えこふぁーむニュース 2014年12月

イベント2014年12月10日 17:35

第2回料理教室

12月10日に第2回の料理教室が開催されました。今回のテーマは「豚バラ肉の煮込み」の
バリエーションです。

説明

豚バラ肉をたこ糸で縛って、フライパンで焼き色を付けます。焼き色を付けるのは、肉のうま味を閉じ込めるためです。同時に香味野菜の人参、セロリ、タマネギ、ニンニクもフライパンで火を通します。肉を煮込むのは、かならず水からがポイント。水から沸かすことによって、アクをうまく取って、雑味が出ないようにするためです。香味野菜を加えて、2時間ほど煮込みます。

豚バラゆで上がり

ゆで上がり煮込み茹で

もう一つは、お肉をソテーして、焼き色をつけてから、これも季節のお野菜を焼いてから一緒にお出しするものです。

ソテー焼き

もう美味しいのは言うまでもありませんでした。
 ごちそうさまです。

この記事だけを表示

イベント2014年12月9日 19:10

料理教室を開催しました

森小休では、森小休のプロデューサーである笹川浩二氏を東京よりお呼びして、毎月料理教室を開催しています。地元の旬の素材を上手に活用して、一流フレンチの味を手軽につくり出す方法を楽しみながら学ぶイベントです。その第一回が11月26日(水)に開催されました。
料理教室


今回のテーマは、「テリーヌ」です。フランス料理のテリーヌとは、型枠の中に様々な食材を
詰めてつくるもの。今回は地元のみなさんが、日頃使っている食材として、さつまいもと里芋を
使ったテリーヌをレクチャーしていただきました。

テリーヌ 
笹川シェフの料理コンセプトの説明を聞きながら、手際よく茹でた里芋とオーブンで蒸し焼きにしたさつまいもを型枠につめていきます。

もりつけ 

出来上がった テリーヌをフライパンで焦げ目をつけて、自家製ソーセージを載せて盛りつけ。まったりとクリーミーで、これがあの毎日食べているおいもさんから出来ているのかと皆さん感心することしきりでした。

火入れ

ついでと言ってはなんですが、放牧豚においしく火を通す秘伝も伝授していただきました!

講師プロフィール
笹川浩二 1969年生まれ
大学卒業後、料理に目覚め。「アバゴブライダルホール」「デュエット」入社。世界ジュニアオリンピックinカナダの日本代表5人の1人として出場し個人で銀メダル、団体で金メダル獲得。
恵比寿ガーデンプレス シャトーレストラン「タイユーバン・ロプション」にオープニングスタッフとして入社。後に渡仏三ツ星レストラン ベルナール・ロワゾー氏のコートコールに入る。二ツ星レストラン「ジャンポル・ジュネ」一ツ星「オーボン・コワンド・ラック」「レア・リンスター」帰国。池袋「トラント・トワ33」でスー・シェフを努める。築地「ル・ポトフ」シェフを務める。現在は、渋谷「レストラン プティバトー」オーナーシェフ。
 

この記事だけを表示

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.