寒梅酒造 四器ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2014年8月12日 10:49

【宮寒梅】 稲に花が咲きました!

みなさま、こんにちは。

いつも応援ありがとうございます。

「宮寒梅」醸造元 合名会社 寒梅酒造 5代目 岩﨑 真奈です。

 

先週末は、台風11号の猛威により全国で甚大な被害が報告されました。

当蔵の「陽のしずく」 ゆず酒 のゆず仕入れ先 高知県馬路村でも、村へ通じる道路が崩れたり、

住民が避難勧告されたりと、本当に心配しておりました。

馬路村の方とは、連絡が取れ、住民には被害がないこと、屋根等の被害はあったものの、

皆無事ですとの報告を受け、ほっと胸をなでおろしたところです。

皆様、大丈夫だったでしょうか・・・。

平穏な日々を過ごせるように、私たちも心から願っています。

 

さて、本日は、当蔵の酒米報告をさせていただきます。

 

8月3日、日曜日。この日は、朝から晴天。気温も30度を超す猛暑日となりました。

その日、当蔵周辺に広がる田んぼの稲には、白いポツポツが!?

イネの花が咲き始めました。

この花が見られる時期は、ほんの10日間くらいです。

この花が、後々「籾」となります。田んぼ周辺の水路には、カエルやザリガニなどが今は多く生息しています。

そして、夜には辺り一面、蛍が飛び回ります。

社長は、総長と晩に草刈作業に追われています。地区により草刈区域を分担されており、

期日までに終わらせなければいけないのです。地域一丸となって農業を行っているので、作業も責任を持って

行っています!