丸光食品ファンド ファンドニュース 2012年03月

被災地からのレポート2012年3月30日 19:04

世田谷ものづくり大学での講演録

前回の工場跡地の動画に引き続き、丸光食品を応援してくださっている
齋藤麻紀子さんが動画を提供してくださりました。

そして、Youtube上に、丸光食品の動画を集めたチャンネルを
開設してくださりました。
こちらがそのチャンネルです!



2012.3.12 震災から1年・世田谷ものづくり大学での講演録:

 


------------------------------------------------------------
半分投資、半分寄付。1口=1万500円の被災地応援ファンド。
「丸光食品ファンド」の詳細・お申込はこちら:
https://www.securite.jp/fund/detail/165
1口または2口お申込の方には丸光食品の定番商品から「丸光の麺3点セット」を、
3口以上のお申込で海鮮ふかひれ生ラーメンを含む「気仙沼麺セット」をもれなくご送付
丸光



この記事だけを表示

被災地からのレポート2012年3月29日 12:26

【動画】震災から1年・工場跡地にて

丸光食品の生麺工場は、宮城県気仙沼市で唯一の製麺工場でした。
昔ながらのそば・うどん・焼そばは地元の多くの方々に親しまれ、
海鮮ふかひれ生ラーメンは、贈答用などで全国的に人気の商品でした。
機械製法だけに頼らず、職人の技で麺を作り、自信の味を提供してきました。

震災から1年。

今回、丸光食品を応援してくださっている
齋藤麻紀子さんが動画をアップしてくださりました。
「丸光の敬子さんに取材をさせて頂き、
いつも前を向いている姿勢に感動し、出資させて頂きました。
毎日、日頃の仕事に追われて、再建に大した協力が出来ていない自分を
はがゆく思っていますが、まずはこのような場に参加し、
少しでもファン同士の盛り上がりに貢献できたらと思っています。」
(丸光食品ファンミーティングにて)

工場跡地の現在の様子、跡地を前に、決意を固める丸光食品の様子を、
是非動画でご覧ください。

   「まずは隣の一関市で事業を再開して、
     体力をつけてまた気仙沼に戻ってきたいと思っています」
 


「気仙沼の家庭で冷蔵庫をあければ丸光の麺がある。
そんな親しまれてきた味、愛されてきた味を
是非とも復活させたいのです。
工場再建に皆さんの力を貸してください。」(丸光食品)

------------------------------------------------------------
半分投資、半分寄付。1口=1万500円の被災地応援ファンド。
「丸光食品ファンド」の詳細・お申込はこちら:
https://www.securite.jp/fund/detail/165
1口または2口お申込の方には丸光食品の定番商品から「丸光の麺3点セット」を、
3口以上のお申込で海鮮ふかひれ生ラーメンを含む「気仙沼麺セット」をもれなくご送付
丸光



この記事だけを表示

被災地からのレポート2012年3月28日 16:42

「丸光食品」新工場見学会のご報告パート2

セキュリテ被災地応援ファンドの応援団、山田です。

前回の記事の続きとして、丸光食品さんの新工場見学会の
後半の様子をレポートしたいと思います。

--------------------------------------
新工場を見学した後はバスで15分ほど移動して、
「グリューンボーデン館ヶ森」というペンションで
ランチ交流会の時間です!

丸光

丸光

丸光


オーナーは気仙沼出身で以前から丸光さんと仲が良く、
今回の工場の話もオーナーからの紹介してもらったそうで
丸光さんとは切っても切れないご縁なんです。

「私は丸光応援団長です!」と力強くご挨拶いただいて
こちらもとっても嬉しい気持ちになりましたね☆


ランチは、丸光さんのはっと汁を作っていただき、

丸光

丸光

丸光

丸光


それに加えて、いわい鶏や館ヶ森ポークなど
地元の食材を使った美味しいランチをいただきました。


ランチ交流会の時間は、丸光の敬子さん・茂さんも
参加者テーブルの中に入ってたくさんお話されてました。

丸光

丸光


こういうフランクに話せる時間もやっぱり大事ですよね。


ランチ終了した後は、そのまま気仙沼市内に向かって
丸光食品さんの工場跡地を見学させてもらいました。

丸光

丸光

丸光

津波によりコンクリートの基礎しか残っていない状況や
震災から1年経過しても、全く復旧・復興が進んでいない
という現地の生々しい様子を見て、参加者の多くの方は
大きなショックを受けていたようです。


そして、次は流通市場内にある丸光食品の仮事務所へ。

丸光


ご厚意でお借りしているこちらのスペースを使って
毎日、仕入れた麺の袋詰めや発送業務を行っています。

丸光

丸光

ここで、丸光食品の麺セットをお土産に購入して終了。


最後に、茂さんから参加者のみなさんに力強い挨拶!

