被災地からのレポート 2015年08月

世嬉の一酒造2015年8月26日 19:39

いわて蔵ビール×山内鮮魚店コラボ ホヤエール復活しました!

ホヤって、宮城県北部が日本一の産地って知ってました!?
今回、山内鮮魚店さんと世嬉の一酒造で協力して、なんとおいしいホヤを使用したビールを醸造しました。

世嬉の一酒造株式会社では山内鮮魚店とコラボレーションし、宮城県北部の名産「ホヤ」を使用した『三陸の海蛸(ホヤ)エール』を開発しました。
2015年8月27日から、山内鮮魚店の店舗とネット通販にて販売します。
ホヤの独特な磯の香りとうまみをのせつつ少しスモーキーな香りがする、炎のように赤いホヤ色のビールです。
刺身や酢の物、燻製などのホヤ料理にはもちろん、肉にもよく合います。
ホヤと聞くとグロテスクなビジュアルもあってゲテモノだとの先入観が邪魔をするかもしれませんが、もともと相性のいい「ホヤ」と「ビール」が出会った絶品大人の変り種ビールです。


■開発経緯
<震災で見送りになった「ホヤビールプロジェクト」が復活!再始動>
震災前、山内鮮魚店の山内 恭輔専務より「ホヤの独特の香りをビールに活用できないか」と提案があり、ホヤを使用したビールの試作を行っていました。
当時は100Lのビールを醸造し試験販売にまで漕ぎ着けましたが、東日本大震災で山内鮮魚店の工場と店舗は流され、復興に専念するためホヤビールの開発は自然と一時中断しました。
今回、2015年8月下旬に山内鮮魚店の新工場完成を迎える中で南三陸のホヤを使用して再度ビール醸造を行っていこう」と商品開発を再開し、発売に至りました。

■『三陸の海蛸(ホヤ)エール』について
真ほやの全国シェア、実はその8割が宮城県(主に石巻より北)で水揚されています。
宮城県ではホヤの養殖が盛んに行われ、東日本大震災により一時は壊滅的被害を受けましたが、2014年ようやく復活しました。
南三陸もホヤの一大産地。
山内鮮魚店では、生産者が大切に育てた宮城県産の真ホヤだけを厳選、水揚したその日にお手元へ向け発送致しています。いわて蔵ビールでもその日のうちに持ってきていただいたホヤの殻とホヤの出汁を使用し、ビール醸造を行いました。

販売はこちら http://www.yamauchi-f.com/fs/yamauchi/hoya_ale

 

地元の新聞社さんにも取り上げて頂きました。

43054-1

販売は山内鮮魚店のサイトでおこなっています。
http://www.yamauchi-f.com/fs/yamauchi/hoya_ale

本格的なスモークエールです。
 

この記事だけを表示

御菓子司木村屋2015年8月25日 12:00

【おかし工房木村屋】仮設店舗でベーカリーが開店しました



こんにちは。おかし工房木村屋の木村洋平です。 今年の3月に本店がオープンしたのと同時に長期休業に入っていた仮設店舗ですが、8月21日、いよいよ「おかし工房木村屋ベーカリー」として営業再開しました!



開店当日はオープン前からたくさんのお客様が並んでおり、焼き立てパンの食べられるお店をずっと待っていた、と多くの喜びの声をいただきました。開店から3日間は、毎日お買い上げの方先着100名様にパンの無料プレゼントを行いましたが、3日間ともお昼には品切れとなりました。



パンは全部で40種類ほど販売しましたが、特に好評だったのが塩バターパン(毎日売上ダントツNo.1!)、「夢の樹」の焼印を押した「プレミアムあんぱん」、「渋皮マロンパイ」、「かりんとう饅頭」でした。



今回もやはり(?)、開店まではバタバタしており、準備に十分な時間が取れなかったこともあって不安がありましたが、メーカーさん等がしっかりサポートしてくれましたし、何よりご来店いただいたお客様の笑顔を見た瞬間に、今までの不安や苦労が吹き飛ぶ思いでした。



仮設店舗が再開して、いわ井さん、やぶ屋さんと3軒並んで営業している風景が懐かしく思いました。ここ最近、私は東京での出張イベント・お盆の繁忙期・仮設店舗再開の準備等に追われており、栃ヶ沢ベースに顔を出す機会がほとんどなかったので、1か月ぶりに顔を合わせた方々もいました。やはり、お隣さん方と会うとホッとしますね。またあの頃の栃ヶ沢ベースの活気が戻ってくるなあと、実感しています。この場所ではあと1年半も営業できませんが、ここで学んだことを次のステップに生かしていきます。



焼き立てパンの賞味期限は当日中なので、投資家の皆様をはじめ遠方の方々に召し上がっていただくことが出来ないのが心苦しいのですが、陸前高田にいらっしゃる機会がありましたら、是非お立ち寄りください。

それから、私は買い出しや雑用でほとんど店舗にいることは出来なかったので、毎日店を支えてくれたスタッフの皆にも、この場を借りて感謝します。ありがとうございました。

それでは、また面白いことがあったらお知らせしたいと思います!



おかし工房木村屋
木村洋平




この記事だけを表示

八木澤商店2015年8月24日 13:54

【インターンシップ生】一本松店の新メニュー考案中!

みなさま、こんにちは。


先週からインターンシップで2名の大学生が八木澤商店に来ています。

今日は一本松店の新メニューを考案中です!


第一回目の試作は・・・ 「おやき」です★

 

生地はノーマル、醤油入り、味噌入りの3種類です。





中に詰める具は、ナスやにんじんを弊社の「肉みそ」のみで味付けしたもの♪


いよいよ焼く段階ですが、中まで火を通そうとすると表面が真っ黒に焦げてしまったり・・・
試行錯誤の上、蒸してから焼くことに。







最後はきれいに出来ました★


社員に試食してもらいあれこれ感想を・・・
「おいしい!」「生地がもちもち~」「もう少し味のパンチがほしい!」などなど。

商品開発の加藤さんからもアドバイスをもらい改良に取り組んでいました。


インターンシップも残り3週間、実際に商品化されるのが楽しみですね♪



_


この記事だけを表示

大木代吉本店2015年8月23日 00:38

福島県が3年連続「日本一」‼

蔵元通信28号をご紹介します。

※画像をクリックすると、PDFでご覧いただけます。 蔵元通信

この記事だけを表示

歌津小太郎2015年8月19日 09:16

南三陸・歌津の海と地域を研究!

本当に暑い日が続いていますね!  


8月のとある早朝、歌津・中山港から歌津半島を眺める


少し海のほうに目を移すと、、、


太平洋から登る朝日です。この日は雲ひとつない晴天でした。(馬場中山カオル商店HP20150801)


”歌津小太郎 こぶ巻ファンド”の有限会社橋本水産食品の千葉孝浩です。例年ならこの時期は100kmほど離れた仙台・藤崎デパートの直営店と歌津との往復を週に2回ほどこなしまして、お中元商戦やお盆の帰省時のお土産品としての『うんめぇもの需要』に対応しているのですが、この夏は第二工場の建設が佳境ということもありまして、ほとんど歌津を離れることなく過ごしております。


実は我が町、南三陸町・歌津地区は入り組んだ海岸線と、平地が少なくてすぐに高台や森林となるという地形のおかげか、仙台に比べると夏の平均気温は2-3℃低いように思います。35℃を越える瞬間もありますが長時間続くことはなく、夕方には海風が心地よく吹いてきます。そんなわけでこの夏、私自身は夏バテすることもなく、歌津小太郎の仕事と先日ご紹介しました『歌津うんめぇもの研究会』の商品開発といった新しい事業をなんとかこなしております。


さて今回は歌津のうんめぇもの研究の基盤となる『歌津の地域の魅力』をご紹介したいと思います。実はあたりまえに享受していたのであまり自分達では気づいていなかったのですが、震災後に来て頂いたボランティアの皆さんから教えられて改めて私たちの町の魅力に気がつくことが出来ました。そんな気づきをご紹介します。

第一の魅力は何といっても『海』だと思います。夏なので子供たちの海での遊びについてご紹介しましよう。私の年代の小学生時代の夏休みの過ごし方は、午前中は野球、午後は海で泳ぐという毎日でした。自宅のほんの目の前が海ではありましたが馬場中山地区の海岸線は子供目線からいうと大人の漁師の仕事場としての海でして、全て遊泳禁止でしたので、自転車で2kmほどの距離にある長須賀海水浴場で毎日のように遊んでしました。男の子たちは砂浜ではなく防波堤から飛び込みをして度胸試しをする、そんな遊び方をしていました。  








現在の長須賀海水浴場の様子です。海水浴場から防潮堤に変わろうとしています。(2015.8.16撮影)

海で遊ぶうちにおのずと、海の生き物にも詳しくなります。正式な名前は判らなくても、磯の海藻の種類はたいてい判りました。その経験は今も活かされていますね。

子供たちにとっては遊び場の海ですが、大人にとっては、そう、漁師さんにとっては職場そのものです。自宅からすぐ目の前に広がる太平洋が職場。海が荒れればお休み。都会で毎日通勤電車で職場に通うボランティアさんからは、心の底からうらやましいと言って頂きました。


次に、お金の値打はつけられないと思いますが、太平洋から登る『朝日』。四季折々にいろんな表情がありますが、震災後の不自由な避難所生活のときには、毎朝、この朝日に勇気を貰いました。



歌津・中山漁港からの朝日

3番目にあげるとしたら、『地域の伝統・風習』でしょうか。漁師町ならではの習慣が沢山あり、それがボランティアの方には新鮮に映ったようです。伝統の漁法であったり、漁師の中でのルールであったり、初めて見聞きする人には未知の世界が沢山あったようで、いろんな質問を頂きました。「古い慣習は窮屈ではあるかもしれないけど、それを次の時代につなげること。それが他にはない歌津の魅力の一つになるよ!」そんな風に言って貰い、改めて地域の特色の一つなのだと知りました。






アワビの開口時の様子(2015.1.9) 
(※開口とは地元の漁協が漁業権を持っている組合員に漁を許可することを言います)


ついこの前、震災前の歌津、中山漁港の写真が数枚出てきたのでご紹介します。撮影日時は2008年2月1日となっていました。一年で最も寒い時期のはずですが、写真からはのどかで穏やかな港の雰囲気が伝わる画像になっているように感じます。あらためてこんな感じだったかなぁと懐かしく思います。今後も歌津の海や山の写真を掲載させて頂き、より多くの皆さんに歌津を知って頂き、地元の者には気づかない“歌津の魅力再発見”に結びつくように、私たちにとっては何気ない地元の風景・風物の姿を写真でご紹介したいと思います。









<あとがき>
『歌津うんめぇもの研究会』の活動を始めてからうんめぇものを育む我が町の再発見をしたくなりまして、こんな記事にしてみました。皆さんに歌津の魅力が伝われば嬉しいです。
記事担当: 千葉孝浩
写真協力: 千葉小太郎

この記事だけを表示

及善商店2015年8月17日 12:00

【及善新聞】2015年8月号



みなさま

日頃よりご愛顧賜り誠にありがとうございます。

さて、及善新聞8月号が完成致しましたので、お送り致します。
9月の関東方面での催事のご案内も記載させていただきました。
是非ご覧いただけましたら幸いです。

お盆も過ぎ、暦の上では立秋を過ぎましたが、
暑さはまだまだ続きそうです。

くれぐれもご自愛ください。

 
株式会社 及善商店
六代目 及川 善弥


 


クリックすると大きな画像が開きます(PDF)







 

この記事だけを表示

世嬉の一酒造2015年8月15日 15:53

いわて蔵ビールがワールドビアアワードジャパンで4商品とも入賞

毎年開催されるワールドビアアワード。ビールの世界大会です。
このワールドビアアワードに4種類のビールをエントリーしました。
まだ、日本予選段階ですが、日本での評価が発表されました。
4種類(三陸牡蠣のスタウト、いわて蔵ビール スタウト、バーレーワイン、ジャパニーズハーブエール山椒)をエントリーし、すべて入賞しました。
嬉しいですね~。これからアジア大会があります。
オイスタースタウトがジャパンベストビアに選ばれましたので、アジア大会でも頑張ってほしいです。


WBA2015

Oyster

ジャパンベストに選ばれた三陸牡蠣のスタウト(Oyster Stout)。今年もいい牡蠣で仕込みができたので受賞は嬉しいです。2013年にアジアベストビアに選ばれたこともあります。


詳細はこちら

バーレーワイン

ジャパンゴールドビアになったバーレーワイン。おしくもジャパンベストになれなかったので、アジア大会には出場はできませんが、嬉しい受賞です。

現在は販売しておりません・・・


いわて蔵ビール スタウト

いわて蔵ビール定番商品のスタウト。こちらもジャパンゴールドメダルビールに選ばれましたが、ベストビアは逃しました。残念。


商品の購入はこちら


山椒エール

ジャパニーズハーブエール山椒はジャパンシルバーメダル。ん・・・・ちょっと残念。


また、後藤工場長と仕込みの仕方などを見直してみます。


商品の購入はこちら

 

私たちは、受賞することが目標ではなく、お客様に感動していただき、そして岩手の良さを伝えることができるビール醸造を目指しています。

ただ、時々品評会等に出すことよって、プロの方々に評価していただくことで自分たちの改善点等をみつけることができるのでコンペティションに出品したりします。


これからも後藤工場長と一緒によりよい「いわて蔵ビール」を作り上げていきたいと思います。


小さい工場ですが、「世の人々が嬉しくなる一番の酒づくりを目指す」という社名の由来のとおり頑張っていきたいと思います。

 


■■■■■■■■■■今日の世嬉の一■■■■■■■■■■■■■■■■

甥っ子姪っ子がかえってきました。大騒ぎの座敷わらしちゃんお姉さんと妹。


四代目も四代目の奥さんもこの時期はお店や工場でお手伝いするため、なかなか外に連れて行ってあげられない・・・


そこで、ちょっと暇をみつけて世嬉の一の近くの老舗の喫茶店に連れて行きました。


そのお店『フレンド』では、大きなパフェが特徴のお店です。


パフェ


お姉ちゃん座敷わらしちゃんは抹茶パフェ。妹座敷わらしちゃんはストロベリーパフェ。


どちらも食べきれなかったようですが、普段見たことがないデザートにびっくり&大喜びでした。



座敷わらしちゃん妹の絵


そして・・・妹座敷わらしちゃんのスイカの絵が一関郵便局に飾ってありました。


妹座敷わらしちゃんの幼稚園の園児さんの絵が飾られていたようです。


自分より大きなスイカの絵に仰天。


四代目は、妹座敷童ちゃんの芸術的才能に感動してました。


------ P R ---------------

yoitsugi_E

ヨイツギのお求めはこちら

-------イベントのお知らせ----------
地ビールフェス中吊

8月28日~30日は全国地ビールフェスティバルin一関

ぜひ一関に遊びに来てください。FBに「いいね」もお願いします!こちら

この記事だけを表示

世嬉の一酒造2015年8月11日 11:59

夏ばて防止にこうじの甘酒がおすすめです。

今日も暑い日がつづいている世嬉の一。

夏祭りも昨日で終了し、ちょっと一息と思いきや・・・今日から帰省が始まっています。

懐かしい友人も蔵に来てくれてうれしいです。

しかし、暑さはなかなかやわらがない。

そんな中、蔵元レストラン世嬉の一では、夏バテ防止に食前に「こうじのあまざけ」をお出しするようになりました。

こうじのあまざけ

「こうじのあまざけ」はその名の通り、酒の糀(こうじ)で米のでんぷんを糖化した甘酒です。

甘酒は元来、夏の飲物として親しまれてきました。

それは、夏バテ防止のためです。

夏暑すぎると、食欲がなくなり、冷たいものばかり飲んでしまうため胃が疲れてしまいます。

そうすると栄養が足りなくなり、夏バテしてしまいますね。

 

あまざけは天然の点滴!しっかりした栄養剤

醗酵学の権威、小泉武夫先生によるとブドウ糖が20%以上含まれ、さらに、麹菌が繁殖するとき、ビタミンB1、B2、B6、バンテン酸、イノシトール、ビオチンなど全ての天然型吸収ビタミン郡を作って米麹に蓄積させ、それが甘酒に溶出されます。だから、「こうじ」でつくった甘酒は総合ビタミンドリンクなのだそうです。

さらにさらに!麹由来の繊維質とオリゴ糖が腸内環境を整えるので、便秘や肌荒れ予防、デトックスの効果がみられるそうです。

江戸時代はこの甘酒を夏バテ予防や栄養ドリンクとして飲んでいたそうです!

 

甘酒は汗のかく夏に最適!朝ごはん代わりに1杯も!

甘酒の成分を分析してみるとなんと30種類以上の体に良い成分が含まれている事が分かりました。
即効性のエネルギー源になるブドウ糖。体の形成に欠かせない必須アミノ酸も9種類全て含まれています。
さらに、疲労回復効果があるビタミンB群ナトリウム、マグネシウム、カルシウムなども含まれているんです。
この他にも、100種類以上の酵素が消化の手助けをしたり、二日酔いの原因である低血糖を予防してくれたりと、まさに万能薬だったのです。


甘酒を飲むオススメの時間は、目覚めに1杯

脳のエネルギー源であるブドウ糖の働きで目覚めがシャキッとします。
原料がお米なので朝ご飯の代わりにもなりますよ。

 

ノンアルコールだからお子さんにも安心!

子供にもあまざけ

甘酒は、ノンアルコールで砂糖は一切使用していないので、お子さんでも安心して飲める健康飲料です。

ただ、お子さんで糀(こうじ)の香りが苦手という場合・・・

オススメの飲み方があります。

豆乳やミルクであまざけをわると美味しいのですよ。

また、寒天でゼリーをつくっても美味しいです。

お子様のおやつにも活用してみてはいかがでしょうか?


蔵元レストラン世嬉の一では、お客様に甘酒を食前にだして元気になってもらっています。
皆さん、暑い夏だからこそ元気に過ごしましょう!


amazake1-2


甘酒のご購入はこちら


■■■■■■■■■■今日の世嬉の一■■■■■■■■■■■■■■■■


世嬉の一の中庭にスイレンが今年も咲きました。

朝早く来ないと見れないのですが・・・・(日中はつぼみにもどります)

今年もきれいに咲いているのでとてもうれしいです。

DSC_0867 DSC_0868

そして昨日まで一関は夏祭り。

大賑わいでした。

最後にちょっと雨がふりましたが、祭りは町を活気づかせますね。

DSC_0848

DSC_0856

写真は、夏祭り恒例のお天気祭りの際の写真。

炎舞(えんぶ)と時の太鼓の演奏が世嬉の一の中庭で力強く演じられました!

 

------ P R ---------------


yoitsugi_E


ヨイツギのお求めはこちら

-------イベントのお知らせ----------
地ビールフェス中吊

8月28日~30日は全国地ビールフェスティバルin一関


ぜひ一関に遊びに来てください。FBに「いいね」もお願いします!こちら

この記事だけを表示

寒梅酒造2015年8月8日 15:19

酒米が日々成長しています!

調 9 す。

近況報告のお便りをぜひご覧ください!画像をクリックするとPDFでご覧いただけます。
 

宮寒梅

この記事だけを表示

御菓子司木村屋2015年8月7日 19:00

仮設店舗再開のお知らせ



おかし工房木村屋の木村洋平です。 本設店舗オープンに伴い、仮設店舗を3月から長期休業しておりましたが、ようやく8月21日(金)に「おかし工房木村屋ベーカリー」として再開します!名前の通り、仮設店舗では今までの商品の他、パンをメインに販売いたします。現在も沢山のパンを試作中です! 仮設店舗を再開するにあたって、以前のように工場で商品を焼成している風景があると店内に活気が生まれ、いい匂いもするので何かしら店舗で商品を製造したいと思っていました。

実際、仮設から本設への引っ越し期間中バウムクーヘンを焼かなくなり、お客様から「寂しくなった」等の声をいただいておりましたので・・・。 そこで、パンは震災前もやっていて要望が多かったこと、陸前高田では今のところ焼き立てパンを食べられるお店がないということで、また始めようということになりました。



また、木村屋の歩みを写真や映像で紹介するギャラリースペースも設ける予定です。もうちょっとだけお待ちくださいね♪ どうぞ宜しくお願い致します。

おかし工房木村屋 木村洋平




 

夢の樹バウムも是非ご賞味ください



この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス