セキュリテからのお知らせ

セキュリテストア 2020年8月14日 18:00

【セキュリテストア】古酒を嗜む

みなさん、こんにちは。
セキュリテストア担当の田村です。

みなさんは、「古酒」飲まれたことはありますか?
セキュリテではお酒のファンドも数多く、ストアでもたくさんの日本酒・ワイン・ビールなどの商品を取り扱ってまいりましたが、最近は「古酒」の商品が少しづつですが、増えてきています。
そこで今回は、古酒のご紹介です。

限定秘蔵古酒 かねやま
 

◆限定秘蔵酒 かねやま15年貯蔵
/data/ec/2687/15kaneyama.jpg
華やかな香りを放ち舌の上でとろけるような甘み。長期熟成のため度数は41~43度。
15年ならではの深い味わい。720ml入りのボトルで、化粧箱付き。おめでたい席や贈答品におすすめです。

JALグループ泡盛プロジェクト2018で準グランプリを受賞しました。
「泡盛グランプリ」は、JALグループの主催で、31酒造所の90の銘柄から、古酒、一般酒、泡盛ベースリキュール・スピリッツなど4部門で選出されます。
羽田・成田空港のファーストクラスラウンジ、那覇空港国内線のサクララウンジでの提供をいたしました。
※詳しくはコチラをご覧ください(山川酒造 ブログ)。

受賞されてから更に人気となっており、お中元やお歳暮などのご挨拶品・贈り物からお土産まで、幅広く愛されています。
 

◆限定秘蔵酒 かねやま20年貯蔵
/data/ec/2687/kaneyama20.jpg
20年の熟成の時を重ねることにより、カカオのような香りと甘みが増す。長期熟成のため度数は41~43度。
味わいはコクとまろみを帯びています。月桃紙で包み木箱の化粧箱入りの仕様ですので、おめでたい席や贈答品、沖縄のお土産としてもおすすめです。

古酒好きの方にも、まだ未体験の方にも、きっとご満足いただける商品となっておりますので、ご興味のある方はぜひチェックしてみてください!


古酒「酒一筋」純米大吟醸2001

/data/ec/2657/7eeb4339-d5d9-4914-ac76-25d9f25194ef.jpg
平成13年(2001年)岡山県産有機無農薬栽培「朝日米」を使用し醸した純米大吟醸酒。蔵内にてじっくりと時をかけ熟成させました。時が奏でる琥珀色の輝き、旨味と酸味のハーモニーをお楽しみ下さい。
500本限定です。


こちらも熟成されています・・・↓
三河の味を楽しむ熟成みりんのセット

愛桜純米本みりんは、大正13年より三河(愛知県)みりんの名で全国の皆様に親しまれてきました醸造元のみりん蔵で造りました。
みりんづくりに適した恵まれた気候風土、矢作川の水質、精選された国産もち米、麹米、近隣の酒蔵から出る酒粕を中心に本格焼酎を原料とし、昔ながらの製法で造りあげた長期熟成天然醸造の手作りの逸品です。
そのままお酒としても楽しんでいただけます。
 

◆愛桜純米本みりん 1年熟成

醸造という自然の摂理と人の経験技で、もち米、米こうじ、本格焼酎(米焼酎)のハーモニーを創造しあげました。絶品の代物です。創業以来伝統の製法、レシピの再現で1年の歳月をかけ、元来の本みりんが、今蘇りました。国産原料のもち米・米麹、三河仕込みの一番の特徴である本格米焼酎のみで造り上げた本格みりん。琥珀色で、すっきりとしたメープルシロップのような甘さが特徴です。
 

◆愛桜純米本みりん 3年熟成

琥珀色で、すっきりとしたメープルシロップのような甘さが特徴です。和食だけでなく、洋食や中華料理の味付けとしてもお使いいただけます。昔ながらの伝統製法で造られたみりんを三年間じっくり熟成させ、さらなる旨みとコクを引き出した逸品です。アルコール14度。

いずれも個性あり、こだわりあり、自信ありの商品です。
おうちでゆっくり、古酒の飲み比べなどいかがですか?
数量・期間限定の商品もございますのでこの機会にぜひチェックしてみてくださいね。

セキュリテストアにはその他、お酒と相性抜群のおつまみもたくさんあります。
セキュリテストア:https://www.securite.jp/store

田村

この記事だけを表示

ファンドについて 2020年8月13日 18:40

「三鷹 地域が繋がるクラフトビールファンド」

皆さま、こんにちは。

暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

今日は、コロナ禍の今だからこそ出来ることに
注力していらっしゃる事業者さまをご紹介します。

/data/blog/archive/original/50152.jpg

株式会社小笠原商店は、東京の三鷹市でクラフトビールの醸造・販売・飲食店経営を行っています。

もともとお酒好きであったという代表の小笠原氏が、
クラフトビールの素晴らしさを伝えるために、クラフトビールを提供する小さなビアバーを始めたのが7年前。

その後、長い月日と多くの方の協力を経て、念願のブルワリー「OGA BREWING」を立ち上げました。

クラフトビールを初めて飲む方には驚きと感動を、
飲み慣れた方には安心と懐かしさを感じてもらえるようなクラフトビール造りに日々奮闘しています。

/data/blog/archive/original/50150.jpg

ここで作るビールは“イメージ”を核にして作られています。

主にドイツやイギリス産の麦芽とアメリカやイギリス、
ニュージーランド産のホップ、そして地元三鷹の水を仕込み水に使用し、
イメージをビールの味や香りに落とし込むための原材料を小笠原氏みずからが厳選しています。

原材料以外にも醸造設備にもこだわりが深く、製造工程の自由度が高く、
アレンジをきかせやすいドイツ式の醸造設備を導入しています。

そして今、小笠原氏は「新商品開発」に力を注いでいます。
自粛ムードが続くこの夏、こんな時だからこそできることを一つずつやっていこうという意気込みです。
OGA BREWINGでは初めてのスタイル(ビールの新しい分類)を開発し、
新しいビールの美味しさを届けようとしていますので、完成を楽しみにお待ちください。

/data/blog/archive/original/50151.jpg

小笠原商店では現状、4基のタンクで醸造を行なっていますが、
店舗・イベントにおいて自社ブランドを販売するためにフル稼働している状況です。

「三鷹 地域が繋がるクラフトビールファンド」では
増産を行うためにかかる設備費用等を募集し、事業のさらなる発展を目指します。

特典として、クラフトビールの送付(2020年6月4日に特典内容をグレードアップし本数を増量しました)、
もしくは店舗で利用可能な新商品のビール2種類をハーフパイント(290ml)で1杯ずつ提供するサービスをご用意しております。

「三鷹ビール」を楽しんで頂きながら、出資者の皆さまと一体となれる事業にしていきたいと思っています。

【ファンドの詳細はこちら】
https://securite.jp/fund/detail/5713

/data/blog/archive/original/50153.jpg

一口     ¥21,600
募集総額   ¥22,200,000
事業者    株式会社小笠原商店
参加人数   139人
募集期間   2019年12月26日~2020年12月31日
分野     食品製造、酒、飲食店
特典     
【1口~2口】
下記の2種類から選択頂けます。
①1口につき、330mlのボトルビール4本をお届け致します
(送料税込4,000円相当)を口数分お届けします。
②店舗にて、新商品のハーフパイント(290ml)
1杯提供サービス1年分を提供します(12,000円相当)。

【3口~9口】
①1口につき、330mlのボトルビール4本をお届け致します
(送料税込4,000円相当)を口数分お届けします。
②店舗にて、新商品のハーフパイント(290ml)
1杯提供サービス2年分を提供します(24,000円相当)。

【10口~49口】
下記の2種類を両方ご提供いたします。
①1口につき、330mlのボトルビール4本をお届け致します
(送料税込4,000円相当)を口数分、複数回に分けてお届けします。
②店舗にて、新商品のハーフパイント(290ml)
1杯提供サービス3年分を提供します(36,000円相当)。 

【50口以上】
下記の2種類から選択頂けます。
①1口につき、330mlのボトルビール4本をお届け致します
(送料税込4,000円相当)を口数分、複数回に分けてお届けします。
②店舗にて、新商品のハーフパイント(290ml)
1杯提供サービス6年分を提供します(72,000円相当)。 
また、新商品の企画開発&味付け(フレバー)の調合にご参加可能です。
さらに、上記の企画により開発したオリジナルテイストのボトルビール330mlを20本
(税込約15,000円相当)をお届けいたします(発送は1回のみ)。

   
【ファンドのお申し込みはこちら】
www.securite.jp/fund/order/step1?f_id=5713

この記事だけを表示

寄付 2020年8月12日 14:46

8月8日は球磨焼酎の日

2020年7月4日に発生した熊本県南部豪雨災害で、甚大な被害を受けられました皆様に対して、心よりお見舞い申し上げます。

本日、8月8日は「球磨焼酎の日」です。

「球磨焼酎」は、世界貿易機関(WTO)に地理的表示の産地指定を受け、国際的にそのブランドが保護されています。スコッチウィスキー、ボルドーワイン、バーボンウィスキーなどと肩を並べる、日本有数の米焼酎です。

お米のみを100%原料として、人吉・球磨地方の地下水で仕込んだ醪(もろみ)を蒸留し、ここで瓶詰めした焼酎のみを「球磨焼酎」と呼びます。
昔から、お米を作るには88の手間がかかると言われており、「米」の字を分解すると八十八になることから「米の日」である8月8日を「球磨焼酎の日」とされているそうです。

皆様、本日は是非、被災された人吉・球磨地方の皆様の復興を祈り、球磨焼酎で乾杯しませんか?
球磨焼酎酒造組合さまのホームページにて詳しい内容をご覧いただけます。

http://jp.kumashochu.or.jp/blog200807141837.html
/data/blog/archive/original/50149.jpg

皆さまのご支援お待ちしております。


【寄付】人吉・球磨地域の球磨焼酎蔵元と観光産業の復興のための支援金の受付はこちら
/data/blog/archive/original/50081.jpg

(※ 本記事は、 株式会社グローカル・クラウドファンディング(GCF)のサイトから転載しております。GCFは、弊社が株式会社九州フィナンシャルグループ等と共同運営する会社です。)
 

この記事だけを表示

ファンドについて 2020年8月12日 13:10

事業者さまの声(有限会社うらい編)

皆さま、こんにちは。

暑い日が続きますが、皆さま、体調など崩されていませんでしょうか?
この夏セキュリテには、大変多くの新規会員さまが加わりました。
今改めて、このご縁を未来につないでいくために、セキュリテの仕組みや魅力について、お伝えしていきたいと思います。
今日は、これまでにセキュリテを利用したことのある事業者さまの声をご紹介します。

/data/blog/archive/original/50148.jpg
▲過去に募集した「うらいファンド」一覧

兵庫県加古川市で和牛肉専門販売店を営む『有限会社うらい』は、これまでに3つのファンド募集実績があります。
現在運用中のファンドでは、地元肉屋として鳥獣被害の解決に乗り出し、自らジビエ商品の販売を通じて、地産地消と加古川市の産業発展を目指す新規事業を開始しています。

「加古川 うらいのジビエ総菜ファンド」の募集開始前に浦井代表より頂いたメッセージを紹介します。

「いつも大変お世話になっております。有限会社うらいです。
何とか今年も無事に運用する事が出来ました。
やはり人様の資本で動く取り組みですから、いつも以上に気を遣う取り組みです。
しかしながら、この取り組みからセキュリティストアへの出店が実現したり、出資者様がお客様へと変貌して頂いたりと、実りの多い取り組みであると感じています。
手間や運用益と金額面の観点から敬遠する立場の事業者の方々もいらっしゃいますが、単年度や、出来る限り早いタイミングでの現金化を求める傾向がある中で、比較的長期間にわたり潜在顧客と触れ合うチャンスのある投資型クラウドファンディングは、当社にとっては魅力的な事業であると考えるようになりました。
単に資本を準備するだけならば、自己資本、あるいは銀行借入の方が金利面を考えると有利かもしれません。
僕も初めは訳も分からず流行に乗っかって取り組んだお恥ずかしい過去はあります。
しかし、長期的な視点から考えると、非常に素晴らしい戦略であると今は思えるようになりました。
不特定多数の通常営業ではほぼお会いする機会のない方々と、縁を作れる投資型クラウドファンディングは是非今後も継続したいと考えています。
もうすぐ僕の思い付き事業であるジビエ事業を立ち上げる次第ですが、昨年、今年と学ばせて頂いた事をしっかりと活かし、楽しい事業に出来たらと考えています。」

/data/blog/archive/original/50147.jpg

これまでにセキュリテを利用された事業者さまは595社。ファンド数は885本で、募集総額は94億2,219万6,538円にのぼっています。
事業者さまにも、出資者の皆さまにも、セキュリテを利用してよかったと感じていただけるようなプラットフォームでありたいと思っています。
このたび、新たにセキュリテ会員になれれた皆さまにも、資金でのつながりだけではない魅力を感じていただけたら幸いです。

今後も、こういった事業さまからの声を、折に触れ紹介していきたいと思っています。


【インパクト投資プラットフォーム セキュリテ】
https://securite.jp/
 

この記事だけを表示

寄付 2020年8月12日 12:25

渕田酒造本店の被害状況(8月4日)

2020年7月4日に発生した熊本県南部豪雨災害で、甚大な被害を受けられました皆様に対して、心よりお見舞い申し上げます。

人吉・球磨地方には27蔵の球磨焼酎の蔵元があります。

/data/blog/archive/original/50142.jpg

球磨村唯一の焼酎蔵元「渕田酒造本店」では、濁流が蔵を襲い、2階部分まで浸水したそうです。

/data/blog/archive/original/50144.jpg

豪雨で店は屋根まで浸水。仕込みに使うかめやタンクも濁流に漬かりました。

/data/blog/archive/original/50145.jpg

/data/blog/archive/original/50146.jpg

道路寸断の影響もあり、まだまだ復旧には時間がかかります。

/data/blog/archive/original/50143.jpg

「できる事から息長く」
皆さまのご支援お待ちしております。


【寄付】人吉・球磨地域の球磨焼酎蔵元と観光産業の復興のための支援金の受付はこちら
/data/blog/archive/original/50081.jpg

(※ 本記事は、 株式会社グローカル・クラウドファンディング(GCF)のサイトから転載しております。GCFは、弊社が株式会社九州フィナンシャルグループ等と共同運営する会社です。)
 

この記事だけを表示

寄付 2020年8月7日 20:00

京都大学 パスツール研究所 ご挨拶

皆様、はじめまして。

京都大学医学研究科の松田文彦と申します。
7月14日のフランスの革命記念日に、在東京フランス大使館のローラン・ピック大使ほか多くの皆様のご支援を受けて、この基金を立ち上げることができました。
その後3週間という短い間に、73人もの方々にご賛同とご寄付をいただきまして、心から感謝いたしております。ほんとうにありがとうございました。

我が国では現在COVID-19感染者の増加に歯止めがかかりませんが、症状が出てPCR検査を受けた人たちの何倍も多くの感染者が隠れていることが指摘されています。
そういう人たちは不顕性感染と呼ばれていますが、その数を明らかにするためには、COVID-19の原因となるウイルスSARS-CoV-2に対する抗体を持っているかを調べる抗体検査を高い精度で行うことが不可欠です。
現在抗体検査に使われている検査キットは、検出力に問題があり、国が6月上旬に東京、大阪、宮城でおこなった調査でも、結果に曖昧な点が多く残っています。

私達は、感染症研究で100年以上にもわたり世界をリードし続けてきたフランスのパスツール研究所との共同研究を長く続けております。
そういった長期間の信頼関係を通じて、今回パスツールで新規に開発され、フランス人を対象とした試験で極めて精度の高いことが確認された抗体検査法を我が国に導入する合意を得ました。
まずはそれを用いて京都大学病院の医療従事者の感染の実態を明らかにし、日本人に対する有効性が検証され次第、調査の対象を一般住民にも拡大し、我が国のCOVID-19の感染症対策に貢献していきたいと考えています。

今後このブログで、我が国のCOVID-19感染の現状と、感染拡大を防ぐ対策で何が足りないのか、なぜ精度の高い抗体検査を実施するべきなのかなどについて、私なりの考えを紹介させていただきます。
頻繁に更新というわけにはまいりませんが、時間がある限り情報を提供させていただきます。

最後になりましたが、あらためまして今回の基金にご賛同いただきましたことに、深くお礼を申し上げます。
どうかひき続き、よろしくお願い申し上げます。

京都大学医学研究科附属ゲノム医学センター
松田文彦

 



続いて、パスツール研究所感染症機能遺伝学ユニット長、アナワット・サクンタバイ教授からのご挨拶を掲載させて頂きます。



COVID-19の発生により引き起こされた困難な状況下にもかかわらず、COVID -19対策に関わる日仏国際共同研究に対して大きなご支援いただきまして、心からお礼申し上げます。
いただきましたご寄付は、Covid-19の蔓延を防ぐために、京都大学病院の医療従事者の血清学的検査を実施するためにありがたく使用させていただきますが、生物医学分野に横たわる多くのギャップ(溝)を乗り越えるために計画されているより広範な日仏共同研究を推進するための大きな支えともなります。

現在、革新的な技術を実用化し現場に導入するに際して、乗り越えなければならない溝が多数存在します。パスツール研究所は、ウイルスの生物学研究の長い歴史の中で様々な発見を重ね、またそれに基づいた多くの革新的技術を生み出してきました。しかしながら、そういった革新的技術から生まれる新たな製品を世界の人達に手頃な価格で提供することは、依然として困難です。政府からの支援は常に限られていますし、工業界から支援を受けて生まれた製品は人々が容易に手を出せない価格が設定されてしまいます。

皆様からいただきましたご寄付で、基礎科学・橋渡し研究*・公衆衛生学の間の溝、学界と産業界の間の溝、社会科学と生命科学の間の溝、そして最後に、東西の溝、例えば日本とフランスの溝を埋める重要な戦略を開始したいと考えております。 

今後は本研究の進捗状況に加え、より野心的な「Bridging Gaps」計画の新たな展開について、常に最新情報をお届けします。
皆様のご支援は、私達が「違い」を生み出すための大きな支えとなります。ご支援に心より感謝いたします。


パスツール研究所感染症機能遺伝学ユニット長
京都大学特別招聘教授
アナワット・サクンタバイ

(日本語文責:松田文彦) 

* 基礎研究の成果を病気の診断や新たな治療法や薬剤の開発に活用することを目指した研究

 

「日仏共同研究による新型コロナウイルス感染症対策基金」(募集期間:7月14日〜9月30日)https://www.securite.jp/ac/UKyoto2/

 

松田教授ブログ 
https://www.securite.jp/ac/UKyoto2/#news

/data/blog/archive/original/50123.png

この記事だけを表示

ファンドについて 2020年8月4日 19:36

「富山市公有地活用PPPファンド」

皆さま、こんにちは。

コロナとの共存のステージに入ってから、私たちの生活にも変化と工夫が求められるようになりました。
今日、ご紹介する「富山市公有地活用PPPファンド」の事業も、リモートワークの必要性が迫られる中で求められる「工夫の一つ」かもせしれません。

/data/blog/archive/original/50114.jpg

株式会社ホクタテは、富山県にて55年間、ビルのメンテナンス業務を中心として幅広い事業を行っており、ビルメンテナンス業務を請け負う企業としては北陸地区大手の企業です。
この度、富山市が公募を行ったPPP(官民パートナーシップ)事業である「富山市役所本庁舎北側公有地活用事業」において、このホクタテを代表とするグループが委託事業者として選出されました。
そして、このPPP事業の一環である官民複合ビルの民間テナントの1つとして、「有料自習室」を運営することになりました。

/data/blog/archive/original/50117.jpg
▲ホクタテ本社

富山駅より徒歩8分の好立地に建設される、官民複合ビルの名前は「Toyama Sakuraビル」です。
「Toyama Sakuraビル」の建設工事は昨年9月よりスタートし、新型コロナウィルス感染防止策をとりながらほぼ予定通り進捗しています。
ビルの上の階を教育センター、教育委員会が使用し、中間の階のテナントには法人向けオフィスとして賃貸する予定です。
地域企業かつ、学びや健康に関連した事業で新規採用が見込まれる企業を優先し、雇用促進・活性化の拠点とするのが目的です。
下の階には保育所やスポーツジムなどの民間企業が入居し、ここに、ホクタテが運営する「有料自習室」も入居します。

/data/blog/archive/original/50116.jpg
▲官民複合ビル 内観イメージ図

このコロナ禍で自宅で仕事をする方も多いと思いますが、家族がいる中で集中する場を作るのが難しいという意見も多く聞かれます。
有料自習室であれば、こういった「落ち着いて勉強や仕事を行いたい」といった、様々なニーズに応えることができます。
また、この有料自習室では、ただ場所を提供するだけではなく個人の目標達成に向けた支援も行う予定です。
例えば、「ただ頑張る」のは大変なので、最初に目標を書いて受付へ提出し進捗状況を管理することで「頑張り」の持続支援を行ったり、目標や希望により利用者同士のマッチングを行い情報交換や切磋琢磨ができる環境を提供するなど、様々なニーズに対応できる施策を検討中です。

/data/blog/archive/original/50115.jpg
▲官民複合ビル 外観イメージ図

富山市にお住まいの方はもちろん、現在は富山に住んでいないけれど地元を応援したい方、富山に思い入れや関心を持って頂ける方に、本ファンドにご参加いただきたいと思います。
そして、投資家特典として有料自習室の会員券をお送り致しますので、出張やご旅行で富山へお越しの際には、是非ご利用ください。

【詳細はこちら】

一口     ¥52,500
募集総額   ¥30,000,000
事業者    株式会社ホクタテ
参加人数   13人
募集期間   2019年8月1日~2021年7月31日
分野     教育、医療、福祉
特典
1口につき有料自習室の会員券(送料・税込約7,500円相当)を2021年2月頃を目安に送付します。
*有料自習室のオープン予定は2021年4月です。
*会員券の使用方法は送付時期までにお知らせいたします。

【ファンドのお申し込みはこちら】
 

この記事だけを表示

お知らせ 2020年8月4日 12:40

分配金の営業者への寄付について

平素よりセキュリテをご利用いただき、誠にありがとうございます。
この度、マイページ上で、ファンドの分配金を事業者に寄付できる仕組みを整えましたので、ご案内いたします。

これは、ご出資されているファンドの今後の分配金の受け取りを放棄し、当該ファンドの営業者である事業者に寄付する仕組みです。
これまでも、分配金の事業者への寄付につきましては、出資者の方からお申し出があった場合に個別に対応する他、昨年11月にはセキュリテ被災地応援ファンドの一部のファンドで試験的に実施してまいりましたが、これからは、募集終了以降、償還前までのファンドにつきまして、マイページ上で常時、寄付の受付が可能です。

分配金の寄付は、2ステップで簡単にお手続きいただけます。
注意事項をよく確認の上、マイページより、お手続きをお願いいたします。

<マイページ>
https://www.securite.jp/mypage/home

<注意事項>
・分配金を寄付されることにより、本ファンドの将来の分配金その他の金銭を受け取る権利が消滅します。
・分配金を寄付された後、撤回をすることはできません。
・すでに支払留保金へ入金済みの分配金等が控除されることはありません。
・本ファンドの出資者限定情報は、マイページにて引き続きご確認いただくことができます。
・出資者特典の放棄はされません。お受け取りが未済で出資者特典も放棄されたい場合、お問い合わせよりお知らせください。

<お手続き方法>
1.マイページにログインし、寄付をしたいファンドを選び、該当ファンドの下の「分配金の寄付」をクリックします。

/data/blog/archive/original/49967.jpg


2.「分配金の寄付」をクリックすると、以下のページに移ります。
注意事項を確認し、「注意事項を確認しました」をにチェックを入れ、「分配金を寄付する」をクリックします。
なお、この時に宜しければ、寄付の動機等、営業者へのメッセージもご記入ください。

/data/blog/archive/original/49966.jpg


ファンドの分配金は、出資者の皆さまが受け取るべき正当な権利になりますが、度重なる自然災害やコロナ禍におきまして、分配金のお支払いに困難を伴うケースも出てまいりました。
各ファンドの状況は出資者限定ニュース等でご確認いただけますので、分配金の寄付をご希望の場合には、ぜひこちらの仕組みをご利用ください。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

ミュージックセキュリティーズ株式会社

 

この記事だけを表示

ニュースリリース 2020年8月3日 09:40

【佐賀テレビ】当社と三養基郡上峰町との連携協定締結について紹介されました。

メディア掲載


この度、当社は佐賀県三養基郡上峰町と連携協定を締結しました。
7月29日に記者会見し、その様子が(20/07/30 18:00)に、佐賀テレビで放映されました。
今後、上峰町の中心市街地活性化に向けて、広告大手博報堂とともに効果的なプロジェクトに取り組んでい参ります。

https://www.sagatv.co.jp/news/archives/2020073003293
※佐賀テレビのHPに遷移します。

この記事だけを表示

寄付 2020年7月31日 20:25

お礼申し上げます。

皆様
 
フランスの革命記念日に寄付募集を開始をさせていただき、2週間が経過しました。
現在までに68名様(フランス語サイト合計74名様)にご参加頂いております。
心より、お礼を申し上げます。
 
7月30日現在、国内での新型コロナウイルス感染者は33,049名、死亡者は1,004名となりました(厚生労働省)。全国で感染者数が増加しているという報道が続いております。皆様の生活環境はいかがでしょうか。
 
新型コロナウイルス感染症に関する出口がなかなか見えない中、世界中で研究が急がれています。パスツール研究所と京都大学医学研究科による「京都大学医学研究科国際共同研究ユニット」では、COVID-19やその他のウイルス感染症に対する血清・免疫学的解析の共同研究を、日本人に見られる遺伝や行動の特徴との関連性を踏まえながら進められています。
 
Securite ACADEMIAでは、本研究ユニットによる研究を加速させるために、寄付窓口を設置させて頂きました。
また、本研究の進捗をお届けするために、本日よりブログを開設させて頂きます。松田教授、Anavaj Sakuntabhai教授からのコメントなども掲載させていただく予定です。
 
末長く、本プロジェクトを見守って頂ければ幸いです。
お礼とご挨拶を申し上げます。

 

【日仏共同研究による新型コロナウイルス感染症対策基金】
https://www.securite.jp/ac/UKyoto2/(日本語)
https://academia.securite.jp/fr/UKyoto2(フランス語)
/data/blog/archive/original/50109.png

大学連携プロジェクトSecurite ACADEMIA
ミュージックセキュリティーズ株式会社
産学官連携推進室 榊原智子

 

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.