丸光


熱い気持ちにこちらもぐっときましたね。。。
丸光食品の再建を願う気持ちが強くなりました。


以上。

丸光食品工場見学会のレポートは終了です。

丸一日かけての工場見学会は本当に貴重な機会でしたね。
工場が稼働するまでの途中経過や、工場稼働後の状況を
見に、ぜひ何度でも訪れてみたいと改めて思いますっ!


------------------------------------------------------------
半分投資、半分寄付。1口=1万500円の被災地応援ファンド。
「丸光食品ファンド」の詳細・お申込はこちら:
https://www.securite.jp/fund/detail/165
1口または2口お申込の方には丸光食品の定番商品から「丸光の麺3点セット」を、
3口以上のお申込で海鮮ふかひれ生ラーメンを含む「気仙沼麺セット」をもれなくご送付
丸光



この記事だけを表示

被災地からのレポート2012年3月24日 17:30

「コーヒーを飲みながら、気仙沼の丸光食品さんの話を聞こう。」29日に開催

(タイトルの日付が28日となっておりましたが、正しくは29日です。お詫びと共に訂正致します。ご注意下さい。)

「突然ですがコーヒーを飲みながら
気仙沼の丸光食品さんの話、ご一緒に聞きませんか?」

という企画がまとまりました!

ミュージックセキュリティーズの取締役にして、
セキュリテラジオのパーソナリティ、
そして、クルミドコーヒー店主、という顔を持つ、
影山知明の企画です。

会の詳細は、こちら!

当日は、セキュリテラジオの公開収録も兼ねて行います


---------------------------------------
コーヒーを飲みながら
気仙沼の丸光食品さんの話を聞こう
---------------------------------------

日時:  2012年 3月 29日(木)10:00~12:00
参加費: 500 円
*全額を丸光食品・熊谷敬子さんの交通費に充てさせていただきます。
定員:  25名

※ お申込は、電話で受付けています。上記詳細ページよりご確認下さい。
------------------------------------------------------------
半分投資、半分寄付。1口=1万500円の被災地応援ファンド。
「丸光食品ファンド」の詳細・お申込はこちら:
https://www.securite.jp/fund/detail/165
1口または2口お申込の方には丸光食品の定番商品から「丸光の麺3点セット」を、
3口以上のお申込で海鮮ふかひれ生ラーメンを含む「気仙沼麺セット」をもれなくご送付

この記事だけを表示

被災地からのレポート2012年3月24日 14:21

「丸光食品」新工場見学会のご報告

初めまして!

セキュリテ被災地応援ファンドの応援団を
自称している山田と申します。

ご縁がありまして、応援ファンドの立上げ時から
個人的にお手伝いをさせていただいています。

山田さんについては、こちら

これからはこのブログ上でも、
事業者のみなさんの情報発信サポート役として、
たまに記事を書かせていただきますので
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、それではさっそくですが、

先週土曜日に行われました、丸光食品さんの
新工場予定地の見学会の様子をレポートします!

当日は、仙台駅東口に朝9時集合。
目印はもちろん、応援ファンドのポスター(^^)v

丸光

ほんの1週間ほどの告知だったにも関わらず
今回の参加者は定員いっぱいの21名!
しかも、ほとんどが首都圏方面からの参加です。

丸光食品さんのファン・出資者の方や
いま正に出資を検討されている方などなど。
いずれにしても、これだけ多くの方に関心を持って
ご参加いただけて本当にありがたいです。


移動の車中にはミュージックセキュリティーズで
丸光食品ファンドを担当している杉山さんと、

丸光

丸光

丸光食品の熊谷敬子さんが乗りこんでいただきまして
移動時間がけっこう多いので、道中では敬子さんからの
お話をじっくりとお聞きすることができました。

あ、僕も敬子さんの話を引き出す役として、
また、応援ファンドの応援団&気仙沼好きとして、
全体の進行をサポートさせていただきました(^^;


仙台から車で2時間ちょっとかかって、
気仙沼市の隣市、岩手県一関市藤沢にある
丸光食品さんの新工場の予定地に到着です。

丸光

ブログなどで画像では見ていましたが
この目で実物を見るとやっぱりじーんときますね。
そして、建物は噂どおりにメルヘンチック☆


現地では、丸光食品社長の茂さんがお出迎えです。

丸光

当日の様子は全国放送のTV取材も入ってましたので
こちらの放映も楽しみしていてください。
(放映日など決まったらお知らせしますね!)


