セキュリテニュース ファンドについて

ファンドについて2019年11月14日 19:00

ペルーのサーモンを食べる会を終えて

皆さま、こんにちは。
「ペルーのサーモンを食べる会」が、先日盛会にて終了しました。
今日は、ご参加頂けなかった方にも会の様子を少しでも知って頂きたく、ここにご紹介します。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

11月5日ペルー料理店にて、「アバコ」とアバコの融資先である「ピシス」(サーモン養殖業者)がファンドの紹介をしました。
イベントには17人の方にご参加いただき、ピシスのサーモンを使った料理2品を含むペルー料理5品を食べていただきました。

/data/blog/archive/original/47400.jpg
【サーモンのセビーチェ】

/data/blog/archive/original/47404.jpg
【サーモンのソテー】

/data/blog/archive/original/47401.jpg
【中央)アバコ ミヤシロ氏】
アバコのミヤシロ氏からは、アバコが日系移民によって設立された話や、今回のファンドでピシスのような地方の漁業・農業従事者に資金を届けたいという思いを聞くことができました。

/data/blog/archive/original/47403.jpg
【ピシス ビクター氏】
ピシスのビクター氏からは、自社単体ではなく周辺の地域で家族経営をしている養殖業者や加工工場で働く人とも関係性を構築することで、地域と一緒に成長するビジネスモデルについて紹介して頂きました。

/data/blog/archive/original/47402.jpg
説明後の質疑応答の場では、参加者の方から「今回の料理で出てきたトウモロコシなどの農業従事者にアバコが融資しているか」という質問があり、アバコでも農業従事者への融資は実施しているとの返答がありました。
その他にもペルーの主要産業についての質問など活発な意見交換が行われ、楽しいながらも内容の濃い有意義な時間になりました。

また、イベント後のアンケートには、「サーモンが肉厚でおいしかった」「アバコのスタッフの人柄が素晴らしかった」「初めてのペルー料理がおいしかった」等のコメントをいただき、実際に料理を食べてもらったりアバコやピシスの人と対話することで、よりペルーを身近に感じて頂けたと思っています。

【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/5339

/data/blog/archive/original/47399.jpg
一口金額 31,500円    
募集総額 51,000,000円
事業者名 Cooperativa de Ahorro y Crédito Abaco(アバコ貯蓄信用協同組合)
参加人数 124人
地域   海外 ペルー    
募集期間 2019年7月11日~2019年11月30日        
特典   本ファンドに投資家特典はございません。

「Abacoペルーの生産者事業拡大ファンド」は、ペルーの地場中小零細事業者へ資金を届け、成長を後押しするファンドです。
募集の締切日が11月30日に迫っておりますので、ご興味のある方はお早めにお申込みください。

【ファンドのお申し込みはこちら】
www.securite.jp/fund/order/step1?f_id=5339

この記事だけを表示

ファンドについて2019年11月7日 19:01

能登を小さな世界都市へ

皆さま、こんにちは。
気がつけば11月、日本海で水揚げされる魚貝に山の幸と、それぞれに旬を迎えた美味しい食材が出揃い始めました。
今日は石川県七尾市で、能登の活性化に挑む気鋭の日本料理人をご紹介します。

/data/blog/archive/original/47264.jpg

能登出身で数々の受賞歴を誇る料理人・川嶋亨さん。
日本料理人を父に持ち、幼い頃から料理人になるなら日本料理しかないと思っていたといいます。
「修行先には非常に恵まれていたと思います」という川嶋さんは、関西の修行先で数々の趣の異なる華やかな日本料理に触れてきました。
2013年には大阪のプロの料理人が集まる「食の都・大阪グランプリ」で、大阪から集まった約300人の料理人が競う中、若干27歳で総合グランプリに選出、2018年には日本最大級の若手料理人のコンテスト「RED U-35」で567名の中からファイナリストに選ばれゴールドエッグを獲得します。

