セキュリテからのお知らせ イベント

イベント 2021年7月12日 14:55

「SDGs時代の明日を創る力」~日本KAIGOソフト・タケックスジョイントセミナー~

人口が減少し、高齢化の進行も早いことから課題先進国と呼ばれる日本で、様々な社会課題を解決しようと戦うベンチャー企業があります。ミュージックセキュリティーズ、8月のオンラインセミナーでは、現在、ファンド募集中で、社会課題解決にまい進する2社をご紹介します。



人手不足の中で、介護従事者の生産性をあげるためのソフトウェアを開発し、日々、改善を続けている日本KAIGOソフト。そして、世界のフードロス問題などの解決のために、天然由来の竹を主成分とした除菌材などを開発するタケックス。
両社の社長をゲストに迎え、「SDGs時代の明日を創る力」をテーマに、自らの実践事例を、ご紹介いただきながら、お話を伺います。
 
参加者の皆様からの質問にお答えするなど、双方向なイベントにしたいと思っていますので、是非ご参加ください。お申し込みは、こちらからどうぞ。
 
・日時:8月5日(木)19:30-21:00 
(質疑応答の内容によっては30分ほど延長となる場合がございます。)
・参加費:無料
・定員:100名
・形式:ZOOMを使用します。イベントの視聴及びテキストでの質問が可能です。
   (視聴者の映像・音声は発信されません)  
 
・出演者紹介
日本KAIGOソフト 社長 中元秀昭さん
1970年、札幌生まれ。高校卒業後、航空自衛隊勤務を経て、大手セキュリティー会社にて営業職に従事。2002年、株式会社さくらコミュニティサービスを設立し、取締役に就任。 現在はグループの代表取締役として介護関連の各種事業を世界規模で展開。また、2017年にMBA(経営学修士)取得。現在、小樽商科大学・大学院で非常勤講師を務める。

/data/blog/archive/original/52041.jpg

タケックス 社長 岡田久幸さん
高知県出身。高校時代に長期の入院生活を送り、食の安心安全に取り組むことを決意。
独学で竹の研究を重ね、1987年に竹抽出物による除菌剤を開発。また大学や企業との共同研究を経て、現在の事業基盤を築く。竹の有効利活用を通じた環境問題改善を目指し、東南アジアにも事業を展開している。
 /data/blog/archive/original/52044.png

・注意事項
 ・本イベントでは、募集中ファンドの勧誘を行う場合がございます。
 ・イベント内容が変更になる場合がございます。
 

この記事だけを表示

イベント 2021年6月23日 18:30

北海道を世界に冠たるブランデー、ワイン、ジン、ウイスキーの名産地に ~北海道自由ワイン社長を迎え7月8日(木)オンラインセミナー開催~

皆さま、こんばんは。
日頃より、セキュリテの事業者さまへの格別のご支援、誠にありがとうございます。

 

「マオイ蒸留所 北海道ブランデーファンド」オンラインセミナー開催


セキュリテでファンド募集中の北海道自由ワインの林英邦取締役社長と学習院大学経済学部深見嘉明特別客員教授をゲストにお招きして、7月8日(木)、オンラインセミナーを開催いたします。

ファンド名は、「ブランデー」となっていますが、林社長は、ブランデーだけでなく、ワイン、ジン、ウイスキーも生産する総合力を持った企業になりたいと考えています。


/data/blog/archive/original/51997.png
 

「北海道に稼げる強い産業が作りたい」


北海道自由ワインは、「北海道に稼げる強い産業が作りたい」という願いのもとに創業しました。そして、「稼げる強い産業」の実現には、豊かな自然から生み出される農産物の六次産業化がいいのではないかと考え、北海道長沼地域の約13ヘクタールの農地で、ぶどうの栽培を行っています。

