セキュリテからのお知らせ イベント

イベント 2021年4月15日 13:40

4/28 オンライン説明会「老舗工具箱メーカーが挑む越境ECファンド」

現在募集中の「老舗工具箱メーカーが挑む越境ECファンド」のオンライン説明会 を開催いたします。


東洋スチール株式会社は、1969年の創業以来、半世紀以上に渡り金属製の工具箱(ツールボックス)の製造販売を行なっており、
国内での金属製ツールボックスシェアでは市場の約7割を占め、国内外に根強いファンを持つメーカーです。

本ファンド説明会では、「東大阪の中小企業の挑戦!~BtoC取引と海外展開を進めた秘訣~」をテーマとして、
東洋スチール株式会社 代表久司泰二氏と君岡茜氏とのトークセッションを実施予定です。

本ファンドの対象事業である“越境EC”に踏み切った背景や、開設までの道のり、SNSを用いた広報活動など、
中小企業が新たに取り入れたブランドxIT戦略について、老舗工具箱メーカーのリアルな取り組みをお話戴きます。
 

◆イベント情報

・日時:2021年4月28日(水)20:00~21:00
 (質疑応答の内容によっては30分ほど延長となる場合がございます。)
・参加費:無料
・定員:100名
・形式:ZOOMを使用します。イベントの視聴及びテキストでの質問が可能です。
   (視聴者の映像・音声は発信されません)   

◆登壇者

東洋スチール株式会社 代表取締役 久司 泰二 氏
/data/blog/archive/original/51419.jpg

東洋スチール株式会社 企画・マーケティング・広報 君岡 茜 氏
/data/blog/archive/original/51420.jpg
 

進行:ミュージックセキュリティーズ株式会社 小笹

◆お申込み方法
 以下のURLより事前登録の上、登録メールに記載のURLよりご参加をお願いいたします。

  <申込フォーム>

◆ご注意事項
   ・本イベントでは、募集中ファンドの勧誘を行う場合がございます。
 ・イベント内容が一部変更になる場合がございます。

本イベントに関するお問い合わせは以下へお願いいたします。

ミュージックセキュリティーズ 
イベント問い合わせアドレス:event@securite.jp

この記事だけを表示

イベント 2021年4月8日 18:30

「老舗工具箱メーカーが挑む越境ECファンド」オンライン経営セミナー開催。

皆さま、こんばんは。

本日は、「老舗工具箱メーカーが挑む越境ECファンド」の事業者である東洋スチール株式会社から、越境ECやBtoCビジネス進出の仕方を学ぶ経営セミナーのご案内です。

/data/blog/archive/original/51390.jpg

下請体質から脱却したい、自社で価格をコントロールしたい、製品を海外へ売り込みたい・・・このような課題をお持ちで、自社製品の開発・販売に取り組まれている経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

東洋スチールでは、企画担当者一名で、eコマースプラットフォームのShopifyを活用したデジタルトランスフォーメーションに踏み切り、資金調達ではファンドを使うことで、BtoCに踏み出すことができました。

本セミナーでは、企画担当者一名で、ブランド戦略の立案からホームページのリニューアル、それに伴う資金調達、越境ECの開始まで漕ぎつけた東洋スチールの代表取締役・久司泰二様と企画担当の君岡茜様をお招きします。これまでBtoB取引がメインであった販売戦略を見直し、自社ECサイト立ち上げによる越境EC展開と、BtoC取引拡大へチャレンジした過程、ブランド戦略に基づいたホームページリニューアル、ヒト・カネ・時間が少なくてもできるSNS戦略についてお話いただきます。

参加者の皆さまからの質問にお答えするなど、有意義な時間にしたいと思っていますので、是非ご参加ください。


東大阪の老舗工具箱メーカーが挑む!越境EC展開とBtoC取引拡大への道のり

・日時:4月16日(金)15:00〜16:30 (質疑応答の内容によっては30分ほど延長となる場合がございます。)
・参加費:無料
・対象:中小企業経営者の方、中小企業支援に携わる方、ビジネスに関心ある方
・定員:100名
・形式:ZOOMを使用します。イベントの視聴及びテキストでの質問が可能です。(視聴者の映像・音声は発信されません) 

/data/blog/archive/original/51388.jpg

東洋スチールは大阪府で半世紀以上にわたり、工具箱・工具収納関連の製造販売を行っています。
特に金属製の工具箱(ツールボックス)は国内外に根強いファンを持つ主力商品であり、国内での金属製ツールボックスシェアの約7割をもつ企業です。

