セキュリテからのお知らせ 2020年11月

「ゆっくり、いそげ」セキュリテ自由帳 2020年11月30日 17:00

採用にあたり、スキルより重視していること

現在、当社では「インパクト投資の拡大を支える人材」を積極採用しています。

インパクト投資の市場を拡大することは、SDGsの達成のために、いや、それに限らず単純に、持続可能で暮らしやすい未来をつくるためには、とても大切なことだと私は考えています。私自身は、その部分の思いが根底にあるので、今のこの仕事を続けていると思います。

しかし、はっきり言って、当社の仕事は難しいです。日本における投資への敷居は根強く高く、インパクト投資の認知度はまだまだ低くなっています。そうした環境要因に加え、当社では投資対象を予め制限することなく、非常にオープンに幅広く扱っているため、初めての事業分野や地域、課題に直面することも多く、何が正解か、誰も分からない中で、自分で考えて答えを出さないといけないからです。

さらに現在は、先行き不透明なコロナ禍における事業計画と向き合う必要があります。採用の募集要項に、好ましい経験やスキルを本気で挙げだしたらきりがないほど、ハイスペック人材を求めることになってしまうでしょう。

一方で、この仕事をしてきた中で分かったことは、ハイスペックで、すべての要件を満たした理想的な人材だからと言って、当社の求める仕事、つまりは、事業者や出資者の皆さまの期待や要請に応える仕事ができるわけではない、ということです。

では、採用にあたって何が重要か。私の考えは、まずは当社のミッションや目指す方向を共有いただけるかどうか、その上で、別の言葉で言えば、「ミッションドリブン」な人かどうか、ということです。うまくできなかった時やつまづいた時に、そこであきらめずに、しっかり踏ん張って、状況を打破していくためには、「自分が何のためにこの仕事をしているのか」という根っこがあるかどうかが、分かれ目になると思います。

私自身のことを考えても、人と比べて特に優れたスキルがある、ということではなく、「途上国の女性たちのビジネスのために資金を届けたい」、「被災地で事業再建に取り組む事業者さんに協力したい」という思い先行で、困難を乗り越えてくることができました。

以下が、当社のミッションからの抜粋です。
 

『金融』を通じた、新たな価値の提供

当社は、金融庁に登録する金融機関として、既存の金融機関では届かないニーズに応え、インディペンデントな創作活動と研究開発、産業振興による地域創生、貧困削減、そして、震災からの復興が実現する為、新たな価値を提供していきたい、そして、新しい金融の枠組みを作り出したい、と考えています。



こうしたミッションを実現すべく、当社には現在「セキュリテ事業部」「サステナビリティ部」「アライアンス部」の三部門があります。個人からの小口の資金を集める「セキュリテ」だけでなく、法人投資家のニーズに応えたファンドをつくる「サステナビリティ部」、そして外部連携によるミッション実現を目指すのが「アライアンス部」です。

いずれの部でも共通するのは、当社の理念の延長線上にある「インパクト投資の拡大を支える人材」が必要だということです。

長くなってきましたので、入社後、具体的にどんな仕事に携わっていただけるかについては、次回またご紹介したいと思います。

▶当社の採用ページはこちら:
http://www.musicsecurities.com/recruit

ここまで、読んで、もし当社への転職に興味を持っていただけた方、詳しい話を聞きたい方は、もし宜しければ、オンライン面談にお申込みください。年内の面談は、私が担当しますので!

<転職希望者にオンライン面談実施中>まずはお気軽にご相談ください
応募をご検討中の方やお悩み中の方は、まずはオンライン面談にお申込みください。
・事業内容や社風、働きやすさ等、ミュージックセキュリティーズのことをもっと知りたい
・自分の経歴やスキル、性格が、ミュージックセキュリティーズの業務に向いているか不安
等々、何なりとお尋ねください。担当者(12月は杉山)がお答えします。

▶お申込み方法recruit@musicsecurities.com まで「オンライン面談希望」と記載の上、ご連絡ください。後日、杉山からメールにて日程調整のご連絡を差し上げます。

/data/blog/archive/original/50692.jpg
(杉山章子/プロフィール)
セキュリテを立ち上げた2009年にミュージックセキュリティーズ入社。マイクロファイナンスファンドや東日本大震災の被災地応援ファンドを主に担当し、弊社西日本支社開設時から4年間は西日本支社長として大阪オフィスにて勤務。これまでにファンドの組成営業、運営、監査、広報・マーケティング等、セキュリテに関する幅広い業務を担当し、執行役員や取締役も歴任。


 
(ミュージックセキュリティーズ・杉山)

※ オンライン面談の内容について、一部修正しました。(2020.11.30)

この記事だけを表示

ニュースリリース 2020年11月27日 13:29

【朝日新聞】当社が株式会社九州フィナンシャルグループ等と共同運営するグローカルクラウドファンディングの取り組みが紹介されました。

「温かいお⾦」、⽣産者に届け 


 2020年11⽉26⽇の朝日新聞で、当社が株式会社九州フィナンシャルグループ等と共同運営するグローカルクラウドファンディングの取り組みが紹介されました。
 

「ヘルシーでおいしい。また食べたい」

 熊本の畜産農協の連合会がクラウドファンディング(CF)で今夏に資金を募ると、88人から106万円が集まり、こんな声も寄せられた。阿蘇山麓(さんろく)などで育つあか牛の肉をお金の提供者へお礼に贈呈。資金調達とともにファンを築けた。 支えたのは、熊本市のCF会…

(全文を読むには朝日新聞デジタルの会員登録が必要です。)
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14708822.html?pn=3

 

この記事だけを表示

ニュースリリース 2020年11月27日 11:00

地域人財基盤とミュージックセキュリティーズ 基本協定を締結のお知らせ

/data/blog/archive/original/50671.png/data/blog/archive/original/47989.jpg
 令和2年11月27日 
 一般社団法地域人財基盤 
ミュージックセキュリティーズ株式会社
 

地域人財基盤とミュージックセキュリティーズが基本協定を締結
―地域経済活性化に人材・資金調達支援でファンド組成も・橋渡し役はミクシィ―
 

この度、一般社団法人地域人財基盤(代表理事:田藏大地、東京都港区、以下「地域人財基盤」)と、ミュージックセキュリティーズ株式会社(代表取締役:小松真実、東京都千代田区、以下「MS社」)は、基本協定を結びましたのでお知らせします。
 
本協定は、地域経済の活性化に資する地域/産業支援基盤の強化のため、地域支援経験の豊富なプロフェッショナル人材コミュニティを運営する地域人財基盤と、地域での資金融通(金融)ノウハウを持つMS社が相互の強みを活かし、地域事業者・公共機関向けサービス及び事業を開発することを目的としています。
 
地域人財基盤は連携事項を円滑に推進する為の運営会議を設置し、MS社はその地域産業支援パートナーとして参加、相互に連携協力を図ります。ゆくゆくは地域創生ファンドの組成も視野に入れています。


なお、本協定締結にあたっては、MS社の株主で地域活性化に力を入れる株式会社ミクシィ(代表取締役社長:木村弘毅、東京都渋谷区)が橋渡し役となっており、今後、3社協力のもとに事業展開していくことを目指します。
【連携内容】
  • 相互連携における地域支援(地域支援における資金調達支援と人材支援における相互連携と相互送客)
  • 地域ファイナンス支援の共同商品化(地域プロジェクトのファイナンス支援に伴うタイアップでの商品開発と販売)
  • 地域人財基盤におけるプロジェクトファンドの設立(地域支援事業運営に関連した各種支援プロジェクトのファンド化など)


【連携スキーム】
       /data/blog/archive/original/50673.png
 
社名 一般社団法人地域人財基盤
代表者 代表理事 田藏 大地
所在地 東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門ヒルズビジネスタワー15階
事業内容 「伴走支援」と「プロフェッショナル人財」を基盤に、国や地方自治体、地域事業者に対する人財支援・資金調達支援・ビジネスマッチングのサービスを提供。同時に、地域密着型支援の仕組みづくりと持続的に成長可能な地域産業づくりを行うプロフェッショナルビジネスコミュニティを運営しています。
URL https://www.jhrp.org/
 
 
社名 ミュージックセキュリティーズ株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
代表者 代表取締役 小松 真実
所在地 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル3階
事業内容 1口数万円の少額からご出資いただけるインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」を運営。 「セキュリテ」は経済的なリターンを求めるだけではなく、創業や中小企業支援による産業振興・地域創生、インディペンデントな創作活動と研究開発、環境問題の解決、そして、震災からの復興など、それぞれの地域で抱える社会的な課題に対して、皆様からの出資を通じて解決しようとする、経済的な価値と社会的な価値の両方を追求する新しい投資の仕組み。 個人の共感をベースにした新しい金融の枠組みを作り出し、世の中に新たな価値を提供することを目指し事業を展開しています。
URL 「セキュリテ」 https://www.securite.jp/
「ミュージックセキュリティーズ株式会社」https://www.musicsecurities.com/
 
 
【本件に関するお問い合わせ先】
◇一般社団法人地域人財基盤 広報担当
TEL:03-6807-5841  E-mail: info@jhrp.org 
◇ミュージックセキュリティーズ株式会社 広報チーム 
TEL:03-5948-7301  E-mail: mspr@musicsecurities.com
 

この記事だけを表示

ニュースリリース 2020年11月27日 10:00

手術時のコロナ感染拡大予防対策基金の資金募集 ー京都大学医学研究科による新型コロナ研究プロジェクト第2弾ー

                          /data/blog/archive/original/45047.jpg
                               京都大学医学研究科による新型コロナ研究プロジェクト第2弾
手術時のコロナ感染拡大予防対策基金の資金募集
             ―第1弾は日本での抗体検査の開発研究。第2弾はコロナの感染予防に向けた研究―

この度、当社ミュージックセキュリティーズ産学官連携推進室は、新型コロナウイルス(SARs-Cov-2 、以下「新型コロナ」)流行下で、医療者が安全に手術を行うために必要な感染予防策を研究する京都大学医学研究科のプロジェクトのために、資金募集を始めることを、お知らせします。
 
このプロジェクトの目標は、新型コロナ流行下でも十分な医療を患者様に提供し、ひいては新型コロナ感染終息に貢献することです。そのために、下記二つのテーマに資金を使わせていただくことを予定しています。

一つ目が、上気道(鼻腔から喉頭まで)の手術中に新型コロナがどのように存在するのかという調査です。そして二つ目が、手術時、上気道でのウイルスの存在が確認された場合、その拡散をどのように最小化し感染予防できるのかを研究します。こうしたプロセスで、新型コロナ流行下での安全な上気道の手術法確立を目指します。
 
京都大学医学研究科による新型コロナ研究プロジェクト第1弾「日仏共同研究による新型コロナウイルス感染症対策基金」は、1,000万円の募集目標総額を超える1,123万2千円が集まりました。世界での感染者数が5,900万人を超え深刻な状態続く新型コロナに対して、皆様が解決策を希求していることが、改めて、浮き彫りとなり、厚く御礼申し上げます。すでに京都大学への入金が完了していて、予定通り、コロナの日仏共同研究を進めるうえでの資金として使わせていただいております。本研究の進捗につきましては、松田文彦教授より当サイトにて報告される予定です。今回の「予防」テーマに関しても、多くの方からのご支援、ご協力をお願いする次第です。


 
募集サイト:https://www.securite.jp/ac/UKyoto3
募集期間:2020年11月27日から2021年2月28日まで
研究期間:2020年9月1日から2022年12月31日まで
募集総額:1,000万円 
特典:   
1,000円以上    お礼状/芳名台帳への記載
5,000円以上    お礼状/成果報告/芳名台帳記載
10,000円以上    お礼状/成果報告/芳名台帳記載
100,000円以上    お礼状/成果報告/芳名台帳記載/医学ウェブセミナーへの参加
1,000,000円      お礼状/成果報告/芳名台帳記載/医学ウェブセミナーへの参加
研究科長の感謝状/耳鼻咽喉科医学対談への参加
 
【本件に関するお問い合わせ先】
◇ミュージックセキュリティーズ株式会社 広報チーム 
TEL:03-5948-7301  E-mail: mspr@musicsecurities.com
◇ミュージックセキュリティーズ株式会社産学官連携推進室
Securite ACADEMIA https://academia.securite.jp/
ac@musicsecurities.com
 
 

この記事だけを表示

ファンドについて 2020年11月25日 11:10

電動キックボードの公募デザイン決定

皆さま、こんにちは。

今日は三重県の鈴鹿でつくる電動キックボード開発を応援するファンド「鈴鹿でつくる新小型モビリティファンド」のご紹介です。
本ファンドの事業者であるフヂイエンヂニアリング株式会社が展開する【鈴鹿発 オールジャパンの電動キックボード開発プロジェクト】新機種M04は、横山翔一様のデザインを採用することとなりました。

/data/blog/archive/original/50683.png

【鈴鹿発 オールジャパンの電動キックボード開発プロジェクト】では、今年8月から、電動キックボードの新機種M04のデザインを募集してきました。
そして先月、ご応募頂いた多数の作品の中から、大賞となったデザインが発表されました。

/data/blog/archive/original/50682.png

名前はsazanami。受賞した横山様は、デザインについて、「全体形状は柔らかな曲面を用いてシンプルに構成し、誰でも親しみが持てる外観にしました」とコメントしています。
横山様のデザインに対し、フヂイエンヂニアリング藤井社長は、「極めて完成度の高いデザイン。
円(アール)と直線、というシンプルな構成ながら、作りこみの細かさもあり、スッキリとまとまっています」と講評しています。

/data/blog/archive/original/50684.png

フヂイエンヂニアリングは、現在、2種類のキックボード製品の製造販売をしています。
今までの製品は日常品というよりもアクティビティを重視し車やバイク好きな男性に人気の商品でした。
これに対し、今回の製品は、男女問わず、より幅広い層に愛用してもらえるものを目指しています。
横山様のデザインでは、この新規開発製品の立ち位置、方向性の解釈が、会社側の解釈と同じであったことも選抜の要因となりました。
藤井社長は、「この製品は、『自転車に乗れる方なら直感的に乗れる』をテーマにエンジニアリングを行いました。
そのエンジニアリングの方向性にピタッとハマったのが横山さんの『sazanami』コンセプトです」と述べています。

/data/blog/archive/original/50685.png

デザインも決まり、いよいよ車両の製作が本格化します。
新パーソナルモビリティ製品sazanamiの開発費にあてられる今回のファンド。
一定の口数以上ご出資いただけた方には、テスト販売車などの進呈があるなど、ユニークな特典もつくファンドです。
日本のパーソナルモビリティ環境の充実を楽しみ、発展に寄与したいと考えていらっしゃる方は、是非一緒に事業にご参加ください。

【詳細はこちら】

/data/blog/archive/original/50686.png

一口       ¥54,000
募集総額     ¥13,000,000
事業者      フヂイエンヂニアリング株式会社
参加人数     32人
募集期間     2020年7月31日〜2021年1月31日
分野       製造
特典
以下①もしくは②いずれかの特典を選択いただけます。
③は出資者の方全員への特典です。

①1口につき:開発する新規モデル等について1万円の割引をいたします。
(Sunameri・Xiaomeri・新規モデル・その他オプション品全て、1商品あたり上限3万円までご利用いただけます。)

②20口以上ご出資の方:商品一式を先着3名様限定でお届けします。
20口に満たない出資口数分は①の特典を進呈します。
(テスト販売の試作品あるいは一般販売後の商品どちらかお選びください。)

※お申込み多数の場合はお届け台数追加も検討します。
※テスト販売はあくまで開発の一環として行います。
安全面を当社にて確認後、お客様に使い心地のフィードバックをいただく目的で実施します。
初期トラブル等がある場合にはお付き合いいただくこととなりますが、ご了承ください。
テスト販売分は初号機・2号機・3号機で車体番号を刻印させていただきます。

③【出資者全員】開発に関わる権利
・ご希望の方は第一試作(2020年12月末~2021年1月初旬頃完成予定)、第二試作(2021年2月頃完成予定)の試作車モニターになっていただきます。
(各1名ずつ・出資口数の多い方を優先させていただきます。)

※貸出期間は2週間とし、使用感等をレビューいただく予定です。
※車両の往復の送料(約2万円)は出資者さまのご負担となります。

【ファンドのお申し込みはこちら】
 

この記事だけを表示

「ゆっくり、いそげ」セキュリテ自由帳 2020年11月24日 22:00

「インパクト投資に関する意識調査」からの雑感

昨年、日本で初めてインパクト投資の認知度を広く調べた調査ということで、本ブログでも少しご紹介した、社会変革推進財団(SIIF)による「インパクト投資に関する消費者意識調査」が今年も行われ、その結果が、公開されています。

▶昨年の結果を紹介した本ブログの記事はこちら:「インパクト投資」を考える (2)
▶今年のSIIFの調査結果はこちら:「インパクト投資に関する消費者意識調査 2020年度」

今年もこちらで少しご紹介したいと思います。
まずは認知度から。

「インパクト投資」について多少でも知っている人 6.1%
「インパクト投資」という言葉を聞いたことがない人 82.8%

(出所:SIIFの調査結果PDFの15P)

昨年から全く増えていません。数字だけみると、昨年の6.8%から減っていますが、統計的な誤差の範囲ということで、認知度については「横這い」というのがSIIFの見解です。
この1年で、「SDGs」と言ったインパクト投資と切り離せないような言葉が大分普及してきたような印象があったので、個人的には少し意外でもあり、残念な結果でもありました。

また、投資経験と今後の投資意向について尋ねた設問では、

投資経験がない 54.8%
今後も投資に関心がない 45.6%

(出所:SIIFの調査結果PDFの11P)

となっています。そもそもの投資経験や投資への関心自体が、相変わらずの低さです。
この調査を担当された方も書いていますが、「老後、年金だけでは2,000万円足りない」とあれだけ大きく騒がれても、なかなか関心は投資に向かないようです。(多くの方は、節約や貯蓄、就労の継続などを軸に考えているのでしょうか。投資もしたらいいのに…。)
私にすぐに答えはないのですが、「インパクト投資を増やしたい」と考える上では、なぜこんなにも投資に関心がないのか、今後、突き詰めて考える必要があると思いました。

設問の中で、セキュリテのファンドに該当する「投資型クラウドファンディング」については、今後投資したいと考える人が、株式への投資の5.5ポイント増に次いで高いことは、絶対数が少ない中ではありますが、希望の持てる側面です。

投資型クラウドファンディングに投資したことがある 1.5%
今後(継続することも含めて)、投資型クラウドファンディングに投資したい 5.9%(+4.4pt)

(出所:SIIFの調査結果PDFの11P)

今年度の調査では、インパクト投資の認知度に加え、潜在顧客層の属性や価値観、関心投資分野についても調べられています。
レポートでは、調査の結果から、インパクト投資が重点ターゲットとすべきセグメントについて、セキュリテとは異なる立場から、次のような提案がされています。
 
・インパクト投資に割いてもよい金額が「50万円未満」の層は、人数は多いものの、獲得できる金額規模は小さい。
・金融機関が、インパクト投資の商品組成や顧客開拓にかけるコストと、獲得できる市場規模を勘案すると、インパクト投資への期待金額「50万円以上」の層(=世帯年収630万円以上、または、世帯金融資産1,400万円以上の層)が、顧客開拓の重点ターゲットセグメントになるのではないか。

(出所:SIIFの調査結果PDFの23P、29P)

上記について、皆さん、どう思われますか。

既存の金融機関の目線で考えれば、いや、一般的な経済合理性で考えても、コストの観点から、大口のお客様を狙っていくというのは、よく分かる話です。その方が、ビジネスとして成り立たせることが簡単だからです。

しかし、セキュリテの通常のファンドでは、あえてそこを狙ってはいません。
小口でいいので、たくさんの方に、参加していただきたいと思っています。
事業者さんに同じ1,000万円をお届けするとしても、1人の方からの1,000万円よりも、1万円ずつ1,000人の方からの1,000万円の方が、その後の事業推進への力が​圧倒的に大きいと信じているからです。

私にとってのセキュリテは、小学生の時に読んだ「スイミー」の小魚たちのような、ドラゴンボールの「元気玉」のような、ラグビーで言う「One for all, All for one」のような。まさにそういうようなサービスです。

ただ、話を戻すと、それを実現するのは、本当に簡単ではありません。
当社は間もなく創業20年を迎えますが、20年経っても、周囲に同じようなことをやっている会社はほぼありません。
いわゆるクラウドファンディングの会社は複数ありますが、金商法に則った投資のファンドで、個人からの小口出資で、投資対象が地場の中小企業で、等々となると、どうでしょう。

これまでも、真似されることはよくありましたが、簡単に成功できる、簡単に儲かるビジネスではないからこそ、当社は当社の立ち位置で事業を続けてこれたのかな、と思います。

長くなりましたが、今回の調査の結果を見て、改めて、当社は当社のやり方で、会員の皆さまの思いが込められた温かい資金を1口1口積み上げて、社会課題の解決のために奮闘する事業者の皆さまへ届け、インパクト投資の市場を広げていきたいなぁ、と思いました。

最後に、せっかくですので、現在募集中のファンドの中から、一つ、インパクト投資におすすめのファンドをご紹介します。

ミャンマー農村ラストマイル配達ファンド
本ファンドは、ミャンマーの農村部で、新たな金融と流通を創る社会起業家の挑戦を応援するものです。

ファンド詳細ページはこちら:

/data/blog/archive/original/50681.jpg

このファンドについては、また後日、詳しく紹介したいと思います。
ご関心のある方は、ぜひ、ファンド詳細ページをご覧になってみてください。

(ミュージックセキュリティーズ・杉山)

この記事だけを表示

セキュリテストア 2020年11月19日 12:30

【セキュリテストア】冬のスイーツ特集

みなさま、こんにちは。
セキュリテストア担当の田村です。

今年も、11月半ばを過ぎ、早くもクリスマスのCMが流れたり、街中でツリーを見かけるようになりました。
依然としてコロナの影響が続く中、みなさまは年末年始をどう過ごされますか?
今年は遠出はせず、おうちで静かに過ごされる方も多いのではと思います。
そんなあなたに、おうちで過ごす1日を、ちょっと特別にしてくれる、そんな商品をご紹介します。

木村屋シュトーレンセット2020


毎年ご好評いただいている木村屋のシュトーレンセットです。
シュトーレンとは、クリスマスには定番の、ドイツ発祥でドライフルーツやナッツがたっぷりの菓子パンです。
毎年必ずご購入くださる方も多数いる、ファンの多い商品です。
セット内容も大変豪華になっているので、ぜひご家族みなさんでお楽しみください。


【完熟いちごチーズケーキ】宝石フロマージュ


見た目がとってもかわいい、ジューシーで果実本来の甘さがつまった自家栽培の無農薬完熟いちごと、3種のチーズ・こだわりの原材料で仕上げた7層の贅沢プレミアムチーズケーキです。
4号というちょうどいい食べきりサイズで、こだわりの詰まった大人のスイーツです。特別な日にどうぞ。

スタイル ミニタルト5種類20個

/data/ec/2700/20個.jpg

スタイルの自慢のミニタルトの中から、厳選された5種類を集めました。
少しずつ、いろんな味を楽しみたい方におすすめです。
カラフルでかわいいので、お呼ばれしたときのお手土産にも最適です。
冷凍で保存いただけば、賞味期限は6か月ですので、毎日一つずつ楽しむのもありです。

どの商品も、ご自宅で楽しむもよし、プレゼントにも喜ばれる、見た目もかわいくて美味しい万能商品です。
期間限定商品もありますので、この機会にぜひチェックしてみてくださいね。

セキュリテストアでは、他にもたくさんの商品をお取り扱いしています。
新しい商品も続々と出ていますので、見に来ていただけたら大変嬉しいです。
セキュリテストア:https://www.securite.jp/store

年末年始はこたつに住んでいます・田村

この記事だけを表示

ニュースリリース 2020年11月18日 14:15

日本酒ファンド 相次ぐ 早期募集終了

日本酒ファンド 相次ぐ 早期募集終了
―コロナ禍軽減を目指す取り組みをインパクト投資で支援―


 

 当社ミュージックセキュリティーズ(東京都千代田区:代表取締役 小松真実)が運営するインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」で、今月10日から募集を始めた「諏訪泉 純米酒 吟醸麹ファンド」が、一日で満額調達(募集終了)となりました。
 
募集総額は935万円。新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、外食などの需要が減り、新たな取り組みが必要であると考えた鳥取県の諏訪酒造が、純米吟醸酒の麹を使用した甘酒、麹調味料、そして、地元産フルーツを使用したドライフルーツといった商品開発をするために募りました。特典にはお酒のほか、こうした新商品も含まれています。
 
先月には、「岡山の地酒 白菊酒造ファンド2020」が、募集開始から一日で募集終了となりました。こちらは、岡山県の白菊酒造が、コロナ禍でイベントの中止などの影響を受ける中で、販路拡大のため、インターネット販売体制の構築するために募った900万円です。特典は、お酒でした。
 
国連は、現在、SDGs目標として、2030年までに貧困をなくしたり、海や山の豊かさを守ることで、持続可能な成長を実現することを目標に掲げていますが、当社は、長年にわたり、持続可能な成長を志向する事業者への資金調達を行い酒蔵の活動を支援してきました。
 
醸造用アルコールを加えない酒の醸造には時間が必要で、既存の金融機関の融資の仕組みでは届かないニーズがありました。そんな中で、当社のインパクト投資は、共感をベースに経済的リターンだけでない社会的リターンを中長期で希求するため、こうした事業への投資が可能となっています。
 
当社では、日本の地方創生や持続可能な成長を支援するため、今後も、酒の醸造所に対する応援を続けてまいります。現在は、国内のビールやブランデーなどの製造会社のファンドを募集中。来月には、広島のワイナリーを支援するファンドを組成する予定です。また、早期に募集終了となる日本酒ファンドについては、「応募できなかった」という声も頂戴しております。今後、メルマガなどを通じた事前の周知方法について検討をしていく考えです。引き続きのご支援、ご協力をお願いいたします。

 インパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」のメルマガ登録は、こちらです。https://www.securite.jp/member/regist/form

「セキュリテ」の利用を検討される方は、こちらに必要事項をご記入ください。https://form.k3r.jp/ms_securite/request

【本件に関するお問い合わせ先】
ミュージックセキュリティーズ株式会社 広報チーム
TEL:03-5498-7301        E-mail: mspr@musicsecurities.com
 

 /data/blog/archive/original/50647.png/data/blog/archive/original/50648.png

この記事だけを表示

寄付 2020年11月16日 13:00

ご寄付の御礼と復興支援金贈呈式完了のお知らせ

【寄付】熊本県南部豪雨の復興支援金プロジェクトへご支援いただきましたみなさま


2020年7月4日から発生した熊本県南部豪雨災害による球磨焼酎製造業、
観光産業へのご支援としまして本プロジェクトにご参加いただきましたみなさま、厚く御礼を申し上げます。
先般以下の通り贈呈式を執り行いましたのでご報告いたします。
 

なお、本プロジェクトオーナーである株式会社グローカル・クラウドファンディングと当社ミュージックセキュリティーズ株式会社による、
合算の寄付金額を贈呈しております。
皆様からお預かりした「意思あるお金」は、責任をもって、当該産業の復興支援に役立たせていただきます。

ご参加いただきましたみなさまに、あらためて御礼申し上げます。

 

・贈呈式概要

(1)開 催 日:2020年 10 月 23 日(金) 

(2)場   所:肥後銀行 人吉支店 2階会議室

(3)贈 呈 額:6,919,288円

         【内訳】球磨焼酎酒造組合様 3,459,644円

             人吉温泉観光協会様 3,459,644円

(4)出 席 者:6名

   受 贈 者:球磨焼酎酒造組合 代表理事 鳥飼 和信 様

         一般社団法人 人吉温泉観光協会 代表理事 北 昌二郎 様

   贈 呈 者:株式会社グローカル・クラウドファンディング 代表取締役 荒川 浩二

         ミュージックセキュリティーズ株式会社 代表取締役 小松 真実

   立 会 者:熊本県県南広域本部球磨地域振興局 次長 田口 雄一 様

         肥後銀行 人吉ブロック 統括店長 西 章文

 

・セキュリテ寄付「熊本県南部豪雨の復興支援金」内訳

     寄付額:3,268,461円
 事務手数料控除: 163,423円(※)
     贈呈額:3,105,038円

(※)決済手数料等、最低限の事務経費として5%を控除させていただいております。

 

この記事だけを表示

ニュースリリース 2020年11月16日 11:07

【日刊工業新聞】 当社のインパクト投資事業について紹介されました。

インパクト投資急拡大 中小、新たな資金調達手段に


2020/11/13付の日刊工業新聞にて、当社の取り組みが紹介されました。
こちらからご覧ください
https://newswitch.jp/p/24632

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.