ゆっくり、いそげ?~セキュリテ自由帳~

ゆっくり、いそげ?~セキュリテ自由帳~

イベント2018年7月3日 10:00

セキュリテ被災地応援ファンドの初償還!斉吉商店ファンドサンクスパーティー(7/6)

東日本大震災後、私が一番最初に東北に行ったのは2011年4月7日でした。しかし、仙台に入ったところで、当時最大とされた余震が起こり、予定していた三陸沿岸部での予定はキャンセルとなり、そのまま東京に戻りました。翌週再び訪れた際には、何とか陸前高田、気仙沼、南三陸と回ることができ、八木澤商店さんや斉吉商店さん、丸光製麺さん、石渡食品さん、アンカーコーヒーさん、山内鮮魚店さんら、セキュリテ被災地応援ファンドの立ち上げのきっかけとなった最初の事業者さんたちにお会いすることができました。その時はまだまだ混乱が続く中で、道は瓦礫だらけの未整備でナビも効かず、ミーティングをするにもオフィスや工場もないなか、皆さんには避難先の教習所や学校の校庭、ご自宅などで対応頂きました。その時のことは、また別の機会に書きたいと思いますが、私はその時の印象がとにかく忘れられません。
被災地応援ファンドを立ち上げた時には、私はこのファンドとともに、事業者さんや投資家の皆さまと最後までしっかり伴走していかなければならないと、使命感のようなものすら感じていました。

そういう背景もあり、私にとっては、今回、セキュリテ被災地応援ファンドの中で初めて、斉吉商店さんのファンドが満期で償還(しかもすばらしい結果で!)するということは、通過点の一つに過ぎないことは分かっていますが、それでも、とても嬉しく感慨深いできことです。

ちょうど4月には今では毎年恒例となっている被災地応援ファンドツアーで気仙沼に行く機会がありましたので、その際、延泊して翌日に、斉吉商店の和枝さん、社長、吉太郎さんに、ファンド募集開始当時から今までを振り返るインタビューをさせて頂きました。もしまだご覧になっていない方がいましたら、ぜひご覧になってください。



遠方の方には、ぜひ動画で斉吉さんの声をお届けできればと思いますが、もし今週の金曜日の夜、東京でお時間ある方がいらっしゃいましたら、斉吉商店ファンド サンクスパーティーに是非お越しください。
見どころは、斉吉さんによるプレゼンと、後半のお楽しみ抽選会(ハズレくじなし!)です。
当日ご用意しているおつまみは、斉吉商店の隠れた人気メニュー、国内産焼き羅臼昆布と煎り黒豆の「ぽりぽり道中」です!
イベントやツアー、百貨店の催事等で斉吉さんをご存知の方、金のさんまが大好き!という方、投資家の方でなくてもご参加いただけますので、ぜひご検討ください。

<イベント概要>
日 時
:平成30年7月6日(金)19:00-21:00 (18:45 受付)
会 場:新丸ビル10F 東京21cクラブ・コラボレーションスペース 

プログラム
「第1部」
1.開会・挨拶 ミュージックセキュリティーズ株式会社 代表取締役 小松真実
2.トークセッション 株式会社斉吉商店 専務取締役 斉藤和枝, 日本橋店店長 斉藤かなえ, 斉藤吉太郎
「第2部」
3.来賓挨拶
4.乾杯挨拶
5.歓談タイム (お楽しみ抽選会をします!)
6.閉会 

詳細・お申込みhttps://www.securite.jp/thanks/

当日の司会は、私と影山さんで行います。影山さんは、2011年5月に、初めての被災地応援ファンド説明会を東京で開催した時、インタビュー動画中、和枝さんがお話されている、ピカピカの靴を買ったエピソードの時の説明会でも司会をしていました。投資家の皆さまと顔の見えるはじめてのつながりが生まれた同じ場所で、斉吉商店のファンド償還のご報告をさせて頂きたいと思います。皆さんと一緒に、この機会をお祝いできればと思います。

最後に、インタビュー動画撮影時のオフショットを少しご紹介します!

/data/blog/archive/original/42620.jpg
インタビュー前、私は少し緊張していましたが、斉吉ファミリーのこの雰囲気に和みました。
/data/blog/archive/original/42618.jpg
インタビューも終わり、ほっと一息。
/data/blog/archive/original/42622.jpg
お待ちかねのお昼です!
/data/blog/archive/original/42617.jpg
定番の海鮮丼。この瞬間が、私の仕事の原動力になっています^^
/data/blog/archive/original/42621.jpg

今回の撮影は、斉吉さんの本店「鼎・斉吉」​にて行いました!