/data/blog/archive/original/47265.jpg

/data/blog/archive/original/47268.jpg

確かな技術が認められ、輝かしい受賞を重ねる川嶋さんの頭から離れないものがありました。
それは、故郷能登の事です。
関西でみた一流の食材よりも優れた食材、都会では絶対に食べられない食材が能登にはあります。
しかし非常に価値のある原石であるにも関わらず、それらの食材が埋もれてしまい廃棄されているという現状があります。
なぜなら、作り手も消費者もその食材の良さを知らないからです。
もしその美味しさを知ってもらえたら、廃棄されることも減り、供給者である漁業者や農業者の収入増加にも貢献できるのではないか。
そんな想いが川嶋さんを帰郷の道へと導きました。

/data/blog/archive/original/47267.jpg

川嶋さんの夢は、能登を「小さな世界都市」にしたいというものです。
全国にもいい食材がありますが、能登には山の幸、海の幸が本当に揃っています。
足を運んでいただき、素材を生かした料理を楽しんで頂くことで、能登の魅力を多くの方に発信したいと考えています。
その為に、「一本杉 川嶋」を立ち上げることにしました。

本ファンドでは、この川嶋さんの挑戦を支援してくださる方を募っています。
一口金額10,500円の出資に対して、「一本杉 川嶋」でご利用可能なお食事券10,000円分をお届けいたします。
何よりも、お店に足を運んで頂き実際に料理を味わって頂きたい、そして能登の良さを全国の方に知っていただきたいと思っています。

/data/blog/archive/original/47266.jpg

【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/5407

一口金額 10,500円    
募集総額 2,500,000円
事業者名 川嶋亨    
参加人数 98人
地域   石川県 七尾市    
募集期間 2019年8月1日~2020年2月29日    
特典
1口につき、「一本杉 川嶋」でご利用可能なお食事券(10,000円相当)をお届けいたします。
お食事券のご提供は、5,000円分ずつ年1回、合計2回になります。
お届け方法・時期については別途ご案内致します。

【ファンドのお申し込みはこちら】
www.securite.jp/fund/order/step1?f_id=5407   

この記事だけを表示

ファンドについて2019年11月5日 18:45

「ファイターズ絵本寄贈プロジェクト」募集延長のお知らせ

皆さま、こんにちは。
2023年に北海道北広島市に開業予定の「ボールパーク」。
新球場を核とした様々なレジャー施設やショッピング施設などをかけ合わせた複合エリアが誕生します。
北広島市では、市民の皆さまや全国の方にこのボールパークに愛着を持って頂きたいという想いから、「北海道日本ハムファイターズ選手会」が作成した絵本を皆さまからの寄付金で購入し、北海道北広島市内の幼稚園、保育園など22施設に寄贈します。
まだ見ぬ新たなボールパークと繋がる第一歩に、是非ご参加ください。
寄付への返礼品の一つとして、本プロジェクト特製のTシャツもご用意しております。 
以下の3つの窓口から参加できます。

セキュリテ寄付 
https://ballpark.city/project/detail/526

ボールパークシティ北海道共同創造プラットフォーム 
https://ballpark.city/about
 
MOTTAINAI もっと 
https://mottainai-motto.jp/project/detail/565

/data/blog/archive/original/47245.jpg
 
募集期間を11月22日まで延長して、皆さまからのご参加をお待ちしております。
 

この記事だけを表示

ファンドについて2019年10月31日 18:40

本とりんごと美食

皆さま、こんにちは。
今年は紅葉の色づきが遅れているようですが、標高の高い山に囲まれた長野県では、そろそろ見頃を迎えようとしています。
今日は、そんな長野県松本市の浅間温泉で、ある老舗旅館を再生しようとする事業をご紹介します。

/data/blog/archive/original/47183.jpg
 
記録に残っているだけでも335年の月日を浅間温泉で重ねてきた老舗旅館「小柳」。
昔は、地域の寄り合いの場として使用されていたという「地域の核」として、重要な機能を担ってきた場所です。
しかし、旅館不況の波に抗うことができず再生が必要な状況となり、近年は街の歴史と旅館の歴史を繋いでくれる人を探してきました。
そこで出会ったのが、雑誌「自遊人」や旅館「里山十帖」を経営する岩佐氏です。

