えこふぁーむニュース 2013年05月

ニュース2013年5月8日 10:33

中村えいこ 代表取締役就任のご挨拶

この度、えこふぁーむの代表取締役に就任いたしました中村えいこです。

えこふぁーむは先代の想いを引き継ぎ、地域の資源を未来から奪うことなく未来へ残し、
管理放棄された土地の再生と地域に残された資源を無駄にすること無く活用し、
地域の環境修復を事業目的とし活動して参ります。

ストレスの少ない食材は人の身体と精神を健康にすると考え、えこふぁーむでは
無理せず・欲張らず・正直に真っ直ぐ由緒正しい食材の生産を行い、
その収益で地域の環境修復に努めます。

採算性を考えれば決して事業として成立し難いですが、
私達がいま楽に暮らせているのは
前世代が私達に資源を残してくれた恩恵の賜物です。

私達が未来から全ての資源を奪い楽な暮らしをすれば私達は幸せかもしれませんが、
将来世代はどのようにして暮らすのでしょうか?
将来世代は幸せでしょうか?私達が資源を未来から奪うことは、
未来を不幸にすることだと考えます。

私達が前世代から受け継いだ資源を次の世代へ残すことが、
前世代へ感謝の気持ちを伝えられる方法であると思います。

えこふぁーむは豚をパートナーに、これからも、この先も、ずっと未来に
続いていく企業として地域に根ざすためにも、
豚の餌を100%自給・野菜生産・自社製造加工品・生産者と消費者の距離を
縮める取り組みをこれからの課題とし、地域との連携を強め地域の
お困り事を事業とし、未来へつながる事業者として努めて参ります。

今後とも変わらずご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。

有限会社えこふぁーむ 代表取締役 中村えいこ


この記事だけを表示

イベント2013年5月8日 10:33

えこふぁーむ 出資者交流会のお知らせ

この度、えこふぁーむ放牧豚ファンドのご出資者の方々への事業状況のご報告および
皆様のお知恵をお借りすることを目的として、
えこふぁーむの放牧豚をお楽しみいただきながら、
以下のような交流会を開催させて頂きます。

知人・ご友人・ご家族などお誘いのうえ、気軽にご参加ください。

-------------------------------------------------------------------------
日時:5月14日(火)19時~22時予定
会場:ポークストック
   http://porcstock.com/
   東京都 北区中十条3-16-7
   JR東十条駅北口より徒歩1分
   03-3908-2297
会費:3,000円(飲み物別)
内容:(1)えこふぁーむの進捗状況の説明(社長交代など含め新規展開など)
   (2)出資者の方々に相談にのっていただきたいこと
     ・進捗状況からのご意見。
     ・5月から行う自社製造の加工品の販売方法。
     ・来年2月のマタンサファミリア(注)でどうやったら首都圏地元
      から多くの方々に参加していただけるか。
     ・新規水事業で首都圏に売り込むための企画など
参加申込:本メールまで、お名前、参加人数を記載の上ご返信ください。
ご留意:お店のスペースの都合上、定員に達する場合がありますので、
    お早目にお申込みください。

-------------------------------------------------------------------------

(注)マタンサファミリアとは

豚をと殺・加工し命を頂くことを体験するイベントです。

マタンサ(スペイン語・ポルトガル語)は、スペインやポルトガルで
概ね12月に開催される祭り又は行事。ポルトガル語では「殺すこと」を
意味する普通名詞であるが、
この場合は「肉を作るために家畜を屠殺する(つぶす)」ことを意味する。

西欧では農作物の作付に適さない冬場の食糧として、豚をつぶして肉にし、
ハムやソーセージ等の製造を行い農作物の収穫が可能になる春場まで食いつなぐ
というライフスタイルが普及しており、これらの複合的な要因で生まれた
行事が「マタンサ」である。

村うちで小規模に行われるものもあれば、比較的大きな町の広場に多数の人を集め、
鳴り物の演奏が行われたり、伝統舞踊が披露されたりするものなど、形態は様々である。

えこふぁーむでは西欧でのマタンサにあやかり、全ての命を頂いて
私達は活かされていることを考えるきっかけを作るイベントとして
毎年1回マタンサファミリアを行っています。

様々な地域で、また、様々な食材を使ってマタンサが行われることに
期待して全国へ発信して行きたいと思っています。

マタンサファミリアの流れ(1泊2日)
1. 豚の賭殺(食肉処理場で行う)
2. 命の食べ方等のビデオを観賞(30分程度)
3. 豚の解体をプロの手で行う(素人では肉の旨味を減少させてしまう)
4. 参加者でソーセージ作り
5. 食事会(演奏・踊り・意見交換)
6. 翌日朝、豚の放牧場見学、再生地での野菜収穫

この記事だけを表示

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.