マイクロファイナンス ファンド関連情報

ファンド関連情報2013年4月12日 14:28

“Together for Development” 投資先のサミックについて

下のロゴは、「カンボジア4」ファンドの投資先である、
マイクロファイナンス機関「サミック」のロゴです。

(マイクロファイナンス機関とは、主に途上国において貧困層へ金融サービスを提供する機関のこと)
 


緑色は「発展」、赤色は「根気強さと忍耐」、金色は「平和と豊かさ」を表しています。

地域の方々とサミックが、平和と繁栄のために、
強いコミットメントと根気強さをもち、一体となって努力をすることを表しています。

“Together for Development”

は、サミックのスローガンです。


サミック(旧称CHC-Limited)は、結核やHIV/AIDSの蔓延を防ぐことを目的に
1994年に設立されたCambodian Health Committee (CHC NGO) をルーツとしています。

公衆衛生・開発セクターにおける活動に25年以上従事してきたソク・ティム氏が、
保健事業の重要性と同様に 資金面のサポートが貧困層の削減に寄与するという
信条から開始したマイクロクレジット(小口融資)事業が、そのはじまりとなっています。
2009年11月にカンボジア語で「連帯」を意味する「サミック」に名称変更しました。 


(↓サミックのスタッフの皆さん)


(↓顧客を訪問するサミックのスタッフ)


金融は経済の血液に例えられますが、金融サービスは経済活動を
営むすべての人にとって不可欠な基本的な社会インフラです。
したがって、現在、金融サービスへのアクセスがないすべての人を
内包する金融システムを構築することは、国際社会の重要な政策課題です。

金融システムが未到達の層に、金融サービスを提供するためには、
マイクロファイナンス機関を育て、途上国のマイクロファイナンス市場を拡大させなければなりません。
そのためには、まずマイクロクレジットの原資となる資金が必要です。 

マイクロファイナンス貧困削減投資ファンドは、
すべての人が金融へアクセスできることを目指します。


【おすすめ記事】
-->一口3万円で、現地では何が買えますか?
-->マイクロファイナンス貧困削減投資ファンド2011年度の分配額
-->マイクロファイナンス機関の顧客Eatさんの話(動画付き)
-->NHKほっと@アジア「日本でできる途上国支援」放送

====================
現在「カンボジア4(第3次募集)」を募集中です。

カンボジア

-------
Facebookでも随時情報発信中!
マイクロファイナンス貧困削減投資ファンドFacebook:

この記事だけを表示

ファンド関連情報2012年11月29日 16:55

遠く離れた国にいる人のチャレンジにつながる投資

私たちが住む世界において、
約半分の人々は今までの人生で金融サービスを利用したことがありません。
そのうち、約20億人は一日に2ドル以下のお金で暮らしています。
貧しい人ほど、たまたま農業が上手くいかなかったときや、
家畜が死んでしまったときに保険金が出たり、
一時しのぎのお金を借りることが必要なのに、
そういう機会が与えられていないのです。
 
 
貧しい人々に金融サービスが提供されないのは、
こういった人々にお金を貸すのに必要な事務手数料が、
貸す金額に対して大きすぎたからです。
また、多くの人々は(地元で育った人でさえも)、
こういった貧しい人々にお金を貸しても決して返ってこないと考えていました。
 
 
こういった状況を大きく変えたのがマイクロファイナンスです。
貧者の信用組合とも呼ばれるマイクロファイナンス機関は、
数多くの途上国で、
非常に効率的な仕組みを駆使して、
より多くの人々に金融へのアクセスを拡げてきました。



いま、マイクロファイナンス機関が貸し出しているお金の総額は10兆円になります。
この金融機関の活躍により、多くの人々が新たに金融機関を使うようになり、
借りたお金で新しいビジネスを始めることや、
天災があったときの一時しのぎができるようになりました。
ですが、まだまだお金は足りていません。
潜在的に、マイクロファイナンス機関の資金需要は30兆円あるといわれています。
 
 
より多くの人々に金融サービスを届けるために、
先進国に住む私たちが出来ることは、
マイクロファイナンス機関にお金が流れる仕組みを作ることです。
認定NPO法人Living in Peaceは、ミュージックセキュリティーズ社と提携し、日本で初めて、
途上国の信頼出来るマイクロファイナンス機関にお金を届ける投資ファンドを作りました。




私たちにとって、3万円というお金は、時給1,000円のアルバイトを3日続けたら稼げるお金です。
それだけのお金があれば、途上国に住む人々は、新しい事業を始めることができます。
マイクロファイナンス機関からお金を借りた人のうち、97%以上の人はお金を返しています。
返ってきたお金は、また新しく誰かのチャレンジに使われます。
 
 



マイクロファイナンス貧困削減投資ファンド。
あなたのお金が、遠く離れた国にいる人のチャレンジにつながる投資です。



マイクロファイナンス貧困削減投資ファンド「カンボジア4」 詳細・お申込





Facebookでも随時情報発信中!
マイクロファイナンス貧困削減投資ファンドFacebook:

この記事だけを表示

ファンド関連情報2012年6月13日 17:43

ベトナムONE 第3次募集開始!

皆様のおかげをもちまして、6月9日に、
「ベトナムONE」の第2次募集の募集金額が満額集まりました。
ご協力いただきました皆様、大変有難うございます。

ベトナムONEは、全部で3回に分けて募集しております。
6月12日より、ベトナムONEの第3次募集を開始いたしました!

なお、第2次募集分の資金については、現在、最終的な入金確認や
本人確認作業をおこなっております。
お申し込みの方で、まだお手続きがお済みでない方は、お急ぎ下さい。
6月29日に、ベトナムのマイクロファイナンス機関TYMへ送金いたします。

ご契約が成立いたしました方へは、
8月頃より、投資先であるTYMの月次レポートをお送りさせて頂きます。

今後とも宜しくお願いいたします。


ベトナムONE第3次募集の詳細はこちら:
TYM

この記事だけを表示

ファンド関連情報2011年1月6日 14:51

【重要】マイクロファイナンスファンド「カンボジア3-1」についてのお知らせ

(「カンボジア3-1」にお申込の皆さまへ1月6日付けで下記メールをお送りしております。ご確認下さい。)

新年明けましておめでとうございます。
本日はご出資いただいておりますマイクロファイナンス貧困削減投資ファンド
「カンボジア3-1」につきまして、いくつかご報告とご案内をさせていただきます。

本日のお知らせ事項は、次の4点です。
1.ファンド調達結果
2.「カンボジア3-1」の記念ポスターの作成
3.スタディツアーのご案内
4.モニタリングについて

--
1.ファンド調達結果
最終的な調達状況は下記の通りとなりました。
セイラニティには昨年12月28日に送金、
本年1月1日より会計期間が始まっております。
ファンド調達額:   10,410,000 円(347口)
ファンド取扱手数料: 572,550 円
ファンド出資額:   9,837,450 円
ファンド運用額:   118,424 ドル
事業対象支店:    チャンカールー支店
ファンド参加者:   117人
マイクロビジネスアワード協賛金:58,500 円 (カンボジア1-3の累計:303,500円)

*ファンド調達額から、当社の取扱手数料5.5%を除いた額がファンド出資額
になります。
*ファンド出資額をドルに変換した額が、ファンド運用額として、今後の
分配計算等の際に参照されます。
*1ドル=83.07円(為替手数料込み)にて円からドルへ変換しました。

2.「カンボジア3-1」の記念ポスターの作成
チャンカールー支店に掲示する「カンボジア3-1」の記念ポスターを、
特典の一つとして作成いたします。
ポスターには出資者の皆様のお名前をアルファベットにて記載させていただき
ますので、下記の「カンボジア3-1」出資者限定ブログのページより、1月13日
までにお名前の登録をお願い致します。

登録ページ:
http://www.musicsecurities.com/blog/fund_article.php?ba=b10813a30502
(ログイン後、ご覧いただけます。)

なお、ポスターは人目につく所に掲示されます。また、今後、ニュースレター
やメディア(テレビや雑誌、新聞など)で取り上げられる可能性もあります。
それらの点もご考慮の上、もしポスターへの記載を希望しない場合は、
「匿名希望」とご記入ください。ポスターには「Anonymous」として末尾に記載させていただきます。
また、ニックネームや連名での記載も可能です。本ファンドにはご家族で一緒
に出資をされたなど、嬉しいご連絡もいただいておりますが、そのような 場合
には是非連名でご登録下さい。(例:「Hanako & Taro」等)

1月13日までにご回答がない場合には、ローマ字のヘボン式(パスポート表記)
に従い、姓名の順にてお名前を記載させていただきますのでご了承下さい。

今後の流れですが、1月下旬を目安にポスターを作成し、
一旦お名前の間違いがないか皆様にご確認いただいた後に発注いたします。
2月のスタディツアーの際に、持っていく予定です。

3.スタディツアーのご案内
最初のツアーまであと1ヶ月と、時期が迫ってまいりました。
2月6日発のツアーでは、まさに「カンボジア3-1」の投資先、
セイラニティのチャンカールを訪問します。

本ツアーでは、
□マイクロファイナンスの借り手の方々に会いに行く!
□マイクロファイナンス機関の実務を生で見られる!
□職員と借り手の人たちとひとつの食卓で交流!
等の特徴があります。。

現在、H.I.S.のサイトより、お申込受付中です。
http://www.his-j.com/tyo/eco/asia/eco-lip01_cam.htm

お一人での参加はもちろん、
家族やご友人をお誘い合わせの上ご参加いただくのも歓迎です。
もしこちらのパンフレットをご希望の方がいらっしゃいましたら、
郵送させて頂きますので、ご希望の部数と併せてご連絡下さい。
http://www.securite.jp/microfinance/_common/img/pdf/studytour2011.pdf

【ツアー概要】
●2月6日発:セイラニティ編(カンボジア3の投資先を訪れる旅)
02/06(日) 成田発、ホーチミン経由、プノンペン着
02/07(月) セイラニティ本店訪問(MFレクチャーや顧客訪問等)
02/08(火) コンポンチャムへ移動
カンボジア盲人協会のMFプログラムを見学
02/09(水) チャンカールー支店訪問(顧客訪問等)
02/10(木) プノンペンへ移動、市内観光
プノンペン発、ホーチミン経由(機中泊)
02/11(金) 成田着

料金:※
旅行代金  158,000円(燃油サーチャージ含む)
ユース料金 133,000円(12歳以上25歳以下)

●3月20日発:サミック編(カンボジア1と2の投資先を訪れる旅)
03/20(日) 成田発、ホーチミン経由、シェムリアップ着
03/21(月) シェムリアップ支店訪問(MFレクチャーや顧客訪問等)
トンレサップ湖クルーズ
03/22(火) カンボジア盲人協会のMFプログラムを見学
アンコールワット観光
03/23(水) プノンペン移動。サミック本店見学の後、カエプへ移動
03/24(木) カエプ支店訪問(ビレッジミーティング等)
03/25(金) プノンペンへ移動、市内観光
 プノンペン発、ホーチミン経由(機中泊)
03/26(土) 成田着

料金:
旅行代金  165,000円(燃油サーチャージ含む)
ユース料金 140,000円(12歳以上25歳以下)

※ いずれも大人お1人様(2名1室利用時)料金で、
1人部屋追加料金は20,000円かかります。
※ いずれのツアーでも、別途、成田空港施設使用料(2,040円)と
空港保安料(500円)、カンボジア出国税(US$25)が必要となります。

4.モニタリングについて
マイクロファイナンス貧困削減投資ファンドでは、
ファンド企画パートナーである特定非営利活動法人Livning in Peaceと協力
し、投資先のマイクロファイナンス機関と緊密に連絡を取り、常に財務状況等
のモニタリングをしています。
そして、投資家の皆さまには、月次レポートと四半期レポートをお届けいたします。
モニタリング方法やレポートのサンプルについては、こちらのブログ記事をご覧下さい。
http://www.musicsecurities.com/blog/community_news.php?ba=b10807a30505

なお、月次モニタリングの報告は、1月分から行います。
財務情報取得後、情報の分析、セイラニティへの確認、
レポート作成等をLiving in Peaceが行います。
最初のレポートをお届けするのは、3月になりますのでご了承下さい。
--
本日は以上になります。
本ファンドの償還は、2014年7月と、これから3年半以上のお付き合いになります。
何かお気付きの点などございましたら、ご指摘いただければ幸いです。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

ミュージックセキュリティーズ
マイクロファイナンスファンド担当
杉山 章子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
営業者 セイラニティ
URL: http://www.seilanithih.com.kh/
※本ファンドの出資金及び組成・契約締結の取扱いは、
セイラニティより委託の元、
ミュージックセキュリティーズ株式会社が
運営をおこなっております。
ミュージックセキュリティーズ株式会社
〒100-6510
東京都千代田区丸の内一丁目5番1号
新丸の内ビルディング10階
URL : http://www.musicsecurities.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事だけを表示

ファンド関連情報2011年1月4日 11:19

サミック 2010年第3四半期報告と10月の月次報告

(「カンボジアONE」及び「カンボジア2」にお申込の皆さまへ12月29日付けで下記メールをお送りしております。ご確認下さい。)

今年も残すところ、あとわずかになりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

私は、昨日「カンボジア3-1」の出資金の送金をし、そして「カンボジア3-2」の募集開始と、
最後まで、慌しくも充実した時間を過ごしております。

本日お届けするトピックは次の4つです。
1.第3四半期報告
2.10月の月次報告
3.スタディツアー申込受付中
4. 「カンボジア3-2」募集開始

--
1.サミックの第3四半期レポートが完成しましたのでお届けします。
今回のレポートでは、サミックの業況に加え、
2010年7月にMIX社(※)より発表されたMicrofinance in Cambodiaから、
カンボジアのマイクロファイナンス業界の2009年度レビューをご紹介させていただきました。

現在、カンボジアにはマイクロファイナンスの利用者は110万人、
貸出残高は8.3億ドルといった情報や、預金残高、
マイクロファイナンス機関の資金調達について、簡潔にまとめておりますので、
是非、投資家限定ブログより、レポートをご覧下さい。

(※)MixmarketはMicrofinance Information Exchange社(以下MIX社)の
提供するマイクロファイナンス情報提供サイト。MIX社はマイクロファイナンスの浸透と、途上国における情報インフラの構築推進を目的としています。

2. サミックの10月のデータ収集と分析が完了しましたので、月次報告書をお届けします。

四半期レポート及び月次レポートは投資家限定ブログよりご覧下さい。
「カンボジアONE」にご参加の方はこちら:
URL: http://www.musicsecurities.com/blog/fund_article.php?st=ls&bl=87
(ログインが必要です。)

「カンボジア2」にご参加の方はこちら:
URL: http://www.musicsecurities.com/blog/fund_article.php?st=ls&bl=94
(ログインが必要です。)

3.スタディツアー申込受付中
現在、H.I.Sのウェブサイトより、お申込を受付けております。

詳細・お申込はこちら:
http://www.his-j.com/tyo/eco/asia/eco-lip01_cam.htm

また、パンフレットも完成しましたので、
こちらより是非ご覧下さい。(PDF)
http://www.securite.jp/microfinance/_common/img/pdf/studytour2011.pdf

私自身、現場を訪れると必ず新しい気付きや学びがあります。
しかし、投資家の皆さまにそれを言葉等ではなかなかお伝えしきれずに、正直、歯がゆい思いをしております。
私たちが投資したお金が、どのようなマイクロファイナンス機関に投資され、
活用され、借り手の方の生活を支えているのか、
投資家の皆さまにも、是非直接見て、知っていただきたいと考えています。

最初のツアーが2月6日出発と、あまり時間がありませんので、この機会にお早めにご検討・お申し込み下さい。

※ 投資家特典として企画しておりますが、ご家族やご友人等、投資していない方も一緒にご参加いただけます。

4. 「カンボジア3-2」募集開始
マイクロファイナンスファンド「カンボジア3-2」(営業者:セイラニティ)の募集を開始しました。
「カンボジア3」シリーズは、マイクロファイナンス機関に無理なく資金を活用してもらうために、セイラニティの3000万円の資金ニーズに対し、「カンボジア3-1」「カンボジア3-2」「カンボジア3-3」の3つのファンドを組成し、各1000万円ずつ、3回に分けて送金する予定です。

(「カンボジア3」シリーズの特徴については、こちらのブログ記事をご覧下さい。)

冒頭にも申し上げたとおり、昨日無事に「カンボジア3-1」の送金を終え、
2つ目のファンド「カンボジア3-2」の募集を開始しました。
営業者のセイラニティは、サミック同様、当社とLIPの提携先であるフィリピンのCARD BANKの支援先になります。

(セイラニティについての詳細のレポートはこちら:
http://www.living-in-peace.org/_common/img/pdf/LIP_Report_No6.pdf )
お届けする月次レポートの内容も「カンボジアONE・2」とは異なりますので、また違った視野でカンボジアのマイクロファイナンス分野を捉えることができるかと思います。
宜しければこちらの参加も是非ご検討下さい。

「カンボジア3-2」の詳細・お申込はこちら:
http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?fid=158
--
最後に、本年は大変お世話になりました。

毎月、メールを送らせていただくだけでなく、
様々なご意見やご質問をいただいたり、
セミナーや説明会の場で直接お会いすることができたり、、
このファンドを通して、多くの機会に恵まれ、多くのことを学ばせて頂きました。

来年は、カンボジアONE及び2も2年目になり、
実際の分配こそ行われませんが、早々に2010年の結果も出てまいります。

今年は、モニタリングについては、
毎月の報告をお届けするタイミングがバラバラで、
遅れがちだった点を特に課題に感じておりますが、
来年は、透明性の高さに加えて、
スピードも意識した情報開示に努めてまいりたいと思います。

マイクロファイナンス貧困削減投資ファンドとしては、
ベトナムをはじめ、カンボジア以外の国での展開も視野にいれております。

ミュージックセキュリティーズ社としては、
実は「カンボジア3-2」が記念すべき100本目のファンドとなりましたが、
2011年は、創業10年目の節目の年になります。

投資に託された皆様の気持ちに思いをめぐらし、
資金が有効に活用されるよう、
また、投資の意義や楽しさを感じていただけるよう、
益々注力して励んでまいりますので、
来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

それでは、皆さま、良いお年を。

マイクロファイナンスファンド担当
杉山

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マイクロファイナンス貧困削減投資ファンド
営業者 サミック(旧称CHC)
URL: http://www.securite.jp/microfinance
※本ファンドの組成・契約締結の取扱いは、サミック
より委託の元、ミュージックセキュリティーズ株式会社が
運営をおこなっております。
ミュージックセキュリティーズ株式会社
〒100-6510
東京都千代田区丸の内一丁目5番1号
新丸の内ビルディング10階
URL : http://www.musicsecurities.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事だけを表示

ファンド関連情報2010年12月10日 12:51

【重要】 「カンボジア3-1」についてのお知らせ

(「カンボジア3-1」にお申込の皆さまへ12月9日付けで下記メールをお送りしております。ご確認下さい。)

この度はマイクロファイナンス貧困削減投資ファンド
「カンボジア3-1」にご参加頂きまして誠に有難うございました。

ミュージックセキュリティーズで、
マイクロファイナンスファンドの担当をしております杉山と申します。
今後、本ファンドに関するご連絡をさせていただきますので、
どうぞ宜しくお願い致します。
特に今月は、ファンドについての重要なお知らせを何度かさせていただく予定です。

本日のお知らせ事項は、次の6点です。

1.「カンボジア3-1」無事に募集終了
2.「マイファンド詳細」ページ
3.「延滞率テスト」の結果
4. 送金スケジュール
5. 入金と本人確認資料送付のお願い
6. スタディツアー

--
1.「カンボジア3-1」無事に募集終了

第2次募集の終了日である12月6日に、
募集上限口数(352口 1056万円)に達するお申込があり、
無事に募集を終了いたしました。
現在は、入金のご確認及び本人確認手続きを進めておりまして、
近日中に最終的なファンド総額、参加人数が確定いたします。


2. 「マイファンド詳細」ページ

本匿名組合契約の説明書・契約書や、運用情報等は、
今後、マイページの「マイファンド詳細」からご確認いただけます。
(ログインが必要です。入金確認後にご覧いただけます。)


3. 「延滞率テスト」の結果

匿名組合契約書 第5条6項に従い「延滞率テスト」を行い、
本ファンドの営業者・セイラニティの全貸出残高中、
30日以上の延滞をしている融資の割合が
過去3ヶ月平均で5%以下であることを確認しました。

※数値の詳細はお送りしているメールでご確認下さい。

※延滞率テストの趣旨については、こちらのブログに簡単な記事がありますので、
宜しければご確認下さい。
http://www.musicsecurities.com/blog/community_news.php?st=ls&bl=107


4. 送金スケジュール

「延滞率テスト」の結果を受け、
契約書の定めの通り、円からドルへの両替、及び、カンボジアへの送金が、
募集終了日から15営業日後の12月28日(火)に決まりました。


5. 入金と本人確認資料送付のお願い

ご入金と本人確認資料の送付は、申込後7日以内にお願いしております。
お申込手続きが完了していても、
入金確認、及び、本人確認が未了の場合には、契約成立にはならず、
28日にカンボジアへ送金することができませんので、
まだの方は、至急ご対応いただきますようお願いいたします。
何かご不明点がありましたら、お気軽にお問合せ下さい。


6.スタディツアー

本ファンドの投資家特典の一つにスタディツアーがございます。
(ツアー費用等は自己負担になります。)

間もなくHISのサイトより、受付を開始しますので、
是非参加をご検討下さい。

日程の詳細については、こちらよりご確認いただけます。
http://www.musicsecurities.com/blog/community_news.php?ba=b10807a30504

また、ツアーの説明会を12月26日(日)の午後3時より、
HISオフィス(新宿)で実施予定です。
こちらの詳細につきましても、明日以降早めにご連絡致しますので、
お近くにお住まいの方は、是非予定していただけますと幸いです。


本日は以上です。

これから3年以上のお付き合いになりますが、
どうぞ宜しくお願いいたします。


ミュージックセキュリティーズ
マイクロファイナンスファンド
担当:杉山

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
営業者 セイラニティ
URL: http://www.seilanithih.com.kh/

※本ファンドの出資金及び組成・契約締結の取扱いは、
セイラニティより委託の元、ミュージックセキュリティーズ株式会社が
運営をおこなっております。

ミュージックセキュリティーズ株式会社
〒100-6510
東京都千代田区丸の内一丁目5番1号
新丸の内ビルディング10階
URL : https://www.securite.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事だけを表示

ファンド関連情報2010年12月7日 23:10

「カンボジア3」(営業者:セイラニティ)の3つの特徴

マイクロファイナンス貧困削減投資ファンド「カンボジア3」の特徴を
3点ご紹介します。

1. 投資先地域:チャンカールー

「カンボジア3」で集める資金の使途は、主にセイラニティの
チャンカールー支店で行われるマイクロファイナンス事業が対象です。
チャンカールはプノンペンの北東、車で4時間ほどの、
コンポンチャム県に位置する典型的な農村地帯です。

2. 「延滞率」テスト

今回から導入する「延滞率」テストでは、
過去3ヶ月の平均延滞率が5%以下の場合に送金します。
仮に延滞率が5%以上であっても、それが収益等に大きく影響を及ぼすわけではありませんが、
私たちが延滞率が低く抑えられていることを重視している、
というメッセージを発することで、セイラニティに良い意味での規律が働くと考えています。

3. 分割送金

一般的に、手元に資金の余裕があると、審査が甘くなったり、
より金額の大きい融資を行ってしまう動機が働くため、
分割して小分けに送金をすることで、そのリスクを低減することができます。

今回、セイラニティには合計で3000万円程度の資金を調達したいと考えていますが、
送金については、1000万円程度ずつ、間を空けて3回に分けて行う予定です。
「カンボジア3」は、「カンボジア3-1」「カンボジア3-2」「カンボジア3-3」の三つのファンドから成り、
現在は「カンボジア3-1」による最初の1000万円分の調達が終了し、
「カンボジア3-2」の募集準備中です。

※「カンボジア3-1」については、「延滞率」テストを実施するため、最新のデータを取得中です。
※「カンボジア3-2」は近日中に募集開始予定です。


(2010年12月7日現在)


この記事だけを表示

ファンド関連情報2010年12月1日 18:15

スタディツアー詳細

スタディツアーの詳細がほぼ固まりました!

詳細は、是非こちらをクリックしてご確認下さい。(PDF)

このスタディツアーは投資家特典の一つとして、
投資家の皆さまに実際に投資先の様子を知っていただくために、
Living in Peace, HIS, ミュージックセキュリティーズが共同で
企画しております。
投資家優先ですが、もし人が集まらなかった際には、
広く、現在投資を検討中の方も含め、申込を受付ける予定です。

お申込については、間もなくHISのウェブ上で受付開始する予定ですので、
今しばらくお待ち下さい。
最初のツアーが2月6日出発で2ヶ月後とあまり時間がありませんが、
今からご計画いただけますと幸いです。
ファンドへのご参加がまだの方は、この機会に是非ご検討下さい。
【概要】

特徴:
□マイクロファイナンスの借り手の方々に会いに行く!
□マイクロファイナンス機関の実務を生で見られる!
□職員と借り手の人たちとひとつの食卓で交流!

旅程と料金:

●セイラニティ編(カンボジア3の投資先を訪れる旅)

02/06(日) 成田発、ホーチミン経由、プノンペン着
02/07(月) セイラニティ本店訪問(MFレクチャーや顧客訪問等)
02/08(火) コンポンチャムへ移動
 カンボジア盲人協会のMFプログラムを見学
02/09(水)  チャンカールー支店訪問(顧客訪問等)
02/10(木) プノンペンへ移動、市内観光
 プノンペン発、ホーチミン経由(機中泊)
02/11(金)  成田着

料金:
大人お1人様(2名1室利用時)
旅行代金  158,000円(燃油サーチャージ含む)
ユース料金 133,000円(12歳以上25歳以下)
1人部屋追加料金:20,000円


●サミック編(カンボジア1と2の投資先を訪れる旅)

03/20(日) 成田発、ホーチミン経由、シェムリアップ着
03/21(月) シェムリアップ支店訪問(MFレクチャーや顧客訪問等)
 トンレサップ湖クルーズ
03/22(火) カンボジア盲人協会のMFプログラムを見学 
アンコールワット観光
03/23(水) プノンペン移動。サミック本店見学の後、カエプへ移動
03/24(木) カエプ支店訪問(ビレッジミーティング等)
03/25(金) プノンペンへ移動、市内観光
 プノンペン発、ホーチミン経由(機中泊)
03/26(土) 成田着 

料金:
大人お1人様(2名1室利用時)
旅行代金  165,000円(燃油サーチャージ含む)
ユース料金  140,000円(12歳以上25歳以下)
1人部屋追加料金:22,000円

※いずれのツアーでも、別途、成田空港施設使用料(2,040円)と空港保安料(500円)、
カンボジア出国税(US$25)が必要となります。

※「カンボジア1、2、3」のいずれかに出資していれば、
どちらのツアーにもお申込いただけます。


この記事だけを表示

ファンド関連情報2010年11月26日 15:46

サンバス氏参加 「カンボジア3」説明会実施しました

11月25日「カンボジア3」営業者セイラニティのチャンカールー支店長サンバス氏をゲストに、
マイクロファイナンスファンドの説明会を実施しました。
(イベント詳細:http://www.musicsecurities.com/blog/community_news.php?ba=b10765a30662)

サンバス氏は、11月28日に行われるLIPマイクロファイナンスフォーラムのために来日中なのですが、
24日夕方にプノンペンを出発し、バンコク経由で25日早朝7時15分に成田着、というスケジュールの中、
休む間もなく「カンボジア3」の説明会に昼・夜2回、ご参加いただきました。

疲労や眠気、タイへの出稼ぎを除いて初めての海外、投資家やファンドに関心のある皆さまを前にして、
セイラニティを代表して苦手の英語での初めてのトーク、ということで、とても緊張している様子でしたが、
やはり当事者の声に勝るものはないなぁ、というのを実感しました。

サンバス氏には、現場でどのようにマイクロファイナンスのローンを実行、モニタリングするのか、
また、セイラニティが借り手との信頼関係づくりを重視し、単にローンを提供する以上に、
顧客へビジネスのアドバイス等も行っている、等のお話をいただきました。

印象に残ったのは、チャンカールー支店のPARは0.2%ととても低いのですが、
この0.2%の返せなかった人の事例です。
借り手の女性は、お母様を亡くされ、お父様がタイに出稼ぎに出ることになり、
家庭の財政的な状況が一時的に非常に苦しくなり、返せなくなったそうですが、
状況が良くなったら必ず返すから、と約束いただいているそうです。

数字の裏には、様々なライフストーリーがあるものだと改めて感じました。

「カンボジア3」は、現在「カンボジア3-1」が募集中ですが、
12月6日が第2次募集の終了日です。
いつでも出資の機会はありますが、早く現地で使っていただけるよう、
是非、12月6日を一つの目安にご検討下さい。

ファンド詳細はこちらから:https://www.securite.jp/microfinance/


[写真: 説明会 夜の部より]


S1

S3

S2

この記事だけを表示

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2022 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.