セキュリテからのお知らせ ファンドについて

ファンドについて 2020年4月2日 18:51

日本と繋ぐ ハンガリーワインファンド

皆さま、ハンガリーという国にどんなイメージをお持ちでしょうか。

フォアグラ、八チミツ、チョコレートなど、
ヨーロッパの中で美食王国としても知られるハンガリーですが、
その美食王国がもっとも誇るのが「トカイワイン」です。

世界三大貴腐(きふ)ワインと評されるこの「トカイワイン」は、
ハンガリー東部のトカイ村とその周辺でしか作られていません。

今日は、その貴重なトカイワインを日本に輸入し、
皆さまにお届けするファンド「日本と繋ぐ ハンガリーワインファンド」をご紹介します。

/data/blog/archive/original/49161.jpg

株式会社La Barat(ラボラ)は世界三大貴腐(きふ)ワインの1つである、
トカイワインをはじめとしたハンガリーワインの輸入販売事業を始めます。

代表の飯塚さんは、
実際に訪れたハンガリーで出会ったトカイワインについて次のように語っています。

『特に高級なトカイワインは香りも味も蜜なのです。
その香りと味は、ぶどうの甘みを凝縮させる貴腐菌の作用によるものですが、
不思議なくらいに蜜そのものなのです。

グラスを揺らしながら、そのふくよかな蜜の香りを感じ、
時々口に含んで甘みを感じていると、うっとりとしてきて
「いつまでもこの時間が続いてほしい」と思いました。』

飯塚さんは、日本に帰ってからもトカイワインの蜜そのものの香りと味わいが忘れられず、
「トカイワインを輸入できないものか...」との思いを強く抱くようになります。

そして、酒類輸入販売業者の試飲会に参加する機会を得て、
高級トカイワインを口にして確信します。

「もし、これをリーズナブルな価格で仕入れられたら、日本でも受け入れられる」と。

/data/blog/archive/original/49160.jpg
▲シャトークロシュトカイソモロドニ2014年

飯塚さんは、現地で強力な協力者を得ます。

ブダペストの中心部にあるワイン店
Champion Wine(チャンピオンワイン)を持つWinexportさんです。

トカイ地区にワイナリーも持ち、ヨーロッパのコンテストで高い評価を得ています。

オーナーのKiss Szilard氏はトカイ近くの村出身ですが、トカイワインに惚れ込み、
ワイナリーを購入して自らトカイワインを手掛け、
日々よりおいしいトカイワインを目指して精進されています。

Kiss氏はワイナリーのオーナーでもあることから、
他のワイナリーとのつながりも強く、ハンガリーのほとんどのワインを扱えます。

飯塚さんは、その繋がりを活かして、日本の方にあうワインを選んで取扱量を増やし、
輸送コストの低減を図りながら、リーズナブルなハンガリーのワインを
なるべくリーズナブルな価格で提供したいと考えています。

/data/blog/archive/original/49163.jpg
▲オーナーのKiss Szilard氏

「トカイワインは知っているが、なかなか扱う機会がない。」

そういった飲食業界の方に試飲会を通じて知ってもらい、
その飲食店を通じて一般の人にも知ってもらいたい。
ただ、すぐにはルートを開拓できません。

資金力も十分でないため、資金回転と売り上げと利益が連動しない見込みですが、
3年あれば一定の量を確保して収益を上げることができます。

ファンドで集まった資金は事業の潤滑油となる仕入資金に使わせていただきます。

出資者の皆さまには、ハンガリーワインの素晴らしさを
事業の進行とともに分かち合っていただければ幸いです。

また、特典として、口数に応じたハンガリーワイン各種を
会計期間中に1回お届けする予定ですので、ぜひご賞味ください。

/data/blog/archive/original/49164.jpg

みなさま

はじめまして。
株式会社La Baratです。

このたび、
『日本と繋ぐ ハンガリーワインファンド』の募集を開始いたしました。

新型コロナウイルスが世界中に蔓延し、
東京五輪の延期が決まるなど、
暗雲立ち込める中ではありますが、
いつまでもウイルスの蔓延状況が続くわけではありません。
東京五輪も来年の開催に向けた準備が始まっています。

世界中で航空便の運航停止が続く中であり、
空輸コストの上昇が懸念されるところではありますが、
いつかは平時に戻ります。
その時に向け、自社サイトの作成作業など、
コロナウイルスが蔓延する中でもできること、
やらないといけないことに取り組んでいきます。
そして、なるべく早く輸入を始めたいと思っています。

