被災地からのレポート

石渡商店2012年2月23日 20:30

今夏の稼動開始に向け、工事が本格化

大切な出資者の皆様へ

 

いつも沢山のご声援を頂き、本当に有難うございます。

 

『石渡商店ふかひれファンド』にご参加いただきました2,300名を超える皆様のお力で新工場建設予定地にて地鎮祭を無事に済ませ、本格的な工事が始まっております。

 

 

新工場を建設するにあたって、弊社初代がチリ沖地震を教訓に気仙沼市内の山側に確保し、ゴルフ練習場としていた土地を平らな場所とするために土木作業が日々行われています。山で遊んだ思い出の場所を削る寂しさと、新工場の完成を待ち遠しくついつい工事に見入ってしまいます。

 

このたびは、皆様より託していただいた資金の使い道と今後の予定についてご連絡させていただきました。

 

昨年夏より、旧倉庫を改築して業務用の商品の製造を行っております仮設工場では、ファンド資金の一部を活用させていただき、新たに購入した煮沸釜でレトルト殺菌ができるようになりました。また、商品内の異物や金属を探知するX線探知機等を購入させていただき、運転検査や商品テストを毎日行っており、今後は、一般消費者様向けの商品化も行ってまいります。

 

 

なお、今夏を予定しております新工場完成後には、仮設工場は閉鎖し、本機器類を移動する予定でございます。新工場への移転後は、いよいよ本格的なふかひれの加工製造および販売を行ってまいります。本工場稼動後は、従前の従業員につきましては雇用出来る予定でございます。

 

 


また、新工場の稼動開始後の特典実施を予定しており、皆様にふかひれスープを召し上がっていただけること、そして、新工場でお会いできますことを楽しみにしております。

 

なお、3月末を持ちまして『石渡商店ふかひれファンド』の募集を終了いたしますが、被災地では工事業者が足りず人件費や資材の高騰が続くなかでも、まずは工場建築のため満額という目標を達成させたいと考えております。私たち加工会社が立ち上がることで、その他のふかひれ関連企業、漁師、そして気仙沼という町自体の活性化に貢献すると同時に、復興した暁にはご支援いただいた皆様と喜びを分かち合いたいと考えております。

 

本当のスタートはこれからとなり、長期間のお付き合いとなりますが、スピード感を持ち、従業員共々一丸となって「復興」という最大の壁に立ち向かい、鮫の日本一の水揚げ量を誇った気仙沼の復興に努めてまいります。世界からも認められているふかひれ加工技術を守り、次世代につなげる役目を果たしにつないでまいりますので、今後ともご支援の程宜しくお願い致します。

 

-----------------------------------------------
石渡商店ふかひれファンドの詳細およびお申込はこちら
ニュースカテゴリ
アーカイブス