セキュリテニュース 2019年03月

イベント2019年3月29日 12:00

チャレンジ!ふくしまイベント報告

皆様こんにちは。
 
遅くなりましたが、3月8日に行われました「チャレンジ!ふくしま創生プロジェクト」セミナー&交流会2019の様子をお伝えします。
事業者の皆様が、それぞれに積み重ねてきた技術と、事業にかける想いについてお話しされました。
ぜひご一読ください。
 

当日はニッポン放送ラジオ番組「あさぼらけ」のトークコーナーとして上柳昌彦アナウンサーと、水泳元日本代表の松田丈志さんがお話されました。
上柳アナは、震災が起きたその瞬間にラジオ放送をしており、以降東北被災地に取材に行くなど継続的に被災地に関わってきました。
松田さんも被災地での水泳教室等、関わりがあります。
事業者の皆様のブースを見て回り「持っている技術を活かそうとする熱意と、あと緊張感を感じた」とのこと。
ご自身で経営されているジムの2店舗目を開設しようとしているところで、「新しい事業を始めるときに、資金が要ることは自分のことのように分かる。登壇される事業者さんの想いが来場者に伝わって欲しい」とお話されていました。

 /data/blog/archive/original/45144.jpg



株式会社富樫縫製 【富樫縫製 サポートスーツファンド】
富樫縫製は、縫製業としてアパレルをはじめ靴のアッパー部分等を縫ってきました。
電子機器等と同様、生産コストの安さから縫製の下請け事業の殆どが海外に移され、国内が空洞化。「鉄以外なんでも縫えます」と、あらゆる製品を手掛けてきました。
加えて、国内の空洞化に立ち向かうため、付加価値の高いサポートスーツを開発します。
培ってきた独自の技術で炭素繊維の縫製に成功し、機械自体の重さが負担になる機械式とは違う、超軽量(450g)サポートスーツが誕生しました。
農・漁業、介護従事者の負担を軽減するため開発し、近所のご高齢の農家さんに既に人気とのことです。
「使う人の健康寿命を延ばし、世の中に役立つものをつくりたい。支援いただけたら、何としても開発をもっと続けていこうと思っている」と話され、静かだけど強い想いが伝わってくるプレゼンでした。

/data/blog/archive/original/45143.jpg
代表取締役 富樫三由 (とがし みよし)氏

/data/blog/archive/original/45138.jpg
交流会の個別ブースでは、来場者が実際にサポートスーツを試着して効果を感じていました。
私(筆者)も試着しましたが、最初に腰ベルト部分を着けたときに腰が楽になる感覚がありました。

 
豊國酒造合資会社 【豊國酒造 スパークリング日本酒ファンド】
豊國酒造は福島県会津の地で1862年から続く老舗酒蔵です。
蔵で造るすべてのお酒を、「ふなしぼり」という方法で搾っています。手間と時間がかかりますが、搾って出てくる順番でお酒の味わいが異なる、奥深い搾り方です。
その搾りに加え、瓶の中で2回目の発酵をさせる、スパークリング日本酒造りにファンドで挑戦します。
やさしい泡が特長である反面、瓶内のガス圧の調整やコルクの詰め方等技術が必要です。
ボトルのデザインも社員で考え、手作りで新しい日本酒造りに挑戦しているとのことでした。

/data/blog/archive/original/45142.jpg
代表社員 高久禎也(たかく さだや)氏

/data/blog/archive/original/45145.jpg
交流会ではシリアルナンバー入りの「瓶内二次発酵 スパークリングTOYOKUNI」を提供し、多くの方が舌つづみを打っていました。

 
株式会社フルーツファームカトウ 【吟壌果実を味わう農園カフェファンド】
明治元年創業。現在、生産物の8割はJA等を通さず、宅配等で消費者に直接届けています。
震災の風評被害で売上が半減し、20年で積み上げた顧客数が減るなど、その状況からの脱却が大変だったと語ります。
おじいさまの代に植えられた木や土を断腸の思いで捨て、「おいしいものをつくる」という想いで土の研究を続け、香り・食感・味わいとすべてがそろった吟壌果実を作ることに成功します。
ファンド資金で農園内にカフェを作り、その吟壌果実を子ども、海外からの観光客、あらゆる人が集まって楽しむ光景を作りたいと語りました。

/data/blog/archive/original/45141.jpg
代表取締役 加藤 修一 (かとう しゅういち)氏

/data/blog/archive/original/45134.jpg
ブースでは前日に搾ったばかりの吟壌りんごのジュースと、シードルを提供していました。
その場で購入される方も複数いらっしゃいました。

 
名倉山酒造株式会社 【名倉山酒造 夢の香純米酒ファンド】
名倉山酒造は大正7年創業、昨年100周年を迎えた酒蔵です。
普通酒が多かった時代から純米吟醸酒を造り始め、「きれいなあまさ」「コメ本来の旨み」「甘さと酸味のバランス」を大切にしてきました。
仕込蔵をすべて冷蔵庫にして温度管理を徹底し、特殊な火入れ方法で火入れ後も生酒のような爽やかさを残すなど、酒造りのすべての工程にこだわっています。
ファンド資金で、福島県産の酒米「夢の香」を仕入れ、新しいお酒づくりに挑戦します。

/data/blog/archive/original/45140.jpg
専務取締役 松本 和也(まつもと かずや)氏

/data/blog/archive/original/45146.jpg
こだわりのお酒をブースで提供。長時間お話を聴いて行かれる方や、一口飲んで「このファンドはいける!」と仰った方など、皆さまほんのり赤くいい顔でお酒を楽しんでいらっしゃいました。
 
株式会社光大産業 【ひのきの霧 除菌抗菌スプレーファンド】
光大産業は、創業から47年間、ひのきを使った家庭用木製品を作ってきました。
ひのきでつくったバイオマスプラスチックの食器が、プラスチック業界では絶対出ない数値の抗菌性を持つなど、ひのきの高い抗菌作用を活かしてきました。
そのひのき材を乾燥させる工程で出る蒸気を集め、蒸留水を採取する技術を2年の歳月を経て独自に開発。
臭いに臭いを「かぶせる」のではなく元から「打ち消す」ため、臭い戻りが無いと言います。
根本代表自身の家族を介護した際に、芳香剤とは違って臭いが無くなることを実感し、介護施設に無料配布したところケアマネジャーの方々から喜びの声が多数あったそうです。
「ぜひ一度使って、効果を体感して欲しい」とお話しされていました。

/data/blog/archive/original/45137.jpg
代表取締役 根本 昌明(ねもと まさあき)氏 

/data/blog/archive/original/45139.jpg
「ひのきの霧」の作り方やその効果を熱心に聞いていかれる方が多くいらっしゃり、弊社社員も感動していました。

 
農業法人マルナカファーム株式会社 【「いちごのリキュール koichigo(こいちご)」プロジェクト】
マルナカファームは、「丸中建設」という土木建築業の会社が運営しています。
建設業として、地域農家の高齢化による遊休地増加を防ぎたいという想いで本プロジェクトに取り組んでいます。
地域の農家にヒアリングしたところ、数年前まで20数件あったいちご農家が今は1軒しかないことを知り、いちご栽培に着手。ハウスの建設はお手の物で、一部中古資材も使い補助金なしで組み立てたとのことでした。
さらに、高齢の為に建築作業が難しくなった社員の方が「実はまだ働きたい」と、いちご栽培に参加します。
ベテラン農家の指導を受けて作ったおいしいいちごと、そのいちごがひと瓶に150gも入っているイチゴリキュールを作ります。
地域課題を解決し、地域の生産物に付加価値を加える本プロジェクトを頑張っていきたいとお話しされました。

/data/blog/archive/original/45135.jpg
代表取締役 遊佐 憲雄(ゆさ のりお)氏

/data/blog/archive/original/45147.jpg
大粒で真っ赤ないちごと、いちごリキュールの試飲です。いちごたっぷりのリキュールはアルコール分もしっかりして飲みごたえがありました。

 
ヤスヤ 岩崎明 【ふくしまの新種のスイカ「エメラルド(仮称)」プロジェクト】
「安心・安全・新鮮な旬の野菜を届けたい」と契約農家から直接仕入れて販売する野菜仕入小売業を営んでいたヤスヤの岩崎代表。
しかし震災以降、風評被害により野菜や果物が売れなくなります。
毎年1000個完売していたブランドスイカも他の野菜も、いくら放射能量検査をして安全性を訴えても沢山売れ残りました。
やむなく、廃棄せざるを得ないスイカや野菜を自宅の畑に一緒に埋めたところ、奇跡的に糖度が16%(一般的なスイカの糖度は10~12℃)を超えるとても甘いスイカが生り始めたのです。
しかしそれを安定して作り続けるのが難しかったとのこと。6年の歳月をかけ安定生産を実現して、今回のプロジェクトに挑戦します。

/data/blog/archive/original/45136.jpg
代表 岩崎  明(いわさき あきら)氏

/data/blog/archive/original/45148.jpg
スイカが採れる時期ではなかったため、りんごとりんごジュースを提供。ブースに来られた方に、ご自身の取り組みをしっかりとお話されていました。
 
 
第1部の事業説明スピーチ、第2部の商品に直に触れての交流会を通して、来場いただいた方から「商品開発のエピソードがリアルだった」「想いが伝わってきた」との感想をいただきました。
事業者の皆様が想いをまっすぐに伝え、来場いただいた方はそれをしっかり受け止めていただいたように感じました。
このように日々想いを持って挑戦されている事業者と、想いを持って共感とともに出資をいただく出資者の方の、出会いの場をこれからも作っていきたいと考えています。
来場いただいた皆様、またファンドやプロジェクトに興味をお持ちいただいた皆様、誠にありがとうございました。
今後ともセキュリテ、ならびに事業者の皆様を宜しくお願い致します。
 

この記事だけを表示

ファンドについて2019年3月19日 10:46

【満額御礼】加古川 うらいのジビエ総菜ファンド

平素より弊社サービスをご愛顧頂き、誠にありがとうございます。
ミュージックセキュリティーズ株式会社でファンド組成営業を行っております、谷井と申します。

昨日募集開始のご案内をしました『加古川 うらいのジビエ総菜ファンド』が満額達成しましたので、ご報告いたします。多くの皆様にご支援を頂きましたこと、心より感謝御礼を申し上げます。



本ファンドは、​兵庫県加古川市で和牛肉専門販売店を営む「有限会社うらい」が営業者となっております。これまでに2つのファンド募集実績がございまして、今回で第3弾のファンドとなりました。ファンドの対象事業は従前に実施してきた既存事業とは違って、「ジビエ事業」を行う新規のプロジェクトとなっております。概要は自社がジビエを対象に狩猟から販売までを行う事業です、非常に挑戦的な試みでもあります。

/data/blog/archive/original/45101.jpg
※今後、焼豚ならぬ焼イノシシも新商品で提供予定です

地元経済の将来を見据えて、この事業に挑戦したいという営業者の強い地元への想いもあります。肉質に最良な方法で狩り、ジビエを素材にした新商品の生産販売を行い、地域課題の解決も図っていきます。今後の事業概況なども、セキュリテを通じて実施していきます。併設のセキュリテストアでの商品販売予定もございます。

今後とも、ぜひ本ファンドの応援をいただきたく思っております。
引き続き、どうかよろしくお願いいたします。

この記事だけを表示

被災地応援ファンド2019年3月7日 14:45

【南阿蘇村 みんなに優しいスープファンド】「南阿蘇=オーガニック」というブランドに

先日行われた「セキュリテ熊本地震被災地応援ファンドセミナー2019」。
南阿蘇という土地が「オーガニック」に向いている理由と、自然農法で作られた野菜でお母さんと赤ちゃんにやさしい商品をつくりたいことなどをお話されました。

どうぞ、ご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~
南阿蘇オーガニック株式会社、代表の小松丸 昌子(こまつまる しょうこ)です。
本日はこのような機会をいただき、ありがとうございます。
南阿蘇、田んぼから畑にする応援プロジェクト「南阿蘇村 みんなにやさしいスープファンド」をご説明させていただきます。
 
/data/blog/archive/original/44878.jpg
南阿蘇オーガニック株式会社 代表取締役 小松丸 昌子(こまつまる しょうこ)​様
 
 
南阿蘇オーガニックとは
まずは会社の紹介をさせていただきます。
南阿蘇オーガニックは自社農園で有機栽培、無農薬で育てたハーブや南阿蘇の野菜を使用し、トレーサビリティを確保するために、2010年に農業から始めました。
今では、カフェまで運営させていただいております。
 
起業したきっかけですが、長年、大手化粧品会社の教育担当等を経験し、美容について色々学んできた経験から、化学物質や農薬がもたらすトラブルからお肌を守ることを信念に、南阿蘇オーガニックの化粧品のOEM製造会社を設立しました。
有機栽培、無農薬、自然農法にこだわり、科学的な肥料は一切使用せず、腐葉土を中心に安全なハーブづくりに徹しております。
右下にある画像が、うちの農園です。南阿蘇村でも、一番奥の方にありまして、周りはすべて山ですので外的な被害もなくオーガニックを全うできる場所です。
 