/data/blog/archive/original/47182.jpg 

岩佐氏は、この歴史の深い「小柳」をただ再生させるのではなく、再び「地域の核」として蘇らせることを目的とし、旅館事業だけでなく、書店、飲食店、りんご酒の醸造などの事業を展開しようとしています。
その中身の一部を、一足早くご紹介します。
 
/data/blog/archive/original/47179.jpg

客室の一例です。
各部屋に温泉の露天風呂がつく仕様で、「小柳」の建物の記憶を残しつつ、ゆったりと腰かけて本を読める空間を配置し、宿泊者限定のさまざまなサービスも提供する予定です。

/data/blog/archive/original/47177.jpg

現代の開智学校を目指す書店。
お客様には滞在時間のうちに、ふと手に取った本から未知に触れて頂ける環境をつくることにしました。
また、本館は日帰りの方や書店利用のみの方も受け入れますので、多くの方が気軽に来店できる環境となります。

/data/blog/archive/original/47178.jpg

地域の食材にこだわった美食。
地域食材の利用に徹底的にこだわり、良いものの味を消してしまわないように調味料にも科学的な添加物の入ったものは使用しません。
そうして生まれる料理は、派手ではありませんがじんわりと美味しいような味わいが特徴です。
また、チーズケーキやプリンなどスイーツの展開も予定しています。

/data/blog/archive/original/47181.jpg

長野県産の自然派のりんご酒。
信州のりんごを使用し、出来るだけ天然の環境に近い状態で醸造を行いたいと考えています。出来るだけ添加物を抑えた自然なりんご酒を目指します。

/data/blog/archive/original/47176.jpg

現在、これら「小柳」の改装にかかる費用を「松本 老舗旅館が挑む観光地再興ファンド」で、募集しています。すでに一部の改修は開始しています。
日本中に多くの温泉があるため「温泉」だけを押し出す発展は難しいかもしれませんが、観光、歴史、食事、温泉、読書、芸術、と魅力を複数作り出すことで、またたくさんの観光客を呼ぶことができると考えています。
最終的な目的は、「小柳」だけで完結させず、浅間温泉、松本市全体への還元と再生です。
この大きな事業であり挑戦を、一緒に見守ってくださると幸いです。

【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/5426

/data/blog/archive/original/47180.jpg 

一口金額 21,000円    
募集総額 5,000,000円
事業者名 株式会社小柳    
参加人数 66人
地域   長野県 松本市 浅間温泉    
募集期間 2019年8月1日~2020年1月31日    
シリーズ 信州・松本 応援ファンド
特典
1口につき、会計期間中に小柳の飲食店等で使用できる利用券※(税込)4,000円相当を贈呈します。
こだわりのお食事やスイーツを、是非お召し上がりください。

【ファンドのお申し込みはこちら】
www.securite.jp/fund/order/step1?f_id=5426 

この記事だけを表示

ファンドについて2019年10月25日 10:30

米鶴酒造 投資家限定イベント開催のご報告

セキュリテ会員の皆様

平素は大変お世話になっております。
ミュージックセキュリティーズ株式会社にてファンドの組成営業を行っております、佐々木と申します。

この度は先週10月17日木曜日に弊社会議室で行いました米鶴酒造株式会社様と投資家の皆様との交流会の模様を共有させていただきます。

おかげさまで10名前後と少人数ではございますが、活気のあるイベントとなりました。

 /data/blog/archive/original/47101.jpg

まず今回このようなイベントを開催させていただきました経緯からお話をさせていただきます。

ちょうど1年ほど前に私が米鶴酒造の代表である梅津様と2019ファンドの設計をお話していた内容が元となりました。

梅津様が仰っていたこととしては「セキュリテをせっかく何回か活用しているのでもっと投資家との相互のコミュニケーションを増やしたい」。

そのお話を聞いた私はただファンドを組成するのではなく、どのようなことをすれば米鶴酒造の皆様と投資家の皆様に喜んでいただけるかを考えて

既存ファンド(米鶴酒造 高畠酒米ファンド2019)の運用状況の報告も兼ねたイベントの企画による相互交流ということを考え、提案をしました。

https://www.securite.jp/fund/detail/4885

無事2019ファンドは満額調達が完了し、運用開始をしました。

そして会計期間が半年とちょうど半分を経過したタイミングでイベントを開催するために1か月前程度から調整をし、当日に至りました。

当日の構成は大きく2部に分かれます。

まず第1部では改めて米鶴酒造代表の梅津様より会社について30分程度ご説明をいただきました。


 /data/blog/archive/original/47097.jpg


/data/blog/archive/original/47098.jpg
 

説明をいただく間にも投資家の皆様から質問が出るなど皆様やはり酒造りに関して非常に関心を持っていらっしゃいました。


第2部では投資家の皆様との交流会としてファンド対象事業のお酒を中心にご準備いただき、自由に交流をしていただきました。

中心の話題は酒造りに対するこだわりや、業界の動向、日本酒の海外輸出に関してなど幅広く、時にはマニアックな質問も飛び交いました。

予定では2部は1時間程度が1時間30分程度と投資家の皆様からの質問が全く止まらず非常に盛り上がりのあるイベントとなりました。

/data/blog/archive/original/47099.jpg

/data/blog/archive/original/47100.jpg

/data/blog/archive/original/47096.jpg

最後に新たに募集した2020ファンドの告知と参加いただいた皆様へファンド対象事業の日本酒4合瓶1本をプレゼントし、締めとさせていただきました。

弊社としては直接投資家様の声をお聞きしてどのようなことに関心があるのか、事業者様にとっても投資家の皆様声を聞いて投資家兼消費者の方がどのようなことに関心があるかを知るきっかけになるなど学びの多いイベントとなりました。

米鶴酒造 高畠酒米ファンド2020は25日現在まだ募集中です。
是非下記のリンクをご参照ください。
https://www.securite.jp/fund/detail/5587

今後とも同じようなイベントは是非前向きに検討したいと考えております。

引き続き皆様のご支援の程何卒よろしくお願い申し上げます。
 

この記事だけを表示

ファンドについて2019年10月24日 19:04

キッチンカーで届ける美味しさ

皆さま、こんにちは。
さわやかな秋晴れの下、外でランチを楽しむ人の姿も多く見受けられるようになりました。
オフィスビルの前に所狭しと並んだキッチンカーからは食欲をそそる美味しそうな匂いが漂ってきます。
近年、食フェスや商業施設の路面スペースなど出店場所も増えているキッチンカーですが、今日はそんな移動販売市場に参入し、キッチンカーで自慢のうどんを届ける埼玉の事業者さまをご紹介します。

/data/blog/archive/original/47089.jpg

「自宅でも専門店に負けない、おいしい麺を」をモットーに、60年にわたり製麺業を営んできた株式会社岩崎食品工業。
同社の一番人気の商品である「肉汁うどん」は、東京と埼玉をまたぐ武蔵野うどんの代表的な食べ方の一つで、水でしめた麺を、肉とねぎが入った温かいつゆにつけて食べるうどんです。
普段はスーパー・生協等への卸販売をしていますが、今後はキッチンカーで作った出来立ての肉汁うどんを提供し、埼玉名物として広く皆さまへお届けしたいと考えています。

/data/blog/archive/original/47092.jpg

実際に同社のうどんを食べてみると、麺を噛んだ瞬間、そのコシに驚きます。
手打ちの麺は口当たりが滑らかで、適度に柔らかく、弾力と粘りがありますが、60年のうどん作りのノウハウを詰め込み、その食感を再現した麺を家庭に届けています。
麺をつけるつゆは、埼玉県の弓削多醤油を使用しており、肉の旨みが濃厚で、例えるなら具材のうまみが染み出たすき焼きのたれのようです。
煮込まれたネギ・豚肉の旨みと、コシがあるもちもち麺の噛み応えが口の中で合わさって抜群のおいしさです。
 
/data/blog/archive/original/47091.jpg
(キッチンカーイメージ)

