アクティビティ

私達セキュリテスタッフの日々の活動をリアルタイムにお伝えします。

スタッフは皆様に、より良い魅力的なファンドをお届けすべく、日本全国を駆け回ってがんばっています。
ファンド組成担当員だけでなく、内勤スタッフの声もお聞きいただければ幸いです。

東京オフィスから2016年12月26日 17:00

この世に必要とされるレストラン?

いつもご覧いただきありがとうございます。販売チームの田中です。
クリスマスや年末年始、ご家族や大切な方とお食事に行かれる方も多いのではと思います。そんなとき、どんなお店を選んでいらっしゃるでしょうか。

例えば六本木や赤坂の一等地、テレビ局に近いビルの最上階。非日常的な高級感のあるインテリアで、パーティーやウェディングを行える広さの、100人が入るというレストラン。どんなお店が思い浮かぶでしょうか。

CROSS TOKYOレストランファンドの「CROSS TOKYO」はそういったプロフィールを持つお店です。

本ファンドの組成に携わっていなかったわたしはそんなお店の情報だけを見て、どうしてもお金を大事にしているお店のイメージが浮かび、広い店内で、すべてのお客さんのことを大事に考えてくれるのだろうかと、どこかで不安に感じてしまっていました。

/data/blog/archive/original/30481.jpg

オープンの前日、出席する予定のメンバーの代わりにお店にうかがう機会がありました。

あれこれと撮影させていただきながら店内に入ると、スタッフの方が気持ちよく迎えてくださいました。
この日出会ったスタッフの方は全員、感じがよくもてなしの気持ちが伝わる方たちでした。以前の六本木店の閉店から、この赤坂への移転を待っていた方もいらっしゃると聞いています。
そしてお客さんに嬉しそうに野菜の生産者のことを話す料理長の増山さんもいらっしゃいました。

/data/blog/archive/original/30482.jpg
▲スタッフの方。オープンを記念してこの日は特別に全員顔にペインティングが。

店内は一見、洋風で華やですが一部日本的な装飾もあり、不思議と落ち着ける空間となっています。

/data/blog/archive/original/30510.jpg

お料理をいただくと「ベジタブルレストラン」の名の通り野菜がふんだんに使われていています。
それだけでなく、野菜の甘みや風味、新鮮なしゃきしゃき感を生かした調理法で口に入れた途端にもっと食べたくなるおいしさです。

どこにも形だけ、見た目だけ、というところはありません。

/data/blog/archive/original/30483.jpg
▲パスタのアルデンテ具合が絶妙。ブッフェ形式でも妥協のないお料理。

井上代表は挨拶の中で「この世に必要とされるレストランになる」と何度もおっしゃっていました。
きらびやかな外食というのは、なくても生きていけるものかもしれません。そう思える分だけ、この言葉は飲み込むのに時間がかかりました。

ただ、​CROSS TOKYOのみなさんが全員で本当にいいお店を作ろうとされていることがだんだんと伝わり、会がおひらきとなって家に帰った後で、少し理解することができました。例えば記念日などここぞというときに、安心して大事な友人や家族を連れていけるお店をいくつか知ってたら、どんなによいか。それに大事な日に心地よく美味しい食事をいただけたら、それは後から振り返って、必要な瞬間だったということになりそうです。

/data/blog/archive/original/30480.jpg
▲特注のシェアターンテーブル

そうして「CROSS TOKYO」は個人的に信頼できるお店となりました。
みなさまも、もし機会があればぜひお店に行ってみてください。
ターンテーブルがポイントですので、3人以上で行かれるとちょうどよいかもしれません。

お店の詳しいお話はこちらから

・店舗情報
Vegetable Restaurant & Festival
CROSS TOKYO

東京都港区赤坂5-4-7-10F(THE HEXAGON bldg.)
03-5545-5408
千代田線赤坂駅 3a出口から1分TBSと赤坂通りの間
Lunch / 11:30~15:00(L.O.14:30)1/6より開始
Dinner / 18:00~23:30(L.O.23:00)

お店のFacebook

そしてもしこのお店をもっと応援したいと思っていただけましたら、ぜひファンドもご検討いただけますと幸いです。
お読みいただきありがとうございました。

/data/blog/archive/original/30477.jpg
▲個室もあります