いよいよ今年秋には、蒸留設備を含めたワイナリーと蒸留所が完成し、本格的な蒸留酒の生産が始まります。

/data/blog/archive/original/51922.jpg

北海道自由ワインには、大きなビジョンがあります。
それは、「北海道を世界に冠たるブランデー・ワイン・ジン・ウイスキーの名産地にしたい」という夢です。

ブランデー・ワイン・ジン・ウイスキーという、世界中で認知度が高いお酒を製造していくので、良質なものを作れば、世界に膨大なマーケットが広がっていると考えています。

また、近隣の中国や韓国などからは、産地巡りを楽しむ観光客も見込めると期待しています。
地球温暖化の影響で、北海道には、追い風も吹いています。
蒸留酒の一大産地であるフランスの酒類製造の経営者が、温暖化でフランスでは、ぶどう栽培が難しくなることを懸念し、リスクヘッジとして、豊かな水と土を持つ北海道にぶどうの栽培地を持ち始める動きも出ているのです。

世界中から蒸留酒産地としての北海道への注目度が高まっています。

/data/blog/archive/original/51925.jpg

来年春にはワインやりんごの蒸留酒もできあがることから、創業者の林英邦社長は、来年を「勝負の年、攻めに転じる年」と話しています。

オンラインセミナーでは、林社長に工事の進捗をうかがうともに、広大なビジョンをご披露いただきます。酒造ベンチャーに詳しい
学習院大学の深見先生にもコメントを頂戴していきます。

また当日は、社長から、セミナー参加者だけにお披露目いただける「大切なお知らせ」もある予定です。
参加者の皆様からのご質問にも、お答えしてまいります。

どうぞ奮って、ご参加ください。

 

イベント概要


北海道を世界に冠たるブランデー、ワイン、ジン、ウイスキーの名産地に

イベント情報

日時: 7月8日(木)19:30〜20:30(質疑応答等により30分ほど延長となる場合があります)
参加費: 無料
定員:100名
形式: ZOOMを使用します。イベントの視聴及びテキストでの質問が可能です。
(視聴者の映像・音声は発信されません)

お申込み
視聴方法につきましては「Zoomウェビナー」にて配信予定です。
以下のURLより事前登録の上、登録メールに記載のURLよりご参加をお願いいたします。

【お申し込みはこちら】
 

『マオイ蒸留所 北海道ブランデーファンド』

/data/blog/archive/original/51923.jpg

ファンド情報
一口: ¥32,400
募集総額: ¥55,500,000
事業者: 北海道自由ワイン株式会社
募集期間: 2020年3月31日〜2022年3月31日
分野: 食品製造、酒

【お申し込みはこちら】
 

この記事だけを表示

イベント 2021年6月17日 18:30

東日本大震災から10年、今必要な復興支援を考える~「八木澤商店」「KFアテイン」の社長を迎え6月25日(金)オンラインセミナー開催~

皆さま、こんばんは。
日頃より、セキュリテの事業者さまへの格別のご支援、誠にありがとうございます。

 

八木澤商店・KFアテイン ジョイントセミナー開催

ミュージックセキュリティーズでは、「次の10年も共に歩こう」をキーワードに、東日本大震災で被災した企業の支援を続けています。
今回は、セキュリテでファンド募集中の八木澤商店とKFアテインの社長をゲストに、6月25日(金)、オンラインセミナーを開催いたします。

/data/blog/archive/original/51882.jpeg

 

被災企業の今を知る機会に

東日本大震災から10年が経過し、大きな被害を受けた地元企業の多くはビジネスを再開し、コロナ禍に悩まされながら、次の成長機会を探ろうとしています。
しかし、震災から時間が経過したこともあり、なかなか実情を知ってもらう機会がありません。

/data/blog/archive/original/51883.jpg

現在、八木澤商店は「八木澤商店/味噌工場ファンド」を、KFアテインは「最強錆止「雪王」「鉄王」新事業ファンド」を募集中で、共に新しい設備投資のための資金を求めています。
ここで資金調達ができるかどうかが、今後の企業の成長のスピードを決めることになります。

/data/blog/archive/original/51884.png

ミュージックセキュリティーズは、「被災地応援ファンド」以降、現在も被災企業への支援を呼びかけています。

本セミナーでは、東日本大震災の被災地への支援活動を続けてきた方、10年が経過し新たな交流の仕方を検討している方、被災地の現状と自らができることを考えてみたい方、両社の事業に関心のある方、ファンドに関心がある方などを対象に、被災から10年目を迎えた復興支援について考えていきたいと思います。

参加者の皆様からの質問にもお答えし、双方向な企画にしたいと思っていますので、是非ご参加ください。

 
 

イベント概要

被災から10年目の復興支援とは?ー八木澤商店とKFアテインの社長本音トークー

イベント情報

日時: 6月25日(金)19:30〜21:00
(質疑応答等により30分ほど延長となる場合があります)
参加費: 無料
定員: 100名
形式: ZOOMを使用します。
イベントの視聴及びテキストでの質問が可能です。
(視聴者の映像・音声は発信されません)


お申込み

視聴方法につきましては「Zoomウェビナー」にて配信予定です。
以下のURLより事前登録の上、登録メールに記載のURLよりご参加をお願いいたします。

【お申し込みはこちら】
 

この記事だけを表示

イベント 2021年6月16日 16:25

北海道を世界に冠たるブランデー、ワイン、ジン、ウイスキーの名産地に ~北海道自由ワイン社長の広大なビジョン~

7月8日(木)夜のオンラインセミナーは、「マオイ蒸留所 北海道ブランデーファンド」で出資募集中の北海道自由ワイン、林英邦社長と学習院大学経済学部の深見嘉明特別客員教授をゲストにお招きして、お送りします。

 /data/blog/archive/original/51997.png

北海道自由ワインは、「北海道に稼げる強い産業が作りたい」願いのもとに創業しました。
そして、「稼げる強い産業」の実現には、豊かな自然から生み出される農産物の六次産業化がいいのではないかと考え、北海道長沼地域の約13ヘクタールの農地で、ぶどうの栽培を行っています。

/data/blog/archive/original/51892.png
いよいよ今年秋には、蒸留設備を含めたワイナリーと蒸留所が完成し、本格的な蒸留酒の生産が始まります。

北海道自由ワインには、大きなビジョンがあります。それは、「北海道を世界に冠たるブランデー、ワイン、ジン、ウイスキーの名産地にしたい」という夢です。中国というブランデーの大消費地に近いだけでなく、世界中に愛好家がいるお酒を製造していくので、世界に膨大なマーケットが広がっていると考えています。
地球温暖化の影響で、北海道には、追い風も吹いています。蒸留酒の一大産地であるフランスの酒類製造の経営者が、温暖化のためフランスではぶどう栽培が難しくなることを懸念し、リスクヘッジとして、豊かな水と土を持つ北海道にぶどうの栽培地を持ち始めるような動きも出ているのです。世界中から蒸留酒産地としての北海道への注目度が高まっています。

/data/blog/archive/original/51852.png

来年春には、ワインやりんごの蒸留酒もできあがることから、創業者の林英邦社長は、来年を「勝負の年、攻めに転じる年」と、話しています。オンラインセミナーでは、林社長に、工事の進捗をうかがうともに、広大なビジョンをご披露いただきます。そして、酒造ベンチャーに詳しい学習院大学の深見嘉明先生にも、コメントを頂戴していきます。
また当日は、社長から、セミナー参加者だけにご披露いただける「大切なお知らせ」もある予定です。参加者の皆様からのご質問にも、お答えしてまいります。どうぞ奮って、ご参加ください。
 
「北海道を世界に冠たるブランデー、ワイン、ジン、ウイスキーの名産地に」
      ―北海道自由ワイン社長の広大なビジョン―
 
・日時:7月8日(木)19:30-20:30
(質疑応答の内容によっては30分ほど延長となる場合がございます。)
・登壇者:北海道自由ワイン 林英邦社長

     学習院大学 経済学部 深見嘉明 特別客員教授
・参加費:無料
・定員:100名
・形式:ZOOMを使用します。イベントの視聴及びテキストでの質問が可能です。
   (視聴者の映像・音声は発信されません)  
お申し込みはこちらから

*本イベントでは、募集中ファンドの勧誘を行う場合がございます。

この記事だけを表示

イベント 2021年6月11日 19:20

(6月25日)SDGsセミナー 特別編のお知らせ(㈱国際開発センターとの共催)

本セミナーでは、企業のSDGsご担当者様を対象に、株式会社国際開発センターから民間企業がSDGsに取り組む意義やSDGsの各ゴール・ターゲットを解説するとともに、ミュージックセキュリティーズから、企業の資金調達事例をご紹介いたします。
SDGsの実践手法の一例として、ご参考にしていただければ幸いです。

<参考>株式会社国際開発センター https://www.idcj.jp/ 
株式会社国際開発センターは、1971年に財団法人として設立された開発・国際協力分野専門の総合的なシンクタンクです。(現在の法人格は財団法人と株式会社の2形態)
その中でも「SDGs室」は、SDGsに関するセミナー開催や企業への講師派遣、GRI認定研修組織としての非財務情報開示に関する研修、SDGsコンサルティング等、幅広いSDGsサービスを展開しております。

【日時】2021年6月25日(金) 14:00~16:00 ※オンライン開催(zoom)

【内容】
1.14:00-15:00(60分) SDGsの概要(国際開発センターより)
 ・SDGsとは
 ・民間企業がSDGsに取り組む理由
 ・SDGsのゴールとターゲットの解説

2.15:00-15:30(30分) インパクト投資を活用した中小企業のSDGs資金調達事例(ミュージックセキュリティーズより)
 ・「セキュリテ」による中小企業の資金調達とSDGsの実践事例

3.15:30-16:00(30分) 質疑応答

【参加費用】2,000円

【定員】40名

【このような方々にオススメ】
✔ インパクト投資によるSDGs資金調達にご興味のある企業担当者様
✔ 中小企業におけるSDGsの実践事例を知りたい企業担当者様
✔ SDGsの概要、取り組む意義について知りたい企業担当者様

【お申込み方法】
㈱国際開発センター SDGs室  問合せフォーム https://www.idcj.jp/sdgs/contact/ にお申込みください。
・6/25のSDGsセミナーに参加希望の旨をご記入ください。
・参加費2,000円/人の支払いについては、請求書発行による口座振込となります。

この記事だけを表示

イベント 2021年6月9日 17:40

被災から10年目の復興支援とは?ー25日夜:八木澤商店とKFアテインの社長本音トークー

東日本大震災から10年が経過し、大きな被害を受けた地元企業もビジネスを再開し、コロナ禍に悩まされながら、次の成長機会を探ろうとしています。しかし、震災から時間が経過したこともあり、なかなか実情を知ってもらう機会がありません。
 
そこで、被災地応援ファンドで、被災地の方々とネットワークを持つミュージックセキュリティーズは、今、必要な復興支援について知ってもらおうと、東北の被災企業の中から、現在、当社のインパクト投資プラットフォーム、セキュリテでファンドを組成し募集中の食品製造会社、八木澤商店の河野通洋社長と塗料メーカー、KFアテインの川又貴仁社長をゲストに、オンラインセミナーを開催いたします。

/data/blog/archive/original/51817.png
 東日本大震災の被災地への支援活動を続けてきた方、10年が経過し新たな交流の仕方を検討している方、被災地の現状と自らができることを考えてみたい方、両社の事業に関心のある方、ファンドに関心がある方などを対象に、被災から10年目を迎えた復興支援について考えていきたいと思います。
 
参加者の皆様からの質問にお答えするなど、有意義な時間にしたいと思っていますので、是非ご参加ください。申込みは、こちらからどうぞ。
 
「被災から10年目の復興支援とは?―八木澤商店とKFアテインの社長本音トーク―」
 
・日時:6月25日(金)19:30-21:00 (質疑応答の内容によっては30分ほど延長となる場合がございます。)
・参加費:無料
・定員:100名
・形式:ZOOMを使用します。イベントの視聴及びテキストでの質問が可能です。
   (視聴者の映像・音声は発信されません)  

※本イベントでは、募集中ファンドの勧誘を行う場合がございます。

この記事だけを表示

イベント 2021年4月15日 13:40

4/28 オンライン説明会「老舗工具箱メーカーが挑む越境ECファンド」

現在募集中の「老舗工具箱メーカーが挑む越境ECファンド」のオンライン説明会 を開催いたします。


東洋スチール株式会社は、1969年の創業以来、半世紀以上に渡り金属製の工具箱(ツールボックス)の製造販売を行なっており、
国内での金属製ツールボックスシェアでは市場の約7割を占め、国内外に根強いファンを持つメーカーです。

本ファンド説明会では、「東大阪の中小企業の挑戦!~BtoC取引と海外展開を進めた秘訣~」をテーマとして、
東洋スチール株式会社 代表久司泰二氏と君岡茜氏とのトークセッションを実施予定です。

本ファンドの対象事業である“越境EC”に踏み切った背景や、開設までの道のり、SNSを用いた広報活動など、
中小企業が新たに取り入れたブランドxIT戦略について、老舗工具箱メーカーのリアルな取り組みをお話戴きます。
 

◆イベント情報

・日時:2021年4月28日(水)20:00~21:00
 (質疑応答の内容によっては30分ほど延長となる場合がございます。)
・参加費:無料
・定員:100名
・形式:ZOOMを使用します。イベントの視聴及びテキストでの質問が可能です。
   (視聴者の映像・音声は発信されません)   

◆登壇者

東洋スチール株式会社 代表取締役 久司 泰二 氏
/data/blog/archive/original/51419.jpg

東洋スチール株式会社 企画・マーケティング・広報 君岡 茜 氏
/data/blog/archive/original/51420.jpg
 

進行:ミュージックセキュリティーズ株式会社 小笹

◆お申込み方法
 以下のURLより事前登録の上、登録メールに記載のURLよりご参加をお願いいたします。

  <申込フォーム>

◆ご注意事項
   ・本イベントでは、募集中ファンドの勧誘を行う場合がございます。
 ・イベント内容が一部変更になる場合がございます。

本イベントに関するお問い合わせは以下へお願いいたします。

ミュージックセキュリティーズ 
イベント問い合わせアドレス:event@securite.jp

この記事だけを表示

イベント 2021年4月8日 18:30

「老舗工具箱メーカーが挑む越境ECファンド」オンライン経営セミナー開催。

皆さま、こんばんは。

本日は、「老舗工具箱メーカーが挑む越境ECファンド」の事業者である東洋スチール株式会社から、越境ECやBtoCビジネス進出の仕方を学ぶ経営セミナーのご案内です。

/data/blog/archive/original/51390.jpg

下請体質から脱却したい、自社で価格をコントロールしたい、製品を海外へ売り込みたい・・・このような課題をお持ちで、自社製品の開発・販売に取り組まれている経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

東洋スチールでは、企画担当者一名で、eコマースプラットフォームのShopifyを活用したデジタルトランスフォーメーションに踏み切り、資金調達ではファンドを使うことで、BtoCに踏み出すことができました。

本セミナーでは、企画担当者一名で、ブランド戦略の立案からホームページのリニューアル、それに伴う資金調達、越境ECの開始まで漕ぎつけた東洋スチールの代表取締役・久司泰二様と企画担当の君岡茜様をお招きします。これまでBtoB取引がメインであった販売戦略を見直し、自社ECサイト立ち上げによる越境EC展開と、BtoC取引拡大へチャレンジした過程、ブランド戦略に基づいたホームページリニューアル、ヒト・カネ・時間が少なくてもできるSNS戦略についてお話いただきます。

参加者の皆さまからの質問にお答えするなど、有意義な時間にしたいと思っていますので、是非ご参加ください。


東大阪の老舗工具箱メーカーが挑む!越境EC展開とBtoC取引拡大への道のり

・日時:4月16日(金)15:00〜16:30 (質疑応答の内容によっては30分ほど延長となる場合がございます。)
・参加費:無料
・対象:中小企業経営者の方、中小企業支援に携わる方、ビジネスに関心ある方
・定員:100名
・形式:ZOOMを使用します。イベントの視聴及びテキストでの質問が可能です。(視聴者の映像・音声は発信されません) 

/data/blog/archive/original/51388.jpg

東洋スチールは大阪府で半世紀以上にわたり、工具箱・工具収納関連の製造販売を行っています。
特に金属製の工具箱(ツールボックス)は国内外に根強いファンを持つ主力商品であり、国内での金属製ツールボックスシェアの約7割をもつ企業です。

OEM受託をはじめとするBtoB取引が多かった当社ですが、地道な展示会をはじめとする営業活動、アマゾンをはじめとしたECプラットフォームへの参加を通じて、BtoC取引を少しずつ増やしていきました。

/data/blog/archive/original/51389.jpg

今回、創業50周年を節目にブランド戦略の見直しを実施し、当社のホームページをフルリニューアル。
自社独自のEC(オンラインショッピング)機能を付けるなど、越境直取引の拡大に向けて突き進んでいます。

【イベントの詳細はこちら】


/data/blog/archive/original/51391.jpg

一口:¥32,400
募集総額:¥16,650,000
募集期間:2021年2月26日〜2021年8月31日
会計期間:2021年7月1日〜2023年6月30日
事業計画達成時の償還率:110.1%(源泉徴収前)
事業者:東洋スチール株式会社 
分野:製造
特典:
口数に応じて新ホームページのECサイトでご利用いただけるクーポンコードをお送りいたします。


【ファンドのお申し込みはこちら】
 

この記事だけを表示

イベント 2021年3月30日 15:25

経営セミナー「東大阪の老舗工具箱メーカーが挑む!越境EC展開とBtoC取引拡大への道のり」ご案内

皆さま、こんにちは。

現在募集中のファンド「老舗工具箱メーカーが挑む越境ECファンド」の営業者である東洋スチール株式会社が、
この度セミナーを開催することになりましたのでご案内いたします。/data/blog/archive/original/51341.jpg

東洋スチールは大阪府で半世紀以上にわたり、工具箱・工具収納関連の製造販売を行なっています。
特に金属製の工具箱(ツールボックス)は国内外に根強いファンを持つ主力商品であり、
国内での金属製ツールボックスシェアの約7割をもつ企業です。

仕事で工具を扱う方はもちろんDIY、車・自転車メンテナンスなどが趣味の方、
またはアウトドアでご活用の方の使用率は高く、
これまでの東洋スチールの顧客メイン層となっています。

OEM受託をはじめとするBtoB取引が多かった当社ですが、
地道な展示会をはじめとする営業活動、
アマゾンをはじめとしたECプラットフォームへの参加を通じて、
BtoC取引を少しずつ増やしていきました。

今回、創業50周年を節目にブランド戦略の見直しを実施し、当社のホームページをフルリニューアル。
自社独自のEC(オンラインショッピング)機能を付けるなど、越境直取引の拡大に向けて突き進んでいます。
/data/blog/archive/original/51342.png
▲東洋スチール株式会社 新ホームページ
https://www.toyosteel.jp/

本セミナーでは、当社代表取締役・久司様及びブランド戦略担当の君岡様をお招きし、
当社のブランド戦略についてや、
中小企業が越境EC取引やBtoC取引を広げていくにはどうすればよいのか、ご説明をいただきます。

ぜひ、多くの方のご参加をお待ちしております。

【セミナー概要】
・テーマ「東大阪の老舗工具箱メーカーが挑む!越境EC展開とBtoC取引拡大への道のり」
・日時:4月16日(金)15:00~16:30
 (質疑応答の内容によっては30分ほど延長となる場合がございます。)
・参加費:無料
・対象:中小企業の経営者の方、中小企業支援に携わる方
・定員:100名
・形式:ZOOMを使用します。
イベントの視聴及びテキストでの質問が可能です。
(視聴者の映像・音声は発信されません)

申込はこちらからお願い致します。

◆ご注意事項
 ・本イベントでは、募集中ファンドの勧誘を行う場合がございます。
 ・イベント内容が変更になる場合がございます。

【ファンド概要】
今後更なる発展を目指すツールボックス事業の自社ECサイトの設置や国内外への認知拡大・ECの販売促進などにかかる費用を募集するもので、
出資していただいた皆様には製品購入に使用できる割引券を贈呈いたします。
 

この記事だけを表示

イベント 2021年3月8日 18:55

東日本大震災から10年。未来を考えるKFアテイン株式会社オンライン説明会を実施します。

皆さま、こんにちは。

本日は、現在募集中の「最強錆止「雪王」「鉄王」新事業ファンド」の営業者であるKFアテイン株式会社の代表取締役の川又貴仁氏が東日本大震災から10年目となる今、これまでとこれからの10年についてお伝えするオンラインファンド説明会を3月11日(木)に開催致します。

 /data/blog/archive/original/51174.jpg
特設サイトはこちら

2005年に代表の川又貴仁氏が創業した東北初の塗料メーカーであるKFアテイン株式会社。スキーワックスで用いている技術を応用し、塗膜表面に滑り性を持たせることで表面に付着する物を滑り落とすことができる性質の塗料の開発に成功し、商品開発や製造設備への投資を行い、技術が形になった矢先の2011年3月、東日本大震災で被災してしまいます。社員の命だけは助かりましたが、塗料の製造設備一式、原材料、商品在庫、事務用品一式、営業車等、会社のほぼすべてを失いました。震災当時の様子や、そこから10年かけて黒字経営に至るまでの困難な道のりなどお話を頂くほか、現在募集中のファンドを通じて実現したい新しい事業展開への意気込みなどをお話いただきます。

被災地応援ファンドのページはこちら
 
震災から川又氏がここ数年、意識して取り組んできたことの一つが、塗料販売という単なる「モノ売り」から、塗装サービスという「コト売り」への拡充です。本ファンドで調達する資金を用いて、新たな向上での塗装サービスの提供まで一貫して実施することで品質保証を実現し、更なるシェア拡大を目指します。
 
グローバルニッチトップ企業を目指すKFアテイン株式会社の取組みを、震災から10年目になる3月11日に改めて皆様にもお伝えして参りたいと思います。
参加者の皆さまからの質問にお答えするなど、有意義な時間にしたいと思っていますので、是非ご参加ください。

・テーマ「東日本大震災から10年とこれからの10年。~復旧を終えた今、コロナ禍の中でどのように復興を遂げ、未来に何を残すのか~」
・日時:3月11日(木)19:00〜20:00
 (質疑応答の内容によっては30分ほど延長となる場合がございます。)
・参加費:無料
・定員:50名
・形式:ZOOMを使用します。
イベントの視聴及びテキストでの質問が可能です。
(視聴者の映像・音声は発信されません)

◆ご注意事項
 ・本イベントでは、募集中ファンドの勧誘を行う場合がございます。
 ・イベント内容が変更になる場合がございます。

申込はこちらからお願い致します。

【ファンド概要】
本ファンドの特徴は、セキュリテでは初めて、総額1億円を、条件の異なる3つのファンドに分解し、個人の方がご自身の状況によって、条件を選べるように設定しました。次の10年をしっかり支えて頂く資本性の高い1口100万円、10年間のファンド、手軽に支援ができる1口2万円、3年間のファンド、そして、その中間となる1口10万円、7年間のファンドの3つです。
 
2021年は、東日本大震災から丸10年の年となります。ぜひKFアテインの次なる挑戦を支え、また次の10年も共に歩んで頂けますよう、何卒宜しくお願いいたします。
 
/data/blog/archive/original/51173.jpg
【ファンドお申し込みはこちら】

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2021 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.