ニュースリリース

プレスリリース2020年1月9日 16:00

新会社設立のお知らせ

/data/blog/archive/original/45355.png
/data/blog/archive/original/47989.jpg
2020年1月9日
ミュージックセキュリティーズ株式会社
 
新会社設立のお知らせ
 
ミュージックセキュリティーズ株式会社(本社:東京都千代田区)は、株式会社九州フィナンシャルグループ(本社:熊本市中央区)、熊本第一信用金庫(本社:熊本市中央区)、九州電力株式会社(本社:福岡市中央区)と共同で、新会社を設立致します。
 当社の長年培ってきたクラウドファンディングの手法を用いて、九州の特徴ある産業や中小企業者に対し積極的に成長マネーを供給し、地域経済の発展を支援していきます。
 

【出資企業の概要】
 
称号 株式会社グローカル クラウドファンディング
事業概要 クラウドファンディングプラットフォーム運営 (ファンド型、購入型、寄付型) ファンド組成及びファンド販売業務
資本金 1億円
設立予定 2020年2月
代表者 荒川 浩二(現 株式会社 肥後銀行上席執行役員)
従業員 5名
主要株主(予定) 株式会社 九州フィナンシャルグループ
ミュージックセキュリティーズ 株式会社
熊本第一信用金庫
九州電力株式会社
 
  
【ミュージックセキュリティーズの概要】
 
 1口数万円の少額からご出資いただけるインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」を運営。 「セキュリテ」は経済的なリターンを求めるだけではなく、創業や中小企業支援による産業振興・地域創生、インディペンデントな創作活動と研究開発、環境問題の解決、そして、震災からの復興など、それぞれの地域で抱える社会的な課題に対して、皆様からの出資を通じて解決しようとする、経済的な価値と社会的な価値の両方を追求する新しい投資の仕組み。 個人の共感をベースにした新しい金融の枠組みを作り出し、世の中に新たな価値を提供することを目指し、事業を展開しています。(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
  

【本プレスリリースのお問い合わせ先】

 ミュージックセキュリティーズ株式会社
TEL:03-5948-7301
e-mail:広報部 pr@musicsecurities.com
                     
 

この記事だけを表示

講演・登壇2019年12月23日 10:30

弊社代表取締役 小松のJICA公開セミナー登壇について

/data/blog/archive/original/47989.jpg
 
来年1月21日にJICAが開催するパレスチナ難民支援に関する公開セミナー(https://www.jica.go.jp/project/palestine/008/news/20191216.html)に弊社代表取締役の小松が登壇しますので、ご案内します。

2018年に米国が国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)に対する支援を凍結したことを受けて、弊社はUNRWAが世界的に展開している資金調達キャンペーン「Dignity Is Priceless」(尊厳を守る)に賛同し、寄付サイト(https://www.securite.jp/unrwa)を立ち上げました。
 
/data/blog/archive/original/48078.jpg
 
国際協力機構(JICA)は、パレスチナ難民支援に関する公開セミナーを2020年1月21日に開催します。
このセミナーは、2016年から2019年にJICAが実施したパレスチナ難民キャンプの生活改善のための協力が人々にもたらした変化を振り返り、パレスチナ難民に対する人道支援・開発・平和をどのように進めることができるかを考えるものです。
 
 /data/blog/archive/original/48079.jpg  /data/blog/archive/original/48077.jpg

弊社小松は、このセミナーの中で、UNRWAに対する寄付サイト立ち上げの経緯や、弊社としてどのようにパレスチナを支えていくことができるのか等について、お話しさせていただく予定です。
 
皆様にもぜひご参加いただけますと幸いです。
ご関心をお持ちいただいた方は、JICAウェブ(https://www.jica.go.jp/project/palestine/008/news/20191216.html)からお申込みくださいますようお願いいたします。

この記事だけを表示

プレスリリース2019年12月13日 10:00

「ファイターズ絵本寄贈プロジェクト」絵本寄贈セレモニー 実施のお知らせ

 
 
