セキュリテニュース 2011年10月

被災地応援ファンド2011年10月31日 23:50

セキュリテ被災地応援ファンドマップ

「セキュリテ被災地応援ファンドマップ」を作成しました!

応援ファンドには、複数のファンドにご出資頂いている方が多くいますが、
皆様の「ファンドマップ」はどのようになっていますか?
改めて、地図上で、皆さんが出資しているファンドの位置を確認してみてください。

被災地応援ファンドでは、これまでに、北は、岩手県宮古市から、南は宮城県七ケ浜町まで、
19の事業者の方にご参加頂いています。
現在、これに加え、宮城県山元町や、
あまり被害の実態が知られていない北海道の沿岸部の事業者の他、
複数のファンドを準備中です。

皆様の「ファンドマップ」を、是非、今後もどんどん広げていって頂ければ幸いです。

※ ファンドに参加している事業者の、被災前の所在地を元にしていますので、
現在、事業を行なっている場所とは異なる場合があります。




より大きな地図で セキュリテ被災地応援ファンドマップ を表示

この記事だけを表示

被災地応援ファンド2011年10月31日 20:20

応援ファンドのチラシ(PDF)

被災地応援ファンドのフライヤーをPDFにしました。
是非、ご活用下さい。

市民ファンドチラシ

市民ファンドチラシ

(画像をクリックするとPDFが表示もしくはダウンロードされます。)

この記事だけを表示

被災地応援ファンド2011年10月30日 10:28

南三陸の福興市は本日です!

いよいよ本日、第7回福興市が南三陸町で開催されます。

既にファンド資金が集まり、事業も再開している
及善商店の笹かまやヤマウチの塩辛など、
南三陸町の業者や県内各地の物産テントも立ち並び、
町の復興を目指して元気に開催します。

他にも、北海道、青森、秋田、山形、山梨、長野、
石川、福井、兵庫、岐阜、岡山、島根、大分、鹿児島など
全国各地から選りすぐりの逸品が届きます!

福興市での売り上げの一部は、活動支援金として活用されます。
ご家族お揃いでご来場ください!

詳細はこちら:

また、「セキュリテ被災地応援ファンド」では、
南三陸町の被災企業の復興を応援しています。

震災によって壊滅的な打撃を受けた企業の早期の復興、
そして地域復興の実現のため、皆さまのご参加を心より、
お待ちしております。

【南三陸 伊藤サケファンド】
伊藤(株)は宮城では1番の水揚げである秋サケ、めかぶ、夏にはギンザケ、
タコなど、季節の水揚げの販売を通して、南三陸から美味しい水産物を
全国に届けています。
震災後は、最低限の設備から準備し、トラウト、秋鮭、タラなどの卸販売から
開始を行っていきます。

投資家特典:「秋鮭と生筋子の親子セット」等(3口以上から)
詳細・お申込:

【南三陸 マルセン食品ファンド】
マルセン食品は、昭和30年前半、蒲鉾造りの会社として創業しました。
近年は広く地域の食材を利用した水産加工品の販売を手掛け、
昨年には、店舗、加工場をリニューアルしたばかりでした。
震災後は、いち早く移動販売車を購入して、避難所や仮設住宅など、
地域の巡回販売から事業を再開。現在は、自社工場の再建に向け動いています。

投資家特典:揚げかまぼこ
詳細・お申込:


前回の福興市の様子はこちらから:

南三陸ファンド-市民ファンド
前回は「セキュリテ被災地応援ファンド」コーナーをつくり、「南三陸伊藤さけファンド」の伊藤さんについていただきました。

南三陸ファンド-市民ファンド
仙台から、「セキュリテ応援ファンド」でお世話に成っているNPOファイブブリッジの方にも、ファンドコーナーのご協力いただきました。

南三陸ファンド-市民ファンド
伊藤さんのお話に熱心に耳を傾ける参加者の皆さん

南三陸ファンド-市民ファンド
伊藤さん(左)の魅力を熱く紹介するファイブブリッジ・畠山さん(右)

