セキュリテからのお知らせ 2021年01月

セキュリテストア 2021年1月28日 18:30

【ストア】バレンタインスイーツ2021

皆さま、こんばんは。

あっという間に2月、今年もバレンタインが近づいてきました。
今日は、セキュリテストアに並んだ、バレンタインにぴったりのスイーツをご紹介します。

/data/blog/archive/original/51006.jpg
夢の樹バウム(チョコ)バレンタイン限定Ver.

毎年ご好評いただいている木村屋のバレンタイン限定商品。
看板商品のチョコレート味の「夢の樹バウム」を、更にチョコレートでコーティングし、「ピーカンナッツ」他ナッツ類やドライフルーツでデコレーションしました。
見た目も豪華なリッチなスイーツです。
是非大切な人に、お贈りください。 

/data/blog/archive/original/51003.jpg
チョコレートロッシェ(ミルクチョコ/いちごチョコ)

ザクッとした食感がやみつきになる当店の人気商品です。「ピーカンナッツ」も食感のアクセントになっています。
パッケージも可愛く、贈り物にぴったりです。

/data/blog/archive/original/51004.jpg
ゆずショコラ

「北限のゆず」を使用したスイーツです。ガトーショコラの中にカットしたゆずの皮と、種やその他の部分をピューレと一緒に煮詰めジャムにしたものが練り込まれています。
1箱3個入りで、2箱セットと4箱セットをご用意しています。

いずれも、2月9日(火曜)までの期間限定商品です。
是非、今年のバレンタインにお買い求めください。

/data/blog/archive/original/51002.jpg
【完熟いちごチーズケーキ】宝石フロマージュ

また、贈って喜ばれるスイーツとして、こちらはいかがでしょうか?
ジューシーで果実本来の甘さがつまった自家栽培の無農薬完熟いちごと、3種のチーズ・こだわりの原材料で仕上げた7層の贅沢プレミアムチーズケーキです。
手間ひまかけるからこそできる本物の美味しさです。

/data/blog/archive/original/51005.jpg
ロイヤルのブランデーケーキ

焼きたてのパウンドケーキにたっぷりのブランデーをしみ込ませたパウンドケーキです。
サントリーVSO、クルボアジェVSOP、ヘネシーX.O.など、それぞれ使用するブランデーを変えているので、それぞれに味わいが違います。
店主が最高級の味を目指して、修業時代から半世紀に渡り試行錯誤を重ねてきた究極の味。
大人の方への贈り物にいかがでしょうか。


 

この記事だけを表示

ファンドについて 2021年1月26日 18:30

【まもなく受付終了】『駆けつける避難所 災害対策車両ファンド』

皆さま、こんにちは。

今日は、今月いっぱいで募集受付が終了となる『駆けつける避難所 災害対策車両ファンド』をご紹介します。
株式会社ダイレクトカーズの『キャンピングカー×地方創生×災害対策への思い』を繋ぐプロジェクトを、是非ご支援ください。

/data/blog/archive/original/50990.jpg

株式会社ダイレクトカーズは、創業以来、ハイエースを中心に車中泊に適したキャンピングカーを専門に生産・販売してきた会社です。
キャンピングカーといえば、旅を楽しむためのツールとして認知されていますが、同社では2011年の東日本大震災をきっかけに、このキャンピングカーを、「どこにでも駆けつけることが出来る避難所」として開発に乗り出しました。

/data/blog/archive/original/50993.jpg

そして、昨年完成したのが「TRIP(トリップ)」です。
他のキャンピングカーとの違いは、より広い空間と大きい収納です。
シャワーやトイレの完備はもちろん、自家発電としてソーラー発電を搭載し、蓄電機能と発電した電力を車内で利用できます。
また防災グッズ(カンパン、ヘルメット、災害食、懐中電灯、毛布など)も標準装備し、少しでも気持ちが明るくなるよう色のテイスト、完備の豪華さにもこだわりました。



避難所ではプライバシーの保護がなく、女性やお年寄りの方、ペットを持つ方など、そのストレスは大きく過酷です。
その負担を少しでも軽減し、多くの方の助けになりうるこの災害対策キャンピングカーの存在を、もっと広く知っていただきたいと思っています。
そのために、皆さまからお預かりした資金は、災害対策用キャンピングカーの製造費だけでなく、広告宣伝費などに活用させていただきます。

/data/blog/archive/original/50992.jpg

出資者の方からも応援の声が届いています。

・被災地向けキャンピングカーの標準をつくってほしい。
・素晴らしい事業だと思います。応援致します。
・災害時に活躍するようにお願いします。
・何が起こるかわからないこのご時世こういう準備が大切だと思いました。がんばってください。
・災害時に役立つ車の普及に共感しました。頑張ってください。
・災害大国である日本に、ぜひとも必要な事業だと思います。
・災害時に駆けつけられる避難所、素晴らしいですね。応援してます。

募集受付が残り5日と迫っていますので、参加をご検討されている方は、お早めにお申し込みください。

【詳細はこちら】 

/data/blog/archive/original/50991.jpg

一口:¥21,600 
募集総額:¥10,000,000 
事業者:株式会社ダイレクトカーズ
募集期間:2020年1月9日~2021年1月31日 
分野:製造
特典:
出資口数にかかわらず、お申込み頂いた全ての方へ以下をご提供します。

■キャンピングカーオプション購入ポイント10万円分を付与
 (下記の「BLUME」ブランドの商品にご使用いただけます)

株式会社ダイレクトカーズ ハイエースオリジナルパーツブランド 「BLUME」
詳細はこちらよりご覧ください。

■投資家限定イベントへのご参加

【ファンドのお申し込みはこちら】
 

この記事だけを表示

ファンドについて 2021年1月25日 14:00

事業者インタビュー【グランフロント大阪 スペインバルファンド】

みなさんこんにちは。
本日は現在募集中の【グランフロント大阪 スペインバルファンド】株式会社CPC 代表の平野様のインタビューをご案内します。
スペインバル人気店、BANDAを開店するきっかけや、本場スペインで感じられたことについて、お話しいただきました。


Q:どんな経緯で、スペインへ修行に行ったのでしょうか。
 平野氏「日本の専門学校で料理を学んでいましたが、雑誌等で、スペインでは最先端の料理が数多く生まれ、とても活気があることを知りました。
そんな興味もあって、スペインへ旅行に行きました。訪ねたのは、ALKIMIAという、ミシュランで星もついている人気のレストランです。
日本からのおみやげとして、山椒の粉を持っていったのですが、そこで、現地で知り合った友人と一緒に食事をしていました。現地の友人がそこのシェフと知り合いで、その時、その友人経由で、山椒の粉をシェフにあげたんです。日本の食材にとても興味があるとのことで、山椒がとても喜ばれ、料理の話がとても弾みました。その中で、「料理修行に来てもいいよ」と言ってくれたのです。」
 
Q:そのあと早速実行に移されたんですか。
「はい、20歳の時、改めてALKIMIAを訪ね、料理の修行生「プラクティカ」として、1年間働きました。」
 
Q:レストランではどんな経験をしましたか。
 「お肉からデザートまで、とにかく何でもやりました。最初の方は、日本の食材をということで、覚えているのは、日本のメーカーの焼肉のタレにライムジュースを加えて煮詰め、表面だけを焼いたマグロにかけて、煮詰めた金柑を散らした料理。甘辛な味で、現地ではとても好まれます。」
 
Q:周りのスタッフはどんな方々でしたか。
 「20~30代が多く、とくにかくみんな元気。最初に一緒に仕事をしたリーダーは、フランスから来た19歳の方でした。肉の扱いがプロフェッショナルで、そういう人は年齢に関わらず責任ある立場を任されています。」

Q: どのような修行スタイルだったんですか。
「営業時間は昼と夜それぞれ2時間ほどしかありません。その間はみんな集中して取り組みますが、そのほかの時間は、みんなとてもよく話します。ラジオをかけたり、サッカーの話で盛り上がったり。
みんな、一つのお店に長くとどまるといった感じではありません。色々な仕事場を経験し、料理人として腕を磨いていく。履歴書には、これまで働いたレストランがずらり、という感じです。」
 /data/blog/archive/original/50984.jpg

Q:では「バル」に興味を持ったきっかけは何だったのでしょうか。
 「きっかけというよりも、現地で自然に親しんでいった感じです。どの町にも、必ず良い感じのバルがあり、街に溶け込んでいます。
日本で「バル」というと、雰囲気など、一定のイメージがあると思いますが、現地では本当に様々です。おしゃれな構えの店もあれば、シンプルに食堂、といったところもあります。」
また、「お酒を飲むところ」ということだけでもありません。お昼から空いていますし、ちょっと立ち寄って気軽にコーヒーも飲めます。いつも、色々な人が混ざって、おしゃべりをしています。町の集会所のような感じがします。カフェとも違いますし、もっとフォーマルな「レストラン」とも異なります。
そんな、人同士のコミュニケーションが生まれる場であるところにとても惹かれています。」
 
Q:そのようなコミュニケーションの場を、自身のお店でも実現したいということですね。
 
「福島店では、小規模飲食店が盛んな土地柄もあり、そのようなコミュニケーションの場を作り出すことができていると実感しています。本当に幅広い年代の方に、食事とおしゃべりを楽しんでいただいています。
新店舗は、商業施設ということもあり、また違ったやり方で、コミュニケーションの場を作っていきたいと考えています。天井が高く開放的ですし、テラス席もあります。内装は、吊り下げの装飾や、壁面のワインボトル等、つい目移りしてしまうような、そんな楽しくなる空間にしています。
オフィスワーカーの方や、買い物客の方等が気軽に立ち寄っていただき、手早くのお食事も、ゆったりした食事も、スタッフと会話をしながら、楽しんでいただけたらと思います。 

/data/blog/archive/original/50985.jpg
過去イベントでのワンシーン

また、テラス席が使えることを存分に生かし、開放的なバルの雰囲気を味わっていただければ、と思っています。
とにかく、お客様と一緒に楽しめる、そんなお店に育てていきたく、これからも色々な企画をしていきます。」


スペインバルBANDAグランフロント店はランチから営業しています。
出資者の皆さんにはどんどん来店いただけるよう、魅力的な出資者特典も準備いただいています。
ぜひこの機会にご検討ください。
グランフロント大阪 スペインバルファンド
 

この記事だけを表示

ニュースリリース 2021年1月25日 10:30

【WE LOVE AKITA】当社と秋田魁新報社、秋田銀行が運営するクラウドファンディング「FAN AKITA」について紹介されています。

東京のウェブメディア「WE LOVE AKITA」で、「FAN AKITAの目標達成率がすごいらしい」という記事が掲載されました。

「FAN AKITA」は、当社と秋田魁新報社、秋田銀行が運営するクラウドファンディングサービスです。
秋田県に関わる新しいことを始めようとしているプロジェクトや地域課題の解決を目指すプロジェクトに共感し、挑戦する事業者を応援しています。

https://we-love-akita.com/magazine/2021/01/22/fanakita/

この記事だけを表示

ファンドについて 2021年1月21日 18:30

【募集開始】日本人の500万人が悩む便漏れ、骨盤底筋トレーニング機器の開発ファンド

皆さま、こんにちは。

国内で便漏れや便秘で悩んでいる方が、それぞれ約500万人いるとされているのを、皆さん、ご存じでしょうか。
便失禁は、クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)という観点からは屈辱的な体験で、アンケートをとると、「死ぬよりも悪い」と回答する方が少なからずいる深刻なテーマです。
今日は、そんな症状の改善を目指すトレーニング機器を開発するプロジェクトを支援するファンドについてお伝えします。

/data/blog/archive/original/50972.png

65歳以上になると、約10%の方が悩んでいると言われています。
これは、同12%の高血圧通院患者数に匹敵し、同6%の糖尿病患者数よりは多い数字です。
ただ自ら名乗りでる病気ではないので、知名度は低く、実態はよくわかっていません。
肛門疾患の治療を主に行なっている大阪中央病院の錦織英知医師は、改善のためには、骨盤底筋という筋肉を鍛えることが大事であると指摘されます。

現在のリハビリテーション治療は、通院して医師や看護師に機器を肛門内に挿入してもらい行っていますが、そもそも排便障害に羞恥心を抱き通院を躊躇している方も多く、さらに昨今のコロナ禍によって通院での治療が大きなストレスとなっています。
錦織医師は、通院治療よりも、「羞恥心を伴わない自宅での毎日のトレーニング」が重要であると提唱されています。

/data/blog/archive/original/50971.png

骨盤底筋トレーニング機器の開発と販売は、株式会社TOLIMSが担います。
TOLIMS社は、2016年に岩手県盛岡市に設立された、東北地域の優れたライフサイエンス製品を海外に展開するマーケティングソリューション企業です。

排便機能障害は誰にでも現れる可能性があり、特に加齢とともに患者が増える普遍的な身体機能障害です。また、骨盤底筋を鍛えることのメリットは、年齢や性別を問わず効果があります。
TOLIMS社は、本ファンドを活用し、骨盤底筋トレーニングを「自宅で」「自分で」「気軽に機器を購入して」「すぐ実践できる」ことへの実現を目指します。

人生100年時代を少しでも健康で快適に生活を営むためには、日頃の運動が不可欠です。
ぜひ、多くの方に、この問題を共有していただき、「骨盤底筋トレーニング機器の開発ファンド」を応援していただけたら幸いです。

【詳細はこちら】


/data/blog/archive/original/50970.jpg

一口:
¥27,000

募集総額:
¥11,650,000

事業者:
株式会社TOLIMS

募集期間:
2021年1月15日~2022年1月31日

分野:
教育、医療、福祉

特典:
ご出資いただいた口数に応じて、下記の内容のサービスや商品を会計期間中に1回お届けします。
◎1口以上の出資者様:「便秘や便失禁等の排便機能障害に関する」ウェビナーへご招待いたします。
(開催日は、会計期間中を予定しております。)
◎20口以上の出資者様:上記に加え、商品1台贈呈いたします。
(発送は会計期間中を予定しております。) 
(注1) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
(注2) 特典の詳細につきましては、募集終了以降、別途ご連絡いたします。
(注3) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。


【ファンドのお申し込みはこちら】
 

この記事だけを表示

ファンドについて 2021年1月19日 18:30

【募集開始】日本一のユースチーム「サガン鳥栖」応援ファンド

皆さま、こんにちは。

昨年末、U-18とU-15が日本一となり、全国に底力を見せつけたJ1クラブの「サガン鳥栖」。
地域ならではのチームの方針で地元の選手を育てる「サガン鳥栖」の育成事業を応援するファンドが募集開始しました。

/data/blog/archive/original/50964.jpg

目標金額は約1億円。
応募は、1口10,800円からで、口数に応じて、サガン鳥栖のオリジナルグッズが届くという特典もあります。
「サガン鳥栖」のサポーターナンバー「17」に合わせて、1月17日(日)の17時(午後5時)から募集を開始し、6月30日まで受け付けています。

/data/blog/archive/original/50966.jpg

集まった資金は、ユースチーム育成で海外遠征費などに使われます。
U-18,U-15の連覇に向け、ファンや地元が一体となり応援するファンドに是非ご賛同ください。

【詳細はこちら】


/data/blog/archive/original/50965.jpg

一口 : ¥10,800
募集総額 : ¥99,900,000
事業者株式会社 : サガン・ドリームス
募集期間 : 2021年1月17日〜2021年6月30日
分野 : スポーツ
特典 :
ご出資口数に応じて、下記の特典をご提供いたします。(特典の実施時期及び発送時期等の詳細は募集終了時にご連絡致します。)

①1口〜9口:HPのアカデミーページにご希望の名前掲載。
②10口〜:①に加えて投資家限定のオリジナルタオルマフラーの送付。

今後、新たな特典は決まり次第お伝え致します。

(注1) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
(注2) 特典の詳細につきましては、募集終了以降、別途ご連絡いたします。
(注3) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

【ファンドのお申し込みはこちら】

 

この記事だけを表示

ニュースリリース 2021年1月18日 14:23

【西日本スポーツなど】サガン鳥栖のインパクト投資について、取り上げてもらいました。

【西日本スポーツで鳥栖の話題掲載】
昨日、お伝えしたサガン鳥栖のインパクト投資の話題を、西日本スポーツなどで取り上げてもらいました。活躍しているユース出身選手の情報など、うまく付加してくださっています。https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/682450/

地元、佐賀新聞でも取り上げていただきました。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/623595

この記事だけを表示

ニュースリリース 2021年1月17日 20:21

【FBS福岡放送】「夢空間スポーツ」で、『サガン鳥栖 育成事業応援ファンド』が紹介されました。

17日(日)夕方4時55分からの生放送「FBS福岡放送 夢空間スポーツ」で、同日に募集を開始した『サガン鳥栖 育成事業応援ファンド』について告知頂きました。

夢空間スポーツ|FBS福岡放送

募集開始から、多くの方にご支援を頂き、ありがとうございます。
引き続き、ファンドへのご参加をお待ちしております。
https://www.securite.jp/fund/detail/6659


/data/blog/archive/original/50988.jpg

この記事だけを表示

ニュースリリース 2021年1月17日 17:00

サガン鳥栖 日本一のユースチーム育成事業応援ファンド設立

     /data/blog/archive/original/50927.png                                                          /data/blog/archive/original/50894.jpg                                           

                                                                                                                                                       サガン鳥栖 日本一のユースチーム育成事業応援ファンド設立

  ―1月17日17時募集開始 1口10,800円から 目標金額は約1億円―
             

 

この度、株式会社サガン・ドリームス(佐賀県鳥栖市、以下「サガン・ドリームス」)とミュージックセキュリティーズ株式会社(東京都千代田区、以下「MS社」)は、サガン・ドリームスが運営するプロサッカークラブ、サガン鳥栖の選手育成を目的としたファンドの募集を開始しました。昨年末、U-18、U-15ともに日本一となったユースチーム向けの育成事業応援ファンドがいよいよスタートします。
 
MS社は、これまでインパクト投資(※1)のプラットフォーム「セキュリテ」で、約900本のファンドを組成してきました。経済的リターンに加えて社会的リターンを追求するこの仕組みを使って、日本で初めて(※2)、投資型クラウドファンディングでJ1クラブ及びプロサッカークラブの育成事業の資金調達を支援するものです。
 
ファンドは1口10,800円(手数料込)で、目標金額は約1億円です。
2021年1月17日(日)17時(午後5時)からMS社のウェブサイトで申し込むことができます。(https://www.securite.jp/fund/detail/6659)。
サガン鳥栖のサポーターナンバーが「17」ということもあり、1人でも多くの方にご賛同いただきたいという思いから、この日時で設定させていただきました。口数によっては、オリジナルタオルマフラーが届くといった特典も予定しています。

ファンドの運用期間は、2021年4月から3年間の予定です。ファンドの分配については、事業の累計売上金額に応じた変動制の仕組みを採用していて、事業計画を達成した場合の3年後の償還率は111.6%(源泉徴収前)、上限償還率は130%(同)となっています。ファンドの分配金の原資には、ユースセクションやサッカースクールから得られる授業料など育成事業の売上があてられます。
 
このファンドは、個人も法人も出資することが可能で、2021年6月末までに約1億円を集めることを目標としています。今回、出資してくださる方々は、選手育成にとどまらず、Jリーグを楽しみにしている地元の子供達への教育効果、地域の方々にアクティブなライフスタイルを提供できるという健康・生涯スポーツなどへの貢献といった面で、地域社会で経済的にも社会的にも大きな役割を果たしていただくことになります。
法人にとっては、従来とは異なる新たな形のスポンサーシップでクラブと関わることができるのもメリットと考えます。
 
サガン鳥栖ユースは、独自メソッドを編み出し、結果を残してきました。
人口約7万に過ぎない鳥栖から生まれた日本一のU-18、U-15が今年も連覇するための基盤となる今回のファンドです。趣旨をご理解いただき、ぜひご協力をお願いいたします。
 
(※1)インパクト投資とは、経済的リターンだけでなく社会や環境にインパクトを生み出す組織やファンドへ投資することです。
(※2)MS社調べ

/data/blog/archive/original/50928.jpg

10,800円をご出資いただいた場合、2021年4月から3年間のアカデミー事業売上が事業計画を達成すれば2024年6月末までに合計11,157円(源泉徴収前)の分配金をお支払いします。分配金は、2022年から2024年までの毎年6月末までに3回に分けてお支払いします。(ただし、売上が事業計画を大幅に上回れば、より早期に分配を行いファンドが終了する場合があります。)。当商品は元本保証型商品ではなく、事業計画が達成されなかった場合には、元本割れする可能性もあることをお含みおきください。


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社サガン・ドリームス 広報部
TEL: 0942-81-5290 
ミュージックセキュリティーズ株式会社 広報チーム 
TEL:03-5948-7301  E-mail: mspr@musicsecurities.com

この記事だけを表示

「ゆっくり、いそげ」セキュリテ自由帳 2021年1月16日 22:00

「ブレンドファイナンス」について(1)

当社では「ブレンドファイナンス」の手法を強みとしています。事業者の皆さまの多様な資金ニーズに対して、個人からの小口出資を募るセキュリテのファンドを中心に寄付や購入、法人からの出資や寄付などを組み合わせ、事業者の皆さまにとって最適な資金調達をご提案しています。

また、今週からは、セキュリテのインタビューシリーズ「私のブレンド・ファイナンス」も始まりました。そこでは、少し視点を変え、セキュリテのファンの方々が、どのようにご自身のポートフォリオの中で、セキュリテのインパクト投資やその他の投資、寄付を位置づけ、組み合わせているか、当社への期待なども含め、お話頂く企画になっています。

▶「私のブレンド・ファイナンス」第1回はこちら:
 「自分のお金が循環しながら社会を豊かにしている実感(ゲスト下山俊一さん)

しかし、この「ブレンドファイナンス」という言葉ですが、多くの方は聞いたこともないのではないでしょうか。調査したことはありませんが、認知度がわずかに6%しかなかった「インパクト投資」という言葉以上に、一般の方には馴染みがないのではないかと想像しています(インパクト投資の認知度については、こちらの記事をご覧ください。)。

そこで、今回から複数回に分けて「ブレンドファイナンス」を取り上げ、当社としてどのような意味で使っているのか、ブレンドファイナンスの世界的な動向、募集中のブレンドファイナンスのファンドの紹介をしていきたいと思います。

 

|ミュージックセキュリティーズの「ブレンドファイナンス」


ブレンドの意味
ブレンドファイナンスは、英語で書くと「Blended Finance」のことであり、その発音から日本では「ブレンディッドファイナンス」や「ブレンデッドファイナンス」と言われることもあります。

このBlendedの使い方は、「Blended Coffee(=ブレンドコーヒー)」のブレンドの使い方と同じです。ストレートコーヒーやシングルオリジンコーヒーが単一の生産国や生産者等に限定したコーヒーであるのに対して、ブレンドコーヒーは、産地や豆の銘柄、焙煎度合いなどが異なる複数のコーヒー豆を混ぜ合わせてつくったコーヒーです。

同様に、ブレンドファイナンスも、字義通りには、ブレンドされた、つまり混ぜ合わされた金融、性質の異なる資金が組み合わされた金融という意味になります。

当社では、ブレンドファイナンスという言葉を意識する前から、性質の異なる資金をブレンドすることにより、これまで必要な資金を調達できなかった事業に資金調達ができ、また、これまで投資には縁のなかった人に参加の機会をつくれるということを、日々の取り組みの中で経験的に理解し、積み重ねてきました。

「性質の異なる資金」というのは、出し手(個人か法人か、官か民かなど)、リスク許容度や期待リターン、投資動機などが異なる資金ということです。お金のリターンがどこまで求められるのか、返済の必要のない資金なのか、商品やサービスでお返しする形でいいのか、といったことを考慮しながら、投資、寄付、あるいは購入を組み合わせてファンドやプロジェクトを組成しています。

寄付と投資のブレンド~セキュリテ被災地応援ファンド
例えば、2011年の東日本大震災の後には、「セキュリテ被災地応援ファンド」として、被災事業者を応援したい個人から、寄付と出資を組み合わせる形で資金を募集しました。1口1万円(+取扱手数料500円)のうち、半分の5千円を出資金、半分の5千円を義援金として、約40の事業者に総額10億円以上をお渡しすることができました。

出資者からみれば、1口1万円を拠出した瞬間、期待利回りはマイナス50%になるという、金融商品として異例のファンドでしたが、被災により大きなダメージを受けた事業者に、通常のファンドを組成することは難しく、また、資金使途が明確な形で義援金を出したい、という個人のニーズにも合致することで、このファンドは成立しました。(震災から10年の特設ページはこちら

個人×銀行×財団の資金のブレンド~ソーシャルインパクトボンドファンド
また、日本で最初の個人が小口で参加できるソーシャルインパクトボンドの事例となった「広島県がん検診推進SIBファンド」も、当社のブレンドファイナンスの一例です。このファンドは、「ソーシャルインパクトボンド」という官民連携の枠組みの中で、金融機関からの融資、財団からの出資、そしてセキュリテを通じた個人からの小口出資という異なる性質の資金がブレンドされました。

▶「広島県がん検診推進SIBファンド」のスキーム図
/data/fund/4831/【最終】仕組み図.JPG

公的資金の「呼び水効果」を活用したふるさと投資
その他、ブレンドファイナンスにつながる取り組みとしては、2013年以降、当社が全国の自治体と取り組んできた「ふるさと投資」の枠組みがあります。この枠組みでは、自治体が補助金や助成金等の公金を、地域の中小事業者に直接事業資金として投入するわけではありませんが、彼らがファンドを組成するための費用の一部として拠出することで、事業者が、ファンドを通じて、その数倍から十数倍もの民間資金を、主に域外の個人投資家から調達することを可能にするものです。

上記は、公的資金による「呼び水効果」が発揮された例ですが、実はブレンドファイナンスが特にSDGs達成のためのファイナンスとして、国際機関等で注目されているのは、公的資金の入れ方次第で、まさにこうした呼び水効果が狙えるからです。この辺りのことは、次回、もう少し書きたいと思います。

法人投資家のニーズに応えるSDGファンド
セキュリテでは主に、個人からの小口出資を募るファンドを扱っていますが、SDGs達成に寄与する事業に投資したい、という法人投資家のニーズに応える為、当社では昨年より「サステナビリティ部」を設け、法人向けのSDGファンドの組成にあたっています。

SDGsの達成につながるような社会的リターンが大きい事業の場合、一般的な事業と比較して、事業全体の経済的リターンが小さいものも多く、資金調達が困難な場合があります。そうした場合に、ブレンドファイナンスの手法が生かされます。

/data/blog/archive/original/50936.jpg
​(出所:当社のサステナビリティ部のページより)


では、今回はここまでとして、次回は、世界的にブレンドファイナンスがどのような文脈で使われているのか、その考え方や取り組みについて、簡単にご紹介したいと思います。
 


(文責:杉山章子)

/data/blog/archive/original/50937.jpg
(プロフィール)セキュリテを立ち上げた2009年にミュージックセキュリティーズ入社。マイクロファイナンスファンドや東日本大震災の被災地応援ファンドを主に担当し、弊社西日本支社開設時から4年間は西日本支社長として大阪オフィスにて勤務。これまでにファンドの組成営業、運営、監査、広報・マーケティング等、セキュリテに関する幅広い業務を担当し、執行役員や取締役も歴任。
国際基督教大学卒業。米国コロンビア大学国際公共政策大学院修了。

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2021 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.