/data/blog/archive/original/45014.jpg
人里離れた白川のほとりにある南阿蘇自社農園
 
 
地震の被災状況
次に被災による南阿蘇の現状をご説明します。
これは、亀裂が入ってしまって水が溜まらなくなった田んぼです。
次に、用水路に亀裂が入ってしまい、田んぼに水が入らない状況になっております。
次は土砂が入り、先ほどのお話(他の事業者スピーチのこと)にもあったんですが、水害により土砂が入ってしまいまして、田んぼとして利用ができなくなった状況です。
 
/data/blog/archive/original/45013.jpg /data/blog/archive/original/45015.jpg
 亀裂が入り、水が溜まらない田んぼ    用水路が壊れ、田んぼに水が届かない
 
/data/blog/archive/original/45012.jpg
土砂が入り、田んぼとしての利用が出来なくなってしまった
 
震災後、やっぱり田んぼへの直接の被害により、どうしてもお米が作れない状況になりました。
この問題解決のために、何か南阿蘇オーガニックとして出来ることは無いかということで、動き始めたのがきっかけです。
今、地元の病院や協力企業とともにスープづくりを頑張っております。
南阿蘇で取れた素材を、それぞれの良さを生かして栄養価の高いスープを作りたいということで、このファンドに参加させていただきました。

 
新規事業 スープづくり
新規スープ事業も本格始動しまして、今、産婦人科の協力もあり大人用のスープ…どうしても大人に足りない煮干し、納豆、酒粕などの素材を使って「お母さんにやさしいスープ」ということでまずスタートしました。
後で、ブースを見ていただければ分かるんですが、「赤ちゃんにもいい野菜」ということで、色んな商材、ふりかけなども今作っております。
 
/data/blog/archive/original/45010.jpg /data/blog/archive/original/45011.jpg
南阿蘇の自然農法で出来た素材
 
今、右側にいるのが、うちの農園のスタッフで、野菜をみんなで、無農薬ということを近くの農家さんにも勧めながら、無農薬の野菜作りを今進めております。
販路としましては、自社のカフェですとか、協力いただいている産婦人科のレストランで野菜を仕入れていただいたり、店頭での販売も徐々に広がっております。
 
「南阿蘇=オーガニック」というブランドに
南阿蘇は朝夕の温度差があり、虫がいないため無農薬・オーガニックな野菜作りに最適な栽培地域です。
南阿蘇の農業、安心安全なオーガニックをブランドとして確立するために、村外の方に南阿蘇の恵みを実感してもらう方法として、「南阿蘇 元気になるスープづくり」を、春・夏・秋・冬と四季の旬の素材を使用して、準備したいと考えております。
この新規事業となるスープづくりの挑戦にあたり、多数の方からの応援を募るため、また熊本復興のため、今回このファンドの活用にチャレンジさせていただきました。
震災後、南阿蘇はまだ交通インフラ(の復旧)も時間がかかっています。主力の57号線もまだ無く、大橋も設置されていない状況です。
そんな状況の中、みんなの元気が回復していない状況を前向きに進めていく為に、南阿蘇オーガニックとしてさらなる新規事業を、皆さんの協力もいただきながら進めていきたいと思っております。
引き続き応援のほど、宜しくお願い致します。ご清聴ありがとうございます。

 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この記事だけを表示

被災地応援ファンド2019年3月7日 14:40

【自社栽培手作り「倭播椒」漬物ファンド】震災からわずか7日目後の来客で復興を決意

先日行われた「セキュリテ熊本地震被災地応援ファンドセミナー2019」。
農家としてスタートした吉原食品が、お漬物を作りながら愛され成長してきた過程と
震災からわずか7日後の来客から復興を決意したことなどが語られました。

ぜひ、ご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

皆さま、こんばんは!
 