OEM受託をはじめとするBtoB取引が多かった当社ですが、地道な展示会をはじめとする営業活動、アマゾンをはじめとしたECプラットフォームへの参加を通じて、BtoC取引を少しずつ増やしていきました。

/data/blog/archive/original/51389.jpg

今回、創業50周年を節目にブランド戦略の見直しを実施し、当社のホームページをフルリニューアル。
自社独自のEC(オンラインショッピング)機能を付けるなど、越境直取引の拡大に向けて突き進んでいます。

【イベントの詳細はこちら】


/data/blog/archive/original/51391.jpg

一口:¥32,400
募集総額:¥16,650,000
募集期間:2021年2月26日〜2021年8月31日
会計期間:2021年7月1日〜2023年6月30日
事業計画達成時の償還率:110.1%(源泉徴収前)
事業者:東洋スチール株式会社 
分野:製造
特典:
口数に応じて新ホームページのECサイトでご利用いただけるクーポンコードをお送りいたします。


【ファンドのお申し込みはこちら】
 

この記事だけを表示

イベント 2021年3月30日 15:25

経営セミナー「東大阪の老舗工具箱メーカーが挑む!越境EC展開とBtoC取引拡大への道のり」ご案内

皆さま、こんにちは。

現在募集中のファンド「老舗工具箱メーカーが挑む越境ECファンド」の営業者である東洋スチール株式会社が、
この度セミナーを開催することになりましたのでご案内いたします。/data/blog/archive/original/51341.jpg

東洋スチールは大阪府で半世紀以上にわたり、工具箱・工具収納関連の製造販売を行なっています。
特に金属製の工具箱(ツールボックス)は国内外に根強いファンを持つ主力商品であり、
国内での金属製ツールボックスシェアの約7割をもつ企業です。

仕事で工具を扱う方はもちろんDIY、車・自転車メンテナンスなどが趣味の方、
またはアウトドアでご活用の方の使用率は高く、
これまでの東洋スチールの顧客メイン層となっています。

OEM受託をはじめとするBtoB取引が多かった当社ですが、
地道な展示会をはじめとする営業活動、
アマゾンをはじめとしたECプラットフォームへの参加を通じて、
BtoC取引を少しずつ増やしていきました。

今回、創業50周年を節目にブランド戦略の見直しを実施し、当社のホームページをフルリニューアル。
自社独自のEC(オンラインショッピング)機能を付けるなど、越境直取引の拡大に向けて突き進んでいます。
/data/blog/archive/original/51342.png
▲東洋スチール株式会社 新ホームページ
https://www.toyosteel.jp/

本セミナーでは、当社代表取締役・久司様及びブランド戦略担当の君岡様をお招きし、
当社のブランド戦略についてや、
中小企業が越境EC取引やBtoC取引を広げていくにはどうすればよいのか、ご説明をいただきます。

ぜひ、多くの方のご参加をお待ちしております。

【セミナー概要】
・テーマ「東大阪の老舗工具箱メーカーが挑む!越境EC展開とBtoC取引拡大への道のり」
・日時:4月16日(金)15:00~16:30
 (質疑応答の内容によっては30分ほど延長となる場合がございます。)
・参加費:無料
・対象:中小企業の経営者の方、中小企業支援に携わる方
・定員:100名
・形式:ZOOMを使用します。
イベントの視聴及びテキストでの質問が可能です。
(視聴者の映像・音声は発信されません)

申込はこちらからお願い致します。

◆ご注意事項
 ・本イベントでは、募集中ファンドの勧誘を行う場合がございます。
 ・イベント内容が変更になる場合がございます。

【ファンド概要】
今後更なる発展を目指すツールボックス事業の自社ECサイトの設置や国内外への認知拡大・ECの販売促進などにかかる費用を募集するもので、
出資していただいた皆様には製品購入に使用できる割引券を贈呈いたします。
 

この記事だけを表示

イベント 2021年3月8日 18:55

東日本大震災から10年。未来を考えるKFアテイン株式会社オンライン説明会を実施します。

皆さま、こんにちは。

本日は、現在募集中の「最強錆止「雪王」「鉄王」新事業ファンド」の営業者であるKFアテイン株式会社の代表取締役の川又貴仁氏が東日本大震災から10年目となる今、これまでとこれからの10年についてお伝えするオンラインファンド説明会を3月11日(木)に開催致します。

 /data/blog/archive/original/51174.jpg
特設サイトはこちら

2005年に代表の川又貴仁氏が創業した東北初の塗料メーカーであるKFアテイン株式会社。スキーワックスで用いている技術を応用し、塗膜表面に滑り性を持たせることで表面に付着する物を滑り落とすことができる性質の塗料の開発に成功し、商品開発や製造設備への投資を行い、技術が形になった矢先の2011年3月、東日本大震災で被災してしまいます。社員の命だけは助かりましたが、塗料の製造設備一式、原材料、商品在庫、事務用品一式、営業車等、会社のほぼすべてを失いました。震災当時の様子や、そこから10年かけて黒字経営に至るまでの困難な道のりなどお話を頂くほか、現在募集中のファンドを通じて実現したい新しい事業展開への意気込みなどをお話いただきます。

被災地応援ファンドのページはこちら
 
震災から川又氏がここ数年、意識して取り組んできたことの一つが、塗料販売という単なる「モノ売り」から、塗装サービスという「コト売り」への拡充です。本ファンドで調達する資金を用いて、新たな向上での塗装サービスの提供まで一貫して実施することで品質保証を実現し、更なるシェア拡大を目指します。
 
グローバルニッチトップ企業を目指すKFアテイン株式会社の取組みを、震災から10年目になる3月11日に改めて皆様にもお伝えして参りたいと思います。
参加者の皆さまからの質問にお答えするなど、有意義な時間にしたいと思っていますので、是非ご参加ください。

・テーマ「東日本大震災から10年とこれからの10年。~復旧を終えた今、コロナ禍の中でどのように復興を遂げ、未来に何を残すのか~」
・日時:3月11日(木)19:00〜20:00
 (質疑応答の内容によっては30分ほど延長となる場合がございます。)
・参加費:無料
・定員:50名
・形式:ZOOMを使用します。
イベントの視聴及びテキストでの質問が可能です。
(視聴者の映像・音声は発信されません)

◆ご注意事項
 ・本イベントでは、募集中ファンドの勧誘を行う場合がございます。
 ・イベント内容が変更になる場合がございます。

申込はこちらからお願い致します。

【ファンド概要】
本ファンドの特徴は、セキュリテでは初めて、総額1億円を、条件の異なる3つのファンドに分解し、個人の方がご自身の状況によって、条件を選べるように設定しました。次の10年をしっかり支えて頂く資本性の高い1口100万円、10年間のファンド、手軽に支援ができる1口2万円、3年間のファンド、そして、その中間となる1口10万円、7年間のファンドの3つです。
 
2021年は、東日本大震災から丸10年の年となります。ぜひKFアテインの次なる挑戦を支え、また次の10年も共に歩んで頂けますよう、何卒宜しくお願いいたします。
 
/data/blog/archive/original/51173.jpg
【ファンドお申し込みはこちら】

この記事だけを表示

イベント 2021年2月15日 19:33

2/19 ミャンマー現地からの緊急報告(リンクル―ジョン株式会社)


2021年2月1日、ミャンマーにおいてクーデターが発生し、国軍が政権を掌握したと報道されました。
1年間の非常事態宣言が発令され、今後の政治・経済動向について注視が必要な状況となっています。

セキュリテでは現在「ミャンマー農村ラストマイル配達ファンド」を募集中ですが、営業者であるリンクル―ジョン株式会社代表黒柳氏の、「日本では次第に報道されなくなりつつあるミャンマーの現状を知っていただきたい」との思いから、オンラインによる報告会を開催いたします。

今回は、現地の状況を報告し、みなさまからのご質問にお答えすることを主な目的として開催いたします。
また、応援いただいておりますみなさまへ、事業の状況をご報告させていただきます。

◆イベント情報

・日時:2021年2月19日(金)19:00~20:30
 (質疑応答の内容によっては30分ほど延長となる場合がございます。)
・参加費:無料
・定員:100名
・内容:リンクル―ジョン株式会社黒柳代表より、ミャンマー現地の現状についてお話いただきます。
    募集中ファンド概要の説明や、事業状況の説明を含む場合があります。
・形式:「ZOOMウエビナ―」を使用します。イベントの視聴及びテキストでの質問が可能です。
   (視聴者の映像・音声は発信されません) 

◆お申込み

以下フォームより事前登録いただき、ご参加下さい。
申込フォーム

◆登壇者

 リンクルージョン株式会社 代表取締役 黒柳 英哲 氏
/data/blog/archive/original/50349.jpg

1980年埼玉県生まれ
2015年に、ミャンマーにてリンクルージョン株式会社を創業し、金融×流通クロステック事業を展開する。
新しい経済インフラをつくり、排除される人のない世界の実現を目指す。
ミャンマーマイクロファイナンス協会アソシエイトメンバー、「40億人のためのビジネスアイデアコンテスト」特別賞、「第3回日経ソーシャルビジネスコンテスト」大賞。

【報告会開催にあたって 黒柳氏より】
ミャンマーでは現在進行形のクーデターが、(仕方のない事ですが)日本では報道が少なくなって過去のものになっていくのに、もどかしい思いがあります。
市民の無言の抗議行動を撮影した動画を日本のメディアに共有し、報道いただいたところ、ミャンマー人社員から「そうやって世界に知らせてくれて、ありがとう」と言われて、こういう貢献もできるのかとハッとさせられました。
政治的主張は抜きにして、今ミャンマーで何が起きていて、人々は何を考えているのかを、多くの方に知って頂きたいと思っています。
同時に大きなリスク要因が加わった当社事業を、そのリスクを正しく知って頂いたうえで見て頂きたいという思いもあります。
みなさまのご参加をお待ちしています。

◆リンクル―ジョン株式会社について

リンクルージョン株式会社HP

同社は、ミャンマーの農村地域を主な対象とした小規模商店向けの食品・日用雑貨等の配達サービス(コマース)事業や低所得・貧困層向け小口融資(マイクロファイナンス)金融機関向けのシステム提供などを行っています。

黒柳氏は、同社創業前にNGOでマイクロファイナンスに携わっていた時に、金融サービスと併せて非金融サービスを効率的に低所得者や地方部に届ける仕組みを作れれば、大きな社会的インパクトを生み出すことができるのではないか、との問題意識を抱きました。

また、同社を立ち上げマイクロファイナンスの支援を行う中で小規模商店が商品や材料の調達に苦労していることを目の当たりにし、このラストマイル(顧客までの最後の区間)の流通を改善することでミャンマー農村地域の生活は改善し、また小規模商店をネットワーク化できれば、多様な「非金融サービス」を届けることができるのではないかとの想いから、昨年よりコマース事業を開始しています。

◆ご注意事項

・本イベントでは、募集中ファンドの勧誘を行う場合がございます。
・本イベント中のコメント・映像・音声・写真等がインターネット等で使用されることがありますので、予めご了承ください。
・イベント内容が変更になる場合がございます。
・ミャンマー現地では軍政によるインターネット遮断が度々実施されており、当日の状況次第で延期の可能性がございます。

本イベントに関するお問い合わせはこちらからお送りください。

ミュージックセキュリティーズ株式会社

この記事だけを表示

イベント 2021年2月12日 15:50

3/5 第2回オンライン説明会「福島産ホップで地域を潤すビールファンド」

現在募集中の「福島産ホップで地域を潤すビールファンド」の第2回オンライン説明会を開催いたします。

本ファンドは、福島県田村市の株式会社ホップジャパンが行うビールの製造販売事業へ出資するものです。
本説明会では、既に醸造を開始している「Hop Garden Brewery」の現状、今後のビジョン、ファンドを通じて実現したいこと等をテーマに、同社の本間代表にお話いただきます。

プログラムは前回と同様になりますが、その後の事業の進展状況、新設したコテージのご紹介など、新たな情報もお届け致します。
是非ご参加頂ければ幸いです。


(「Hop Garden Brewery」の醸造開始を祝う竣工式における除幕式の様子)

◆イベント情報

・日時:3月5日(金)19:00~20:30
 (質疑応答の内容によっては30分ほど延長となる場合がございます。)
・参加費:無料
・定員:50名
・形式:ZOOMを使用します。イベントの視聴及びテキストでの質問が可能です。
   (視聴者の映像・音声は発信されません)   
・説明会内容は以下の通りです。
■事業説明
 >事業を始めたきっかけ
 >事業する中で大変だったこと
 >これからの計画、ビジョン
■ライブ工場見学
 >醸造責任者の紹介
 >醸造場を案内(新たに開設したコテージの紹介も含む)
■キャンプ場などその他施設の写真紹介
■ファンドの資金を何に使うのか
■質疑

◆登壇者
 株式会社ホップジャパン 代表取締役 本間 誠様
【経歴】
1965年11月生まれ。山形県立天童高等学校卒業後、東北電力株式会社にて主に広報業務を行う。2015年6月に株式会社ホップジャパンを設立し代表取締役に就任。

◆お申込み方法
 以下のURLより事前登録の上、登録メールに記載のURLよりご参加をお願いいたします。
 <申込フォーム>

◆ご注意事項

 ・本イベントでは、募集中ファンドの勧誘を行う場合がございます。
 ・イベント内容が変更になる場合がございます。

本イベントに関するお問い合わせは以下へお願いいたします。
ミュージックセキュリティーズ イベント問い合わせアドレス:event@securite.jp

この記事だけを表示

イベント 2021年2月3日 17:10

2/24「地域の自立を目指す 小水力発電ファンド」第3回オンライン説明会

現在募集中の「地域の自立を目指す 小水力発電ファンド」のオンライン説明会 第3回を開催いたします。
 ※2月16日追記:本ファンドの募集は終了いたしました。
本ファンドは、長野県茅野市の3V小水力発電株式会社が八ヶ岳山麓で新たに開始する小水力発電事業へ出資するものです。

本説明会では、テーマを「エネルギー・教育・農業で持続的な地域へ」とし、高齢化の中で今後も地域が持続するための3つの柱や、その中の一つとしての小水力発電について、同社の松本代表にお話いただきます。

現在建設が進行中の小水力発電所の様子についても、最新の情報をお伝えいたします。

/data/blog/archive/original/50445.jpg

◆イベント情報
・日時:2021年2月24日(水)19:00~20:30
 (質疑応答の内容によっては30分ほど延長となる場合がございます。)
・参加費:無料
・定員:100名
・形式:ZOOMを使用します。イベントの視聴及びテキストでの質問が可能です。
   (視聴者の映像・音声は発信されません)   

◆登壇者
 3V小水力発電株式会社 代表 松本 修二様
【経歴】
 教育者として活動後、農業分野のコンサルを経て、2014年1月に株式会社3V設立、代表取締役就任 
 2019年4月「3V小水力発電株式会社」設立
/data/blog/archive/original/50480.jpg

◆お申込み方法
 以下のURLより事前登録の上、登録メールに記載のURLよりご参加をお願いいたします。
 <申込フォーム>
 
◆ご注意事項
   ・本イベントでは、募集中ファンドの勧誘を行う場合がございます。
 ・イベント内容が一部変更になる場合がございます。

本イベントに関するお問い合わせは以下へお願いいたします。
ミュージックセキュリティーズ イベント問い合わせアドレス:event@securite.jp

この記事だけを表示

イベント 2020年12月15日 18:52

12/22(火)「羽田発 地域連携クラフトビールファンド」オンライン説明会

現在募集中の「羽田発 地域連携クラフトビールファンド」のオンライン説明会を開催いたします。

本ファンド営業者である株式会社大鵬は、東京都大田区の蒲田駅から徒歩約5分の場所で「羽田バル」という飲食店を経営しており、大田区で作られているクラフトビールを提供し、地元に愛されてきました。

また、2020年7月には、新型コロナウイルス感染拡大の影響を乗り越え、当初の予定通りに羽田イノベーションシティの飲食店テナントとして「HANEDA SKY BREWING」を新規に出店しました。

店舗詳細はこちら

本ファンドでは、東京都大田区に根差した食、そしてクラフトビールの発展に挑戦する同社を応援します。
本説明会では、大田区産クラフトビールの取り組みの現状、今後のビジョン、ファンドを通じて実現したいこと等をテーマに、同社の大屋代表にお話いただきます。

/data/blog/archive/original/50796.jpg

◆イベント情報
・日時:12月22日(火)19:00~20:30
 (質疑応答の内容によっては30分ほど延長となる場合がございます。)
・参加費:無料
・定員:100名
・形式:ZOOMを使用します。イベントの視聴及びテキストでの質問が可能です。
   (視聴者の映像・音声は発信されません)   

◆登壇者
 株式会社大鵬 代表取締役 大屋 幸子
【経歴】
 1997年 東京都立松原高等学校卒業、NTT東日本入社(同年7月退社)
 2000年 医療事務取得
 2013年 大同生命保険株式会社入社
 2017年 代表取締役就任

/data/fund/5722/t4.jpg

◆お申込み方法
 以下のURLより事前登録の上、登録メールに記載のURLよりご参加をお願いいたします。
 <申込フォーム>

◆ご注意事項

 ・本イベントでは、募集中ファンドの勧誘を行う予定です。
 ・イベント内容が変更になる場合がございます。

本イベントに関するお問い合わせは以下へお願いいたします。
ミュージックセキュリティーズ イベント問い合わせアドレス:event@securite.jp

この記事だけを表示

イベント 2020年12月10日 08:00

12/10 オンライン説明会「福島産ホップで地域を潤すビールファンド」

現在募集中の「福島産ホップで地域を潤すビールファンド」のオンライン説明会を開催いたします。

本ファンドは、福島県田村市の株式会社ホップジャパンが行うビールの製造販売事業へ出資するものです。

本説明会では、既に醸造を開始している「Hop Garden Brewery」の現状、今後のビジョン、ファンドを通じて実現したいこと等をテーマに、同社の本間代表にお話いただきます。


(「Hop Garden Brewery」の醸造開始を祝う竣工式における除幕式の様子)

◆イベント情報

・日時:12月10日(木)19:00~20:30
 (質疑応答の内容によっては30分ほど延長となる場合がございます。)
・参加費:無料
・定員:100名
・形式:ZOOMを使用します。イベントの視聴及びテキストでの質問が可能です。
   (視聴者の映像・音声は発信されません)   
・説明会内容は以下の通りです。
■事業説明
 >事業を始めたきっかけ
 >事業する中で大変だったこと
 >これからの計画、ビジョン
■ライブ工場見学
 >醸造責任者の紹介
 >醸造場を案内
■キャンプ場などその他施設の写真紹介
■ファンドの資金を何に使うのか
■質疑


◆登壇者
 株式会社ホップジャパン 代表取締役 本間 誠様
【経歴】
1965年11月生まれ。山形県立天童高等学校卒業後、東北電力株式会社にて主に広報業務を行う。2015年6月に株式会社ホップジャパンを設立し代表取締役に就任。

◆お申込み方法
 以下のURLより事前登録の上、登録メールに記載のURLよりご参加をお願いいたします。
 <申込フォーム>

◆ご注意事項

 ・本イベントでは、募集中ファンドの勧誘を行う場合がございます。
 ・イベント内容が変更になる場合がございます。

本イベントに関するお問い合わせは以下へお願いいたします。
ミュージックセキュリティーズ イベント問い合わせアドレス:event@securite.jp

この記事だけを表示

イベント 2020年11月10日 17:10

11/25 オンライン説明会「地域の自立を目指す 小水力発電ファンド」第2回

現在募集中の「地域の自立を目指す 小水力発電ファンド」のオンライン説明会 第2回目を開催いたします。

本ファンドは、長野県茅野市の3V小水力発電株式会社が八ヶ岳山麓で新たに開始する小水力発電事業へ出資するものです。

本説明会では、テーマを「エネルギー・教育・農業で持続的な地域へ」とし、高齢化の中で今後も地域が持続するための3つの柱や、その中の一つとしての小水力発電について、同社の松本代表にお話いただきます。

/data/blog/archive/original/50445.jpg

◆イベント情報

・日時:11月25日(水)19:00~20:30
 (質疑応答の内容によっては30分ほど延長となる場合がございます。)
・参加費:無料
・定員:100名
・形式:ZOOMを使用します。イベントの視聴及びテキストでの質問が可能です。
   (視聴者の映像・音声は発信されません)   

◆登壇者
 
 3V小水力発電株式会社 代表 松本 修二様
【経歴】
 教育者として活動後、農業分野のコンサルを経て、2014年1月に株式会社3V設立、代表取締役就任 
 2019年4月「3V小水力発電株式会社」設立
/data/blog/archive/original/50480.jpg

◆お申込み方法

 以下のURLより事前登録の上、登録メールに記載のURLよりご参加をお願いいたします。
 <申込フォーム>

◆ご注意事項

 ・本イベントでは、募集中ファンドの勧誘を行う場合がございます。
 ・イベント内容が変更になる場合がございます。

本イベントに関するお問い合わせは以下へお願いいたします。
ミュージックセキュリティーズ イベント問い合わせアドレス:event@securite.jp
 

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2021 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.