南三陸ファンド-市民ファンド
ファイブブリッジの皆さん、大変お世話になりました!今後共宜しくお願いします。


セキュリテラジオ #032 復興は地域とともに

セキュリテラジオ 影山ブログ「商業の力」

被災地レポート

この記事だけを表示

被災地応援ファンド2011年10月28日 10:00

11/30 東京開催 セキュリテ被災地応援ファンド説明会 御菓子司木村屋などが参加

岩手県陸前高田市より「御菓子司木村屋」や陶磁器や和雑貨などを扱う「いわ井」、北海道より時知不鮭を扱う「ヤマジュウ」、農業の復興を目指す「さんいちファーム株式会社」や「山元町いちご農園株式会社」、三陸の四季折々の海の恵を活かして届けてきた「株式会社木村水産」、気仙沼で唯一の製麺会社「丸光食品株式会社、牡蠣の養殖と販売を行う「有限会社盛屋水産」など、「セキュリテ被災地応援ファンド」を通じて募る事業者の方にお越しいただきます。


経営者より直接、復興に懸ける思い、被災の状況、復興に向けた現在の動きをお話いただきます。

 

また、御菓子司木村屋の新製品(ネーミングも募集!)や、ヤマジュウのサケ、丸光食品のはっとなどをご試食いただけます。


無料となっておりますので、少しでも、ご関心をお待ちの方、お気軽にご参加ください。


皆さまのご参加を心よりお待ちしております。


【参加予定事業者(※五十音順。参加が確定次第、随時、更新いたします。)】

 

いわ井
http://www.i-wa-i.jp/


岩手県陸前高田市。

当店は文化年間(1804~1817年)に当地に飾り職(金属製のかんざし・帯留め・指輪など金具の細工をする職業。)として創業。


明治年間に酒造業、太平洋戦争中には酒販業に、昭和30年代からは陶磁器類を取扱品目に加えました。さらに平成に入り布製品、和雑貨を加え、現在は器・和雑貨・地酒「酔仙」が取扱品目の柱となっています。またここ数年は地元をはじめ全国の職人さん作家さんの作品も大きなウェイトを占めてきました。

 

 

 

 

大木代吉本店

 

 

福島県矢吹町。

慶応元年 初代大木代吉により酒造業を創業。全国新酒鑑評会金賞を幾度も受賞している銘醸蔵です。代表銘柄『自然郷』は、昭和48年に篤農家と出会い、造りだけでなく酒米も昔ながらのものにこだわりたいという想いから生まれました。

 

 

御菓子司木村屋
http://okashitsukasa-kimuraya.com/

 

岩手県陸前高田市。
昭和元年の創業以来85年、常に地域に根ざした地域密着型の経営を心がけてきました。主力商品は『気仙ゆべし』『雁月』です。津波により本店、支店、自宅のすべてが流出しました。現在は、市内に仮設の店舗・工場の建設を計画しております。

 

 

株式会社木村水産

 

宮城県石巻市。

石巻市十三浜で昭和50年創業。張るにはメカブ、夏には生うに、冬にはアワビと三陸の海の四季豊かな海の味を加工してきました。自然の素材を大切にして全国の市場や個人のお客様にお届けしております。

 

さんいちファーム株式会社

 

宮城県名取市。
株式会社さんいちファームは、これまで宮城県名取市でそれぞれ農業を行っていた、瀬戸誠一、瀬戸健一、平山一男の3人が震災からの復興を目指して立ち上げた企業です。


これまでは米や大根などを栽培しておりましたが、震災により農地に多大なダメージがあったため、今後は水耕栽培により、トマトやサンチュなどを生産し、外食チェーン店などへの販売を行っていきます。

 

 

丸光食品株式会社
http://www.marumitsu-foods.com/

宮城県気仙沼市。
今回、形あるものは全て失いましたが、永年培ってきた伝統と技、そして何より
地元をはじめ全国のお客様より頂いた信頼を未来への財産とし、
再びゼロからのスタートを切る決意をしました。


 

有限会社盛屋水産

http://moriyasuisan.blog.fc2.com/

宮城県気仙沼市。
盛屋水産は3代約100年に渡り、森と海の恵み豊かな宮城県気仙沼市唐桑地区の鮪立湾で牡蠣、帆立、わかめの養殖を営んできました。
自慢は手間ひま愛情かけた大きく弾力のあるぷりぷりの牡蠣です。

 

 

株式会社ヤマジュウ

http://www.hamanakamaru.co.jp/


北海道厚岸

北海道の東部「浜中町きりたっぷ」にて明治の末期より100年余り、鮭鱒 (さけます)を中心に漁業を営む「工藤漁業株式会社」の加工・販売会社として1992年8月7日に設立致しました。


北海道の漁師が北海道の海で命をかけて漁獲した水産物を、船主自ら厳選し、より旨い状態で、かつ正確な情報とともに、皆様にお届け致します。

 

 

山元いちご農園株式会社


宮城県亘理郡山元町。
山元いちご農園株式会社は、2011年3月11日に起きた東日本大震災後、3軒のいちご農家が集まり、株式会社という形態で2011年6月上旬に立ち上げた会社です。いちごはまだ青いうちに摘み取ってしまい、流通している間に熟すというのが一般的ですが、私共は、いちごが熟す段階まで待ってから摘み取り、取れたてのいちごを食べていただけるような直売の形式に挑戦いたします。


【開催概要】 
日 時:2011年11月30日(水)  19:00-21:30(受付18:30)
場 所:新丸の内ビルディング 10階 創生ビレッジ内
(アクセス)http://www.tokyo21c-club.com/open/info/access.html
定 員:80人(立ち見となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。)
参加費:無料
協 力:三菱地所株式会社
お申込:

 

この記事だけを表示

被災地応援ファンド2011年10月14日 13:00

【受付終了】 11/3、気仙沼の斉吉商店や石渡商店、大崎の寒梅酒造など事業者訪問ツアーを開催

『「セキュリテ被災地応援ファンド」の参加企業に直接会って"ありがとう"を伝えたい。さらに今後出来ることを一緒に考えたい。』


そんな気持ちで参加していただきたい応援バスツアーです。


ツアーの応援隊・NPO法人ファイブブリッジの畠山茂陽さん、
山田康人さんもバスの同行・案内をいただきます。


お仲間、ご家族、ご近所のみなさまなどお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。


《募集要項》
日  時:2011年11月3日(木/祝日)
募集人数:20人 最小催行人数15名 
料  金:5,500円 料金に含むもの:バス代、交流ランチ会、視察料
《スケジュール》 ※ツアー行程は変更となる場合があります
08:15 仙台駅発 (東北道 一関経由) ※10分前までに集合願います
10:00-10:30 休憩(フルセイルコーヒー岩手川崎店)
11:15-13:00 気仙沼到着 海沿いの被災地(工場跡地等)をバスで周りながら石渡商店の新工場場予定地と丸光食品の仮事務所にて話を伺います。
13:15-14:45 交流ランチ会 斉吉商店工場敷地
※参加企業(予定): 斉吉商店、アンカーコーヒー、石渡商店、丸光食品
17:00-18:00 大崎到着 会社訪問 寒梅酒造  その後移動
19:30 仙台着
主  催:株式会社インターサポート
協  力:NPO法人ファイブブリッジ、ミュージックセキュリティーズ株式会社
申  込:お申込は終了いたしました。たくさんのご応募をありがとうございました。

問合せ先:株式会社インターサポート TEL: 022-214-6115 MAIL: info@ispt.co.jp

 

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス
  • 働く親の「困った」に応える保育園ファンド
  • 通潤酒造 新しい物語ファンド
  • 超音波けんこうアルファ ファンド
  • 【夏季限定】完熟いちごジェラート3アイテムセット