感染爆発を防ぐための外出自粛生活が求められるなか、
ハンガリーワインの販売だけでなく、
ハンガリーの良さをお伝えすることで、
ささやかな楽しみを提供することができたら、
とても幸いに思います。

ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

株式会社 La Barat
代表 飯塚 隆志


【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/5809

/data/blog/archive/original/49162.jpg

一口    21,600円
募集総額  7,000,000円
事業者   株式会社La Barat
参加人数  120人
募集期間  2020年3月27日~2020年9月30日
分野    小売
特典    
ご出資いただいた口数に応じて、下記ワインを会計期間中に1回お届けします。
(※価格は送料・税込み)
      
1口:トカイソモロドニ 1本(4,000円相当)      
2口:赤ワイン 1本(7,000円相当)      
3口:トカイワイン6プット 1本(11,000円相当)      
4口:トカイワイン6プットとトカイソモロドニ 各1本 計2本(15,000円相当)      
5口:トカイワイン6プットと赤ワイン 各1本 計2本(18,000円相当)      
6口以上:
口数に応じて、上記1~5口の特典を組み合わせてお届けします。
個別にご連絡させていただき、ご希望を伺います。

【ファンドのお申し込みはこちら】
www.securite.jp/fund/order/step1?f_id=5809

この記事だけを表示

ファンドについて 2020年3月31日 18:35

半分購入・半分投資のクラフトビールファンド

皆さま、こんにちは。
今日は、先日募集を開始したビールファンドをご紹介します。

本ファンドは、半分購入、半分投資の仕組みを採用したファンドです。

購入分となるビールは、いずれも福島県田村市産のホップを使用しており、
1本あたり330mlを16本お届け致します。 

本ファンドの事業者さまであるホップジャパン株式会社で醸造するクラフトビールは、
香りがワインのようにとても華やかなのが特徴です。

なぜなら、地元の農家の方々がホップを手摘みして
1時間以内に製造工程に投入することができるからです。

福島ホップのビールをお愉しみ頂きつつ、
その事業の成功を一緒に見守ることが出来るファンドに、是非ご参加ください。

/data/blog/archive/original/49128.jpg
株式会社ホップジャパンは、
福島県田村市にてビールの香り付けの原料となるホップの栽培や、
地元のホップを使用したビールの販売を行っています。

代表の本間氏は仙台で電力会社に勤めていましたが、
東日本大震災をきっかけに人生について考えるようになったと言います。

「社会のためになること」、「本当に自分がやりたいこと」を改めて深く考えたとき、
過去に住んでいた事のあるシアトルで出会ったクラフトビールを思い出しました。

そして、日本の地域に合った独自のクラフトビールを作るため2015年にホップジャパンを立ち上げ、
ビール作りから始めるのではなくホップ作りから始めることを決めたのです。

/data/blog/archive/original/49130.jpg

そもそも福島県はかつて、ホップの一大生産地でした。

この地で、もう一度ホップ農業を復活させようと栽培地を探していたところ、
田村市から、震災後休眠状態となっていたアウトドア施設
「グリーンパーク都路(みやこじ)」を譲り受けます。

田村市は気候的にもホップ栽培に適した環境で良質なホップが育ちます。

国産でしかできない生ホップをふんだんに使用した
クラフトビールを作るのに最適な場所でした。

ここにブルワリーを造り、キャンプ場やアウトドア設備と連携して
クラフトビールを通じた様々な企画を実施し、
地域に人を呼び込みたいと考えています。

/data/blog/archive/original/49127.jpg
▲グリーンパーク都路

また、ホップそのものを販売することで、
国産ホップを使用するブルワリーを増やしたいとも考えています。

ホップジャパンでは契約しているホップ農家と
小規模ブルワリーや消費者を繋げるプラットフォームである
「J.HOPマーケット」を運用しており、一番小さなロットで200gから購入できます。

一般の方も購入できるので、家で飲むビールにホップで香りづけしてみる、
といった楽しみ方をされている方もいらっしゃるようです。

まだ取扱いは少ないですが、
国産フレッシュホップを広める取り組みとして今後も継続していきたいと思います。

/data/blog/archive/original/49129.jpg

本間氏が目指すジャパニーズクラフトビールの夢とは、
国産ホップの栽培やビールの製造販売にとどまらず、
ホップの栽培から残渣に至るまで資源を循環させ、
地域に雇用を生み出す産業に発展させることです。

