ファンドについて 2022年9月8日 18:30

『神奈川発 ゴミの見える化革命DXファンド』募集期間延長

産業廃棄物の「見える化」を応援

皆さま、こんにちは。
今日は、このたび募集期間を延長し、皆さまからの更なるご支援をお待ちする『神奈川発 ゴミの見える化革命DXファンド』についてご紹介します。
ゴミの問題と正面から向き合う株式会社ケイ・システム。
代表取締役の小島啓義さまより、改めてのご挨拶が届いています。
是非、ご一読ください。

集期間延長に伴う営業者メッセージ

/data/blog/archive/original/54911.jpg


 

「企業の体重計®」で、SDGsのゴール「つくる責任 つかう責任」の達成へ

神奈川県大和市に拠点をおく、株式会社ケイ・システムは、「企業の体重計®」という革新的なシステムを開発しました。
プラスチックや紙といった、資源別に分別されたゴミ箱の下に、この体重計を置くと、ゴミの計量が自動化できると同時に、産業廃棄物処理の事務手続きを一気通貫して行えるのです。
また、「企業の体重計®」は、IoTを活用してゴミの排出量の自動計測を実現しただけではありません。
自動計測されたゴミの排出量に基づきリサイクル率を即時に算出できるほか、CO2の削減量の見える化を実現しています。

/data/blog/archive/original/54912.jpg
▲廃棄物の蓄積・回収をリアルタイムで把握できる

このケイ・システムの取り組みは、今年の2月に朝日新聞社主催の「中小企業SDGs ACTION! AWARDS」でDX特別賞を受賞。
現在、廃棄物管理をDX化したい大手外食チェーン店や、官民が連携し市民から集めたプラごみで、街のベンチや遊具などを制作するプロジェクトでのテスト導入が決定しています。
今後もっと「企業の体重計®」を活用する企業が増えれば、廃棄物量の削減やリサイクル率向上が実現できます。
SDGsのゴール「つくる責任 つかう責任」達成に向けて、この「企業の体重計®」が貢献するところは大きいはずです。

/data/blog/archive/original/54910.png
▲「企業の体重計®」 画面イメージ 自動計測された排出データに基づき、リサイクル率やCO2削減量を自動的に算出する

本ファンドでは、事業者は投資対象事業によるSDGsへの貢献度を具体的な指標・数値を用いて可視化し、出資者のみなさまに定期的に達成度を報告します。
その内容を見て、ご自分が投資したお金が、この事業を通してどれだけ社会に貢献できたかを感じて頂く指標にしていただければと思います。


 

ファンド概要

神奈川発 ゴミの見える化革命DXファンド

/data/blog/archive/original/54913.jpg

【ファンド情報】
一口:¥32,400
募集総額:¥10,020,000
事業者:株式会社ケイ・システム
募集期間:2021年8月24日〜2022年8月31日
分野:IT・アプリ
特典:
会計期間中毎年、オンラインでの事業報告会を実施いたします。
また、上記に加えて、2口以上ご出資頂くと「粗大ゴミ処理予約アプリ」を1年間ご利用いただけるサービスを無料で体験頂けます。

【ファンドのお申し込み】
 
ニュースカテゴリ
アーカイブス
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2022 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.