セキュリテからのお知らせ

ファンドについて 2021年10月12日 18:30

集落に味噌の香りが戻ってきた 復興・陸前高田の新魅力を「醸し」出したい

いよいよ味噌工場稼働へ

『八木澤商店新社屋/味噌工場建設ファンド』で資金を募集中の八木澤商店。
ファンドの資金調達の目的だった味噌工場で、いよいよ味噌の仕込みが始まりました。
年明けには、新工場から味噌の出荷が始められそうです。
今回は、震災から10年半を経た被災地、陸前高田で、発酵をテーマに着実な前進を続ける八木澤商店の話題をお伝えいたします。

/data/blog/archive/original/52642.jpg
▲味噌工場で説明する八木澤商店 河野社長
 

発酵をテーマに復興を図る

震災直後に父から家業を継いだ八木澤商店の河野通洋社長は、発酵をテーマに地域を復興したいと考え実践してきました。
被災し移転を余儀なくされたのに、今回再び、新工場を200年以上前からあった場所に建て直したのも、地元の暮らしに当たり前のようにしみ込んでいた味噌や醤油の香りを取り戻したかったからだと話します。
出資者の皆様のおかげで、10年ぶりに大豆の香りが集落に広がっています。

/data/blog/archive/original/52641.jpg

新工場の話題と共にお伝えしたいのが、昨年末に営業を開始した陸前高田の発酵パーク「CAMOCY(カモシ―)」です。
「醸し」つまり発酵をテーマにしたエンタテインメント施設です。
施設には、八木澤商店など計6社が出社しみそ・しょうゆ販売だけでなく、飲食店、クラフトビール醸造所など様々な発酵が楽しめる8店舗が入居しています。

/data/blog/archive/original/52640.jpg

この発酵パーク「CAMOCY(カモシ―)」の魅力にひかれ、10人以上のIターン・Uターン者がここで働き始めており、地元の雇用を生み出しています。
コロナ禍が長期化し観光客数は期待を大きく下回っていますが、雇用者たちはこの時間を使って、「どうしたらお客様に喜んでもらえるのか」と有志で勉強会を実施。
英会話からSDGsまでを幅広く学び、接客技術に磨きをかけています。
先日9日には、昨年から始まった陸前高田の新しいイベントとして、国内最大級の花火大会が行われました。

1万発以上の花火が陸前高田の夜空を彩り、1万2千人の人たちが楽しんだそうです。
河野社長は、「久しぶりに陸前高田が賑わいました。一過性のものに終わらせず陸前高田を訪れる方が安定的に増やせるよう、コロナ禍に気をつけながら、CAMOCYや新工場を訪問していただけるツアーなどを考えていきたいです」と話します。
是非、皆さまも大豆の香りを取り戻した陸前高田に足を運んでみてください。
そして、ファンドへのご支援をお願いいたします。

(本ファンドにおいては、1口あたり分配金が20,000円に達するまでの分配を、現物または営業者が販売する商品を購入できる割引券により行います。)

ファンドの詳細

/data/blog/archive/original/52643.jpg

 

ファンド概要

『八木澤商店新社屋/味噌工場建設ファンド』

/data/blog/archive/original/52639.jpg

【ファンド情報】
一口:¥32,400
募集総額:¥30,000,000
事業者:株式会社八木澤商店
募集期間:2021年3月11日〜2022年3月11日
分野:食品製造、酒、飲食店

ファンドのお申し込み
ニュースカテゴリ
アーカイブス
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2021 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.