セキュリテからのお知らせ 2020年04月

ファンドについて 2020年4月16日 18:35

熊本地震から4年「阿蘇地獄温泉 すずめの湯復興ファンド」

セキュリテの熊本地震被災地応援ファンドは、
被災から立ち上がる事業者さまを、出資を通じて応援するファンドです。

震災から4年が経った今、
被災からの復興を目指す事業者さまの現状を知って頂くために動画を作成しました。

今日は、「阿蘇地獄温泉 すずめの湯復興ファンド」の事業者である
地獄温泉青風荘の動画をご紹介します。
※取材日は2019年12月です。

特別に源泉を見せていただくなど、
貴重な映像も入っておりますので、是非ご覧ください。



阿蘇地獄温泉は、200年以上にわたり人々に愛されてきた温泉で、
その硫黄の匂いが物語るようなインパクトのあるお湯です。

白く濁ったお湯は、地下で適温にブレンドされて湧き上がってくるため、
奇跡の湯とも呼ばれています。

地下から湧き上がるふつふつとした湯の勢いは、
地震で土砂に飲み込まれた後も絶えることがありません。

このお湯を残さなければならない、100年後も、200年後も。

そんな想いで再建を進め、2019年4月に震災から丸3年の月日を経て、
「すずめの湯」を再開。

同じ年の11月には、「元の湯」と「たまごの湯」の営業も始まりました。

/data/blog/archive/original/49269.jpg

そして、ついに先月18日午前9時に村道喜多垂玉線の開通が正式に発表され、
熊本地震から4年あまりの歳月を経て、ようやく地獄温泉までの途が開けました。

200年の歴史を未来へとつないでいくための青風荘も順調に工事が進められ、
より皆様に愛される温泉旅館として蘇ろうとしています。

一歩一歩復興への歩みを進める地獄温泉青風荘を、是非ご支援ください。

【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/4295

/data/blog/archive/original/49270.jpg

一口      ¥10,800
募集総額    ¥30,000,000
事業者     有限会社地獄温泉清風荘
参加人数    310人
募集期間    2018年3月5日~2020年8月31日
分野      観光・宿泊
シリーズ    セキュリテ熊本地震被災地応援ファンド
特典       
■1口につき次のいずれかを選択いただき、会計期間中に送付いたします(送料・税込2,000円相当)。
・すずめの湯源泉(380ml×1本)とおすすめタオルのセット
・すずめの湯入浴券2枚(1枚につき、お1人様1回ご入浴可能)
■10口につき
地獄温泉清風荘2名様1泊宿泊(朝食付き)を無料にてご提供。会計期間中にご案内いたします。

【ファンドのお申し込みはこちら】
www.securite.jp/fund/order/step1?f_id=4295

この記事だけを表示

ファンドについて 2020年4月14日 18:35

熊本地震から4年「星降る至高の宿 南阿蘇ルナ天文台ファンド」

4年前の今日、熊本を震度7の大きな揺れが襲いました。

この地震の特徴は、最初の揺れの後に、
大きな地震が何度も起きたことです。

これにより、被害は大きく壊滅的なものとなりました。

コロナ禍の中、特に被災された方々には
復興の道半ばの二重・三重の苦難と言えると思います。

セキュリテの熊本地震被災地応援ファンドは、
被災から立ち上がる事業者さまを、
出資を通じて応援するファンドです。

これまでに多くの方からの支援を受け取った事業者さまは、
今、その気持ちに応えようと踏ん張っておられます。

/data/blog/archive/original/49252.png

熊本地震で明かりが失われた夜に、
星空を見上げて事業の原点にかえったという
Luna株式会社代表の宮本さんは、その時の気持ちをいつも、
まるで昨日起きたことのようにお話されます。

それは、きっとそれだけのインパクトを持って
忘れられない記憶として胸にあるからだと思います。

その言葉を収めた動画を、ここにご紹介します。

「星降る至高の宿 南阿蘇ルナ天文台ファンド」インタビュー動画のご案内



震災の翌日から、天文台ドームや望遠鏡の仮復旧のために
多くの専門家たちが救援に駆けつけてくださいました。

また建物の仮修復作業もスタッフ自らの手で行いつつ、
地震発生から2週間後には仮営業を開始することができました。

震災後は、宿泊されたお客様からの応援の声が、
何よりも励みになったとのことです。

/data/blog/archive/original/49250.jpg

熊本地震被災地応援ファンドの仕組みは、
半分が出資、半分が寄付にあてられます。

その一口そのものが、応援の気持ちです。

そしてお預かりした出資金は、
熊本地震により影響を受けた宿泊施設の復旧改善に加えて、
日本初の第四世代型公開天文台構想「インターネット天文台」の実現に挑戦していきます。

多くの方々に応援いただき、その想いにしっかりと応えていきます。


【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/4325


/data/blog/archive/original/49251.jpg

一口     10,800円
募集総額   13,000,000円
事業者    Luna株式会社
参加人数   129人
募集期間   2018年5月31日~2020年5月31日
分野     観光・宿泊
シリーズ   セキュリテ熊本地震被災地応援ファンド
特典     
ネットを通して宇宙のわくわくや星空の癒しを体験できる「Web天体観測ツアー」の始動が決定いたしました。
すべての投資家様へ体験いただけるよう、特典を追加しました。(2019年8月22日)

★1~4口ご出資のみなさま 以下2点をご提供します。
・「天文台利用パスポート1年分」(2名様まで入館可能、完全予約制)
 南阿蘇ルナ天文台およびプラネタリウムを無料で利用いただけます。
・「Web天体観測ツアー会員権1年分」(2020年春開始予定)
 世界中どこからでもネットを通して宇宙のわくわくや星空の癒しを体験できます。 


【ファンドのお申し込みはこちら】
www.securite.jp/fund/order/step1?f_id=4325

この記事だけを表示

ファンドについて 2020年4月9日 18:35

「伍八堂 しっとり煮干しファンド」早期申込特典のご案内

皆さま、こんにちは。

先日募集を開始した「松本発 熟成おいもスイーツファンド」に
多くの方からのご支援を頂き誠にありがとうございます。

9日余りの短い期間に200人以上の方からご出資頂き、
本日満額調達につき募集終了となりました。

引き続き、株式会社ねんりんの「おいも日和」の事業を
温かく見守って頂けたら幸いです。

さて、この他にもセキュリテには、
体にやさしい美味しいものを届けようと頑張る事業者さまがいらっしゃいます。

現在募集中の「伍八堂 しっとり煮干しファンド」は、
株式会社伍八山椒堂の子会社である株式会社伍八堂フードシステムの新商品
「そのまま食べられるしっとり煮干し」を応援するファンドです。

出資者特典として、
新商品「そのまま食べられるしっとり煮干し」セットや
伍八山椒堂商品詰め合わせを口数に応じてご用意しています。

また、4月15日までにお申込された方には、早期申込特典として
セキュリテストアの伍八山椒堂商品全てに使える1,000円割引優待を進呈します。

今だけの特典となっていますので、この機会に是非、当ファンドにご参加ください。

/data/blog/archive/original/49229.jpg
▲そのまま食べられるしっとり煮干し

カルシウムたっぷりの国産片口いわしを厳選。
「とれたて」を素早く煮干しにしました。

リンゴ酢とはちみつで、まろやかな甘味と風味を加え、
かつお節エキスが、その味わいを引き立てています
(化学調味料・保存料不使用)。

伍八堂フードシステムでは、
量販店に向けた新商品として2020年春以降に販売を開始します。

/data/blog/archive/original/49232.jpg
▲ちりめん山椒 

伍八山椒堂の強みは、職人の丁寧な手仕事による技術力にあります。

素材から吟味し、30年以上の経験を持つ職人が手仕事により作ります。

決まった配合と長期熟成させた調味液を、
その時に使用するちりめんじゃこの乾燥度合と塩分によって配合を変え、
炊きあげる時間を微妙に調節して出来上がる伍八山椒堂のちりめん山椒は、
飽きの来ないご飯のお供として食卓を彩っています。

/data/blog/archive/original/49230.jpg
▲朝倉山椒の鞍馬煮

優しい上品な柑橘系の香りの朝倉山椒を、小豆島産の濃口醬油で炊いた鞍馬煮です。

ご飯のお供や、お茶漬けなど、お料理の味を引き立てるアクセントとして最高です。

/data/blog/archive/original/49228.jpg
▲朝倉山椒の青粉
大粒でさわやかな柑橘系の香り、ペパーミントのような香り、
フルーティーな香りの朝倉山椒は、
肉、魚、野菜など様々な素材と相性が良く、
和食はもちろん色々なお料理にぴったりです。


すでに出資頂いてる皆さまから、
当ファンドへのエールも届いています。

◇これからも添加物のない健康によい美味しい商品の開発を期待しています
◇しっとり煮干し、食べてみたいです。
◇しっとり煮干し、お酒のおともにも良さそうです。 応援します。
◇陰ながら、微力ながら、、、エールを送ります♪
◇うまくいくといいですね。応援しています。
◇しっとり煮干し、どんなものなのか興味津々です。

【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/5876

/data/blog/archive/original/49231.jpg

一口     ¥21,600
募集総額   ¥16,700,000
事業者    株式会社伍八堂フードシステム
参加人数   157人
募集期間   2020年3月19日~2020年5月31日
分野     食品製造、酒
特典     
(1)1~2口の方、1口につき、
「そのまま食べられるしっとり煮干し」シリーズの詰め合わせ
1個 約1,800円相当(送料・税込み)を会計期間中に1回送付。
(2)3~4口の方、
「そのまま食べられるしっとり煮干し」シリーズの詰め合わせ1個に加え、
伍八山椒堂の製品詰め合わせ1個
合計約10,000円相当(送料・税込み)を会計期間中に1回送付。
(3)5口以上の方、
「そのまま食べられるしっとり煮干し」シリーズの詰め合わせ1個に加え、
伍八山椒堂の製品豪華詰め合わせ1個
合計約20,000円相当(送料・税込み)を会計期間中に1回送付。
       
【早期お申込の方だけに】
4月15日までにファンドお申込の方に早期特典として、
セキュリテストアの伍八山椒堂商品全てに使える1,000円割引優待を進呈
・専用の購入ページを、2020年7月末までにご案内する予定です。
・購入商品数、購入回数に制限はありません。会計期間中のみの優待となります。
・詰め合わせ3,000円~を各種ご用意する予定です。

【ファンドのお申し込みはこちら】
www.securite.jp/fund/order/step1?f_id=5876

この記事だけを表示

ファンドについて 2020年4月7日 18:35

マオイ蒸溜所 北海道ブランデーファンド

皆さま、こんにちは。

セキュリテ会員様から
いつも厚いご支援を頂いているお酒のファンドですが、
今回は、北海道・マオイの丘から世界に通用する
ブランデーづくりに挑戦する事業者さまをご紹介します。

/data/blog/archive/original/49195.jpg


北海道自由ワイン株式会社は、
現在山ぶどう系品種のワインを中心に製造を行っていますが、
今後、ワインの蒸留酒であるブランデーを製造し事業を拡大しようとしています。

この蒸留酒事業の本格化に向け2018年よりぶどうの木を増やし続けており、
2021年以降、その木からぶどうが収穫できるようになります。

今後は自社でさらにまとまった量のぶどうが収穫できるようになるため、
商品量を増やして国内だけでなく世界へも販売を開始する予定となっています。

その為に、今回皆さまより応援頂いた資金で、
新たな醸造・蒸溜施設を作りたいと考えています。

/data/blog/archive/original/49194.jpg
▲自社農園のぶどう

そもそも北海道は、一次産業の割合が高い地域で、
事業の利益率が低い傾向にあります。

北海道にちゃんと稼げる強い産業を作ろうと志を同じくして知り合ったのが、
北海道自由ワインの創業者である代表取締役の寺田氏と取締役の林氏でした。

北海道発の「稼げる起業」を生み出すには何をすべきか?

その答えが「蒸溜酒の製造事業」でした。

北海道では、蒸溜酒に必要な全ての原料が手に入る上に、
昔からニッカウヰスキーというブランドで世界中に蒸溜酒の生産地として知られています。

糖度・酸度・渋みのバランスが良いぶどうを作るために必要な気候条件が揃っているほか、
雪が降るという特徴もあり、パウダースノーを求めて海外から来られる観光客も多いです。

北海道がすでに持っている知名度は、
今後、世界の蒸留酒市場で勝負するのに大きな武器となります。

/data/blog/archive/original/49196.jpg
▲現在の北海道自由ワイン
(今後改装を予定。ワイナリーのそばに観光用ガーデンも整備します)

お二人には夢があるといいます。

「僕たちには夢があるんです。
 それは、自分たちが死んだ後にも長く事業を残していきたいということです。

 きっと、ウイスキーやブランデー、ワインは100年後も200年後も人がいる限り、
 あまり変わらない作り方や味が残っていくのだと思います。

 大きな夢ですが、例えば1000年後に残せるようなお酒の事業を今つくることは、
 この地域に対して僕たちができる一番の恩返しだと思います。」

/data/blog/archive/original/49192.jpg

蒸溜設備を含めたワイナリーと蒸溜所の完成は2021年の秋を予定しており、
開所イベントには出資者の皆様をご招待したいと考えております。

是非お越しいただき、
自慢の蒸溜酒・ワインと北海道の雄大な自然・景観を体験して頂きたいと思います。

また、本ファンドへ2口以上のご出資を頂いた方には特典として
アップルブランデーをお送り致しますので、こちらもご賞味ください。

【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/5908

/data/blog/archive/original/49193.jpg

一口    ¥32,400
募集総額  ¥55,500,000
事業者   北海道自由ワイン株式会社
参加人数  17人
募集期間  2020年3月31日~2021年3月31日
分野    食品製造、酒
特典     
ご出資いただいた口数に応じて、
下記の内容の商品やサービスを会計期間中に1回お届けします。
(※価格は送料・税込み)

・1口:なし
・2口~9口:2口につきりんごブランデー6,000円相当を送付致します。
・10口~99口:りんごブランデー6本またはブランデー1本をご選択いただけます。
・100口以上:10口の特典に加え、新醸造所のオーナールームでの宿泊権利を贈呈致します。

※宿泊権利はファンド募集終了時から会計期間終了時までの期間限定とさせていただきます。
※1年間に2泊程度宿泊可能で、クリーニング代などの実費はご負担いただきます。ご了承下さいませ。

また口数に関わらず、
2022年秋頃に醸造所が開設する際に出資者の方に対して
オープンセレモニーのご案内をお送りさせていただきます。

是非ご参加下さい。

【ファンドのお申し込みはこちら】
www.securite.jp/fund/order/step1?f_id=5908

この記事だけを表示

ニュースリリース 2020年4月2日 19:00

ミャンマー国内の新型コロナウイルス感染拡大懸念と今後のMJIの事業方針について

/data/blog/archive/original/45047.jpg
2020年4月2日
 ミュージックセキュリティーズ株式会社
認定特定非営利活動法人 Living in Peace
 
 
ミャンマー国内の新型コロナウイルス感染拡大懸念と今後のMJIの事業方針について
 
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
3月23日にミャンマー国内で初めて新型コロナウイルス(以下、「コロナ」)感染者が確認されたことを受け、ミャンマー政府はすべての外国人へのビザ発給を停止するなどの措置をとることを決定いたしました。今後、日本国内同様ミャンマー国内でも隔離措置が強化されることが想定されますので、ミャンマーの国内の状況及び匿名組合契約「LIPミャンマーMJI貧困削減ファンド1及び2」 の投資先であるマイクロファイナンス機関「MJI ENTERPRISE Co., Ltd.」(以下、「MJI」)の事業方針について、以下お知らせ致します。
 
 
1. コロナ感染者の確認に伴うミャンマー国内の状況及び政府の対応措置について
3月23日にミャンマー国内で初めてコロナ感染者が確認され、4月1日までに16人の感染者、1名の死亡者が確認されております。感染者の確認を受け、ミャンマー政府は外国人へのビザ発給の停止、海外から入国・帰国したすべての人を指定施設で14日間(※)隔離するなどの措置をとることを決定いたしました。しかしながら、現地の情報によると、ヤンゴン市内の隔離施設は不足しており、医療施設以外の施設を利用せざるを得ない状況となっています。また、ミャンマーは医療機関が十分ではない上に隣国タイからの出稼ぎ労働者が大量に帰国しており、帰国者が出身地に戻ることで農村部を中心にコロナ感染拡大が懸念されております。こうした状況を受け、ミャンマー国内では4月末まで営業を停止する企業も出てきており、経済活動への悪影響が長引くことが懸念されています。
(※)「4日間」と誤って記載していたものを修正しました(2020年4月3日) 

2. MJI における今後の事業方針について
4月1日、MJIは、上記状況を受けて以下の方針を決定致しました。
・水祭り(4月10日~13日の祝日)を除く4月6日〜22日の間、全支店をテレワーク体制とする
・内部監査部の支店立ち入り監査を一時停止、再開は水祭り明けに再検討する
・グループリーダーを中心とした返済資金の回収方法に切り替え、また顧客事業への経済的影響に鑑み、回収業務の実施日を以下のとおり限定する
Employment Loan                4月1日
その他すべてのローン       4月27日〜29日
・3月末日までに申請されたジェネラルローン(事業向け一般ローン)の融資を実行するが、融資日は4月30日に限定する
・その他のローンは4月30日までの状況を注視し、5月中の融資を検討する※但し、水祭り後の返済状況を注視した上で融資対象や融資地域を変更、限定する可能性がある
※但し、ミャンマー政府当局から追加の規制が発生した場合はこの限りでなく変更可能性がある
 
今後のコロナ感染者の拡大状況等によっては、顧客・従業員の安全を最優先に考え、一時的な事業規模の縮小、営業停止の可能性もあることをCEO加藤氏に確認しております。コロナ感染の拡大規模及び隔離政策の動向に伴う事業方針・業績への影響については、投資家の皆様に適時にお知らせできるよう、今後もMJIと緊密な連絡を取ってまいります。投資家の皆様にはご心配をおかけいたしますが、温かい目で見守っていただけますと幸いです。今後とも宜しくお願い致します。
 
3. 現在募集中の匿名組合契約「LIPミャンマーMJI貧困削減ファンド2」について
本ファンドは募集期間を2020年1月30日より2020年4月30日までとしております。今後の状況次第では変更の可能性もありますが、現時点におきましては、予定通り4月末まで募集を継続し、5月にはファンド資金をミャンマーへ送金いたします。
なお、本ファンドにつきましては、以下の通り、オンライン説明会を開催致します。本リリースに記載の内容等、コロナに関連する情報等につきましても当日お話させていただきます。
 
<オンライン説明会>
【日時】4月4日(土)15:00~16:00
【詳細・お申込はこちら】https://www.securite.jp/fund/detail/5749?a=5#notice
※ 本イベント中、ミュージックセキュリティーズがファンドについてご説明いたします。その際、LIP及びMJIはファンドの勧誘を一切行いません
  
 
【本件に関するお問い合わせ先】
ミュージックセキュリティーズ株式会社 (担当:周)
TEL: 080-8822-2928 
E-mail:chu@securite.jp
 
 

この記事だけを表示

ファンドについて 2020年4月2日 18:51

日本と繋ぐ ハンガリーワインファンド

皆さま、ハンガリーという国にどんなイメージをお持ちでしょうか。

フォアグラ、八チミツ、チョコレートなど、
ヨーロッパの中で美食王国としても知られるハンガリーですが、
その美食王国がもっとも誇るのが「トカイワイン」です。

世界三大貴腐(きふ)ワインと評されるこの「トカイワイン」は、
ハンガリー東部のトカイ村とその周辺でしか作られていません。

今日は、その貴重なトカイワインを日本に輸入し、
皆さまにお届けするファンド「日本と繋ぐ ハンガリーワインファンド」をご紹介します。

/data/blog/archive/original/49161.jpg

株式会社La Barat(ラボラ)は世界三大貴腐(きふ)ワインの1つである、
トカイワインをはじめとしたハンガリーワインの輸入販売事業を始めます。

代表の飯塚さんは、
実際に訪れたハンガリーで出会ったトカイワインについて次のように語っています。

『特に高級なトカイワインは香りも味も蜜なのです。
その香りと味は、ぶどうの甘みを凝縮させる貴腐菌の作用によるものですが、
不思議なくらいに蜜そのものなのです。

グラスを揺らしながら、そのふくよかな蜜の香りを感じ、
時々口に含んで甘みを感じていると、うっとりとしてきて
「いつまでもこの時間が続いてほしい」と思いました。』

飯塚さんは、日本に帰ってからもトカイワインの蜜そのものの香りと味わいが忘れられず、
「トカイワインを輸入できないものか...」との思いを強く抱くようになります。

そして、酒類輸入販売業者の試飲会に参加する機会を得て、
高級トカイワインを口にして確信します。

「もし、これをリーズナブルな価格で仕入れられたら、日本でも受け入れられる」と。

/data/blog/archive/original/49160.jpg
▲シャトークロシュトカイソモロドニ2014年

飯塚さんは、現地で強力な協力者を得ます。

ブダペストの中心部にあるワイン店
Champion Wine(チャンピオンワイン)を持つWinexportさんです。

トカイ地区にワイナリーも持ち、ヨーロッパのコンテストで高い評価を得ています。

オーナーのKiss Szilard氏はトカイ近くの村出身ですが、トカイワインに惚れ込み、
ワイナリーを購入して自らトカイワインを手掛け、
日々よりおいしいトカイワインを目指して精進されています。

Kiss氏はワイナリーのオーナーでもあることから、
他のワイナリーとのつながりも強く、ハンガリーのほとんどのワインを扱えます。

飯塚さんは、その繋がりを活かして、日本の方にあうワインを選んで取扱量を増やし、
輸送コストの低減を図りながら、リーズナブルなハンガリーのワインを
なるべくリーズナブルな価格で提供したいと考えています。

/data/blog/archive/original/49163.jpg
▲オーナーのKiss Szilard氏

「トカイワインは知っているが、なかなか扱う機会がない。」

そういった飲食業界の方に試飲会を通じて知ってもらい、
その飲食店を通じて一般の人にも知ってもらいたい。
ただ、すぐにはルートを開拓できません。

資金力も十分でないため、資金回転と売り上げと利益が連動しない見込みですが、
3年あれば一定の量を確保して収益を上げることができます。

ファンドで集まった資金は事業の潤滑油となる仕入資金に使わせていただきます。

出資者の皆さまには、ハンガリーワインの素晴らしさを
事業の進行とともに分かち合っていただければ幸いです。

また、特典として、口数に応じたハンガリーワイン各種を
会計期間中に1回お届けする予定ですので、ぜひご賞味ください。

/data/blog/archive/original/49164.jpg

みなさま

はじめまして。
株式会社La Baratです。

このたび、
『日本と繋ぐ ハンガリーワインファンド』の募集を開始いたしました。

新型コロナウイルスが世界中に蔓延し、
東京五輪の延期が決まるなど、
暗雲立ち込める中ではありますが、
いつまでもウイルスの蔓延状況が続くわけではありません。
東京五輪も来年の開催に向けた準備が始まっています。

世界中で航空便の運航停止が続く中であり、
空輸コストの上昇が懸念されるところではありますが、
いつかは平時に戻ります。
その時に向け、自社サイトの作成作業など、
コロナウイルスが蔓延する中でもできること、
やらないといけないことに取り組んでいきます。
そして、なるべく早く輸入を始めたいと思っています。

感染爆発を防ぐための外出自粛生活が求められるなか、
ハンガリーワインの販売だけでなく、
ハンガリーの良さをお伝えすることで、
ささやかな楽しみを提供することができたら、
とても幸いに思います。

ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

株式会社 La Barat
代表 飯塚 隆志


【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/5809

/data/blog/archive/original/49162.jpg

一口    21,600円
募集総額  7,000,000円
事業者   株式会社La Barat
参加人数  120人
募集期間  2020年3月27日~2020年9月30日
分野    小売
特典    
ご出資いただいた口数に応じて、下記ワインを会計期間中に1回お届けします。
(※価格は送料・税込み)
      
1口:トカイソモロドニ 1本(4,000円相当)      
2口:赤ワイン 1本(7,000円相当)      
3口:トカイワイン6プット 1本(11,000円相当)      
4口:トカイワイン6プットとトカイソモロドニ 各1本 計2本(15,000円相当)      
5口:トカイワイン6プットと赤ワイン 各1本 計2本(18,000円相当)      
6口以上:
口数に応じて、上記1~5口の特典を組み合わせてお届けします。
個別にご連絡させていただき、ご希望を伺います。

【ファンドのお申し込みはこちら】
www.securite.jp/fund/order/step1?f_id=5809

この記事だけを表示

お知らせ 2020年4月1日 14:00

大学連携プロジェクト「セキュリテ寄付」 令和元年度「研究支援サービス・パートナーシップ認定制度」認定サービス決定のお知らせ

/data/blog/archive/original/45047.jpg
/data/blog/archive/original/45355.png                      
                                 
2020年4月1日
ミュージックセキュリティーズ株式会社
 
大学連携プロジェクト「セキュリテ寄付」
令和元年度「研究支援サービス・パートナーシップ認定制度」認定サービスに決定

 
/data/blog/archive/original/49137.png
この度、文部科学省で実施する、「研究支援サービス・パートナーシップ認定制度」において、当社の実施する大学基金への寄付募集サービス「セキュリテ寄付」が認定サービスとして決定されましたのでお知らせ致します。
本制度は、民間事業者が行う研究支援サービスのうち、一定の要件を満たすサービスを「研究支援サービス・パートナーシップ」として文部科学大臣が認定することを通じ、研究者の研究環境を向上させ、我が国における科学技術の推進及びイノベーションの創出を加速するとともに、研究支援サービスに関する多様な取組の発展を支援することを目的としています。 
今後も、本サービスを通じて大学の教育研究の発展に貢献するとともに、大学基金や大学の研究の存在とその必要性について社会に発信して参ります。


■文部科学省 科学技術・学術政策局 企画評価課 

(プレス発表)
https://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/kihon/1422215_00003.htm

(報道発表資料)
https://www.mext.go.jp/content/20200402-mxt_chousei01-000006260_1.pdf


■大学連携プロジェクト「セキュリテ寄付」概要
URL:https://www.securite.jp/ac/UTokyo1/
概要:本サービスは、大学の教育研究を支援するサービスである。大学基金への寄付を経由して研究室に資金を届ける事を目的としている。サービス事業者であるミュージックセキュリティーズ株式会社は、約10万人の投資家の会員を抱える第二種金融商品取引業者であり、会員投資家に対して、「経済的な価値」のみでなく、「社会的な価値」を追求する投資プラットフォームを提供している。また、大学基金や、大学の研究の存在とその必要性を社会に発信するなどの広報活動も行っている。

◇大学連携プロジェクト担当者 
ミュージックセキュリティーズ株式会社 
産学官連携推進室 室長 榊原智子 Sakakibara Tomoko 
2000年ミュージックセキュリティーズ合資会社創業に参画。第一弾ファンド実施。2001年音楽事業部創設、音楽レーベル事業・マネジメント事業・著作権管理事業に従事。
2011年6月取締役就任。2014年6月取締役退任。2019年4月社内に産学官連携推進室を設置。 
教育に関わる資格・学位 : 修士(教育学)、中学校教諭一種免許状(社会)・高等学校教諭一種免許状(地理歴史・公民)、博物館学芸員、国家資格キャリアコンサルタント。                        

         
■ミュージックセキュリティーズ概要
代表者:代表取締役 小松 真実
所在地:東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル3階
事業内容:1口数万円の少額からご出資いただけるインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」を運営。 「セキュリテ」は経済的なリターンを求めるだけではなく、創業や中小企業支援による産業振興・地域創生、インディペンデントな創作活動と研究開発、環境問題の解決、そして、震災からの復興など、それぞれの地域で抱える社会的な課題に対して、皆様からの出資を通じて解決しようとする、経済的な価値と社会的な価値の両方を追求する新しい投資の仕組み。 個人の共感をベースにした新しい金融の枠組みを作り出し、世の中に新たな価値を提供することを目指し事業を展開しています。(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
URL:https://www.securite.jp/

■本プレスリリースのお問い合わせ先
 産学官連携推進室 
 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1大手町ビル3階
mail:ac@musicsecurities.com
Tel:03-5948-7301
Fax : 03-3287-7210 

この記事だけを表示

ニュースリリース 2020年4月1日 14:00

大学連携プロジェクト「セキュリテ寄付」  令和元年度「研究支援サービス・パートナーシップ認定制度」認定サービス決定のお知らせ

 /data/blog/archive/original/45047.jpg
/data/blog/archive/original/45355.png                      
                                 
2020年4月1日
ミュージックセキュリティーズ株式会社
 
大学連携プロジェクト「セキュリテ寄付」
令和元年度「研究支援サービス・パートナーシップ認定制度」認定サービスに決定
 
  
/data/blog/archive/original/49135.png
 この度、文部科学省で実施する、「研究支援サービス・パートナーシップ認定制度」において、当社の実施する大学基金への寄付募集サービス「セキュリテ寄付」が認定サービスとして決定されましたのでお知らせ致します。
 
本制度は、民間事業者が行う研究支援サービスのうち、一定の要件を満たすサービスを「研究支援サービス・パートナーシップ」として文部科学大臣が認定することを通じ、研究者の研究環境を向上させ、我が国における科学技術の推進及びイノベーションの創出を加速するとともに、研究支援サービスに関する多様な取組の発展を支援することを目的としています。
 
今後も、本サービスを通じて大学の教育研究の発展に貢献するとともに、大学基金や大学の研究の存在とその必要性について社会に発信して参ります。


■文部科学省 科学技術・学術政策局 企画評価課 
(プレス発表)
https://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/kihon/1422215_00003.htm  

(報道発表資料)
https://www.mext.go.jp/content/20200402-mxt_chousei01-000006260_1.pdf

■大学連携プロジェクト「セキュリテ寄付」概要
URL:https://www.securite.jp/ac/UTokyo1/
概要:本サービスは、大学の教育研究を支援するサービスである。大学基金への寄付を経由して研究室に資金を届ける事を目的としている。サービス事業者であるミュージックセキュリティーズ株式会社は、約10万人の投資家の会員を抱える第二種金融商品取引業者であり、会員投資家に対して、「経済的な価値」のみでなく、「社会的な価値」を追求する投資プラットフォームを提供している。また、大学基金や、大学の研究の存在とその必要性を社会に発信するなどの広報活動も行っている。

◇大学連携プロジェクト担当者 
ミュージックセキュリティーズ株式会社 
産学官連携推進室 室長 榊原智子 Sakakibara Tomoko 
2000年ミュージックセキュリティーズ合資会社創業に参画。第一弾ファンド実施。2001年音楽事業部創設、音楽レーベル事業・マネジメント事業・著作権管理事業に従事。
2011年6月取締役就任。2014年6月取締役退任。2019年4月社内に産学官連携推進室を設置。 
教育に関わる資格・学位:修士(教育学)、中学校教諭一種免許状(社会)・高等学校教諭一種免許状(地理歴史・公民)、博物館学芸員、国家資格キャリアコンサルタント。                         

          
■ミュージックセキュリティーズ概要
代表者:代表取締役 小松 真実
所在地:東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル3階
事業内容:1口数万円の少額からご出資いただけるインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」を運営。 「セキュリテ」は経済的なリターンを求めるだけではなく、創業や中小企業支援による産業振興・地域創生、インディペンデントな創作活動と研究開発、環境問題の解決、そして、震災からの復興など、それぞれの地域で抱える社会的な課題に対して、皆様からの出資を通じて解決しようとする、経済的な価値と社会的な価値の両方を追求する新しい投資の仕組み。 個人の共感をベースにした新しい金融の枠組みを作り出し、世の中に新たな価値を提供することを目指し事業を展開しています。(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
URL:https://www.securite.jp/

■本プレスリリースのお問い合わせ先
 産学官連携推進室 
 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1大手町ビル3階
mail:ac@musicsecurities.com
Tel:03-5948-7301
Fax : 03-3287-7210 
                    
                       
                                 

 

 
 

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.