/data/blog/archive/original/47988.png
 

 
2019年12月13日
ミュージックセキュリティーズ株式会社
 
ボールパークのあるまちづくり第1弾「ファイターズ絵本寄贈プロジェクト」絵本寄贈セレモニー 実施のお知らせ
                                                                                                                                                          
この度、ボールパークのあるまちづくりの第1弾「ファイターズ絵本寄贈プロジェクト」に伴う「絵本寄贈セレモニー」を下記の通り実施致します。
                 
                  
【実施予定日時】  12/21(土) 10:00~11:00
 
【場    所】  北広島市役所 地域子育て支援センター「あいあい」
 
【実施予定内容】  ・絵本の寄贈
            ・子どもたちから感謝の言葉
            ・絵本の読み聞かせ
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「ファイターズ絵本寄贈プロジェクト」
北海道日本ハムファイターズ選手会が作成した絵本「もりのやきゅうちーむ ふぁいたーず」シリーズ等をみなさまからの寄付金で購入し、北広島市内の幼稚園、保育園など22施設に寄贈します。子どもたちが絵本を読み、語彙力や想像力の向上などに加え、ボールパークとファイターズへの親しみ・愛着を感じてもらいたい、ボールパークに将来的に足を運んでもらいたいと考えています。
 
【プロジェクトURL】 https://ballpark.city/project/detail/526
【特設サイトURL】 https://ballpark.city/
 
 
本プロジェクトの主旨をご理解いただき、ご取材頂けますと幸いです
 
                                     以上 
 
■ お問い合わせ先
ミュージックセキュリティーズ株式会社
 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1大手町ビル3階
 Email:pr@musicsecurities.com
 Tel:03-5948-7301
 Fax : 03-3287-7210
 
1口数万円の少額からご出資いただけるインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」を運営。 「セキュリテ」は経済的なリターンを求めるだけではなく、創業や中小企業支援による産業振興・地域創生、インディペンデントな創作活動と研究開発、環境問題の解決、そして、震災からの復興など、それぞれの地域で抱える社会的な課題に対して、皆様からの出資を通じて解決しようとする、経済的な価値と社会的な価値の両方を追求する新しい投資の仕組み。 個人の共感をベースにした新しい金融の枠組みを作り出し、世の中に新たな価値を提供することを目指し、事業を展開。
(登録番号:第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
 

この記事だけを表示

プレスリリース2019年12月6日 13:00

ククレブ・アドバイザーズとの業務提携のお知らせ

/data/blog/archive/original/45355.png/data/blog/archive/original/47323.jpg/data/blog/archive/original/45047.jpg
                                     
                            2019年12月6日
                     ククレブ・アドバイザーズ株式会社 
                   ミュージックセキュリティーズ株式会社
    
ククレブ・アドバイザーズとの業務提携のお知らせ

この度、ミュージックセキュリティーズ株式会社(本社:千代田区/代表取締役:小松真実/以下「MS社」)とククレブ・アドバイザーズ株式会社(本社:千代田区/代表取締役:宮寺之裕/以下「CCReB社」は、中小規模の、工場、物流センター、データセンター、研究所等の不動産及び当該不動産に含まれる設備等(以下「コンパクトインダストリアル不動産」)を利用した新事業の開拓のため、業務提携を致しました。
本業務提携により、「CCReB社」は、同社が得意とするコンパクトインダストリアル不動産に関連する新事業開拓への知見の提供及び関係先の紹介を実施し、「MS社」は、それをもとに新事業への資金調達に係わる部分のスキームの構築及び業務を実施します。
今後は、「MS社」が運営するインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」を通じて、個人または法人からの共感性を持った資金を、地域が必要とするコンパクトインダストリアル不動産に供給することが可能となります。
これにより、これまで大規模産業分野では取り扱いが難しかったコンパクトサイズの新事業の開拓が増え、地方創生や事業承継における課題解決に繋がることが期待されます。
   
 ■連携スキーム
/data/blog/archive/original/47325.jpg










■会社概要

◇ククレブ・アドバイザーズ株式会社
代表者:代表取締役 宮寺 之裕
所在地:東京都千代田区二番町9-3
事業内容:企業の不動産戦略(Corporate Real Estate)支援等を行う不動産テックのスタートアップ企業であり、①不動産テック事業、②CREアドバイザリー事業、③Compact CRE※への投資・運用事業の3本柱を中心に事業展開を行っております。
現在、不動産テック事業としてサブスクリプション型システムの第一弾となる、AIを活用し企業の不動産売買動向等を予測し不動産法人営業の効率化を支援する“CCReB AI”の2020年初頭リリースに向けて開発を推進しています。(宅地建物取引業 東京都知事(1)第104007号)
※  Compact CRE…これまで組成が難しいとされてきた金額規模の小さいセール&リースバック案件を始めとするCRE提案により組成する案件をいいます。
サイトURL:https://ccreb.jp/

◇ミュージックセキュリティーズ株式会社
代表者:代表取締役 小松 真実
所在地:東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル3階
事業内容:1口数万円の少額からご出資いただけるインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」を運営。 「セキュリテ」は経済的なリターンを求めるだけではなく、創業や中小企業支援による産業振興・地域創生、インディペンデントな創作活動と研究開発、環境問題の解決、そして、震災からの復興など、それぞれの地域で抱える社会的な課題に対して、皆様からの出資を通じて解決しようとする、経済的な価値と社会的な価値の両方を追求する新しい投資の仕組み。 個人の共感をベースにした新しい金融の枠組みを作り出し、世の中に新たな価値を提供することを目指し事業を展開しています。(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
サイトURL: https://www.securite.jp/

■本件に関するお問い合わせ先

◇ククレブ・アドバイザーズ株式会社 広報
E-mail: info@ccreb.jp

◇ミュージックセキュリティーズ株式会社 広報 
TEL:03-5948-7301  E-mail:pr@musicsecurities.com


 

この記事だけを表示

プレスリリース2019年11月14日 14:00

東京大学基金との連携についてのお知らせ

/data/blog/archive/original/45355.png                                                                      

                     

/data/blog/archive/original/47201.png/data/blog/archive/original/47200.jpg    
                              

2019年11月14日
                            国立大学法人東京大学
                    ミュージックセキュリティーズ株式会社
 
東京大学基金とミュージックセキュリティーズ株式会社 
寄附募集に関する連携について


   この度、国立大学法人東京大学社会連携本部(東京大学基金)(本部:東京都文京区/社会連携本部長:藤井輝夫)と、ミュージックセキュリティーズ株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役:小松真実)は、東京大学の教育研究を支える財政基盤多様化の一環として、11月14日付で寄附募集の新たな仕組みを構築することで合意しました。
 
   国の競争的資金や民間のクラウドファンディングは短期的なものが多く、研究者の自由な発想にもとづく挑戦的なボトムアップ研究を行うには、長期的な視野に立った研究投資が必要不可欠です。このような背景をより多くの方に知って頂くため、東京大学基金は、卒業生や関係者だけではなく、多様な方にアクセス頂けるようにWEBサイトを全面リニューアルしました。
 
   今回、この活動を加速させるため、長期的に重要なインパクトをもたらす資金ニーズと社会的課題に対して、出資を通じて解決を追求することで実績のあるミュージックセキュリティーズ株式会社と連携する運びとなりました。それに伴い同社が運営するプラットフォーム「セキュリテ寄付」にて東京大学基金プロジェクトの寄附募集を開始することで、新たな寄附者層へ訴求できるようにいたしました。また東京大学から寄附金領収書を発行するため、「セキュリテ寄付」を通じた寄附者にも税制上の優遇が適用されます。
 
   つきましては、本連携の第一弾として本日11月14日より東京大学の複数の研究室による合同プロジェクト「スーパー酵母2020」への寄附募集を開始いたします。
掲載予定WEBサイトURL: https://www.securite.jp/ac/UTokyo1

                                                                            以上

 
【東京大学基金の概要】
  東京大学は1877年の創設以来、人材育成および学術研究の面で日本の近代化に貢献。2017年に「未来社会協創推進本部」を立ち上げ「世界の公共性に奉仕する大学」としての使命を踏まえ、地球と人類社会の未来へ向けた協創を効果的に推進。
  東京大学基金は、大学の財政を長期的に支え、東京大学の教育研究活動及び社会連携活動の充実等に資することを目的としています。
 
【ミュージックセキュリティーズ株式会社の概要】
   1口数万円の少額からご出資いただけるインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」を運営。 「セキュリテ」は、経済的なリターンを求めるだけではなく、創業や中小企業支援による産業振興・地域創生、インディペンデントな創作活動と研究開発、環境問題の解決、そして、震災からの復興など、それぞれの地域で抱える社会的な課題に対して、皆様からの出資を通じて解決しようとする、経済的な価値と社会的な価値の両方を追求する新しい投資の仕組みです。
   個人の共感をベースにした新しい金融の枠組みを作り出し、世の中に新たな価値を提供することを目指し、事業を展開しています。(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
 
【スーパー酵母2020】
   「発酵の母」と呼ばれる酵母は菌類に属する微生物として、パン、味噌、醤油、ビール、ワイン、清酒などの発酵食品を作る際に用いられており、人類にとって最も馴染みの深い産業微生物の一つです。酵母の形態は様々あり、発酵食品を作る際には異なった形態の酵母を用います。スーパー酵母とは、AI指向性進化法を用いて超効率的に品種改良・育成することで得られる非常に優れた酵母の変異体です。スーパー酵母は形態が特徴的であるだけでなく、特定の発酵食品を生産するのに突出した能力があると期待されるため、これまで不可能だった発酵食品の生産が可能になります。また、発酵食品の生産効率を劇的に向上させることで、世界の食糧問題の解決に繋がります。本プロジェクトでは、広く社会からのご支援、特に民間からの寄附を活用して従来の研究予算では実施が難しかった挑戦的な研究テーマに東京大学の最高のチームで取り組み、その成果を社会に還元したいと考えています。
   
【お問い合わせ先】
○東京大学基金について
  東京大学基金事務局
  〒113-8654 東京都文京区本郷 7-3-1
  Email:kikin.adm@gs.mail.u-tokyo.ac.jp
  Tel:03-5841-1217(9:00~12:00、13:00~17:00 土日祝除く)
  Fax:03-5841-1219
 
○ミュージックセキュリティーズ株式会社について
 産学官連携推進室
 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1大手町ビル3階
  Email:pr@musicsecurities.com
 Tel:03-5948-7301
 Fax : 03-3287-7210
 
○スーパー酵母2020について
  合田研究室
  〒113-8654 東京都文京区本郷 7-3-1 理学部化学東館
  Email:goda@chem.s.u-tokyo.ac.jp
  Tel:03-5841-4329
※11月14日は電話での対応ができないため、メールでのご連絡をお願いいたします。

この記事だけを表示

プレスリリース2019年10月30日 12:00

山形市南部の児童遊戯施設整備事業落札のお知らせ 

/data/blog/archive/original/45355.png                
                                /data/blog/archive/original/45047.jpg

 

                               2019年10月30日
                     ミュージックセキュリティーズ株式会社 

       

山形市南部への児童遊戯施設整備事業落札のお知らせ 


この度、弊社が協力企業として参画しているグループ(山形市内の建設会社など13社が協力して結成)が、山形市南部への児童遊戯施設整備事業入札で落札者に選ばれましたのでお知らせ致します。 

山形市では令和2年より、山形市大字片谷地字谷地地内に体育館や遊具のある児童遊戯施設の建設に着手する予定で、弊社は協力企業の一員として必要な資金調達を一部行う事となりました。 

本件について、山形市から以下の通り発表されましたのでご参照ください。

「平成31年4月8日付けで入札公告を行った山形市南部への児童遊戯施設整備事業について、山形市南部への児童遊戯施設整備事業者検討委員会(以下「検討委員会」という。)において提案内容の検討を行い最優秀提案者が選定されました。
 市は、検討委員会の検討結果を踏まえ、落札者を決定しましたので、公表します。なお、検討委員会における審査講評については、後日公表します。」

○山形市南部への児童遊戯施設整備事業に関する落札者の決定について.pdf


【ミュージックセキュリティーズの概要】 
1口数万円の少額からご出資いただけるインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」を運営。 「セキュリテ」は経済的なリターンを求めるだけではなく、創業や中小企業支援による産業振興・地域創生、インディペンデントな創作活動と研究開発、環境問題の解決、そして、震災からの復興など、それぞれの地域で抱える社会的な課題に対して、皆様からの出資を通じて解決しようとする、経済的な価値と社会的な価値の両方を追求する新しい投資の仕組み。 個人の共感をベースにした新しい金融の枠組みを作り出し、世の中に新たな価値を提供することを目指し事業を展開しています。(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号) 


【本プレスリリースのお問い合わせ先】 
ミュージックセキュリティーズ株式会社
 TEL:03-5948-7301 
e-mail:広報部 pr@musicsecurities.com 

                      

 

この記事だけを表示

プレスリリース2019年8月8日 14:00

「伊賀の京丸屋 組紐スカジャンファンド」募集開始のお知らせ

/data/blog/archive/original/45355.png                       /data/blog/archive/original/45047.jpg


                                     2019年8月8日
                                      ミュージックセキュリティーズ株式会社

 
 『伊賀の京丸屋 組紐スカジャンファンド』募集開始のお知らせ

この度、弊社ミュージックセキュリティーズ株式会社(本社:東京千代田区、代表:小松真実)は、業務提携先の株式会社三重銀行(本社:四日市市、頭取:渡辺三憲)と、株式会社三十三総研(本社:四日市市、社長:山本博也)と連携し、伊賀の京丸屋(所在地:伊賀市、代表:浅野正嗣氏)の投資型ファンド「伊賀の京丸屋 組紐スカジャンファンド」を組成しました。
そして本日より、自社運営するインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」にて、募集を開始しましたのでお知らせ致します。
伝統産業『伊賀組紐』と『伊賀忍者」のコラボレーション商品
/data/fund/5371/忍者ブランド③.jpg/data/fund/5371/組紐②.jpg

伊賀の京丸屋は、三十三フィナンシャルグループが主催する「33FG ビジネスプランコンテスト2018」の受賞者であり、伊賀流忍者発祥の地である伊賀地域にて、忍者関連商品の製造・販売を行っています。
今回、当ファンドで調達した資金で、伊賀の伝統工芸品である組紐を取り入れた「組紐スカジャン」を製造し、伊賀地域の知名度向上と地域活性化に繋げたいと考えています。新たな忍者ブランドの構築を「伊賀忍者の里」から発信していきますので、今後の事業展開に、是非ご注目ください。

 
■会社概要
ミュージックセキュリティーズ株式会社
https://www.musicsecurities.com/
東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル3階
代表取締役 小松 真実
インパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」の運営、ファンド組成・販売業務
第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号
 
■本プレスリリースについてのお問い合わせ先
ミュージックセキュリティーズ株式会社
TEL:03-5948-7301
e-mail:広報部 pr@musicsecurities.com
 

この記事だけを表示

プレスリリース2019年7月23日 10:44

ブロックチェーンを活用した音楽投資システムの特許出願のお知らせ

/data/blog/archive/original/45355.png               /data/blog/archive/original/45047.jpg      
                           

                        
2019年7月23日 
ミュージックセキュリティーズ株式会社

                                 

ブロックチェーンを活用した音楽投資システムの特許出願のお知らせ 


     
この度、ミュージックセキュリティーズ株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役:小松真実/以下「当社」)は、ブロックチェーンを活用した音楽投資システムについての特許を出願いたしました。
 
当社は創業2000年以降、音楽家が自由な音楽を生み出せる環境を作る為に、オンラインでの小口投資を実現するクラウドファンディングなど、新しい資金調達の仕組みを開発・提供して参りました。 
 
近年、収益分配を受ける権利が付与されたトークン(セキュリティ・トークン)に関わる規制の明確化やルール整備が進んできたことを踏まえ、当社ではブロックチェーンの技術を活用し、楽曲毎の著作権及び著作隣接権に係る権利者情報の台帳記述、スマートコントラクトに基づく収益の分配などを内容とする特許の出願を致しました。
  
今後、この仕組みを、音楽事業以外の分野で応用することも検討しており、海外事業での活用等、技術の実用化へと進めて参ります。
  

【ミュージックセキュリティーズの概要】
 
 1口数万円の少額からご出資いただけるインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」を運営。 「セキュリテ」は経済的なリターンを求めるだけではなく、創業や中小企業支援による産業振興・地域創生、インディペンデントな創作活動と研究開発、環境問題の解決、そして、震災からの復興など、それぞれの地域で抱える社会的な課題に対して、皆様からの出資を通じて解決しようとする、経済的な価値と社会的な価値の両方を追求する新しい投資の仕組み。 個人の共感をベースにした新しい金融の枠組みを作り出し、世の中に新たな価値を提供することを目指し、事業を展開しています。(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号) 
 
【本プレスリリースのお問い合わせ先】
 
ミュージックセキュリティーズ株式会社
TEL:03-5948-7301
e-mail:広報部 pr@musicsecurities.com
                     

 

この記事だけを表示

プレスリリース2019年7月5日 17:00

ボールパークのあるまちづくり第1弾!ファイターズ絵本寄贈プロジェクトのお知らせ

/data/blog/archive/original/45355.png                      /data/blog/archive/original/45047.jpg
                                                                                                                                          2019年 7月 5日
ミュージックセキュリティーズ株式会社


 
『絵本』で繋ぐ。
ー ボールパークのあるまちと子ども達の未来 ー

 

 この度、ミュージックセキュリティーズ株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役:小松真実/以下「ミュージックセキュリティーズ」)は、北海道北広島市(市長:上野正三)と5月10日に締結した包括連携協定に基づき、「ファイターズ絵本寄贈プロジェクト」を実施いたします。
本プロジェクトは、北広島市の「ボールパークのあるまち」としての機運醸成を図るため、市内の幼稚園、保育園等にファイターズ選手会が作成した絵本等を配布することにより、ファイターズと子どもたちがより親しくなり、ファイターズに愛着を持ち、将来ボールパークに来て応援してもらうことを目的としています。



■ ファイターズ絵本寄贈プロジェクト

 ボールパークのあるまちづくりの第1弾として、北海道日本ハムファイターズ選手会が作成した絵本「もりのやきゅうちーむ ふぁいたーず」シリーズ等をみなさまからの寄付金で購入し、北広島市内の幼稚園、保育園など22施設に寄贈します。子どもたちが絵本を読み、語彙力や想像力の向上などに加え、ボールパークとファイターズへの親しみ・愛着を感じてもらいたい、ボールパークに将来的に足を運んでもらいたいと考えています。
◎プロジェクトページURL: https://ballpark.city/project/detail/526



■ ボールパークシティの共同創造

 北海道北広島市に世界がまだ見ぬ新たなボールパークの設立と、新球場を核とした様々なレジャー施設やショッピング施設などをかけ合わせた複合エリアを創造する構想が誕生し、2023年の開業に向けて整備を進めています。 この壮大なプロジェクトの中の大きなキーワードが「共同創造」。ボールパーク構想に共感した個人の方々が直接的に関わり、ボールパークに愛着を持っていただきたいという強い想いがあります。その中で、北海道北広島市とミュージックセキュリティーズは「ボールパークのあるまち」としてのまちづくり、そしてボールパークを起点とした経済活性化をクラウドファンディングの仕組みを通して実現していくこととしました。
◎特設サイト  ボールパークシティ北海道共同創造プラットフォームURL: https://ballpark.city/

ボールパークのあるまちの共同創造


■ 実現する仕組み

実現する仕組み


■ 北広島市の概要 
 

北広島市の概要

 北広島市は、札幌市と新千歳空港の間に広がるなだらかな丘陵地帯にあり、自然と都市機能が調和した住みよいまち。明治10年に札幌農学校(現在の北海道大学)初代教頭であったクラーク博士がアメリカに帰国のとき、学生との別れの際に「青年よ大志をいだけ」の言葉を残した地。また、ボールパークの建設地であり、2023年の開業に向けて整備を進めている。「ボールパークのあるまち」として、人々が集い交流する個性ある地域市街地の整備に努め、活力にあふれるまちづくりに取り組んでいる。


■ ミュージックセキュリティーズの概要

 1口数万円の少額からご出資いただけるインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」を運営。 「セキュリテ」は経済的なリターンを求めるだけではなく、創業や中小企業支援による産業振興・地域創生、インディペンデントな創作活動と研究開発、環境問題の解決、そして、震災からの復興など、それぞれの地域で抱える社会的な課題に対して、皆様からの出資を通じて解決しようとする、経済的な価値と社会的な価値の両方を追求する新しい投資の仕組み。 個人の共感をベースにした新しい金融の枠組みを作り出し、世の中に新たな価値を提供することを目指し、事業を展開。
(登録番号:第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)



■ お問い合わせ先

ミュージックセキュリティーズ株式会社
TEL:03-5948-7301
e-mail:広報部 pr@musicsecurities.com



■ プロジェクト概要

【目標金額】
1,000,000円

【絵本1冊寄贈コース】
支援金額:1,600円
絵本1冊を寄贈できます
<返礼品>
1. 絵本寄贈セレモニーへのご招待

【絵本3冊寄贈コース】
支援金額:5,000円
絵本3冊を寄贈できます
<返礼品>
1. 絵本寄贈セレモニーへのご招待

【絵本6冊寄贈コース】
支援金額:10,000円
絵本6冊を寄贈できます
<返礼品>
1.  絵本寄贈セレモニーへのご招待
2.絵本を寄贈した子どもからのお礼のお手紙

【絵本30冊寄贈コース】
支援金額:50,000円
絵本30冊を寄贈できます
<返礼品>
1.絵本寄贈セレモニーへのご招待
2.絵本を寄贈した子どもからのお礼のお手紙
3.ボールパークシティ特製 オリジナルボールパークTシャツ ※サイズ展開あり

この記事だけを表示

プレスリリース2019年7月5日 11:20

「大正 水辺のターミナルタウン構想ファンド」募集開始のお知らせ

/data/blog/archive/original/45355.png
/data/blog/archive/original/45047.jpg

 
『水上交通+まちづくり』
―川と海に囲まれた水辺の街に賑わいをー

       
 
この度、ミュージックセキュリティーズ株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役:小松真実/以下「ミュージックセキュリティーズ」)は、自社が運営するインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」において、飲食事業等を展開する株式会社RETOWN(リタウン)と大阪市大正区とが共同開発する複合商業施設「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」の取り組みを支援する「大正 水辺のターミナルタウン構想ファンド」を立ち上げました。 本ファンドは、当施設~ベイエリア間の舟運事業を開始するために必要な船着場の整備、および船の改修にかかる費用を個人の投資家から募集するものです。
大正区は近年人口流出が止まらず、大阪市24区の中で最も人口が少なくなる(2016年現在)など、都市として複数の課題を抱えており、今回の「新しい航路」で地域課題の解決を目指します。
本プロジェクトの取り組みにより、大正のまちの価値を飛躍的に向上することが期待されています。


◎ファンド詳細ページURLはこちら:  https://www.securite.jp/fund/detail/5247

※「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」2019年秋開業。
舟運事業も同時期に開始予定で、2020年春に大阪周遊パスの「無料で利用できる施設」に掲載予定。


■「水辺のターミナルタウン構想」とは

本ファンドの事業実施対象地である大阪市大正区は、かつて商人たちが盛んに活用した水路や運河に囲まれており、かつては、水都と呼ばれるまでに発展していました。名だたる自動車工場や鉄工所が立ち並んでいた「ものづくりのまち」でもあり、運河から多くの商業や人の流れを柔軟に受け入れてきました。
また、第一次大戦後の紡績産業ブームで多くの沖縄県民を受け入れたことから、現在でも区民の4分の1は沖縄にルーツを持つ人々です。「TUGBOAT TAISHO」は、大正区がもともと持っているこれらの特性を活かし、「水辺のターミナルタウン」という新しい役割を付与することで、まちの価値を向上させ、地域再生を目指すプロジェクトです。
 
/data/fund/5247/TT_BOAT_image01.jpg/data/fund/5247/TT_BOAT_image04.jpg/data/blog/archive/original/45821.jpg


本ファンド事業者の「株式会社RETOWN」では、この「TUGBOAT TAISHO」に船着場をつくり、定期船を就航させることで、大正区からベイエリア間の船での移動を可能とし、この地を水辺のターミナルとして機能させる計画です。ファンド資金は、舟運事業を開始するために必要な、船着場の整備および船の改修にかかる費用に使用します。
 
■本プロジェクトの背景

「株式会社RETOWN」と「大阪市大正区」は、
2019年3月27日に地域の一層の活性化と市民サービスの向上を目的とした包括連携協定を締結しました。
尻無川河川広場賑わい拠点管理運営事業を中心に、その他の様々な事項についても緊密に連携し、お互いの持つ力を共有することで、より一層の地域の活性化を図っていきます。
RETOWNの事業実績やアイデアと、大正区が持つ地域の特徴を互いに共有することで、本来ある「まちの伸びしろ」を活かし、まちに新たな役割を与え、特性のあるまちづくりを実現します。
/data/fund/5247/TUGBOAT_パース5_船着場.jpg



【会社概要】 
ミュージックセキュリティーズ株式会社
https://www.musicsecurities.com/
東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル3階
代表取締役 小松 真実
インパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」の運営、ファンド組成・販売業務
第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号


 
【本プレスリリースについてのお問い合わせ先】
ミュージックセキュリティーズ株式会社
TEL:03-5948-7301
e-mail:広報部 pr@musicsecurities.com

 

この記事だけを表示