まだ、地元の人以外はその名前をしらない方も多い「肉汁うどん」ですが、今後もっと広くその美味しさを知って頂くために、キッチンカーでの販売を始めます。
そのために、「埼玉名物 肉汁うどんファンド」で皆さまからの資金を募集しています。
埼玉県内を中心に提供されている肉汁うどんを、ゆくゆくはこのキッチンカーを活用して、県外の方にもお届けし、埼玉県の新たな名物を作ります。
ご出資頂いた方への特典として、肉汁うどんをご自宅にお届けしますので、是非こだわりの麺を味わってみてください。

【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/5260

/data/blog/archive/original/47090.jpg

一口金額 21,000円    
募集総額 15,000,000円
事業者名 株式会社岩崎食品工業    
参加人数 211人
地域   埼玉県 蓮田市    
特典      
1口につき、肉汁うどん4人前とキッチンカーで使用できる肉汁うどん1杯無料券(合計で送料・税込3,000円相当)を2020年1月を目安に送付致します。
*キッチンカーは主に下記の住所で平日のランチ時に稼働する予定です。
埼玉県蓮田市大字閏戸280番地

【ファンドのお申込みはこちら】
www.securite.jp/fund/order/step1?f_id=5260

━━━━━━━━━━━━━━━━━
本ファンドの注目ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇はじめまして岩崎食品工業です
https://www.securite.jp/fund/detail/5260?a=1
  

この記事だけを表示

ファンドについて2019年10月17日 18:55

優れた研究・開発を、実用化へ

先日、旭化成名誉フェローの吉野彰氏(71)らが、リチウムイオン電池の開発でノーベル化学賞を受賞しました。
このニュースを受け日本の「研究」というものへ関心が寄せられる今、
研究の成果を形にする取り組みを後押しするファンドをご紹介します。

/data/blog/archive/original/47024.jpg


京都大学医学研究科の研究成果を事業化するために設立された京ダイアグノスティクス株式会社は、
日本国内で罹患者数が最も多い大腸がんに対し、患者個々に合った投薬等
 「個別化医療」を実現するための医療サービス開発を進めています。 
罹患者より摘出された大腸がん組織から、独自技術を用いて高精度にがん幹細胞を培養し、
抗がん剤の効果判定や転移・再発可能性の検査を行います。
そうすることで、患者が的確な治療を受けることが可能となります。
本プロジェクトの研究内容について、創業科学者の武藤先生にお話を伺いましたのでご覧ください。

 

現在の抗がん剤治療には課題があります。
抗がん剤には多くの種類があり、外科手術等によって摘出・採取したがん細胞を病理検査し、
一定のガイドラインに従って薬を選定しています。
ところが、現状のガイドラインに沿った診断では、
患者個人のがん細胞に対して個別に抗がん剤の効果判定を行うことは困難です。

効果が見られなかった場合は抗がん剤を変更して再度投薬を行い、
効果の高い薬を見つけなければなりません。
有効な抗がん剤を見付けるまで何度も投薬を行うことは、
患者にとって身心への負担だけでなく医療費の負担に繋がります。

/data/blog/archive/original/47026.jpg

特に「大腸がん」は日本で罹患者数が多いためは、
患者ひとりひとりに有効な抗がん剤をあらかじめ選定して投薬を行う
「個別化医療」の実現が求められています。
そのために、本ファンドで事業化するまでにかかる実験・資材費用を募集しています。
現在200人以上の方にご支援を頂いていますが、募集期間の11月30日までに、
一人でも多くの方からの資金を、研究開発の場に届けたいと思っています。
患者一人一人、より有効な抗がん剤を選定する個別化医療の実現のために、
皆さまからの後押しが必要です。 

【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/5257

/data/blog/archive/original/47025.jpg

一口金額    31,500円    
募集総額    30,000,000円
事業者名    京ダイアグノスティクス株式会社    
参加人数    208人
地域      京都府    
募集期間    2019年5月30日~2019年11月30日    
シリーズ    セキュリテACADEMIA
特典      
お申込み頂いた全ての方へ、最新のがん治療動向についてのWEB講義を配信致します。
50口以上お申込みの方へは上記に加え、京大内ラボの見学及び武藤誠教授との研究に関する対話を行わせて頂きます。
※特典の詳細につきましては、会計期間中、別途ご連絡いたします。
※いずれの特典も口数による特典実施回数の変動はございません。

