セキュリテからのお知らせ

お知らせ 2013年11月23日 16:25

「フィリピン台風30号緊急支援金」第一次送金と経過のご報告

フィリピン台風30号緊急支援金」に関する途中経過です。

◇緊急支援金の送金のご報告◇

ミュージックセキュリティーズでは、2013年11月12日より受け付けておりました「フィリピン台風30号緊急支援金」の第1次送金として、11月22日にそれまでに皆さまから寄せられていた緊急支援金から、1万ドルをフィリピンのCARDに送金しました。

【送金内容】
送金金額(円):1,014,400円
為替レート:1ドル101.44円
---------------------------------- 
送金金額(ドル): 10,000ドル
(※)海外送金手数料の6000円は弊社が負担させていただきました。

◇CARDの台風後の取り組み◇
 
CARDには、超大型台風30号(ハイエン)が甚大な被害をもたらしたサマール島とレイテ島に、29万人の顧客がいます。
2013年11月22日現在、16万2260人の顧客と87人のスタッフの被災が報告されています。今後この数値は増える見込みです。
CARDは現在、大規模な災害援助を行っており、ここではその一部をご紹介します。

-----------------------------------------------------------------------
台風が通過するとすぐにCARDは捜索とアセスメントのためのチームを送りました。

CARD 
(自ら捜索チームに加わり、門が壊れてしまった支店の壁をよじ登るCARD代表アリップ氏。レイテ島のオルモック市)

CARD 
(台風で流されてしまったCARDスタッフが無事に家族と再会できました)

CARD
(CARDのオフィスの前には近隣の方が列をなし、CARDに愛する家族を探すための支援を求めています) 

CARD 
(CARD共済組合では、家を失ってしまったしまった人の被害状況を調査し、家を再建するための資金を直ちに支払っています)

また、CARDは、被災者がすぐにも必要になる生活必需品のニーズに対応するため、災害援助プログラム(the CARD MRI Disaster Relief Assistance Program, CDRAP)を開始しました。11月22日現在、食料や医薬品を含む援助物資を16万2260人に支給しました。

CARD
(物資を準備し、配布するCARDのスタッフたち)
CARD 

CARD 
(ギワンで唯一残った建物でもあるCARDのギワン支店は、カルバヨグ市からの援助物資の受け入れ場所となっています。写真のバスは、物資の配布用にCARDがカルバヨグ市から貸与されました)
 
一方で、台風の被害を受けなかったCARD本部(ラグナ州サン・パブロ市)では、現金と援助物資の寄付を募るキャンペーンを始めました。

CARD 

CARD 
(CARDのスタッフも、個人の貯金から寄付をしました)

-----------------------------------------------------------------------

ミュージックセキュリティーズでは、現在も「フィリピン台風30号緊急支援金」を受付中です。
支援金は1口100円からご協力いただけます。

詳細・お申込はこちらからご確認ください。
ニュースカテゴリ
アーカイブス
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.