えこふぁーむニュース えこふぁーむ登山部

えこふぁーむ登山部2014年5月28日 18:09

国見岳

梅雨入りも間近な、熱い日差しを感じる大隈半島ですが、今日はかねてより念願の国見岳に登りました。
森小休にあるおそば屋さんを、「国見そば」と命名しているくらいに、えこふぁーむはこの国見岳には思い入れが深いのですが、それもそのはず、古代より霊験あらたかな山であるからです。
国見岳は、神話伝説の「海幸彦・山幸彦」物語の山幸彦(彦火火出見尊)の山陵ともいわれ、国見権現の名で親しまれています。尊を祀る祠があり、文化14年9吉日の銘がある石灯籠をはじめ、古跡塔があります。
車で、山頂のかなり近くまで行けるので、それほど時間はかからないのですが、パワースポットというだけあって、かなりすがすがしいエネルギーに満ちている山です。

国見岳山頂

山頂の祠に参拝した後、活力が余って、下りはあえて険しい山道を行くことにしました。道なき道をずるっと滑りながら下りていったのですが、かなり苦労して、汗をかきかき、車道にたどりついた時には本当にほっとしました。
えこふぁーむ登山部、これからも続きます。

国見岳下り

この記事だけを表示

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.