【ファンドのお申し込みはこちら】
http://www.securite.jp/fund/order/step1?f_id=5257

━━━━━━━━━━━━━━━━━
本ファンドの注目ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇日本癌学会学術総会@京都
https://www.securite.jp/fund/detail/5257?a=14

この記事だけを表示

ファンドについて2019年10月10日 19:51

兵庫食材のテーマパーク誕生

皆さま、こんにちは。
すっかり秋めいてきた今日この頃ですが、
今回は、そんな食欲の秋にぴったりのスポットをご紹介します。
 
/data/blog/archive/original/46927.jpg

日本の中でおいしいものを食べに出かけようと思えば候補にあがる地域は沢山ありますが、
その中でも外せないのが兵庫県ではないでしょうか?
兵庫県は、但馬、播磨、摂津、丹波、淡路の五国から出来ていますが、
それぞれの地域にはそこでしか食べられないものがたくさんあり、
ひとくくりで「兵庫」とは表せない海の幸、山の幸にあふれています。

「神戸牛」や「明石鯛」、日本海・播磨灘・明石海峡から届く鮮魚、灘五郷を代表とする県内各地の風土を醸す日本酒など、
ブランド食材からソウルフードまで美味しいものでいっぱいです。

そんな兵庫の食材を一堂に集め一度に味わうことができる「兵庫食材のテーマパーク」が、神戸三宮駅前に誕生しました。

 /data/blog/archive/original/46928.jpg

『ひょうご五国ワールド 神戸三宮横丁』は、兵庫が誇る名店の逸品や特産品を集め、屋台のような形式で提供していく、
昭和レトロ感満載の居酒屋です。

一つの場所に兵庫五国それぞれの特色を活かした18のブースを配置し、
お客様は各ブースを自由に行き来することが出来ます。
また、座席だけではなく店頭でも注文が可能な運営システムを構築することで、
日本文化の特徴とも言える横丁スタイルを体感出来るようになっています。

このようなスタイルを採用したのには、ある理由があります。

「ひょうご五国ワールド 神戸三宮横丁」は、農林水産分野や食品加工分野など、
多岐に渡る生産者との取引があり、また今後も増えていく予定です。
しかし、各生産者は必ずしも交流、接点があるわけではなく、むしろない場合の方が多いのが現状です。

そこで、この場所がコミュニケーションの拠点として機能することで、新たな出会いや価値を生み出し、
兵庫の地域活性化につなげたいという想いがあるのです。



『ひょうご五国ワールド 神戸三宮横丁』を応援するファンドは、
出来るだけ多くの方に参加して頂きたいという想いから、一口金額が5400円となっています。
そして実際にお店に足を運んでいただき、兵庫五国の味だけでなく生産者の想いや活気を感じていただきたい。
そんな気持ちから、本ファンドの特典として「ひょうご五国ワールド 神戸三宮横丁」の
お食事券5,000円分をご用意しました。
出資者以外の方のご利用も可能ですので、お誘いあわせの上お出かけください。
 
飲食店としてだけではなく観光地として、多くの方に愛される場所へと成長していく時間を一緒に見届けてみませんか。

【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/5489

/data/blog/archive/original/46929.jpg
 
一口金額    5,400円  
募集総額    5,000,000円
事業者名    株式会社ワールド・ワン 
参加人数    163人
地域      兵庫県 神戸市  
募集期間    2019年9月19日~2020年9月30日
特典      
・1口につき、新店舗のお食事券5,000円分を送付
・投資家限定イベント開催
(※キラリひょうごファンド事業者とのコラボ企画など予定)
 
【ファンドのお申込はこちら】
https://www.securite.jp/fund/order/step1?f_id=5489
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
本ファンドの注目ニュース
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◇オープンしました
https://www.securite.jp/fund/detail/5489?a=2
 
