ニュースリリース 2018年10月

ファンド募集・告知2018年10月19日 10:17

【岡山の地酒 白菊酒造ファンド2018】満額御礼

【岡山の地酒 白菊酒造ファンド2018】は満額終了致しました。



10月17日から募集受付を開始した【岡山の地酒 白菊酒造ファンド2018】は、受付開始後15時間で満額に達しました。 
ご出資頂いた皆様、誠にありがとうございました。
そして出資をご検討されていた皆様、次の機会がありました時には参加をお待ちしておりますので、
ひきつづき、ご支援の程よろしくお願い致します。

満額達成の御礼


出資者の皆様へ
 
この度は、岡山の地酒 白菊酒造ファンド2018へご出資を賜り、誠にありがとうございます。

第4回のファンドとなります今回も多くの方々からご出資いただく事ができました。
また、特に今回は募集開始後わずか15時間ほどで満額調達出来ました。募集スピードの驚きとともに皆様から大変なご注目を頂いている事を痛切に感じ、より気の引き締まる思いでございます。いつも応援いただき心より感謝と御礼を申し上げます。
 当蔵は岡山の地酒蔵として、地元の米、水、技の三位一体の酒造りこそ本来の地酒の姿ととらえ、特に原料米へのこだわりは全量地元岡山県産のお米の使用に切り替えてまいりました。又、仕込水は県内を流れる3大河川の高梁川水系の恩恵を受けた伏流水、そして伝統ある備中杜氏の技術といった造り酒屋にとって素晴らしい環境のもとで 明治19年来130有余年にわたり日本酒を醸しつづけてまいりました。

 今回のファンドは今までのお米へのこだわりへの総仕上げとして、当蔵の使用酒米のすべてを岡山県産の高品質な米から確保し、さらに当社で復活させた酒米をご紹介する事によって弊社の独自性と酒質のさらなる向上、希少な酒米の増産に向けた安定栽培等を目指します。ご支援頂きました皆様のご期待に応えてそれら原料米を用いてより美味しいお酒を醸し、岡山のお米の良さを皆様に広く知って頂きたいと思っております。白菊酒造で使用する岡山県産酒米「雄町」「山田錦」「朝日」は、従来通り県内の高品質な米を産出する優良地区からの調達を行います。今回はその3種類にさらに当社が復活させ、自社保有する「造酒錦(ミキニシキ)」と「白菊」の酒米を加えて5種類の酒米のラインナップとなります。そこで本ファンドによる資金を今までと同様に高品質な酒米の購入に使用させて頂くとともに、希少な酒米「造酒錦」「白菊」の調達と栽培の拡大、安定供給等に向け有効活用させて頂こうと思っています。会計期間は2019年1月からスタートいたしますがこの資金を充分に活用させて頂き、新年度の酒造りに向け皆様のご支援のもとご期待に応える様、全社一丸となって良酒の醸造、製品の拡売に邁進致します。

今後とも引き続き皆様方のご協力、ご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。
 
2018年 10月18日
白菊酒造株式会社
代表取締役 渡辺秀造


 

この記事だけを表示

プレスリリース2018年10月5日 11:10

【ミャンマーのマイクロファイナンス事業を支援】 特定非営利活動法人Living in Peace 及び、合同会社quaranteと業務提携

2018年10月5日
ミュージックセキュリティーズ株式会社
特定非営利活動法人Living in Peace
合同会社quarante
 

【ミャンマーのマイクロファイナンス事業を支援】ミュージックセキュリティーズ、
特定非営利活動法人Living in Peace 及び、合同会社quaranteと業務提携


 

 1口数万円の少額からご出資いただけるインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」を運営するミュージックセキュリティーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:小松真実/以下「ミュージックセキュリティーズ」)、国内外の貧困削減に取り組む特定非営利活動法人Living in Peace(東京都中央区、代表理事:中里晋三、龔軼群/以下「LIP」)及び、ミャンマーのマイクロファイナンス機関を子会社に持つ合同会社quarante(東京都中央区、代表社員:加藤侑子/以下「キヤラント」)の3者は、ミャンマーの低所得層や貧困層にマイクロファイナンスを通じた支援をすることを目的に、業務提携契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。​

/data/blog/archive/original/43641.jpg

■ 提携内容について
本業務提携により、ミュージックセキュリティーズ、LIP及びキヤラントの3者は、ミャンマーのマイクロファイナンスサービスの資金調達に向けた協力体制を構築します。キヤラントがミャンマーのマイクロファイナンス事業を運営する資金を集めるため、LIPがファンドの企画および調査、ミュージックセキュリティーズがファンドの組成・募集・運営を行います。
 

■背景と今後について
ミュージックセキュリティーズとLIPは、2009年3月4日に業務提携し、日本から発展途上国のマイクロファイナンスを支援する「マイクロファイナンス貧困削減投資ファンド(LIP Microfinance Fund for MDGs)」の企画・運営を進めまいりました。これまでに、カンボジアやベトナムなどで、3つのマイクロファイナンス機関に向けて、合計8ファンドを企画、累計2,800人から、約2億4000万円の資金を調達してきました。
 
ミュージックセキュリティーズとLIPにおいて、ミャンマーにおけるファンドの企画・運営は今回が初の試みとなります。この度の業務提携により、アジアの最貧国の一つとされるミャンマーへの支援を開始し、セキュリテのインパクト投資を通じて、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の実現に貢献してまいります。​


 

<イベント開催について>

2018年11月3日(土)には、『マイクロファイナンスで紡ぐ未来』をテーマにイベントを開催し、本業務提携に関してやミャンマーにおけるマイクロファイナンスについてご説明いたします。
 
『ミャンマープロジェクト立ち上げ記念 現地報告会&交流会〜マイクロファイナンスで紡ぐ未来〜』
■日時 2018年11月3日(土) 13:00~15:00
■場所 LIPオフィス(東京都中央区日本橋兜町5番1号 兜町第1平和ビル)
■内容 本業務提携に関してお話しする他、MJIのCEO加藤氏がミャンマーの現状やミャンマーにおけるマイクロファイナンスについてお話しいたします。
■参加費 無料
■申し込み方法 ウェブサイトよりお申し込みください。 

※ 本イベントは、ファンドの勧誘を目的としたものではありませんが、イベント中、現在企画中のファンドについて言及される場合がございます。その際、LIP及びキヤラントはファンドの勧誘を一切行いません。ファンドについてのご説明はミュージックセキュリティーズがいたします。
 
 
<ミャンマーにおけるマイクロファイナンスについて>
ミャンマーは、政治的理由により国際取引がほぼなく、金融セクターが脆弱な状況が長らく続いていました。1997年に国連開発計画(UNDP)主導でマイクロファイナンスが導入され、2011年のテイン・セイン就任後に市場開放が加速、外資によるマイクロファイナンスも可能となりました。
経済成長を遂げつつあるミャンマーですが、未だ国際連合が定める後発開発途上国(最貧国)であり、都市部を除いてはマイクロファイナンスサービスが十分には提供されていない状況です。
※マイクロファイナンスとは、貧困層や収入の低い世帯向けに提供される小規模金融サービスの総称です。
 
<インパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」について>
セキュリテは、1口数万円の少額からご出資いただけるインパクト投資プラットフォームです。
インパクト投資とは、経済的なリターンを求めるだけではなく、それぞれの地域で抱える課題や貧困や環境などの社会的な課題に対して、皆様からの出資を通じて解決しようとする、経済的な価値と社会的な価値の両方を追求する新しい投資の仕組みです。
※「セキュリテ」URLはこちら https://www.securite.jp/
 


<組織概要>
【ミュージックセキュリティーズ株式会社概要】
・所在地:東京都千代田区大手町1-6-1大手町ビル3階
・代表者:代表取締役 小松真実
・事業内容:インパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」の運営業務、ファンド組成業務、ファンド販売業務(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
https://www.musicsecurities.com/
 
【特定非営利活動法人Living in Peace概要】
・所在地:東京都中央区日本橋兜町5番1号 兜町第1平和ビル
・代表者:代表理事 中里晋三、龔軼群
・事業内容:機会の平等を通じた貧困削減を目指し、マイクロファイナンスファンドの企画・情報発信
 
【合同会社quarante概要】
・所在地:東京都中央区銀座一丁目15番7号
・代表者:代表社員 加藤侑子
・事業内容:MJI株式を保有しMJIのマイクロファイナンス事業の管理業務
 
【MJI ENTERPRISE Co., Ltd. 概要】
・所在地:No.51 E, U Phoe Tat Lane, Kabar Aye Pagoda Road, 10 Quarter, Mayangone Township, Yangon, Myanmar.
・代表者:CEO 加藤侑子
・事業内容:ミャンマーにおけるマイクロファイナンス事業(マイクロファイナンス機関MJI microfinanceの運営)
 
 
■本件に関するお問い合わせ先
ミュージックセキュリティーズ株式会社 広報
pr@musicsecurities.com

 

この記事だけを表示