寒梅酒造 四器ファンド ファンドニュース 2011年07月

被災地からのレポート2011年7月29日 17:08

【寒梅酒造】 続・解体作業

皆様こんにちは。宮寒梅醸造元(名)寒梅酒造 岩崎です。

 

宮城県大崎市は、梅雨に逆戻りしたのでは??

と思うほど連日雨と湿気が多い毎日が続いておりました。

暑い日が続いておりますが、今季は原発の問題等もあり、

蔵元一丸となって節電にも取り組んでおります。

 

さて、宮寒梅の仕込み蔵も現在ほぼ骨組みの柱だけの状態になりました。

 

 

 

 

 

築100年の歴史を持つ蔵で、壁はすべて「土」と「竹」が編みこまれ造られていました。

私も蔵に戻り4年が経過しましたが、改めて昔からの技術と

先人たちの工夫というものには大変驚いております。

 

そして、今回の解体で今まで創業以来稼働してきた酒米を蒸す「釜場」を残すことを決めました。

無事だったこの釜場は、周辺はすべて地盤改良をしなければなりませんが、

なんとか今後も生かしてもらうことができます。本当嬉しいです。

 

 

いよいよ、来週月曜日から大型重機により更地になります。

今まで、頑張ってくれたこの蔵に感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、同時に新蔵での今まで以上の日本酒を造り上げていくという

楽しみや期待がこみあげてきております。

 

今回の蔵の解体には、千葉県からも解体業者が手伝いて来てくれています。

みな、被災地の復興に向け取り組んでくださっており、とてもありがたく思います。

そのためにも、今私達が何をすべきか、一歩一歩前へ進んでいきたいと思います。

 

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

「寒梅酒造宮寒梅ファンド」の詳細・お申込はこちら:

https://www.securite.jp/fund/detail/189

この記事だけを表示

被災地からのレポート2011年7月21日 11:36

【寒梅酒造】 現況報告 2011.7.21

こんにちは。

 

今日の宮城県は、台風の影響もあってか先日までの猛暑が嘘のように肌寒く、

風が強い日になっています。

 

蔵は、現在本格的に解体が始まっており連日慌ただしい毎日を過ごしておりました。

蔵の内部から、震災で免れたタンクを運びだしています。

 

解体①

 

そして、蔵の内部からどんどん解体を進めていました。

見慣れた蔵がどんどん閑散としていくのを見て、

未来への希望とともに少しさみしさを感じております。

 

解体②

 

解体③

 

解体④

 

でも、ここからが本当のスタート!!

一歩一歩進むため、頑張っていきたいと思います。

 

酒母室があった場所と、分析をおこなっていた分析室は、

今は骨組みだけになってきました。

 

また随時、更新させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

 

「寒梅酒造宮寒梅ファンド」の詳細・お申込はこちら:

https://www.securite.jp/fund/detail/189

この記事だけを表示

被災地からのレポート2011年7月7日 17:42

【寒梅酒造】 現況報告 2011.7.7

こんにちは。

宮寒梅醸造元 合名会社 寒梅酒造です。

 

いよいよ宮寒梅の仕込蔵の解体が開始いたしました。

予定では6月15日から開始予定でしたが、3月11日の震災により建築確認申請等に

時間を有するようになり7月まで延期せざるをえない状況でありました。

 

今後の予定ですが、7月末まで解体作業が行われます。

蔵内にあったタンク、機材等も一度場外へ搬送し一度更地にして地盤改良を行います。

その後8月より、新蔵建設が始まり11月末から12月上旬完成予定になっております。

完成後年内中に、新蔵にて新酒仕込みを開始いたします。

 

なお、現在通年商品の出荷等は平常通り行っております。

 

関係者様各位には、随時正確な情報をご連絡させていただきます。

至らぬ点等多々ございますが、どうぞ今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

「寒梅酒造宮寒梅ファンド」の詳細・お申込はこちら:

https://www.securite.jp/fund/detail/189

この記事だけを表示

被災地からのレポート2011年7月1日 15:38

【寒梅酒造】 お礼と現況報告

こんにちは。

宮寒梅醸造元 合名会社 寒梅酒造です。

 

先日のファンド説明会では、本当にたくさんの方に支えていただき心から御礼申し上げます。

 

今日の宮城県大崎市は、気温30度を超す晴天に恵まれています。

ちょうど蔵元に入ってくる川沿いの堤防は、今急ピッチで復旧工事が進められています。

 

堤防復旧中①

 

堤防復旧中②

 

堤防がないので、現在蔵への入り口は農道しかありません (-。-)y-゜゜゜

本当は、6月中に工事が終わる予定でしたが、若干伸びているようです。

7月中には、なんとか堤防も完成する予定です。

 

宮寒梅では、酒米から自分たちで作付けしているのですが、震災後4月に種まきをし、

5月に田植えをした酒米は、丈が20cmほどになりました。

今は、蔵周辺が一面青々とした景色になっています。

 

酒米①

 

酒米②

 

そして、新蔵建設へ向けての蔵の解体は、本来であれば6月中旬から開始予定でしたが、

手続き上の問題で少し遅れております。なんとか7月には開始できそうです。

現在は、解体に向け蔵内にある資材等の搬送を急ピッチで行っています。

 

暑い日が続いておりますが、皆様体調には十分お気をつけください。

 

「寒梅酒造宮寒梅ファンド」の詳細・お申込はこちら:

https://www.securite.jp/fund/detail/189

この記事だけを表示