本ファンドへお申込みを頂きますと、
1口のお申込み金額30,000円(取扱手数料抜)につき、
15,000円(取扱手数料抜)が出資金として、
15,000円がホップジャパンのビールとオリジナルグッズ
(価格で15,000円(税・送料込)相当)購入分として営業者へ支払われます。

出資金は、ビール醸造設備導入費用として大切に使用させていただきます。

【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/5750

/data/blog/archive/original/49126.jpg

一口    32,400円
募集総額  9,000,000円
事業者   株式会社ホップジャパン
参加人数  29人
募集期間  2020年3月26日~2021年3月31日
分野    食品製造、酒

【ファンドのお申し込みはこちら】
www.securite.jp/fund/order/step1?f_id=5750

この記事だけを表示

ファンドについて 2020年3月26日 18:35

伍八堂 しっとり煮干しファンド

皆さま、こんにちは。
今日は、株式会社伍八堂フードシステムの新商品
「そのまま食べられるしっとり煮干し」の製造を応援するファンドのご紹介です。

出資者特典として、この新商品「そのまま食べられるしっとり煮干し」セットや
伍八山椒堂商品詰め合わせをご用意しているほか、
4月15日までにお申込された方には、早期特典として
セキュリテストアの伍八山椒堂商品全てに使える1,000円割引優待を進呈します。

是非、この機会をお見逃しのないようご検討ください。

/data/blog/archive/original/49108.jpg

この新商品「そのまま食べられるしっとり煮干し」を開発しようと思ったのは、
取引先様から商品価格の高騰、温度帯の問題により
売上が減少傾向にあることを相談されたことがきっかけでした。

その問題を解決すべく常温保管で賞味期限の長い商品を企画している中で、
水揚げの安定している”煮干し”に着目し、商品化を進めることにしました。

煮干しを酢漬けにし、味付けをするところまでは、開発開始当初から実現が出来ました。

しかし、味は良いものの見た目の悪さ(焼け、頭折れなど)と、
手で持ち上げた時の”べたつき”などの改善点が見つかり、
それを解消するために大変な苦労と時間を要しました。

漬け込み時間の調整、加熱温度・時間の調整など試行錯誤を重ねて半年。

問題解決に至らなかっただけでなく、取引先様より”商品にならない”との
厳しいご意見を頂戴する場面もありました。

/data/blog/archive/original/49110.jpg

しかし、それでも諦めませんでした。

その後も”べたつき”を解消すべく、
酢の配合量やかくはん方法を変更したりと改善を重ねます。

そして、ついに商品の質を一変させることに成功し、
取引先様からも”おいしい”との評価を頂くことが出来たのです。

独自の製造方法の開発で、
素材の味を生かした見た目の良い商品の完成に至りました。

今回の商品は同業他社でも挑戦をされていますが、
他社の追随を許さない商品になったと確信しています。

/data/blog/archive/original/49109.jpg

伍八山椒堂の商品は、素材から吟味し、3
0年以上の経験を持つ職人が手仕事で作りあげています。

これまでに愛されてきている商品として、
「ちりめん山椒」、「朝倉山椒の鞍馬煮」、「朝倉山椒の青粉」などがあります。

どれも、ご飯のお供や、お茶漬けなど、
お料理の味を引き立てるアクセントとして最高の商品ですので、
出資者特典で是非ご賞味ください。

【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/5876

/data/blog/archive/original/49111.jpg

一口   21,600円
募集総額 16,700,000円
事業者  株式会社 伍八堂フードシステム
参加人数 94人
募集期間 2020年3月19日~2020年5月31日
分野   食品製造、酒
特典      
(1)1~2口の方、1口につき、「そのまま食べられるしっとり煮干し」シリーズの
  詰め合わせ1個 約1,800円相当(送料・税込み)を会計期間中に1回送付。
(2)3~4口の方、「そのまま食べられるしっとり煮干し」シリーズの詰め合わせ1個に加え、
  伍八山椒堂の製品詰め合わせ1個 合計約10,000円相当(送料・税込み)を
  会計期間中に1回送付。
(3)5口以上の方、「そのまま食べられるしっとり煮干し」シリーズの詰め合わせ1個に加え、
  伍八山椒堂の製品豪華詰め合わせ1個 合計約20,000円相当(送料・税込み)を
  会計期間中に1回送付。

【早期お申込の方だけに】
4月15日までにファンドお申込の方に早期特典として、
セキュリテストアの伍八山椒堂商品全てに使える1,000円割引優待を進呈

・専用の購入ページを、2020年7月末までにご案内する予定です。
・購入商品数、購入回数に制限はありません。会計期間中のみの優待となります。
・詰め合わせ3,000円~を各種ご用意する予定です。

【ファンドのお申し込みはこちら】
www.securite.jp/fund/order/step1?f_id=5876

この記事だけを表示

ファンドについて 2020年3月24日 18:35

いつか泊まってみたい宿

皆さま、こんにちは。
コロナショックで大きな影響を受けている観光業界ですが、
事業者さまは、その収束の時を期して着々と前へ進んでおられます。

今日ご紹介するファンドは、
各宿泊施設やその一部を体験できる特典が用意されています。

外出自粛ムードが解けたらどこへ行こうか?
そんな楽しい予定を立てながらファンドへの参加を検討されてみてはいかがでしょうか。


/data/blog/archive/original/49092.jpg
『南木曽 アドベンチャーツーリズムファンド』

本ファンドの事業者である株式会社MENEXが、
いま南木曽で展開しようとしているのが「アドベンチャーツーリズム」と呼ばれる、
新たな旅のスタイルです。

もともと、欧米で確立されたもので、
その定義は①アクティビティ②自然③異文化体験の3つの要素のうち
2つ以上を満たしている旅であることです。

ここから、「日本の田舎を探検する」というコンセプトができあがりました。

皆さまからお預かりした資金で、
アドベンチャーツーリズムを広げるための「レストラン施設」と
「体験ツアー用の施設」を建設します。

出資者特典として、これら施設を利用していただけるほか、
口数に応じて「Zenagi」にも宿泊して頂けます。

「Zenagi」は、 アメリカの旅行メディア「Unplugged Japan」や「Forbes」、
「ONE STORY」「BRUTUS」そして米国の高級ライフスタイル誌「Robb Report」では、
日本を変える3つのホテルとして紹介されています。

是非、皆さまにもアドベンチャーツーリズムの魅力を体験して頂きたいと思います。

【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/5256


/data/blog/archive/original/49090.jpg
『京都 家族と泊まれる京町家の宿ファンド』

株式会社立志社は、
京都府京都市で空き家となった京町家等を再活用し、
現在11の宿泊施設を経営しています。

本ファンドの対象事業は、
愛犬と宿泊できる新宿泊施設「ドッグフレンドリー大宮五条」の宿泊事業で、
施設となる京町家の内装工事代を募集します。

出資者特典として1口につき、
1泊素泊まり宿泊優待(最大3万円相当)を会計期間中に1回お使いいただけます。

泊まって頂ける宿泊施設は、
立志社が運営するすべての宿が対象で、
以下URLに宿一覧がございます。

どこも素敵な京町屋の宿となっていますので、
是非特典を利用してお出かけください。
【立志社 宿一覧】
http://www.risshisha-group.com/list/

【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/5789


/data/blog/archive/original/49091.jpg

『松本 老舗旅館が挑む観光地再興ファンド』

新潟の有名旅館である里山十帖や雑誌「自遊人」の編集者でもある、
株式会社自遊人の岩佐代表は、株式会社小柳を継承し、
長野県松本市浅間温泉にある老舗旅館「小柳」の再生に挑みます。

本事業は、ただ再生させるのではなく、
歴史の深い小柳を「地域の核として蘇らせる」ことを目的としており、
旅館事業の他に、書店、飲食店、ハードサイダー醸造(りんご酒)などの事業を行います。 

本ファンドは「小柳」の再生に必要な改装費用を募集するもので、
ご出資頂いた皆様には新装開店後の小柳にて使用できる館内利用券をお送り致します。

【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/5426
 

この記事だけを表示

ファンドについて 2020年3月19日 18:35

今だからこそ

皆さま、こんにちは。
本当ならどこかに出かけたくなる春休みですが、
今年は身動きがとれず辛抱の日々が続いています。

現在「セキュリテ」には、宿泊施設や観光施設を運営するファンドが5つありますが、
どの事業者さまもこの状況下で踏ん張っていらっしゃいます。

中でも、熊本地震で被災された「阿蘇地獄温泉 すずめの湯復興ファンド」と
「星降る至高の宿 南阿蘇ルナ天文台ファンド」においては復興の途の中にあり、
この新型コロナウイルスの影響は二重のハードルといえるでしょう。

しかし、止まってはいられません。前へ進む事業者さまの背中をおして頂けたら幸いです。


/data/blog/archive/original/49044.jpg
「阿蘇地獄温泉 すずめの湯復興ファンド」

3月18日午前9時に村道喜多垂玉線の開通が正式に発表されました。
熊本地震から4年あまりの歳月を経て、ようやく地獄温泉までの途が開けたのです。

そして、200年の歴史を未来へとつないでいくための青風荘も順調に工事が進められ、
より皆様に愛される温泉旅館として蘇ろうとしています。

インフラの遅れ、建設費の高騰、さらには新型コロナウイルス等、
再建に向けていくつものハードルを乗り越え、前だけを見て歩みを進めています。

【ファンドの詳細はこちら】


/data/blog/archive/original/49046.jpg
「星降る至高の宿 南阿蘇ルナ天文台ファンド」

新型コロナウイルス感染症の流行によりやむなく旅行を延期される方に、
キャンセル料なしで予約日の変更を受け付ける他、
お客様どうしが一切接触することのない完全個別案内の夜の貸切星空体験ツアーを実施するなど、
工夫をしながらこの状況を乗り切ろうとしています。

また、ひとグループのご案内が終わるたび、プラネタリウム、
天文台の観察機器等、徹底した洗浄と消毒を行っています。

そして、こんな時だからこそ、皆様のもとへ星の光を届けたい。

そんな想いから、不要不急の外出が制限される中、
南阿蘇にお越しになれない方のために、ネットを通して星の光を届けています。

事業者の皆さまも苦しい中、自分たちが出来る事を考えて、あらゆる取り組みをされています。
震災から時を経て、今なお、お互いに支えあうことが求められているような気がします。

◇ 新型コロナウイルス感染症に対する当館の取り組み

【ファンドの詳細はこちら】

 

この記事だけを表示

ファンドについて 2020年3月17日 18:35

逆風に立ち向かうスペインバル

これから春を迎える日本ですが、
今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止にむけた自粛ムードにより、
いつもとは違う町の様子が広がっています。

特に飲食業界にとっては大きな打撃となっており、
店の多くが経営難に陥っています。

今セキュリテでファンドを立ち上げている『BANDA(バンダ)』も、
大阪のグルメ激戦区で、今まさにこの逆境を持ち前の明るさと信念で乗り越えようとしています。

/data/blog/archive/original/49032.jpg

株式会社CPCは、『BANDA(バンダ)』をはじめとしたスペインバルを展開しています。

代表の平野氏は、スペイン料理に自分がまだ見たことのない世界が広がっているのではないかと考え、
地中海沿岸の都市・バルセロナのレストランでスペイン料理を一から学びました。

そこで見た本場スペインのバルは、日本のバル業態とは違い、
朝食からディナーまで特定のお客様だけではなく、幅広い方が日常的に利用するものでした。

そこに集まる様々な人々のコミュニティの核として機能する場所。

平野氏は、そんな店を日本で作るために、
毎日でも通えるリーズナブルな価格設定や入店しやすいカジュアルな雰囲気にこだわります。

/data/blog/archive/original/49034.jpg

現在、大阪の福島を拠点に4店舗を運営していますが、
どのお店も年齢を問わず幅広い世代の顧客でにぎわっています。

この非常事態においても、その明るい店内に集まる人々は絶えることなく、
コミュニティの核としての役割を果たしています。

CPCでは、外食産業の役割を食べ物や飲み物を提供するだけではない
「第3の居場所」として位置づけています。

人には、家庭、職場(学校)での責任や義務から解放される心のよりどころが必要で、
それは一人でひと休みする場所ではなく、気軽に立ち寄りコミュニティが存在する場所であることが理想です。

『BANDA(バンダ)』は、現在は少なくなってしまったそういう場所でありたいと考えています。

/data/blog/archive/original/49033.jpg

そして、この春、新たなお店が誕生します。

大阪都心の一等地「うめきた」の2期工事や新駅の完成を見据え、
大阪駅前のランドマーク、グランフロント大阪に新規出店します。

現在、CPC各店ではランチを行っていませんでしたが、
本場スペインのバルのような朝食からディナーまでの間口の広さを更に追求する為、
新店舗ではランチ提供に乗り出します。

平野氏がバルセロナ修業で身につけた本場のレシピで、
看板メニューのパエリアを主軸においたランチセットをお出しします。

この新店舗であるグランフロント大阪店を応援してくださる方には、
1口につき、CPCグループの各店舗ごとで利用できる食事券、合計25,000円分をお送りします。
是非特典を利用してお店を訪ねてみてください。

【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/5810​

/data/blog/archive/original/49031.jpg

一口   32,400円
募集総額 22,200,000円
事業者  株式会社CPC
参加人数 45人
募集期間 2020年2月27日~2021年2月28日
分野   飲食店
シリーズ セキュリテ大阪ファンズ 
特典
    
■1~9口ご出資の方
1口につき、CPCグループの各店舗ごとで利用できる食事券、
合計25,000円分(1店舗当たり5,000円×5店舗)を会計期間中に進呈いたします。
さらに全5店舗ご来店の方には、コンプリート賞として、
「グランフロント大阪店で利用可能な1年間ドリンク1杯無料券」
もしくは「特選スペインワインボトル1本無料券」を進呈いたします。

■10口ご出資の方
半年間CPCグループ全店にてワイン飲み放題券
(タパス1品付き・7種類の定番ワインから選べます)を進呈いたします。
※出資者ご本人かつ、会計期間中のみの利用に限らせていただきます。

■20口ご出資の方
1年間CPCグループ全店にてワイン飲み放題券
(タパス1品付き・7種類の定番ワインから選べます)を進呈いたします。
※出資者ご本人かつ、会計期間中のみの利用に限らせていただきます。

【ファンドのお申し込みはこちら】
www.securite.jp/fund/order/step1?f_id=5810
 

この記事だけを表示

ファンドについて 2020年3月10日 18:35

日本中のコーヒーをさらに美味しくストーリー豊かなものに

皆さま、こんにちは。
先週(3/2~3/6)の日本経済新聞夕刊及び電子版『人間発見』連載で、
丸山珈琲社長の丸山健太郎さんが紹介されました。

丸山珈琲は、セキュリテでファンドを運営する事業者さまです。

すでに記事を読まれた方もいらっしゃると思いますが、
ここにその内容を一部ご紹介させていただきます。

/data/blog/archive/original/48953.jpg

丸山珈琲(長野県軽井沢町)社長の丸山健太郎さん(52)が
世界的なコーヒーブームの主役「スペシャルティコーヒー」における
日本の先駆者の一人であることは、広く知られるところです。

しかし、その丸山社長の半生は決して平坦なものではありませんでした。

人間の内面に強く興味を持った小学生だった丸山社長がコーヒーに出会うまでには、
現実逃避から見出した気付きや矛盾、挫折もあれば、運命的な出会いもありました。

導かれるようにしてコーヒーの世界へと足を踏み入れた丸山社長は、
ある時、いかに技術を追究しても焙煎で作れる味は
焙煎機の性能でほぼ決まってしまうことに気づきます。

そして、本来大事なのは、普通に焙煎して、豆の特徴を引き出して、
おいしいコーヒーを淹(い)れることなんじゃないかと考えるようになりました。
そこから豆の品質に興味を持ち、海を渡ります。

/data/blog/archive/original/48951.jpg

初めて栽培の現場を見たのは、2002年のCOEの審査員に招かれたニカラグア。

訪問した小規模農園の中には、素晴らしい豆を作っているにもかかわらず、
その日暮らしをしている生産者もいました。

優れた生産者がなぜこんな生活をしているのかという不条理を感じ、
いい豆を作っている人にはいい値段を払い、そうでなければ一切買わないという正当な評価をして、
生産者との信頼関係を築いていきます。

/data/blog/archive/original/48954.jpg

2005年、セキュリテで第一号となる「丸山珈琲の厳選コーヒーファンド」を立ち上げます。

先払いで農園に支払いを行うことで、厳しい生産者の方の生活の安定化に貢献し、
それにより高品質のコーヒー豆の安定買付ができるようにするためです。

「コーヒーは場所によるわずかな気候の違いや、作り手の腕によって品質や味が変わります。
 優れた農園が失われないよう、買い手は支え続けなきゃいけない。
 そうしていい農園を押さえれば自分の競争力も高まる。コーヒーは資源戦争なんです。」
(3/2~3/6掲載 日本経済新聞夕刊及び電子版『人間発見』)

/data/blog/archive/original/48955.jpg

丸山社長がスペシャルティコーヒーの世界に身を投じて20年。
丸山珈琲の経営は変革期を迎えています。

「我が社も次のステップに進まなきゃいけない。
 年間の半分以上、海外を飛び回る僕の仕事の仕方も見直す時期かなと思い始めました。
 年商20億円の壁を越えるため、今後は生豆の卸売りを強化しようと思います。」
(3/2~3/6掲載 日本経済新聞夕刊及び電子版『人間発見』)

この丸山社長の言葉を後押しするためのファンドが
「丸山珈琲 生豆卸売強化ファンド」です。

日本中のコーヒーをさらに美味しくストーリー豊かなものにしていくために、
ご支援頂ければ幸いです。 

【ファンドの詳細はこちら

/data/blog/archive/original/48952.jpg

一口   32,400円
募集総額 80,100,000円
事業者  株式会社丸山珈琲
参加人数 269人
募集期間 2019年12月12日~2020年6月30日
分野食品 製造、酒
シリーズ 丸山珈琲
特典   
丸山珈琲倶楽部カード(1口につき3,000円分チャージ)を贈呈いたします。

【ファンドのお申し込みはこちら
 

この記事だけを表示

ファンドについて 2020年2月25日 18:35

京都 家族と泊まれる京町家の宿ファンド

皆さま、こんにちは。
今日は、先日募集を開始しました新ファンド
「京都 家族と泊まれる京町家の宿ファンド」のご紹介です。

本ファンドの事業者である株式会社立志社は、
京都府京都市で空き家となった京町家等を再活用し、現在11の宿泊施設を経営しています。

各自治体で課題となっている空き家による地域の安全面、治安面のほか、景観維持など、
諸問題の解決策のひとつとして期待される事業を行ってきました。

/data/blog/archive/original/48831.jpg

昨今の空き家問題は京町家も例外ではなく、理想的な解決策として、
建物を修繕しながら町に活気と利益、人を呼び寄せる魅力的な事業が求められています。

株式会社立志社は、京町家文化と伝統家屋の保全として日本の風情を大切にした宿泊事業を行いながら、
この深刻な問題の解決に取り組んでいます。

本ファンドでは、宿泊施設となる京町家の内装工事代を募集します。

/data/blog/archive/original/48833.png

特典として1口につき、1泊素泊まり宿泊優待(最大3万円相当)を
会計期間中に1回お使いいただけます。

ファンド詳細ページにて、
ご利用できる宿泊施設の写真もご覧いただけますので、是非ご検討ください。

【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/5789

/data/blog/archive/original/48832.jpg

一口   54,000円
募集総額 25,000,000円
事業者  株式会社立志社
参加人数 30人
募集期間 2020年2月20日~2020年8月31日
分野   観光・宿泊
特典
1口につき、京町屋でのご優待宿泊(1泊素泊まり、最大約3万円相当)を
会計期間中に提供します。 

【ファンドのお申し込みはこちら】
www.securite.jp/fund/order/step1?f_id=5789
 

この記事だけを表示

ファンドについて 2020年2月20日 18:35

顔の見えるお米

皆さま、こんにちは。
今日は、現在「セキュリテ」のTOPページで動画を公開している
『「おかわり」で熊本農家を応援お米ファンド』をご紹介します。

地元の農家へ米を作るための肥料、農薬等を販売し、米の作り方から加工、販売まで、
農家と共に歩む御船共栄株式会社の「これまで」と「これから」を知って頂けたらと思います。

 

熊本県上益城郡御船町にある御船共栄株式会社は、
明治18年より「米どころの老舗米問屋」として農家と消費者をつないできました。

しかし、2016年の熊本地震により、倉庫は全壊、
ライスセンターは半壊するなど多大な被害を受けました。
その年は工場が使用できる状況ではなく、仮設のテントでの作業が続きましたが、
仮設での事業継続にも膨大なお金がかかるため、グループ補助金なども得ながら、
なんとか工場を再建させました。

しかし、まだ被災からの復興の途中にあり、ようやくスタート地点に立ったところです。

/data/blog/archive/original/48803.jpg

御船共栄では、誰がどういう土地でどんな肥料を使って生産されたかわかる
「顔の見えるお米」にこだわり、地元、御船町や山都町を中心とした熊本県産米を送り出してきました。

また、合鴨米や塩栽培米などの特別栽培米の供給にも力を入れています。
中でも、化学肥料や農薬を県の栽培基準の半分以下しか使用しない
「くまモン塩栽培米」は、上益城の美味しいお米を多くの方に知っていただくために、
農家の方と共に生み出した商品です。

震災後は「くまモン塩栽培米」をきっかけに、催事にも積極的に参加し、
県内の様々なブランド米のPRに取り組んでいます。

/data/blog/archive/original/48805.jpg

そして、熊本県内の農家の方々と熊本のお米を全国に広めていくため、
事業の拡大を図るべく本ファンドを立ち上げました。

本ファンドは「セキュリテ熊本地震被災地応援ファンド」の1つで、
お申込金額の半分が寄付となります。
この3月いっぱいで2年にわたる募集受付を終了する予定となっていますので、
今一度事業へのご理解を頂ければ幸いです。
お米を適正な価格で販売することで、農家はより美味しいお米作りに専念することができ、
消費者にも美味しいお米を届けることができます。

御船共栄は農家と消費者の橋渡しの役割を担い、
何度も何度もおかわりしたくなるようなお米づくりを目指します。

【ファンドの詳細はこちら

一口   10,800円
募集総額 13,500,000円
事業者  御船共栄株式会社
参加人数 188人
募集期間 2018年3月29日~2020年3月31日
分野食品 製造、酒、農業・畜産・林業
シリーズ セキュリテ熊本地震被災地応援ファンド
特典
1口につき、本事業開始後に収穫される熊本産
「新米」2,000円相当(送料・税込み)をファンド期間中に1回送付。

【ファンドのお申し込みはこちら

 

この記事だけを表示

ファンドについて 2020年2月18日 18:35

2月募集終了ファンドのご案内

皆さま、こんにちは。
本日は今月で募集が終了となるファンドを2つご紹介します。

/data/blog/archive/original/48745.jpg
【名古屋 円頓寺「わざもん茶屋」ファンド】

本ファンドは名古屋円頓寺商店街にある「わざもん茶屋」を応援するものです。
売り切れ間近となっていますので、ご興味のある方はお早めにお申し込みください。

【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/4925

一口    21,000円
募集総額  6,000,000円
事業者   有限会社伏谷商店
参加人数  227人
募集期間  2019年3月8日~2020年2月29日
分野製造  ファッション・工芸、飲食店
シリーズ  いいね!あいち応援ファンド

【ファンドのお申し込みはこちら】
www.securite.jp/fund/order/step1?f_id=4925​


/data/blog/archive/original/48746.jpg
【いわて門崎丑牧場 門崎丑と遠野牛ファンド】

本ファンドは、半分出資・半分購入の仕組みとなっています。
1口のお申込み金額30,000円(取扱手数料抜)につき、15,000円(取扱手数料抜)が出資金として、
もう半分の15,000円は門崎丑牧場のお肉セット(卸価格で15,000円相当)購入分として事業者さまへ支払われます。
皆さまの元へは、複数回に分けてご希望のコースに合わせた15,000円分の和牛が届けられます。

◇事業者さまからのメッセージ
「今回、皆様にご出資頂いた資金を活用して遠野牛と門崎丑を輸出する事業と、工場の移転を行います。
 牛単位での輸出や、和牛弁当という形での輸出を行います。

 私たちは常日頃、私たちと関わった方が「良かった」と思って頂けるよう、仕事をしており、
 例えば金融機関であれば、貸して良かった、と資金的な面以外でも思って頂けるような仕事を心がけています。

 投資家の皆様にも「出資して良かった」と思って頂けるような関係性を築き、仕事をしたいと思っております。
 本ファンド事業をきっかけに、何気なく食卓に並ぶ牛肉や特別な日の和牛など、
 日常と密接な関係にある「牛肉」について、私たちの国の美食である和牛について、知って頂き、
 考えて頂けるようなきっかけとなれば幸いです。
 皆様の応援をどうぞ、宜しくお願い致します。」

【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/4798

一口    30,750円
募集総額  12,000,000円
事業者   いわて門崎丑牧場有限会社
参加人数  233人
募集期間  2019年6月13日~2020年2月29日
分野    農業・畜産・林業、飲食店

【ファンドのお申し込みはこちら】
www.securite.jp/fund/order/step1?f_id=4798

━━━━━━━━━━━━━━━━━
セキュリテからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇【募集締め切り間近】いわて門崎丑牧場の魅力について
 

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.