最後までお読み頂き有難うございました。
7月6日のイベントでお会いしましょう!

(ミュージックセキュリティーズ・杉山)

この記事だけを表示

kage2018年6月13日 21:52

第1回 経営報告会、開催しました。

どうもこんにちは。
すっかりご無沙汰してしまっておりました。
杉山さんの相方、影山ですm(_)m

先々週末のことです
「第1回 経営報告会」というものを
開催させていただきました。

これ、何かと言いますと
自分が営業者となり、300人を超える方々から
ご出資いただきました
クルミドコーヒーファンド
出資者の方々向けの、年に一度の報告会。

考え方によっては
上場企業にとっての「株主総会」に相当するものと言っても
大きくは間違っていないでしょう。

自分自身、長らく投資ファンドの仕事を
してきておりますので
これまでにも、相当数の株主総会に参加してきました。
株主側としても、経営者側としても。
そして全体的にはあまりいい記憶がありません(笑)

それぞれが、それぞれの立場を背負って参加していることも多いので
本音で話をできる感じではなく
進行も形式的で…。

ですので今回もどんな時間になるか
ドキドキしながら、当日を迎えました。

でも、ですね
それがとってもいい時間になったんです!
(当社比)

/data/blog/archive/original/42340.jpg

正直に申しますと
事業の進捗(数字)自体は
ファンド組成当初の計画値を
下回ってしまっている現状があります。

ただ、自分としては
事業体の成長は数字だけで測れるものではない!と思っていまして
数字以外のところを含めて考えれば
この一年間での新しいお店の成長は
目覚ましいものがあると感じていました。

ただ、そのことを
出資者の方々が分かってくださるかどうか…。

クラウドファンディング/応援マネーと言いましても
セキュリテのそれは金融商品でもあるわけでして
ことがお金のこととなりますと
人間のいろんな面が引き出されてしまっても
不思議ではないわけでして。

ただ、約2時間の会
全体としてとても温かく
受け止めていただくことができたように感じています。

会の終了時に撮影した写真がこちら。

/data/blog/archive/original/42339.jpg

みなさん、いい表情してくださっていますね。
(撮影者の腕もあると思います!)

振り返ってみて
よかったのかなと思うのは

・悪い情報も隠さず、正直にお話ししたこと
 (計画の達成率など)
・ちょっとずつでもお店をよくしていくための努力を
 ぼくらなりに重ねている姿勢をお伝えできたこと
・自分だけでなく、お店のスタッフの表情や
 生の言葉に直に触れてもらえたこと

辺りなのかなと思います。

これは自分が出資者側にまわることもあるから
想像することなのですけど
出資して一番残念なのは
自分が託したお金が有効に使われていると思えないとき。

託したお金が減ってしまうことがあることは
そうした種類の(リスクのある)投資であることは
自覚している部分もありますからね。
そのお金を前向きに、有効に使ってくれていると感じられさえすれば
仮にリターンがマイナスになってしまったとしても
その投資を失敗だとはあまり思わないのではないかなと。
(特に個人としての投資の場合。
 組織としての投資の場合は、別の理屈が作用してしまいますね)

いやいや
クルミドコーヒーファンドは
ちゃんとプラスの償還にできるよう
がんばりますよ!

ただ、その過程では
うまくいかないこと
思うようにならないことだって
やっぱり出てくることがあります。

そうした状況も、あまり隠さず、誠実に
日々、なんとかしようともがいている姿勢とともに
お伝えしていけるといいのかなと感じました。

結果、集まってくださった方々が
「それじゃあ」と
応援の手を差し伸べてくださることだって
あるわけですしね。


なんにしても、まだ1年。
ここからまだ6年あります。
この「経営報告会」もあと6回。

こうしたやり取りを
あと6年、積み重ねていくことができたなら
6年後のことがとても楽しみに思えます。

よきにつけ、あしきにつけ
互いが互いを労い、肩をたたき合い
健闘をたたえ合うような
そんな2024年6月を迎えられたらなと
今から夢想しています。

PS.
セキュリテスタッフの吉山さんも
記事を書いてくださいました。
ありがとうございますm(_)m
クルミドコーヒー経営報告会に行ってきました!

この記事だけを表示

イベント2018年6月12日 12:28

東吉野村「つくばね小水力発電所」を見学して

私が見学に行ったわけではないのですが、「東吉野村 つくばね小水力発電復活ファンド」の出資者の岩田岳久さんが、ファンドの特典にもなっている現地見学ツアーに参加し、素敵なレポートを書いて下さいましたので、ぜひこちらでもご紹介したいと思います。



------------------------------------------------------

東吉野村「つくばね小水力発電所」を見学して

岩田岳久
 
当日は、最終的に11名の参加者が13時に近鉄榛原駅に集合し、小型バスに乗り、東吉野水力発電株式会社の大谷様のご案内で、まず丹生川上神社に参拝した後、つくばね発電所を見学しました。位置的に関西方面に住んでおられる出資者が多く、また東日本大震災の被災企業支援のファンドにも出資されている方が複数おられました。

榛原駅を出発すると、道路はすぐにこんもりとした山林部に入って行き、事前に観光案内で調べていた「天誅組」(幕末に結成された倒幕のための組織のひとつ)の終焉の碑を道路わきで眺めながら丹生川上神社に着きました。
ここで、同社の森田代表取締役ほか役員の方々にお迎えいただき、同神社が水神を祭っていることから豊富な水量に恵まれた山林であることなどをお聞きしました。



つくばね発電所はこの神社のまさに裏手に位置し、近くの川辺のキャンプ場施設も同社が管理していました。
同発電所は、大正3年に地元の有力者、船津弥八郎氏らによって林業を育成するための電力供給を目的として建設され、昭和38年に老朽化を理由に停止されてものを29年7月に同じ場所で復活させたものです。
そこで以前の発電小屋など一部施設を残し、その横に新たな発電所が作られました。したがって、新たな発電所の少し手前からくの字に水道管が曲げられていましたが、そのほか取水口などの設置場所は昔のままでした。(説明では水力は落差(105メートル)によって決まるので、管を曲げても減らないとのこと)
発電機は、チェコのシンク社製クロスフロー水車で、水量にうまく対応でき、葉などが詰まりにくい構造だそうです。
竣工式にはチェコ大使も奈良県議会議員などと共に参列されたとのこと。


発電量は最高毎時82KWhで、今年の3月の発電量は昨年8月の発電開始以来月間最高の59,490KWhを記録しました。
ちなみに中部電力への売電金額も過去最高の2,202,061円に達しました。
森田社長の話では、これからの時期は水量が増えるので、最大の発電量を継続する見通しとのことでした。


(古民家を改装した事務所)

ミュージックセキュリティーズによれば、同ファンドの年間損益分岐点売上金額は、19,090,909円で、昨年8月から今年3月まで8ヶ月間の売上金額の累計13,460,850円から単純に初年度の年間売り上げ見通しを算出すると、
20,191,275円となり、損益分岐点売上金額を上回ると見られます。

同発電所は、その利益を東吉野村の活性化に当てることにしていて、環境教育の場の設営、林業再生に向けた支援を行うとしています。
実際、再生エネルギー供給の観点から数少ない民間主導の事例として多くの視察が行われていて、学校教育の一環としても利用されています。
初夏には水辺をほたるが乱舞するそうで、一度キャンプをしながら見に行きたいと思いました。
林業再生のために、村に1件しかなくなった木材加工業者を増やしたり、木工作家の移住を勧めたり、様々な活動をしているようですが、同じく居住者の減少問題を抱えているその他多くの山間部との協力体制なども必要と感じられました。

ひとつの光明は、今回のツアーの募集から案内までしてくれた大谷様は、お子様を含め1家で東吉野村に移住してきて、同社の業務を担っていることで、このような若者が一人でも多く新たな生活の場を東吉野村に求めやすくするような活動を続けていただければよいなと感じました。
最後になりましたが、森田社長ほか今回のツアーでお世話になった皆様にお礼を申し上げると共に、これからも目標達成のためにご活躍されることを願っております。​

------------------------------------------------------

これを読むと、改めて素晴らしい事業をされているな、と嬉しく思いました。

現在、セキュリテでは、再生可能エネルギーのファンドを複数募集しています。
太陽光エネルギーファンドの他、途上国の電力問題に真っ向から取り組むファンドもあります。
おまとめ記事から、ぜひご覧ください。

未来を照らすエネルギーファンド特集

最後に。上記ツアーでは見学後は、地元旅館「高見山荘」にて、アマゴ(アメゴ)の塩焼きやマスのお造りをはじめ、たくさんのお料理で、懇親会があったそうです。きっと盛り上がって、皆さんでいい時間を過ごされたことでしょう。お食事も美味しそうですね!
セキュリテの「顔の見える投資」、こうした機会をもっと増やしていければな、と思います。



(ミュージックセキュリティーズ・杉山)

この記事だけを表示

sugi2018年5月17日 00:40

最高償還率を更新(177%)。投資家への分配は「喜びでしかない」

先日、「中島重久堂 つなぐ鉛筆削り器ファンド」が、セキュリテのこれまでのファンドの中では過去最高となる177.59%という高い償還率(※)でファンドの償還を迎えました。
※償還率は(一口分配総額)/(一口出資金額)で算出されます。

このファンドでは、2014年に新商品「想いをつなぐ鉛筆削り『TSUNAGO』」の金型製作費用を募集しました。2015年に販売を開始してから3年、これまでに累計15万個近くを販売し、事業計画を大きく上回る実績をあげることができました。

【ファンド概要】
営業者:株式会社中島重久堂(代表取締役:中島潤也、大阪府松原市)
募集総額:5,010,000 円
参加人数:258人
会計期間:2015年3月5日~2018年3月4日
一口出資金額:15,000円(別途、取扱手数料855円)
一口分配総額:26,639円(うち、源泉徴収額2,376円)
償還率: 177.59%
ファンド詳細:https://www.securite.jp/fund/detail/667




実はこのファンドは、私が大阪にいた頃募集したファンドで、私自身も一投資家として参加しているのですが、毎年の分配報告や月次報告を受け取る度に、あまりに高い数字に、ファンド運営会社としては、「投資家にこんなに分配することになって、事業者さんはどう思うだろうか、、、」と、かえってひやひやドキドキしていました。

とういのも、「セキュリテのファンドを活用しませんか」と、事業者さんに営業、ご提案する際には、必ずと言っていいほど皆さん、セキュリテに払う費用や分配金を、金融機関の金利と比較されて「高い」とおっしゃるからです。(セキュリテのファンドと金融機関からの融資は、全く異なる仕組みではありますが、資金調達の仕組みである以上、調達コストを単純比較したくなる気持ちは、当然分かるのですが。)
しかも、このファンドを募集した中島重久堂さんは、老舗の鉛筆削り器メーカーで、借りようと思えば、いくらでも銀行から借りられた会社でした。
そういう背景もあり、このファンドが償還する暁にはぜひ社長さんに本音を聞いてみたい、と大分前から密かに思っていました。

そして償還直前、その願望を実現し、中島社長にインタビューの機会を頂くことができました。
ブログの件名で最初に明かしてしまいましたが、こんなに高い分配率についてどう思うかということについては、「正直、喜びでしかない」と、スパーンと回答頂きました。
「80年もしてる会社が、ある1アイテムであかんかったとなったら、看板に傷がつくので、絶対にお返しせなあかんと思っていたので、安心した」とも。

インタビューでは、主に以下の質問をしています。
・ほかの鉛筆削り器メーカーとの違いは?
・ファンドを利用した理由は?
・ファンドを利用してよかったことは?
・177.59%という高い償還率についてどう思いますか?
・中島重久堂の今後の展開は?

本当に素晴らしい会社です。工場の風景や社員の方の働く様子も映像に収めていますので、ぜひ多くの方にご覧頂ければと思います。


 

~・~・~・~・~・~

最後に。今回ご紹介したのは、最高償還率のファンドでしたが、多くのファンドにご出資している方であれば、よくご存知の通り、セキュリテのファンドでは、それなりの割合で元本を割れることがあります。(過去の償還済みファンドの償還率は、ファンド検索ページよりご確認頂けます。検索ページはこちら) 
割合は少ないですが、中には満期を迎えず破産するなど、ファンドが解散となり分配金が全く支払われないケースもあります。(解散したファンドについては、投資家の方は、マイページからご確認いただけますが、検索ページでは検索いただけません)

そういうサービスでありながら、継続的にファンドにご参加いただく出資者の皆さまの存在があるのは、ただただ有難く、また同時に、日々責任の重大さを感じています。
セキュリテが新しいチャレンジを後押しするプラットフォームである以上、失敗はつきものであり、すべてのファンドでプラス償還を実現することは困難ですが、それでも、仮に失敗した時でも納得頂けるような、ファンドづくりや運営、情報開示に努めてまいります。
そして、もっともっと、中島重久堂さんのような、素晴らしい会社の素晴らしいファンドをつくって、しっかり結果も出していきたいと思います。

