ニュースリリース

ファンド募集・告知2019年3月19日 15:00

「加古川 うらいのジビエ総菜ファンド」満額調達のお知らせ

3月18日より募集開始しました「加古川 うらいのジビエ総菜ファンド」は、
皆様のおかげをもちまして、満額に達しましたのでお知らせいたします。

本ファンドの事業者である「有限会社うらい」は、地元肉屋として鳥獣被害の解決に乗り出し、
自らジビエ商品の販売を通じて、地産地消と加古川市の産業発展を目指す新規事業を開始します。

皆様からお預かりした出資金は、事業実現のために必要となる資金(狩猟関連の費用や原料費)として、大切に使わせていただきます。引き続き、ご支援のほど、よろしくお願い致します。




今回の満額調達を受けて、事業者様からお礼のメッセージが届いていますので御一読ください。

【満額調達のお礼】

いつも応援ありがとうございます!有限会社うらいの川村です。
 3/18日に募集開始させて頂きました「加古川 うらいのジビエ総菜ファンド」

 お陰様で満額調達することが出来ました。応援頂いた皆様、本当に有難うございます。興味を持って頂けた方も、未だな方にも是非、当社が取り組むプロジェクト、そして現在の日本が抱える鳥獣被害の問題について知って頂けたらと思っています。

 まずは近日中におおまかなスケジュール感を皆様にお示しできたらと考えています。乗り越えなければならないハードルが多いので、少しずつ、着実に一歩一歩進めていこうと考えています。現在の状況は猟銃所持するための準備段階、教習を行うための許可を待っているところです。

 教習と申しましても、実際に銃器を扱うので、その教習を受験するに相応しい人間かどうかを所轄の公安委員会に査定されるのです。昨日は僕の家に兵庫県警の刑事が取り調べに来ました。その後、近隣住民への聞き取り調査を行ったようです。今日は当社の社長に聞き取り調査を行っていました。普段の生き方を問われるので、何か不思議な感じです。この身辺調査をへて、担当刑事さんが書類作成し、公安委員会が査定するのです。早ければ5月に結果が出るようです。

  この以前にも、さまざまな取り組みも行ってきましたので、その辺りも少しずつお知らせしていく予定です。
 
  まずは満額調達のお礼をさせてください。
  本当に有難うございました!

有限会社うらい 
ファンド担当:川村将紀