セキュリテからのお知らせ 2021年08月

ファンドについて 2021年8月31日 19:00

『海の幸で至福の時を 海女の宿丸善ファンド』募集開始のお知らせ

日本一の“海女のまち”にある民宿『丸善』のファンドが募集開始

“海女のまち”として有名な三重県の鳥羽市相差(おうさつ)町。
この相差町にある「丸善」は、地元の新鮮なアワビ、伊勢えび、牡蠣などの海鮮をリーズナブルに楽しめることで、全国に多くのファンがいる人気の民宿です。
「丸善」でも新型コロナウイルスの感染拡大による影響を受けていますが、感染状況が落ち着いた際には、以前よりも多くの方にご利用頂けるようお部屋の改修などを実施することにしました。
本ファンドでは、その為の資金を募集します。

/data/blog/archive/original/52286.jpg

 

現役海女の大女将が採る地元の海鮮が堪能できる宿を応援

「丸善」が提供する料理の特長は、何といっても「ここでしか味わえない海鮮」です。
現役の海女である大女将が潜って採ってきたものや、地元の鳥羽で水揚げされた地場の海鮮にこだわっています。
特に、大女将はアワビや大きな岩牡蠣といった海の幸を見付けることが得意で、食卓に並ぶのを楽しみにしているお客様が多いといいます。
その他にも、相差の海には、伊勢えびやハマグリなどの高級食材がたくさん生息しているため、新鮮な海の幸を適正価格で味わえるのが魅力です。
また「丸善」は、海鮮以外にもこだわりを持っており、三重県内の生産者の食材を多く仕入れています。
例えばお野菜は、近所でほぼ農薬を使用せずに育てている新鮮なものを使用。
朝食でお出ししているサラダは、ほぼ全てが朝に畑から採ってきたばかりのお野菜です。
お米は、同じ三重県の津市白山町で有機栽培を行っている米農家と契約して毎年仕入れています。
朝食で提供している米粉は、三重県の伊賀市の米処、鞆田(トモダ)のものを使用するなど、同じお米でも素材によって仕入れ先を徹底して選定しています。
時期によって採れるものが違うため、季節ごとの美味しさを求めて、何度も足を運ぶリピーターの方が沢山いらっしゃいます。

/data/blog/archive/original/52287.jpg

「丸善」は、全部で7部屋ありますが、そのうち3部屋の改修を実施します。
足を運んでくださるお客様のため、よりよい旅館づくりのために改装の実施を決めました。
新型コロナウイルスの影響が落ち着いた際には、全てのお客様が安心して宿泊できるよう万全な状態にしたいと考えています。
そして、旅館の魅力を多くの方に実感していただくことで、更に鳥羽を好きになってもらい、三重県内の生産者や地域の観光産業と共に成長できるような事業展開を図りたいと考えています。

/data/blog/archive/original/52288.jpg

本ファンドでは、1口金額の半分をお部屋の改修費用へ出資していただき、もう半分を宿の宿泊クーポンの購入費とさせていただきます。
つまり、1口金額20,000円のうち10,000円が出資金、もう半分の10,000円が商品購入分となります。
「丸善」へご宿泊の時に使用できる1,000円分のドリンクサービスもついた、お得な10,000円クーポンです。
敷地内で栽培している枇杷や梅、ヤマモモなど無農薬で栽培している果実をジュースやお酒に浸して自家製ドリンクとして提供していますので、是非、このドリンクサービスを使ってご堪能ください。

皆さまのファンドへのご参加をお待ちしています。

/data/blog/archive/original/52289.jpg

 

ファンド概要

『海の幸で至福の時を 海女の宿丸善ファンド』

/data/blog/archive/original/52285.jpg

ファンド情報
一口: ¥21,600
募集総額: ¥10,000,000
事業者: 有限会社丸善
募集期間: 2021年8月31日 〜 2022年7月31日
分野: 観光・宿泊
購入商品:
丸善にご宿泊の際に利用できる10,000円分のクーポン券
※10,000円のクーポンをご利用頂く際、1,000円分のドリンクサービスをご提供させて頂きます。

【ファンドのお申し込み】
 

この記事だけを表示

ファンドについて 2021年8月26日 19:15

「かながわSDGsアクションファンド」募集開始のお知らせ

「かながわSDGsアクションファンド」2ファンドの募集を開始


「かながわSDGsアクションファンド」は、昨年10月、神奈川県と当社で「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定」を締結した際に立ち上げられました。

今回、その1号案件として募集を開始したのが、株式会社ケイ・システムの『神奈川発 ゴミの見える化革命DXファンド』と、なでしこリーグ1部に所属する女子サッカークラブである大和シルフィード株式会社の『女性アスリートヘルスケア改革応援ファンド』です。

両ファンド共に、インパクト投資として、経済的リターンと社会的リターンの両方を追求するファンドです。

/data/blog/archive/original/52254.jpg

 

経済的リターンと社会的リターン両方の追求でSDGsへの貢献を可視化

『神奈川発 ゴミの見える化革命DXファンド』

神奈川県大和市に拠点をおく、株式会社ケイ・システム。 同社は、アナログで非効率である産業廃棄物管理の事務手続きを一気通貫で改善するためのIoTシステム「企業の体重計®」を開発しました。

この「企業の体重計®」事業により、SDGsのゴール「つくる責任 つかう責任」の達成に向け、これまで目が向けられていなかった産業廃棄物の「見える化」と、廃棄物データ活用を通じたSDGs経営の普及促進を目指します。

本ファンドの特徴は、社会的リターンとして設定した廃棄物のリサイクル率目標を達成できるかどうかで、事業計画達成後の経済的リターン(出資者への分配率)が変動するという仕組みを採用しているところです。

社会的リターン目標が達成できれば出資者への分配率は下がり、達成できなければ分配率は上がります。

このような珍しい仕組みにより、事業者はSDGsへの貢献を事業の経済的成長と共に目指すことができ、出資者は社会的リターンの達成状況などをモニターしながら、自らが出資した事業による経済的リターンと社会的リターンの両方を追求することが可能になります。

ファンドのお申し込み

/data/blog/archive/original/52255.jpg

『女性アスリートヘルスケア改革応援ファンド』

大和シルフィードは、神奈川県大和市をホームタウンとする、なでしこリーグ1部に所属する女子サッカークラブです。
なでしこリーグに参戦する社会人のトップチームのほか、高校生以下のアカデミー事業があります。
2021年9月には女子サッカーのプロリーグである「WE(Women Empowerment)リーグ」が立ち上がる予定で、大和シルフィードもWEリーグ参入を目指しています。
大和シルフィードは、サッカーの強化や育成を通じてファンへ感動を届けるだけでなく、女性アスリートや働く女性を取り巻くヘルスケア分野での社会的課題解決に取り組んでいます。

ファンドのお申し込み

/data/blog/archive/original/52256.jpg

「かながわSDGsアクションファンド」は、かながわSDGsパートナーの実施する社会的投資拡大及びSDGs達成に資する事業を対象とし、SDGsへの貢献を社会的リターンとして指標化することを目指しています。
上記2つのファンドでも、投資対象事業から生まれる社会的リターンを可視化するため、定期的なモニタリングを実施したうえで、その達成状況を公開していきます。
個人がインパクト投資という具体的なアクションによりSDGsに携わることができるよう立ち上げられた新たなファンドです。
各事業内容に賛同され、その経済的貢献だけでなく社会的貢献にも期待する皆さまからのご参加をお待ちしています。

/data/blog/archive/original/52253.jpg

この記事だけを表示

ニュースリリース 2021年8月24日 21:24

【日本経済新聞】当社と神奈川県が募集開始したSDGsファンド1号案件について、ご紹介いただきました。

神奈川県のSDGsファンド、第1弾で2ファンドの募集開始

神奈川県とミュージックセキュリティーズは24日、持続可能な開発目標(SDGs)の推進を目指して立ち上げた「かながわSDGsアクションファンド」の第1弾として2つのファンドの募集を始めると発表した。廃棄物削減につながるシステム開発や女性アスリート支援などの社会的投資を促す。

2ファンドの募集金額はそれぞれ1口あたり3万円。「神奈川発 ゴミの見える化革命DXファンド」ではケイ・システム(神奈川県大和市)による産業廃棄物管理システム開発、「女性アスリートヘルスケア改革応援ファンド」は大和シルフィード(同市)の女子サッカークラブの運営などに資金を活用するという。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC245IE0U1A820C2000000/

「かながわSDGsアクションファンド」について、補足いたします。

「かながわSDGsアクションファンド」は、昨年10月、神奈川県と当社で「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定」(参照3)を締結した際に立ち上げられ、特徴は3つです。

  • 神奈川県で約500者が登録するかながわSDGsパートナーの実施するSDGsに貢献する事業を投資で応援します。
  • インパクト投資として、経済的リターンと社会的リターンの両方を追求します。
  • 社会的リターンを指標化し、投資対象事業によるSDGsへの貢献を可視化します。

締結以来、条件に適うファンドの組成準備を進めてきました。https://www.pref.kanagawa.jp/docs/bs5/music-sec.html
(神奈川県ホームページ:「当社とのSDGs連携協定」について)

この記事だけを表示

ニュースリリース 2021年8月24日 14:00

8月24日より募集開始「かながわSDGsアクションファンド」

                                                                                                                                                                                                                                                           令和3年8月24日
                                                                                                                                                                                                                              ミュージックセキュリティーズ株式会社
 
                                                       8月24日より募集開始
                                     「かながわSDGsアクションファンド」
                 ~経済的リターンと社会的リターン両方の追求でSDGsへの貢献を可視化~


ミュージックセキュリティーズ株式会社(以下、「当社」)は、運営するインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」において、8月24日から、「かながわSDGsアクションファンド」の募集を開始しますのでお知らせします。
 
「かながわSDGsアクションファンド」は、昨年10月、神奈川県と当社で「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定」(参照3)を締結した際に立ち上げられ、特徴は3つです。
  • 神奈川県で約500者が登録するかながわSDGsパートナーの実施するSDGsに貢献する事業を投資で応援します。
  • インパクト投資として、経済的リターンと社会的リターンの両方を追求します。
  • 社会的リターンを指標化し、投資対象事業によるSDGsへの貢献を可視化します。
締結以来、条件に適うファンドの組成準備を進めてきました。https://www.pref.kanagawa.jp/docs/bs5/music-sec.html
(神奈川県ホームページ:「当社とのSDGs連携協定」について)


今回、1号案件として組成された株式会社ケイ・システムの「神奈川発 ゴミの見える化革命DXファンド、以下『ゴミの見える化ファンド』(参照1)」と、なでしこリーグ1部に所属する女子サッカークラブである大和シルフィード株式会社の「女性アスリートヘルスケア改革応援ファンド(参照2)」は、共に上記の特徴を備えたファンドです。両ファンド共に、投資対象事業から生まれる社会的リターンを、
あらかじめ具体的に指標化し、当社が定期的なモニタリングを実施したうえで出資者にその達成状況を公開します。
 
また、「ゴミの見える化ファンド」については、社会的リターンとして設定した廃棄物のリサイクル率目標を達成できるかどうかで、事業計画達成後の経済的リターン(出資者への分配率)が変動する設計としました。社会的リターン目標が達成できれば出資者への分配率は下がり、達成できなければ分配率は上がります。このような珍しいファンド設計により、事業者はSDGsへの貢献を事業の経済的成長と共に目指すことができます。また、出資者も社会的リターンの達成状況などをモニターしながら、自らが出資した事業による経済的リターンと社会的リターンを両方追求することが可能になります。
当社は、この2つのファンドを皮切りに、今後多くの「かながわSDGsアクションファンド」を組成、運用することで、事業者に経済的貢献だけでなく社会的貢献も期待する出資者の参加を促し、かながわSDGsパートナーが資金調達しやすい環境が整備されていくことを願っています。


「かながわSDGsアクションファンド」当社特設サイト(https://www.securite.jp/kanagawa
本件に関するお問い合わせ先
ミュージックセキュリティーズ株式会社 広報
TEL:03-5948-7301
E-mail:mspr@musicsecurities.com
 
 
(参照1)募集開始ファンドその1『神奈川発 ゴミの見える化革命DXファンド』
ファンド名
/data/blog/archive/original/52246.jpg
『神奈川発 ゴミの見える化革命DXファンド』
URL: <https://www.securite.jp/fund/detail/7128>
 
事業者名 株式会社ケイ・システム(神奈川県大和市)
 事業内容 アナログで非効率である産業廃棄物管理の事務手続きを一気通貫で改善するためのIoTシステム「企業の体重計®」を開発。これまで目が向けられていなかった廃棄物の「見える化」と、廃棄物データ活用を通じたSDGs経営の普及促進を目指す。
 SDGs対応番号 12.つくる責任 つかう責任
15.緑の豊かさも守ろう
17.パートナーシップで目標を達成しよう 
 社会的リターン ①「企業の体重計®」を導入した廃棄物排出事業者の平均リサイクル率65%以上
②SDGs経営を推進する事業者の増加によるパートナーシップ促進
資金使途 「企業の体重計®」の開発費、広告宣伝費、計量器仕入費
 事業計画 「企業の体重計®」の追加開発と販促活動で売上増加を図る
 
 
 
(社会的リターンの達成有無による経済的リターンの変動について)
「神奈川発 ゴミの見える化革命DXファンド」については、社会的リターン①(「企業の体重計®」を導入した廃棄物排出事業者の平均リサイクル率65%以上)の達成有無により、事業計画達成後の経済的リターンが変動する設計になっています。
▼「神奈川発 ゴミの見える化革命DXファンド」の分配率の変化
  損益分岐前 損益分岐後 事業計画達成後
社会的リターン①達成 8.8% 2.7% 0.1%
社会的リターン①未達成 8.8% 2.7% 1.0%

(参照2)募集開始ファンド その2 『女性アスリートヘルスケア改革応援ファンド』
ファンド名
/data/blog/archive/original/52247.jpg
『女性アスリートヘルスケア改革応援ファンド』
URL: <https://www.securite.jp/fund/detail/7127>
事業者名 大和シルフィード株式会社(神奈川県大和市)
 事業内容 大和シルフィードは、神奈川県大和市をホームタウンとする、なでしこリーグ1部(2021年8月現在)に所属するアマチュア女子サッカークラブ。2021年9月には女子サッカーのプロリーグである「WE(Women Empowerment)リーグ」が立ち上がる予定で、大和シルフィードもWEリーグ参入を目指している。
大和シルフィードは、サッカーを通じてファンへ感動を届けるだけでなく、女性アスリートを取り巻くヘルスケア分野での社会的課題解決に取り組む。
 SDGs対応番号 03.すべての人に健康と福祉を
05.ジェンダー平等を実現しよう
08.働きがいも経済成長も 
 社会的リターン ①企業が健康経営・女性活躍を実践する
②女性アスリートのヘルスケア環境向上
資金使途 チーム人件費、トップチーム運営経費及びアカデミー運営経費
 事業計画 SDGs推進により、スポンサー収入・アカデミー関連の収入を確保
参照3)「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定」締結について
昨年10月12日、当社と神奈川県は、SDGsの達成に向け、相互に連携して取り組むことにより、神奈川県内における地域のより一層の活性化に資するため、「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定」を締結しました。
これに伴い、社会的リターンと経済的リターンの両立を目指す「かながわSDGsアクションファンド」を創設、神奈川県が登録するかながわSDGsパートナー向けのインパクト投資推進に取り組んでいます。
/data/blog/archive/original/52248.jpg
当社はこれまで、30を超える自治体と連携し、SDGs達成に貢献するファンドの組成を推進してきましたが、今後も、個人がインパクト投資という具体的なアクションによりSDGsに携わることができる社会的投資システムを構築し、SDGs達成に向けた取組を進めて参ります。


ミュージックセキュリティーズ会社概要
1口数万円の少額からご出資いただけるインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」を運営。 「セキュリテ」は経済的なリターンを求めるだけではなく、創業や中小企業支援による産業振興・地域創生、インディペンデントな創作活動と研究開発、環境問題の解決、そして、震災からの復興など、それぞれの地域で抱える社会的な課題に対して、皆様からの出資を通じて解決しようとする、経済的な価値と社会的な価値の両方を追求する新しい投資の仕組み。 個人の共感をベースにした新しい金融の枠組みを作り出し、世の中に新たな価値を提供することを目指し、事業を展開しています。(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
「セキュリテ」 https://www.securite.jp/
「かながわSDGsアクションファンド」https://www.securite.jp/kanagawa
「ミュージックセキュリティーズ株式会社」https://www.musicsecurities.com/

 

この記事だけを表示

ファンドについて 2021年8月19日 18:30

『神戸のやさしい靴工房 亀戸出店ファンド』募集開始

株式会社ベルの新ファンド『神戸のやさしい靴工房 亀戸出店ファンド』募集開始。

一度履いたら他の靴が履けなくなるほどの「格別な履き心地」、先が丸くなった「愛らしいデザイン」、卓越した「機能性」で、多くのファンの心をつかんできた靴工房、株式会社ベル。
これまで、セキュリテを通じて総額1億3000万円以上の資金を調達し、その出資者数は2700人を超えています。

今回募集を開始したファンドは、ベルの都内初となる直営店、亀戸店の出店を応援するものです。

/data/blog/archive/original/52241.jpg

 

「履き心地」を徹底追求した結果、追随を許さない靴に。

ベルは、7つの直営店とWEB通販を中心に、工場直販にこだわっています。 直営店がないエリアでは、百貨店を中心とした催事に出店。
WEB通販も1回目の返品交換は無料(各種条件あり)にすることで、直営店がないエリアのお客様からも高い評価を得ています。

しかし、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、多くの百貨店催事が中止になったほか、開催されても来場客が少ない状況が続いています。
また、お客様から「東京に直営店はないのか」という問い合わせも多く頂いています。

そこで、 実際に靴をお試しいただきながら販売する機会を増やし、更にファンを増やしていくため、この新たな亀戸店を出店することを決意しました。

/data/blog/archive/original/52238.jpg
▲亀戸店のイメージ

ベルの靴の特徴は、とにかく「履き心地」が良いことです。
他メーカーの靴は様々な素材が重ねられたり、素材の結合のために糊が使われていることで、固くなり靴を軽い力で屈曲させたりすることができないことが多いです。
しかし、ベルの靴は柔らかいヴィーガンレザーを使うとともに、糊をなるべく使わない製法にこだわっています。

また、中底を使用しない特許製法を開発し、ねじれるくらいのやわらかさを実現しています。
この靴自体の柔らかさが、足をやわらかく包みこみ、足に吸い付くようなフィッティングにつながっているのです。

また、足への衝撃を吸収する底は、ある程度の厚さが必要ですが、厚すぎると逆に靴の固さにつながります。
足の衝撃を吸収する厚さで、かつやわらかいという、絶妙なバランスを実現しています。

是非、本ファンドの特典である割引券を使って、その履き心地を確かめてみてください。

/data/blog/archive/original/52240.jpg

「履き心地」を徹底追求した結果、追随を許さない靴を生み出すことになったベル。
一度履いたら、その履き心地に魅了され、リピータになる方が約50パーセントもいらっしゃるそうです。
そういったベルの靴のファンの皆さんにとって、今回亀戸店が増えることは、待望のニュースといえると思います。

亀戸店は、再開発で建設される「プラウドタワー亀戸」に隣接した大型ショッピングモール1階に出店することになっており、開業は、2022年初夏の予定です。

/data/blog/archive/original/52239.jpg
▲株式会社ベル 代表取締役 高山 雅晴(たかやま・まさはる)氏

 

ファンド概要

『神戸のやさしい靴工房 亀戸出店ファンド』

/data/blog/archive/original/52242.jpg

ファンド情報
一口: ¥32,400
募集総額: ¥10,020,000
事業者: 株式会社ベル
募集期間: 2021年8月16日〜2022年2月28日
分野: 製造、ファッション・工芸、小売
特典: 1口につき、株式会社ベル自社サイトでご利用可能な割引クーポン10,000円分をご提供いたします。
※ベルのサイトはこちら
※会計期間開始後に、ご利用可能なクーポンコードをご案内予定です。
※有効期間は会計期間開始日から会計期間終了日まで

お申し込みはこちら
 

この記事だけを表示

ファンドについて 2021年8月17日 18:42

「最先端AIで介護現場を救うカメラファンド」募集開始。

『最先端AIで介護現場を救うカメラファンド』の募集が始まりました。

超高齢社会である現代、今後より大きな社会課題となることが見えているのが『介護』の分野です。

介護施設の関係者にお話を聞くと、日々の業務量の多さや、心理的な負担の重さに悩まされている方が少なくありません。

そこで、介護者の負担を減らすためのソフトウェア開発に着手したのが、Chainos Japan(チェイノスジャパン)株式会社です。
本ファンドは、このChainos Japanが自社開発した『介護用見守りカメラ』の販売事業を応援するものです。

/data/blog/archive/original/52225.jpg

 

Chainos Japanが独自開発した技術で、要介護者を正確に見守る。

Chainos Japanは、AI画像解析のソフトウェア開発事業やシステム構築事業を行っている会社です。
同社の強みはAIを『自社開発』できる技術力があること。 特に『画像解析』に秀でた独自技術を所有しています。

/data/blog/archive/original/52229.jpg

Chainos Japanが開発している介護用見守りカメラの最大の特徴は、『1つのカメラで2つの解析技術を組み合わせて画像処置する』という独自開発した技術を搭載していることです。

内蔵している画像解析ソフトによって人間の動きのみを検知して、要介護者に徘徊の動きがあった時に介護者へ通知します。
すでに市場にあるモニタリング製品は、「動的検知」を取り入れている商品がほとんどで、人間以外のもの(ペットや風で動いた物など)が動いた場合でも反応してしまいます。

しかし、Chainos Japanが開発する介護用見守りカメラは、人間の動きのみを検知するようにプログラミングしているため、ペットや物の動きには反応しません。 要介護者の顔を認識するシステムも完成しており、誰が動いているのかまで判別することが出来るのです。

また、この介護用見守りカメラは、手軽にスタートできるレンタルモデルでの提供となり、3つのレンタルプランが用意されています。

大規模な介護施設から小規模なデイサービス施設などでも使いやすく、利用者の幅が広いことも特長の一つで、個人で利用される場合も介護保険も適用されるため、使いやすい価格での提供が可能です。
使い方もとても簡単で、家電のように、電源に繋げば使えることを目指しました。

更に将来的には、収集した介護の画像データを活用し、より高度に、より正確に『どのような行動パターンをとっているか』という介護現場での行動解析の研究にも役立てたいと考えています。

介護現場のデータの収集が進めば、ディープラーニングによって様々な予測検知に生かすことができます。 例えば人がベッドに寝ている時にどのタイミングで落ちそうになっているか、事故防止につながるような行動解析などに繋げていく予定です。

/data/blog/archive/original/52228.jpg
▲個人認識機能 ※介護施設向けのレンタルプランにのみ搭載予定
人物に動きがあった時のみ記録を残し、介護者にメールで通知をしています。前後にどのような行動を行なっていたかも記録されるため、事後確認することが可能です。

「介護現場の課題に対して、AI技術を用いた手助けができれば」という想いから開発された、介護者の負担を減らすための『介護向け見守りカメラ』。

要介護者の徘徊を検知・防止することで、介護者の業務や心理的な負担を減らすことに繋がります。
是非、本ファンドを通じて、介護分野の課題解決に向けたご支援をお願いいたします。

/data/blog/archive/original/52226.jpeg

 

ファンド概要

『最先端AIで介護現場を救うカメラファンド』

/data/blog/archive/original/52227.jpg

【ファンド情報】
一口:¥32,400
募集総額:¥15,000,000
事業者:Chainos Japan株式会社
募集期間:2021年8月12日〜2022年8月31日
分野:製造、教育、医療、福祉、IT・アプリ
特典:
ご出資いただいた皆様に、会計期間中、年に1度の事業報告会(オンライン)を行います。
また上記に加えて、個人の出資者様(2口以上のご出資)、法人の出資者様(5口以上のご出資)の場合、新製品の試用権を贈呈します。
試用期間(2週間)を設定し、新製品の介護用見守りカメラを無償でご利用いただけます。
お申し込み方法は会計期間中にご案内いたします。

【お申し込みはこちら】

この記事だけを表示

ファンドについて 2021年8月12日 19:27

新ファンド「新 食の安全を願う生産者ファンド2021」

人と環境の健康を守る「持続的な農業」を促進します。

今日は先日募集を開始した「新 食の安全を願う生産者ファンド」についてお伝えします。
本ファンドは、今年6月に募集額到達となった「食の安全を願う生産者ファンド」の第2弾です。
青森県に本拠地を構え、全国の有機JAS、特別栽培、自然農法といった栽培方法の生産者と契約して 産地直送通販サイトを運営している「ふるさと21」を応援するファンドです。

/data/blog/archive/original/52176.jpg

 

なぜ化学合成農薬不使用にこだわるのか。


ふるさと21が、化学合成された農薬・肥料を用いない栽培方法でつくられた農作物にこだわるのにはいくつかの理由があります。
まずは代表の森氏の子供時代の実体験があります。
子供の頃、アレルギー体質で食の制限が多かった森氏には、有機栽培の野菜や果物を食べることで身体に良い影響をもたらし、現在は、アレルギーを克服した体験があります。
ふるさと21のお客様には、化学物質過敏症やアレルギーに苦しむ方も多く、化学合成農薬不使用で作られる産品に対し、たくさんの感謝のメッセージが届いているということです。
次に化学合成された農薬の使用をやめることで化学合成農薬が生態系に悪影響を与えるのに歯止めをかけたいという願いもあります。
日本では農薬の影響で赤トンボが激減し、農薬散布によるミツバチの大量斃死も散見されています。
ふるさと21は、生物の多様性を尊重し、未来に自然を残していくためにも、環境への負荷が少ない有機栽培等を増やしていく必要があると考えています。

/data/blog/archive/original/52177.jpg

昨今の新型コロナウイルス禍による宅配需要の増加に伴い、ふるさと21の個人注文も増加しています。
ステイホームによって改めて健康と向き合い、「健康的で良い商品を買おう」と考える方が増えたようです。その中でも、果物では特に「りんご」の人気が目立っています。
もともとりんごは果物の中での一番人気の商品で、予約販売で売り切れてしまうことも多いのですが、今回、有機JASを取得している2軒のりんご農家がふるさと21へ加わることになりました。

/data/blog/archive/original/52174.jpg

2軒のりんご農家の加入により、2021年から有機りんごの在庫数が大幅に増えるため、森代表は、「欲しかったのに買えなかった」お客様が少なくなり、“有機りんごの在庫を潤沢にもつ青森の会社”という強みを獲得したことで、競合他社との差別化もできると考えています。
森代表は、新たなりんご農家の加入について、「青森の会社として、有機りんごの産業化という夢があり、主に販売代行という形で農家をサポートしたいと考えている」と話しています。
今後は、ふるさと21が、栽培・販売管理のアプリを提供するなどして、 農家がシステムを活用することで雑務を削減し“農業に集中できる環境づくり”を支援する考えです。
森代表は、「有機りんごに限らず、こうした取り組みを拡げて、どこまでも農家と一緒に成長していきたい」と意欲を示しています。
特典は1口購入ですと前回同様、野菜セット。2口以上購入された方には林檎ジュースも届くという前回よりもバラエティ豊かな内容となっています。

有機農業を促進することで、消費者も有機農家も地球も元気にするふるさと21の挑戦が続いています、どうぞご支援ください。

/data/blog/archive/original/52173.jpg

 

ファンド概要

『新 食の安全を願う生産者ファンド2021』
/data/blog/archive/original/52175.jpg

【ファンド情報】
一口:¥32,400
募集総額:¥20,010,000
事業者:ふるさと21株式会社
募集期間:2021年7月30日〜2021年9月30日
分野:農業、畜産、林業
特典:
・1口の方:送料税込4,000円相当の有機野菜のセットを会計期間中1回お送りいたします。
・2口以上の方:有機野菜のセットに加え、2口目以降の口数に応じて林檎ジュース3本セット(送料税込4,300円相当)をお送りいたします。
(例)
・2口の方:有機野菜セット1つ、林檎ジュース3本
・5口の方:有機野菜セット1つ、林檎ジュース12本

【お申し込みはこちら】

この記事だけを表示

寄付 2021年8月11日 17:00

「コロナ禍で脅かされる日常診療と教育の現場について」公開講座 ご案内

京都大学医学研究科 研究者支援寄付プログラム 市民公開講座

 


平素から、京都大学医学研究科の研究プロジェクトへのご理解とご支援を賜りまして、心より御礼を申し上げます。

本日は、8月28日(土)14時より開催される京都大学医学研究科の市民公開講座について、ご案内させていただきます。

第1回目となる本講座では、「コロナ禍で脅かされる日常診療と教育の現場について」取り上げます。
支援プログラム活用の4名の研究者が一堂に介し、講演とパネルディスカッションを開催いたします。

・コロナ禍で感染を恐れて半減した難聴手術をどうしたら安全に行えるのか。
  山本典生 医学研究科准教授(耳鼻咽喉科・頭頸部外科学)
・コロナ禍の弊害 ~眼科専門医の立場から医療における情報格差を見つめる~
  沼尚吾 医学研究科助教(眼科学教室)
・“触れる“ VR教材システムを用いたコロナ禍での次世代型医師養成への取組み
  山本憲 医学研究科講師(医学教育・国際化推進センター)
・研究開発のどこに資金が必要なのか? ~「細胞療法の新規開発基金」を例に~
  新井康之 医学部附属病院助教(細胞療法センター) 

本講座では、医療現場からの正しい情報をお届けし、参加者様からの質問にもお答えしていきます。
京都大学医学研究科と京都大学付属病院をもっと身近なものにしていただきたいという願いから開催する市民公開講座です。奮って、ご参加ください。

 
 

京都大学医学研究科 研究者支援寄付プログラム 市民公開講座
コロナ禍のなかでの高度医療の提供及び医療従事者の育成に向けて
日時:2021年8月28日(土)14時ー16時
会場:ZOOM(オンライン開催)
参加費:無料
参加方法:事前予約をお願いします。(以下のURL、または、コチラからご登録ください。)
事前予フォーム:https://forms.gle/NeSqhM43M2mxPHSd7
※ZOOMのご案内は、事前予約を完了されましたら、都大学医学研究科より指定されたメールアドレスに送信されます。


/data/blog/archive/original/52170.png


京都大学ホームページ
https://www.kyoto-u.ac.jp/ja/event/2021-08-06

ミュージックセキュリティーズ株式会社
産学官連携推進室
ac@musicsecuritie.com

 

この記事だけを表示

ファンドについて 2021年8月10日 18:33

新ファンド「親と子どもの幸せを結ぶお菓子開発ファンド」

『親と子どもの幸せを結ぶお菓子開発ファンド』募集を開始しました。


先日募集を開始した「親と子どもの幸せを結ぶお菓子開発ファンド」をご紹介します。
本ファンドは、岩手県釜石市にある、昭和20年(1945年)創業の老舗のお菓子屋さん「有限会社小島製菓」を応援するものです。
東日本大震災から10年。
小島製菓は、3代続く和菓子製造技術の伝統を守りながら、常に新しい事業へチャレンジしています。

/data/blog/archive/original/52158.jpg

 

親子の幸せな関係をつむぐ『健康・栄養お菓子』事業を応援。


岩手県釜石市にある小島製菓は、新たな事業として、管理栄養士が栄養設計を監修したお子さま向けソフトクッキー『MUSUBit(むすび)』の販売を開始しました。
淡い野菜の色が目にも優しいソフトクッキーは、ころんとした三角形。
MUSUBit(ムスビ)という商品名から連想される“おむすび”の形をしています。
生地には野菜パウダーを練り込み、中には果物のジュレが入っています。 特に「野菜」を苦手としている子どもは多く、MUSUBitをおやつとして食べることで自然と野菜の味に触れ合う機会となります。

MUSUBitは、子どもの偏食対策の『優しい入口』を目指したお菓子です。

/data/blog/archive/original/52160.jpg

MUSUBitは子どもが食べることを想定して作っているため、特に素材にこだわっています。
保存料や香料、着色料は不使用。 クッキー生地に使用している野菜パウダーや米粉など、国産素材を積極的に使用しています。 米粉は岩手の米農家より直接仕入れたものを使用しています。
この米粉はシフォンケーキを作れるほど細かい粒(200メッシュ)を使用しており、MUSUBit特有のしっとり柔らかな食感を作り出すためには欠かせない素材です。
栄養設計は管理栄養士(国家資格)による監修を受け、子どもに不足しがちな栄養素を気軽に摂取できる点にもこだわりました。

/data/blog/archive/original/52159.jpeg

代表である菊地さんご自身の子育て経験をもとに開発されたMUSUBit。
菊地さんは、このMUSUBitに込めた思いを、次のように語ります。

「親としては栄養面が気になり、お菓子ばかりの食生活は避けたい。
子どもは食べたい味が食べられない。
お互いのストレスを『健康・栄養が考えられた楽しくおいしいお菓子』で解決できたら、子どもにお菓子を与える罪悪感が減り、子どもは食の楽しみを知りながら成長できると考えました。
MUSUBitは、親子の良好な関係をつむぐお菓子でありたいです。」

本ファンドにご参加いただいた方には、この『MUSUBit』新商品セットをお送りします。
一つ一つにこめられた子どもへの成長の願いと共に、味わってみてください。

/data/blog/archive/original/52157.jpg

 

ファンド概要

『親と子どもの幸せを結ぶお菓子開発ファンド』

/data/blog/archive/original/52156.jpg

【ファンド情報】
一口:¥32,400
募集総額:¥7,500,000
事業者:有限会社小島製菓
募集期間:2021年7月30日〜2022年1月31日
分野:食品製造、酒、小売
特典:
1口につき3,000円(送料・税込)相当の『MUSUBit』新商品セットをお送り致します。
発送時期は会計期間開始後にお知らせします。

【ファンドのお申し込みはこちら】

この記事だけを表示

イベント 2021年8月6日 15:55

ヨコイ・東洋スチール 合同オンラインセミナー ~「メイド・イン・ジャパンの潜在力」~

メイド・イン・ジャパンにこだわり、高い品質を維持し信頼を勝ち取ってきた企業が、今、直接顧客と向き合おうと、直販を始めたり、ファッション性を意識する取り組みを本格化しています。今回のセミナーでは、マスク製造のヨコイと老舗工具箱メーカーの東洋スチールからゲストをお招きします。伝統的企業は、なぜこうした取り組みを始めているのでしょうか。顧客をファンにすることで、どのようにビジネスモデルを昇華させようとしているのかについても伺います。また、利益追求だけでない日本型の経営の実践についても、お話を聞きます。
 /data/blog/archive/original/52179.png
参加者の皆様からの質問にお答えするなど、双方向のイベントにしたいと思っていますので、是非ご参加ください。
お申し込みは、こちらからどうぞ。

・日時:9月2日(木)19:30-21:00 
(質疑応答の内容によっては30分ほど延長となる場合がございます。)
・参加費:無料
・定員:100名
・形式:ZOOMを使用します。イベントの視聴及びテキストでの質問が可能です。
   (視聴者の映像・音声は発信されません)  
 
・出演者紹介
/data/blog/archive/original/52143.jpg
ヨコイ 代表取締役社長 岡田守男さん
1952年埼玉県生まれ。1970年鎌田商会(現 白元アース)に入社。トップ営業マンで頭角表し1993年東京支店長。2000年から買収先企業の企業再生にも携わり、2006年には買収した大三の代表取締役。2016年同社退社。同年にヨコイ代表取締役就任。夢・活力ある市場展望考え「and Mask」の構想をグループ会社白鳩と計画し実践している。

/data/blog/archive/original/52142.png

東洋スチール 企画・マーケティング・広報 君岡茜さん
1984年7月26日生まれ。米国の高校・大学を卒業後、マーケティング・コンサルティングファームやメーカーでの海外事業部を経て、2020年東洋スチール株式会社に入社、同社のShopifyの導入を伴うホームページリニューアル及び、リブランディングを敢行し、同社のD2Cビジネスの牽引役となっている。
 

・注意事項
 ・本イベントでは、募集中ファンドの勧誘を行う場合がございます。
 ・イベント内容が変更になる場合がございます。
 
 

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2021 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.