◇特集ワールドマガジン9月/10月号
https://www.securite.jp/fund/detail/5489?a=8
 

 

この記事だけを表示

ファンドについて2019年10月3日 18:50

柚子の大馬鹿18年

皆さま、こんにちは。
今日は、あと2日で募集が締切りになる「本田農園 自生無農薬ゆずファンド」をご紹介します。
これが本ファンドの最後のご紹介になろうかと思いますので、是非、最後まで目を通していただければと思います。
  
 /data/blog/archive/original/46877.jpg
  
「有限会社 本田農園」は、熊本県山都町柚木(ゆのき)の豊かな土地を生かし、無農薬にこだわった柚子の栽培、さらに自家製の柚子を使った無添加製品を手作りしています。
2016年の熊本地震で、加工所の生命線とも言える冷蔵庫・冷凍庫が損壊するなど大きな被害をうけましたが、柚子の生産を諦めることはありませんでした。
無農薬・無添加にこだわり続けた40年の歴史を守り、ひとりでも多くの方に本田農園のこだわりの柚子を味わっていただくため再起したのです。
 
 /data/blog/archive/original/46876.jpg
 
本ファンドは「セキュリテ熊本地震被災地応援ファンド」の1つで、お申込金額の半分が寄付となります。
それでもこの受付期間中に多くの方からのご支援を頂き、ファンドが成立する500万円を調達することができました。
あとは残り2日をかけて、1口でも多く皆さまからの資金をお届けしたいと思っています。
 

(上の画像をクリック頂くと、熊本地震被災地応援ファンドセミナー時の動画をご覧頂けます)
  
本田農園の本田社長も、熊本地震被災地応援ファンドセミナーの折には熊本から上京頂き、参加者の皆さまへ感謝の気持ちと事業の進捗や展望を丁寧にお話しされてきました。
そしてセミナーに参加された皆さまからは、そんな本田農園への温かいメッセージが多く寄せられています。今日はその一部をここにご紹介させていただきます。
 
◇ゆず、大好きです。美味しいゆず育ててくれて、ありがとうございます。
◇自然災害からの復興と、無農薬での生産を応援しています。
◇おいしい柚子を作ってください
◇がんばってください。応援しています。
◇ファンドセミナーでのお話しを伺い、無農薬・自然を大事にする姿勢に感銘を受けました。
◇些少ですが応援に。
◇本当に微力ながら応援しています
◇期待しております。体に気を付けて頑張ってください!
◇無農薬にこだわったゆず製品楽しみにしています。頑張ってください。
◇ゆず大好き人間としては応援しない訳にいきません
◇熊本が震災を乗り越えて、より盛り上がっていくよう応援しています
◇セキュリテニュースの続きを読んでみたい
◇僅かですが、応援させて頂きます。
◇無農薬柚子、大変だとは思いますが、頑張ってください。
◇ゆず、いいですね。大好きです。応援させてください。
◇熊本でお会いして直接お話を伺えてよかったです。応援しています。
◇今後のご発展を期待しています。
◇応援させて頂きます。頑張って下さい。
◇柚子好きです。ゆずみつを試してみたいと思いました。
◇応援しています!お体大切に進んでください。
◇天然ゆずを活かした商品づくりに期待しています
◇事業の成果品を楽しみにしています。
◇柚子、大好きです。震災で大変だったかと思いますが、応援しています!
◇ユズの香り大好き 頑張ってください
 
「モモ、クリ3年、カキ8年、柚子の大馬鹿18年」と言われるように、柚子を育てるには長い長い年月と労力を要します。 中には二十年以上経っても実をつけないものも何本かあるそうですが、そんな柚子を本田農園では我が子のように愛情をもって育て続けています。
 
熊本から届く柚子の香りが、この先何十年、何百年と絶えることのありませんように。

【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/4402
  
 /data/blog/archive/original/46878.jpg
  
一口金額:10,800円
募集総額:8,000,000円
事業者名:有限会社本田農園
参加人数:193人
地域:熊本県 上益城郡
募集期間:2018年3月30日~2019年10月5日   
シリーズ:セキュリテ熊本地震被災地応援ファンド
特典:
1口につき、本田農園特製の柚子商品セット2,000円相当(送料・税込)を会計期間中に1回お届けします。

【ファンドのお申込はこちら】
https://www.securite.jp/fund/order/step1?f_id=4402 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
本ファンドの注目ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◇自社ホームページをリニューアルいたしました
https://www.securite.jp/fund/detail/4402?a=21
 
◇近況報告
https://www.securite.jp/fund/detail/4402?a=24

この記事だけを表示

ファンドについて2019年9月27日 10:21

ぶどうの力でワインをつくる

山梨県は、誰もが知る日本屈指のぶどうの産地です。
この季節になると、ぶどう農園が競うように「ぶどう狩り」の旗をあげる中、自社畑のぶどうでワイン造りをする小さなワイナリーがあります。
その名は「カンティーナ・ヒロ」といい、「最善を尽くせ、そして一流であれ」をモットーに、ぶどう栽培・ワイン醸造に取り組んでいます。
 

 
「カンティーナ・ヒロ」では、日本では栽培が難しいとされるイタリア品種のぶどうを使ったワイン醸造に挑戦しています。ここ牧丘(まきおか)の地は南斜面で日当たりが良く、夜と昼の寒暖差が大きい上に、良質な微生物を含んだ土壌に恵まれているため、イタリア品種のぶどうでも栽培ができる条件がそろっているのです。
ワインの王様と呼ばれるイタリア「バローロ」の原料ぶどうとしても有名なネッビオーロを使用した「H-acca」も、ここだからこそ出来たワインの一つです。
 

 
「カンティーナ・ヒロ」のワインの特徴は、無補糖・無補酸といって、甘みも酸味も一切加えないことです。あくまでも、ぶどう本来の旨みを生かすことにこだわり、手間暇を惜しまず、ぶどうを造っています。
 
代表の広瀬氏は、「例えばワインを飲んでいただいて目を瞑っていただくと、ワインからこんな土地でできてるんだなって想像ができるような。
牧丘という土地、真正面には富士山があり、テラスの下にはブドウ園が連なってるという、これを感じていただけるようなワインを作って、そのワインを飲んでいただいたら、此処へ行ってみたいなと思うような、ワインを作りたいと思ってます。」と言います。
 
ぶどう造り、ワイン醸造への想いを動画にまとめましたので、ご覧ください。
 
 
 
「カンティーナ・ヒロ」は、オープンしてから1年5ヶ月ぐらいしか経っていません。ぶどうの栽培量・ワインの製造量を増やす過程に入っていますが、現在導入されている設備では、商品の多様化に対応できていません。また、ワインを増産するためには、苗や栽培を行う「棚」を増やす必要があります。
これらワインの増産にかかる費用を「山梨 ぶどうの旨味を生かすワインファンド」で募集させて頂きます。

【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/5447
 
 
 

一口金額:52,500円   
募集総額:26,650,000円
事業者名:株式会社Cantina Hiro   
参加人数:289人
地域:山梨県 山梨市   
募集期間:2019年8月15日~2020年2月29日   
特典:
1口につき、イタリア品種の人気のワイン2本(送料・税込10,000円相当)を会計期間中に1回送付致します。
・赤ワイン ネッビオーロ(自社栽培100%のイタリア品種)
・白ワイン トレッビアーノ(自社栽培100%のイタリア品種)

【ファンドのお申込はこちら】
https://www.securite.jp/fund/order/step1?f_id=5447
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
本ファンドの注目ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◇牧丘のご紹介
 https://www.securite.jp/fund/detail/5447?a=4

◇当農園のぶどう作りへのこだわり−肥料・土壌
 https://www.securite.jp/fund/detail/5447?a=5

◇ミニボトルワイン
 https://www.securite.jp/fund/detail/5447?a=8

◇商品紹介 H(ACCA)
 https://www.securite.jp/fund/detail/5447?a=12

◇商品説明(felicissimoシリーズ)
 https://www.securite.jp/fund/detail/5447?a=14
 

 
 

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス