マイクロファイナンス

マイクロビジネスアワードの様子2013年1月16日 16:02

【アワード報告】マイクロファイナンス利用者来日5,6日目

カンボジアから日本へ来たマイクロファイナンス機関「サミック」のスタッフの
センムンさんと、サミックの顧客のウクさんは、5日目投資家の方々と懇親会、
6日目はマイクロファイナンスフォーラムに参加しました。 

2012年12月13日 3日目の様子はこちら】  
2012年12月14日 4日目の様子はこちら】   

【2012年12月15日 5日目の様子】

5日目は、投資家の方々と交流を深める会を開きました。
普段なかなか話せない者どうし、軽食を食べながら、
気軽にお話をすることができました。

(カンボジアの文化を通訳者のセインさんが紹介してくださいました)
 





【2012年12月16日 6日目の様子】

6日目は、認定NPO法人Living in Peaceが毎年開催している
マイクロファイナンスフォーラムに登壇者として出席しました。

2012年のフォーラムは第5回め。
2008年に日本初のマイクロファイナンスファンドの立ち上げを提案すべく、
初めてマイクロファイナンスフォーラムを開催したときから4年目となる
2012年に、マイクロファイナンスファンドの投資先である
マイクロファイナンス機関から顧客を招待できたことは感慨深いものがありました。

フォーラムのテーマは「グループレンディングと貧困削減効果はいかに」。
ゲストには、東京大学経済学部教授の澤田康幸氏と、
Safesave創設者Stuart Rutherford氏を迎え、
アカデミックから現場に至る視点をもとに、
マイクロファイナンスについて話し合いました。
内容は後日ご報告予定です。







フォーラム後は、お二人の今後の成功を祈って、
だるまをプレゼントしました。




-------------------------------------------------------------------------
現在、マイクロファイナンス貧困削減投資ファンド「カンボジア4」を募集中です。
カンボジアのマイクロファイナンス機関「サミック」向けのファンド。
一口3万円。
カンボジアの貧困層の方々の事業を支えます。

カンボジア 

-------------------------------------------------------------------------
Facebookでも随時情報発信中!
マイクロファイナンス貧困削減投資ファンドFacebook:
http://www.facebook.com/microfinance.fund  

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2022 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.