セキュリテニュース

西日本支社2014年1月24日 10:03

「とろさば料理専門店SABARファンド」のパンフレットが出来ました。

「八戸前沖さば」の「とろ鯖」を使用した「鯖や」のとろ鯖棒寿司

関西では広く食文化として根付いている鯖寿司。多くの鯖寿司を提供するお店がひしめく中、本ファンドの営業者である「鯖や」は、原料を「八戸前沖さば」、しかも、その中でも、脂質含量が21%以上ある「とろ鯖」(真鯖の脂質含量12.1%(2010年文部科学省発表))を仕入れ、現在、阪急百貨店うめだ本店や伊丹空港の空弁、JR西日本の駅弁などで広く鯖寿司を中心とした商品の販売を行う会社です。

南の「関さば」と並び国内随一の品質を誇る北の「八戸前沖さば」。その中でも「とろ鯖」は、通常の鯖よりも脂のノリが良いため、塩が入りにくく酢を弾いてしまう問題がありました。脂の美味しさを生かしたまま、どうにか加工できないかと試行錯誤の結果、旨みを引き出し脂分を身に閉じ込める独自の製法を開発することが出来ました。

社名の通り、鯖一本にしぼり、鯖にかけた「鯖や」の鯖寿司は、ご好評をいただており、帰省時のお土産や贈り物として地方へ発注する方も多くいらっしゃいます。

「とろさば料理専門店SABARファンド」のパンフレット

「とろさば料理専門店SABARファンド」のパンフレット(PDF)
ニュースカテゴリ
アーカイブス