめに 笑)

寝る前にエナジー系の飲み物を飲むのか?と疑問に思われるかもしれませんが、このSPASAはカフェインが入っていないので、特に気になりません。
また、甘味も強いので、たくさん飲まなくても満足感がとても高いです。
(甘いのが特に苦手という方は、氷を入れてちょっとソーダで割って飲んでもいいと思います)

「あともう少し頭を動かして、満足感を高めてから寝たいとき」・・・こういう時にもSPASAはとてもいい相棒になってくれると感じました。

このエナジーアルコールSPASAのファンドは今月末まで募集しております!

【百薬の長 栄養アルコールドリンクファンド】

特典で、1口につき6本のSPASAをお送りしますので、試しに飲んでみるか!という方もぜひご検討頂ければ幸いです。

/data/blog/archive/original/35415.jpg/data/blog/archive/original/35414.jpg

先日、SPASAの中川社長と一緒に山口県で事業者さん向けのセミナーに登壇してまいりました。
その際、中川社長が「絶対に成功させる事業なので、ぜひ応援してください!」と強くおっしゃいました。
さすがに登壇前にSPASAを飲まれたわけではないですが・・・(笑)

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。
応援よろしくお願い致します!

「百薬の長 栄養アルコールドリンクファンド」はこちら

この記事だけを表示

お知らせ2017年6月27日 10:00

「Forbes JAPAN」8月号表紙に起用されました

この度、セキュリテを活用していただいている株式会社丸山珈琲代表、丸山健太郎氏と弊社代表の小松が6/25発売「Forbes JAPAN」8月号の表紙に起用されました。

/data/blog/archive/original/35384.jpg

特集『新しい「お金の使い方」』の中で、個人の共感性に支えられた中小事業者の新たな資金調達手段

”「自分の思いをお金に託す」JAPANモデル”

として、弊社の取り組みについて紹介されています。
新しい挑戦「個人投資家のインパクト投資プラットフォーム」についても、その役割と世界への影響についても語られています(P.32 - 35)。

また、特集『厳選!自分を豊かにする「投資先カタログ50」』(P.38 - 43)の中では「セキュリテ」から以下の二つのファンドをご紹介いただきました。

/data/blog/archive/original/35385.jpg
「日本の食を守りたい」ろのわファンド

/data/blog/archive/original/35386.jpg
地熱の里 小国町わいた地熱発電所ファンド

是非、お手に取ってご覧ください。

「Forbes JAPAN」8月号について詳しくはこちら(「Forbes JAPAN」公式サイト)

この記事だけを表示

ファンドについて2017年6月27日 10:00

熊本の通潤酒造さんFBS福岡放送「めんたいワイド」に登場(6/29(木))

セキュリテ熊本地震被災地応援ファンドに参加されている通潤酒造さんがFBS福岡放送の帯番組「めんたいワイド」6/29(木)の回で紹介されます。
通潤酒造さんの「純米吟醸 蛍丸」がいまゲームファンの間で大きな話題を呼んでおり、セキュリテのメルマガでも紹介いたしました。番組でも「純米吟醸 蛍丸」が取り上げられる予定です。

/data/blog/archive/original/35408.jpg
▲純米吟醸 蛍丸。蛍が癒すように柔らかく、刀の様に切れ味のよい純米吟醸酒。

この「蛍丸」は、地域に根差したお酒造りの一環で、通潤酒造さんが地域に伝わる宝刀「蛍丸(ほたるまる)」の伝承※ をモチーフに地域の皆さんから協力していただきながら造ったお酒です。
 
※その昔、合戦で苦戦を強いられた地元の阿蘇(恵良)惟澄公が、命からがら城に戻った夜、無数の蛍が刃こぼれをした刀の上に集まり消えるという夢をみて目覚めると、翌朝、欠けていた刃が元通りに戻っていたことから、その刀に「蛍丸」と名付けたという山都町に残る伝説。

そして実は女性を中心に大人気のオンラインゲーム「刀剣乱舞」にも同じ伝承に由来する「蛍丸」を模したキャラクターがいるということで話題になったのです。既存のファンの枠を越え「純米吟醸 蛍丸」は人気の商品となりました。

さらに多くの方に知っていただくため、酒蔵としてはとても珍しく2年連続で東京ビックサイトで開催される同人誌の販売会へも出店。
昨年は熊本地震が起こり一時は参加も危ぶまれましたが、大丈夫な姿を見せたいと出店を果たしたところ、逆に多くの方から声を掛けて頂き、商品も完売。地震の影響で、売上も落ちている時だっただけに、その時の皆さまからの支援が本当に嬉しかったといいます。

その時の経験が、「より多くの方に美味しい日本酒を紹介していきたい、ゲームファンやアニメファンの方にももっと通潤酒造を知って頂き、山都町まで遊びにきてほしい」という、ファンドの復興プランにもつながっています。放送地域のお住いの皆さま、ぜひご覧いただければ幸いです。

ファンドや「純米吟醸 蛍丸」について詳しくはこちら

「めんたいワイド」について詳しくはこちら。
地域に密着した情報をお届けする帯番組で、通潤酒造さんは6/29(木)午後3時48分~の放送回に登場予定です。

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス
  • 北海道焙煎 苫小牧コーヒー新出店ファンド
  • 会津の老舗ホテル ニューパレスファンド
  • 多くの想いで復興へ 老舗宝石店ファンド
  • 気仙沼 海鮮ふかひれ生ラーメン(3食)