(会場「こんばんは」)
 
熊本県の益城町にある安永(やすなが)という地区から来ました、吉原常太(じょうた)と申します。
本日は「キムチの里」の会社の歴史、地震の被害、会社の現在の状況、ファンドの特典について、大まかな流れでございますが、お話しようと思います。
 
/data/blog/archive/original/44865.jpg
 
吉原食品 キムチの里の歴史
最初に会社の成り立ちですが、キムチの里は創業者である、自分の祖父母である吉原馨(かおる)と吉原クミコによって創業されました。祖父母が始める前は、吉原家はもともと、米や大根、白菜を栽培する普通作の農家で、兄弟が9人と多く貧しい暮らしをしておりました。
祖父母はどうにかしてこの貧しさから立ち直ろうと、試行錯誤の末に自分で栽培した野菜を加工して、販売してはどうかと思い、そこから漬物作りが始まりました。
それは昭和42年ごろで、社長である自分の父が6歳のころだったそうです。
 
はじめはうまくいかず、作っては捨てたり、塩辛く漬けすぎてしまったりと試行錯誤の連続で、眠れぬ日々が続きました。
漬物作りを始めて2年が経ち、昭和44年に保健所に漬物製造の許可をいただき、たくあんや高菜漬け、朝鮮漬けを製造し、企業の社員食堂や病院などに納品を始めました。
味の評判がよく、少しずつ売り上げも伸びていき、原料を栽培する畑も少しずつ買い足していき事業の規模を拡大していきました。
 
昭和47年ごろ、自分の視野を広げ、もっとおいしい漬物を作ろうと、東京や名古屋、大阪などのデパートを見学しに行くと、大阪の阪急デパートでチマチョゴリを着た女性がキムチを売っていました。
以前からキムチという辛い漬物があると聞いていましたが、この時初めて見たそうです。
そのキムチに魅力を感じ、買って帰り、早速キムチを自己流に味付けし販売を始めました。
その自己流に味付けしたキムチが大変好評で、さらに売り上げも伸びていき、商品の種類も増え、直販する販売所が欲しいと思うようになり、昭和63年7月に有限会社吉原食品を益城町に法人設立し、平成元年に大津町(おおづまち)にキムチの里を開業しました。
 
/data/blog/archive/original/45006.jpg
 
写真に写っているのは、大津町のキムチの里の方です。現在では、県外や地元のお客様から「キムチの里のキムチを食べたら、他所のキムチは食べられなくなる」というお言葉や、「自分で食べるキムチは安く済ませるが、他人や友人に贈るときはよく買っている」などのお言葉をいただいております。
以上が会社の大まかな歴史の流れです。
 
熊本地震による被害の大きさ
次に地震の被害についてです。
平成28年4月14日と16日の本震で、会社全体に大きな被害を受けました。
まず、益城にある本社の直売所は1階部分が潰れてしまい、全壊しました。
 
/data/blog/archive/original/45005.jpg
 
工場内部は、多くの壁にひびが入ったり、床に段差ができたりと色々ありますが、特に被害がひどかったのが冷蔵庫です。
冷蔵庫内には製造中だった漬物や、納品する予定だった商品がありましたが、冷蔵庫内の内壁の損傷や落下による破損、停電による冷却不足等があり、商品のほとんどが廃棄となってしまいました。
 
/data/blog/archive/original/45008.jpg
/data/blog/archive/original/45009.jpg
以上が地震の被害です。

 
震災からの「復興」
次は新工場についてですが、地震直後、販売店舗や工場内の被災状況を見て社長は「復興できるのか。もう会社は閉業してしまった方がいいのではないか」と悩んでいたのですが、地震が発生し1週間もたたない頃「お漬物はありますか?」と、数名のお客様が会社を訪れ、常温で保管できていた漬物が少しあったのでお渡ししました。
「なぜ来たのですか?」と聞いたところ、「被災した家を片付けるのを手伝ってくれた親戚等に渡したい」と言われたとき、自分の製造する漬物は、まだまだ多くの人に味わってもらいたい。もっとおいしくて愛される漬物を作りたいと思い、復興の道を歩むことに決めたそうです。
こちら今映っているのは、完成した新工場の建物でございます。
 
/data/blog/archive/original/45004.jpg
 
新工場は昨年の6月に工事が始まり、今年の1月に完成しました。今現在は、機材搬入を行っております。
こちらの写真は新工場内の一部ですが、ここでは収穫してきた野菜を下漬けします。水を入れたら、約3トン入るタンクが16個あり、ここから漬物作りが始まります。
新工場が本格的に稼働を始めるのは、4月上旬の予定となっております。
 
/data/blog/archive/original/45007.jpg
(筆者注:同社は地震後、被災地域復興のための道路再建に敷地を提供する必要があり、敷地内に工場を再建できなかった。
自社管理する畑からの作物で漬物を作るため、畑に近い場所に加工工場を建てるべく場所の確保に時間がかかった。)
 
最後にファンドの特典についてですが、キムチの里のファンドでは出資いただいた方に、「かっぱ倭播椒(わばんしょう)」と「倭播椒巻き」という特典をご用意させていただいております。
「かっぱ倭播椒」はキュウリの種を取り、ポッサムの具という大根を千切りにしキムチ風に味付けをしたものを中に詰めた一品となっております。
 
/data/blog/archive/original/45002.jpg /data/blog/archive/original/45003.jpg
かっぱ倭播椒                  倭播椒巻き
 
味はあっさり目となっており、キュウリの味と大根キムチがよくマッチした味です。こちらの商品は後で試食の方をご用意しております。
「倭播椒巻き」は白菜の間に昆布やニンジンを薄く切ったものを何層か重ね、キムチの液に浸し、それを輪切りにしてカップに詰めたキムチです。味は程よい辛さとコクの深い味わいとなっております。
 
以上で終わります。ご清聴ありがとうございました。
 
~~~~~~~~~~~~~~

この記事だけを表示

ファンドについて2019年3月1日 18:02

伏谷商店「名古屋 円頓寺『わざもん茶屋』ファンド」近日募集開始

/data/blog/archive/original/44966.jpg

2015年9月に「ニッポンの提灯 あかりファンド」を募集し、大変人気を博した伏谷商店(愛知県・名古屋市)が、いよいよ次なるファンドに挑戦します。

伏谷商店は日本伝統の名古屋提灯を今も変わらず手で作り続ける職人集団です。しかし、提灯をはじめ、長年に亘り地元の方々の日常用品として愛されてきた伝統産業製品は、残念ながら今では認知度も下がり、職人の高齢化によって大きな分岐点を迎えています。

そのような伝統産業の凋落の中で、名古屋の若手職人たちが、「個々の力は微力でも、お互いに協力しながら伝統産業を盛り上げていこう」という熱い思いを持って集結しました。それが、「名古屋伝統工芸 技者(わざもん)衆」です。

/data/blog/archive/original/44962.jpg

そして、2018年12月、「わざもん衆」の中でも中心的な役割を果たしている伏谷商店が、名古屋の円頓寺商店街に伝統工芸のセレクトショップ「わざもん茶屋」をオープンしました。「毎日の生活と密接につながってこそ伝統工芸」という考えのもと、名古屋提灯の綺麗なデザイン、落ち着いた雰囲気のあかりの中で、伝統の職人たちが手づくりした、いろいろな工芸品を楽しんでいただけるお店です。

1階のショップスペースに加え、2階には抹茶や和スイーツを楽しめるカフェを備え、今後は全国から職人を招き、扇子、ちょうちん、友禅染め、香り袋、木工、絞りなどの工芸ワークショップなども予定しています。また、夜の営業では、提灯の灯りだけでお酒を楽しむ企画や、名古屋の舞妓さんと楽しむお座敷遊びのエンターテインメントなども考えています。

/data/blog/archive/original/44960.jpg

今回、新たに募集する「名古屋 円頓寺『わざもん茶屋』ファンド」では、「わざもん茶屋」で販売する伝統工芸品の仕入れ費用等を募集します。投資家特典には、「わざもん茶屋」で使用可能な優待券をお送りしますので、投資をきっかけに、是非昭和のレトロな雰囲気の残る人気の商店街、円頓寺商店街に多くの方に足を運んでいただければ幸いです。

本ファンドの募集開始のお知らせを、ミュージックセキュリティーズから、いち早く受け取りたい方は、ぜひ以下のフォームよりご登録ください。募集開始になりましたら、当社の会員向けメルマガに先駆けて、真っ先にメールにてご案内いたします。
 

本ファンドの募集開始通知をご希望の方はこちらへ登録してください




※ ご登録いただいたメールアドレスは、「名古屋 円頓寺『わざもん茶屋』ファンド」の募集開始のご案内の送付のみに使用します。(その後、セキュリテへの会員登録やファンドへのご出資を頂いた場合には、この限りではありません。)

※ 伏谷商店の第1号ファンド「ニッポンの提灯 あかりファンド」は、2017年に償還しています。
 

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス