情報セキュリティ基本方針

ミュージックセキュリティーズ株式会社(以下、「当社」といいます。)は、お客様からお預かりした情報資産(価値のある情報や電子データのほか、それらを取り扱うために必要な情報機器、コンピュータ、通信機器、補助記憶装置や紙媒体などの物理的な設備・備品等を含みます。以下、同じです。)を事故・災害・犯罪などの脅威から守り、お客様及び社会の信頼に応えるため、以下の方針に基づき全社で情報セキュリティに取り組みます。

経営陣の責任

当社は、経営陣主導で組織的かつ継続的に情報セキュリティの改善・向上に努めます。

社内体制の整備

当社は、情報セキュリティの維持及び改善のために組織を設置するとともに、情報セキュリティに関する社内規程を整備し、情報資産の保護のためのルールを役職員に対して周知徹底します。

役職員の取組み

当社は、役職員に対して、情報セキュリティを確保するために必要とされる知識や管理方法に関する社内研修を継続的に実施して、役職員の情報セキュリティに関するリテラシーの向上を図ります。

法令等の遵守

当社は、情報セキュリティに関連する法令及びガイドライン並びに契約上の義務(以下、「法令等」といいます。)を遵守します。

外部委託先に関する方針

当社は、外部委託を行う場合には、当該委託先が当社の情報資産を適切かつ安全に取り扱う態勢を整備していることを確認します。

定期的なモニタリング

当社は、情報資産が適切に管理されていることを定期的にモニタリングし、他社における不正・不祥事件も参考に、情報セキュリティの管理態勢を継続的に見直します。

違反及び事故への対応

当社は、情報セキュリティに関連する法令等の違反又は事故が発生した場合には、お客様及び監督官庁への報告を含め、適切に対処し、再発防止に努めます。

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2022 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.