(杉山)

この記事だけを表示

sugi2018年5月14日 23:18

「Lima Fintech Forum 2018」に参加

5月9日、10日にペルーで開催された「Lima Fintech Forum 2018」に参加しました。
http://www.limafintechforum.com/
クラウドファンディングのセッションで、JICAの岩橋さんとともに登壇し、私は「Impact investment -The Japanese Tokumei-kumiai crowdfunding model-」という題でプレゼンさせて頂きました。

ペルーでは、現在、投資型のクラウドファンディングが禁止されており、今国会では、新たな規制の枠組みや投資型も可能にする内容も盛り込んだクラウドファンディング法案が審議される予定です。

そうした文脈に合わせ、私たちがセキュリテで実践している匿名組合の仕組みや金融商品取扱業者として義務付けられているルールを紹介しました。

当社は今年度、JICAの案件化調査で採択され、ペルーにおけるマイクロ投資クラウドファンディングを活用した地場中小零細企業支援に関する調査をする予定です。

必要な資金を必要とされる人に届けるために、かつ、お金の出し手にも安心して出して頂くために、テクノロジーと規制の最適なバランスを求められるのがFintechの分野です。

しっかり取り組んでいきたいと思います。

/data/blog/archive/original/41971.jpg

/data/blog/archive/original/41970.jpg

この記事だけを表示

sugi2018年4月25日 15:27

セキュリテ被災地応援ファンド募集開始から7年

今から7年前の今日、2011年4月25日に、セキュリテ被災地応援ファンドの最初のファンドが募集開始となりました。
このファンドは、東日本大震災で被災された事業者さんが復興していくための力になりたいと、宮城県のNPO法人ファイブブリッジや県庁の有志の皆さんの協力のもと準備を進め、語呂合わせですが「For 復興」の願いを込めて、4月25日をその日に定めました。

その前日には、気仙沼のアーバンマリアチャペルで、陸前高田、気仙沼、南三陸から、6社の事業者さんとともに、セキュリテ被災地応援ファンド立ち上げの記者発表も行いました。思えば、気仙沼湾を背景にこの時撮った皆さんの笑顔の写真が、その後ずっとセキュリテ被災地応援ファンドを象徴するメインビジュアルになっています。

/data/blog/archive/original/41789.jpg

そして、あれから7年が経ちました。今年は、最初のファンドのうちの1つが、既に会計期間を終え、間もなく償還を迎えます。あっという間、という言葉よりは、その間にいろいろあり過ぎて、いろいろなことが変わり、むしろその時間の長さを感じます。

事業者さんにもたくさんの変化がありました。仮設の工場から新設の工場に移り、新しい店舗や新しい商品、新規事業が起こり、事業者さんにも孫や子どもができたり、子どもたちが大きくなったり、地元に戻ったり、後継者としての道を進み始めたり。いいことばかりではなく、病気やケガや事故、事業縮小や倒産などのつらいできこともありました。

その中でも変わらずあるのが、投資家の皆さんの存在です。セキュリテ被災地応援ファンド設立当時から、「長期的に関わり復興を見届ける」ということをその特長として挙げていましたが、長い時間が経った今だからこそ、そうした投資家の皆さんがいてくださることの価値を実感をすることができるなぁ、と。

2011年や2012年頃、被災地をお金で支援する仕組みはたくさんありました。寄付やお買い物、いわゆるクラウドファンディングが普及したのもこの時期で、多くの方が様々な方法で、お金を出したことと思います。でも、それから7年という長い期間を経て、今もその支援先とつながっていられている方はどれぐらいいるのでしょうか。そもそも自分の選んだ寄付先のうち、いくつぐらいを覚えていますでしょうか。

そんなことをいつも考えさせてくれる、思い出させてくれるのが、投資家の皆さんと事業者さんを訪問し、交流する「425祭」というツアーです。今年は例年より早い、4月14日、15日の週末に開催しました。
その報告が上がっていますので、ぜひご覧ください。

セキュリテ被災地応援ファンドツアー「425祭 2018」開催レポート
https://www.securite.jp/news/activity?a=5989


(ツアー参加の皆さんと斉吉商店の皆さんとランチの後に記念撮影)

残念ながら今から「セキュリテ被災地応援ファンド」に出資していただくことはできないのですが、セキュリテでは現在、被災地の取り組みを応援する取り組みとして、福島県と熊本県のファンドを募集しています。

こちらは今からでもご参加いただけますので、ぜひ、私たちと一緒に「長期的」に関わっていく仲間になってください。多くの皆さまからのご支援をお待ちしております!

〇チャレンジ!ふくしま創生プロジェクト
https://www.securite.jp/fukushimaken/

〇セキュリテ熊本地震被災地応援ファンド
https://www.securite.jp/kumamoto/

また、セキュリテストアでは、東北の被災地応援ファンドの事業者さんの商品を買うこともできます。震災後に復活した定番商品や震災後にできた新商品など、様々な商品がありますので、ぜひストアでのお買い物もお楽しみください。

〇セキュリテストア
https://www.securite.jp/store

 

この記事だけを表示

sugi2018年2月26日 21:50

#尊厳を守るー難民支援の取り組み

ミュージックセキュリティーズでは、本日より国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)への寄付の受付を開始しました。

<寄付サイトはこちら>
https://www.securite.jp/unrwa
/data/blog/archive/original/40949.jpg

こちらは、UNRWAが始めた世界的な資金調達キャンペーン#尊厳を守る(#DignityIsPriceless)の一環で行うものです。

先日、UNRWAのピエール・クレヘンビュール事務局長が来日した際にご縁を頂き、当社としてもその趣旨に賛同し、UNRWA公認の日本国内唯一の受け皿として寄付の受付を行います。

なお、当社としても、決済手数料等で最低限かかる経費以外、一切の手数料は頂かず、全額寄付の取り組みとして協力させて頂きます。

今日、世界中には パレスチナ難民に限らず、6500万人以上の難民がいると言われています。
当社は、インパクト投資のプラットフォームとして、セキュリテで行う匿名組合方式の出資による投資だけではなく、こうした寄付の取り組みを含め、選択可能なあらゆる手段を通じて、SDGs(持続可能な開発目標)の実現に向け、今後も取り組んでいきたいと思います。
 

持続可能な開発目標(SDGs) 17項目
参考:国際連合広報センター 持続可能な開発目標、2016年1月1日に発効
http://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/17430/

この記事だけを表示

sugi2018年2月25日 13:30

既存の金融システムでは解決が難しいこと

今日は、元部下の挑戦についてです。
先月末募集開始したファンドの中に、ミュージックセキュリティーズの元社員が立ち上げたファンドがありました。彼は2013年、私が大阪にいた頃採用した西日本支社のスタッフでした。当社を辞めていくメンバーの中には、自ら事業を起こすために辞めていく人が少なからずいます。

そういう人たちのことを、私はすごいと思っています。
私たちは、普段の業務の中で、素晴らしい事業や事業者さんに接する機会が多くあります。事業をすることの魅力を間近に感じます。なので、起業に憧れる気持ちを抱くのは自然なことです。しかし一方で、自分で事業をすることの難しさを痛感させられる機会も多くあります。事業計画をつくった時に思い描いていた将来と、現実は必ずしも一致しません。そのために投資家の方にはリスクを負っていただいていますが、実際にうまくいかなかった時、分配金がほとんど出せないような時、その会社が倒産してしまうような時には、本当に皆がつらい経験をします。

そんな中で、彼の決断と勇気、そして起業からわずか1年余りでセキュリテの審査をクリアし、ファンドを募集するまでに成長した姿に、心からの敬意を払いたいと思います。彼の起業家としての評価が出るのは、まだまだ先のことですが、とりあえず今、頑張っていること、とても嬉しく思います。

そして今回、この記事を書いているのは、その彼、株式会社アゲルの代表取締役 大塩 智史くんの言葉を紹介したいと思ったからです。
/data/fund/4166/9.png
(株式会社アゲル 代表取締役 大塩 智史)

-------------------------
「募集開始してからわずか40時間程度で314名の投資家の方から満額の1,320万円をご出資頂き、この度無事3号店を出店できることになりました。

うちは創業してまだ1年ちょっと。既に借入も行なっているため、とてもじゃありませんが銀行から1,000万円を超える追加融資を受けることは難しい状態です

しかし、今波に乗っており、スタッフも順調に集まり育ってきて強いチームになりつつある。足りないのは資金だけ。このような経営環境の私どものようなベンチャーは多いのではないかと思いますが、既存の金融システムではなかなかこの問題は解決できません

思えば5年前のあの日、カンブリア宮殿を見て「何やこれは!これやったら事業者も投資家もwin-winで素晴らしい仕組みや!」と感動して、これを広めたいと思い、入社しました。

それを今回使う側に回り、改めてこの仕組みの素晴らしさを感じました。これからは当社の一方的なwinとならないように、まずはお客様に満足頂き、そしてその結果投資家の方のwinにも繋がるように事業を行って参りたいと思います。」(大塩くんのFacebookより引用)
-------------------------

彼が入社してくれた時の想いや期待を、セキュリテではもっともっと実現していかなければならないな、とあらためて感じます。
セキュリテでは、まだまだベンチャー企業や創業間もない企業のファンドは少ないです。
彼の頑張りに負けないように、私たちももっと頑張ろうと思います。

最後に、ファンド募集開始の際、彼が私に個人的に送ってくれたメッセージの中で、最後まで諦めないこと毎月必ず投資家の皆さま向けの営業報告を行うことを約束してくれたことも、ここにご紹介しておきます。もし今後、弱音を吐いたり、投資家の皆さまへの毎月の営業報告をサボるようなことがあったら、それは約束違反ですので、その時はまず私が最初に率先して怒りたいと思います。

それはさておき、近畿エリアにお住まいの皆さま、または大阪出張を予定している皆さま、
大塩君のお店は、とっても美味しく、リーズナブルに天ぷらを楽しめるお店ですので、ぜひ機会をつくってお出かけください。

<ファンドの詳細はこちら>
/data/blog/archive/original/40947.jpg
 

この記事だけを表示

sugi2018年1月19日 10:07

今年、実現したいこと

1月ももう下旬に差し掛かり、2018年も今まで以上にあっという間に過ぎてしまいそうな予感がします。
2017年もいろいろありましたが、ファンドに関する2017年のできごとの中で、私にとって最も印象深かったことは「マルニ木工ファンド2012」の償還でした。

「マルニ木工ファンド2012」は、広島に本社を置く家具メーカーの株式会社マルニ木工が2012年に募集した総額3,480万円、会計期間5年間、191名の方にご参加頂いたファンドです。5年間という期間、いい時も、それほどよくない時もありながらも、毎月欠かすことなく出資者の皆さまに営業報告を行い、当初立てた事業計画を見事に達成して償還を迎えました。

山中社長が綴る毎月の営業報告は、数字だけでなく、社内の取り組みや海外の納品事例など、とても充実した内容の濃いものでした。読むたびにその会社のことが好きになっていく、そんな内容でした。私は毎月、毎月、その報告を楽しみにしている一人で、ファンドが償還する暫く前から、ファンド償還の時には、山中社長にお話しを聞いてみたいと考えていました。

そして、昨年ついにそれが実現しました。その時の様子をまとめたのが、こちらのインタビュー動画です。セキュリテを利用した動機、毎月営業報告を続けられた理由、今年90周年を迎えるマルニ木工のこれからの夢など、社長の飾り気のない素朴な語り口のなかに、私にとって宝物のような言葉が散りばめられています。

今回、できたての監査結果の明細書をお持ちして、5年間の累計売上が当初立てた事業計画を超えていることを一緒に確認したのですが、その時の安堵と喜びの混じった自然なリアクション(5'22~)が、この動画の一つのハイライトかなと思います。10分程度の動画です。ぜひご覧ください。



さて、続いて今年の目標についても少し。

実はセキュリテを運営していて、出資者から最もお叱り(やご心配)を受けることの一つは、ファンド事業者からの「営業報告がない」ということです。昨年東京に戻り、顧客担当役員に就任して以来、私が最も力を入れて取り組んできたのが、月次の売上報告など、ファンドのIR改善でした。まだまだ道半ばではありますが、今、少しずつ成果が出てきています。

仕事上、私は日々更新されるファンドの営業報告のすべてに目を通しています。前回は、仕事で一番好きなことが交流会と書きましたが、これもそれと同じぐらいに好きな仕事です。各地で頑張っていらっしゃる事業者の皆さんの取り組みや状況、成果や悩みを知ることができるからです。すべての事業者や出資者の皆さんが、イベントに参加できるわけではありませんが、ウェブやメールを通した発信は、どこにいても、そこにいながらにして、事業の状況をお伝えし、知ることができるツールです。セキュリテの醍醐味、つまりインターネットを通じた小口のインパクト投資の醍醐味は、そこにあるのだと思います。

2018年の目標のうちの一つは、マルニ木工ファンドのような素晴らしいファンドを、多くの方に感じて頂けるように、すべてのファンドで定期報告がされる当たり前の状況をつくっていきたいと思います。そして、事業者の皆さまだけでなく、出資者の皆さまにも「事業計画」の達成を一緒に目指してファンド期間を歩んでいるような感覚をもっとお持ち頂ければと願っています。

もし、出資者先の企業からの営業報告が最近ないな、と思ったら、その時はぜひ、私たちセキュリテ窓口や事業者さんに一言問い合わせ頂き、カツを入れて頂ければと思います。私たちも、事業者の皆さまも、出資者の皆さまからの声が、一番の励みで原動力になります。

長くなりましたが、そして、遅ればせながら、今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

/data/blog/archive/original/40382.jpg
(左:マルニ木工の山中武社長、右:杉山。インタビュー終了後の1枚)

 

この記事だけを表示

sugi2017年12月12日 11:14

仕事をしていて一番楽しいこと

私はよく「仕事楽しそうにやってるよね~」「楽しそうな仕事だよね~」と言われます。

それは確かに事実なのですが、中でも、一番楽しいことの一つが、事業者さんとの交流で、特にお酒も入って食事や懇親会をしている時が、(その時間は業務でしているわけではありませんが)とにかく楽しくて好きです。

/data/blog/archive/original/39960.jpg
(セキュリテ被災地応援ファンドの事業者の皆さまと盛屋水産さんの「唐桑御殿」にて)

セキュリテの事業者さんから、事業にかける思いや哲学、取り組みをお聞きする時、私はとても感動して、人生において働くことや仕事の意義、この世界の素晴らしさを感じてしまいます。

そういう時、私はいつもこういう贅沢な時間を私やスタッフだけが聞いていることを「もったいない」「この場に投資家の方もいれたらよかったのに」「この話を聞いたらみんな投資するのに」と思っていました。

そこで今回、それを実現すべく初めて企画したのが「セキュリテ忘年会」です。いつものセミナーと違って、事業者さんのプレゼンがありません。いわゆる飲み会、懇親会、パーティーという感じの企画です。やはり、事業者さんもプレゼンがあると、その準備や緊張でなかなかリラックスできないものです。
年の終わりにわいわいがやがや、普段はセキュリテスタッフだけが楽しんでいる素敵な時間を、ぜひ投資家や会員、セキュリテのパートナーの皆さまと共有させて頂ければと思います。

当日は事業者さんからの素敵なプレゼントなどが当たる「お楽しみ抽選会」も予定しています。
いよいよ今週金曜日。ぜひご参加ください!
 

セキュリテ忘年会

/data/blog/archive/original/39966.jpg

日時:2017年12月15日(金) 18:00~20:30
会場:グランフロント大阪内 ※会場の詳細は、お申込後に参加者の方のみ、別途ご案内申し上げます。
会費:4,000円/お一人
形式:立食スタイルのパーティー
詳細・お申込みはこちら:https://www.securite.jp/store/detail/2211​
 

参加予定事業者(順不同)

・株式会社SABAR(鯖や)【SABAR鯖街道よっぱらいサバファンド等、全6本
・尾崎食品株式会社【神戸ヘルシー豆乳ヨーグルトファンド
・武田食品冷凍株式会社【武田食品 淡路島産天然わかめファンド】【淡路島 未利用魚種を宝に変えるファンド
・田代珈琲株式会社【田代珈琲 旅するコーヒーファンド等、全6本
・株式会社島田商店【島田商店 手作りのお麩ファンド
・ニシキ醤油株式会社【大和いかるがの里 ニシキ醤油ファンド
・まねき食品株式会社【姫路発 まねきの「バウム」土産化ファンド】【姫路名物 まねきのえきそばファンド
・豊橋木工株式会社【豊橋木工 背すじを優しく守る椅子ファンド
・有限会社望蘇閣【阿蘇プラザ 五岳満喫nendoファンド
・株式会社イノウエ商事【本気の消臭「トレッシュ」空間除菌ファンド

※ 事業者様からは、代表者に限らず、ファンドの担当の方、その他スタッフの方が参加されます。(社長がご参加されない場合もあります)

 

この記事だけを表示