さて、それでは工場の中に入っていきます。

丸光

入っていきなり、事務室です!広いっ!
以前の丸光食品さんの工場の事務室を知ってるので
まず、その広さにびっくりです(^^;


そして、次の部屋に。。。
なんか、一つ一つにワクワクドキドキしますね。

丸光

丸光

電気がついてないので薄暗いですが、ここも事務室です。
こちらが社長や専務のデスクになるのかな?!


さぁ、いよいよ、製造スペースに入っていきます。

丸光

丸光

元牛乳工場ということで建物としては申し分なしですが、
ガス管など震災で傷んでいる可能性もあるということで
全部チェックしてみて、直すところは直す必要があるとのこと。
(なので、見えない経費が今後増えるかもしれません)


茂さんが工場のレイアウト図を持ちながら
新工場が稼働したときの利用イメージを説明してくれました。

丸光

丸光

製麺は製造ラインが長くなるらしく、壁を一部抜いたり、
麺を茹でるスペースを蒸気が逃げないように囲う必要が
あるとかで、部分的な改修もけっこう出てきそうですね。


奥に見えるのは製麺工場にとっては必須の冷蔵庫。

丸光

丸光

前の工場よりも広い冷蔵庫が最初からあるので
こういうところはかなりプラスですね!!


あとは、元牛乳工場の名残で、
ソフトクリームを作れる機械がそのまま残っていて
これは自由に使っていいんだそうです☆

丸光

工場お披露目のときとか、イベントのときなど
今後色々と使える用途がありそうですねっ(^^)b

参加者の方々もみなさん、工場の隅から隅までを
興味深く見入ってましたよ。

丸光

やはり現地の様子を自分で目で見ると
ぐっとイメージが沸いてワクワクしてきますよね。


前の牛乳工場は震災直前に閉じたということで
カレンダーは昨年の3月のままになっていました。

丸光

このカレンダーを丸光さんが新しく飾る日はもうすぐ!
今から待ち遠しいですね~☆


ちなみに工場の外には屋根つきの渡り廊下があり、

丸光

丸光

丸光

当日の天候によらず、外から工場を見学することができます。
こういうポイントもけっこう大事だったりするんですよね。


茂さん、敬子さんからそれぞれお話を聞きつつ、
最後はみなさんで記念撮影をパシャリ☆

丸光

丸光

丸光

丸光のお2人にとっても、僕たち参加者にとっても
思い出深い工場見学会になりました。

この工場が稼働したときにはぜひまた来たいと
参加者の全員がそう思ったんじゃないでしょうか。


長くなりましたので、この後は次の記事に続きます!


------------------------------------------------------------
半分投資、半分寄付。1口=1万500円の被災地応援ファンド。
「丸光食品ファンド」の詳細・お申込はこちら:
https://www.securite.jp/fund/detail/165
1口または2口お申込の方には丸光食品の定番商品から「丸光の麺3点セット」を、
3口以上のお申込で海鮮ふかひれ生ラーメンを含む「気仙沼麺セット」をもれなくご送付
丸光



この記事だけを表示

被災地からのレポート2012年3月23日 11:39

「ゼロから立ち上がる会社に学ぶ東北の仕事論。」続編!!

ほぼ日刊イトイ新聞の「ゼロから立ち上がる会社に学ぶ東北の仕事論。」に
丸光食品が連載中です!!

是非是非ご覧ください。

「ゼロから立ち上がる会社に学ぶ東北の仕事論。」気仙沼丸光食品篇

【2011年8月の更新】
第1回 ただのうどん屋ではない。         2011-08-02-TUE
第2回 最後の天ぷらそば。               2011-08-03-WED
第3回 気仙沼に麺を復活させる!      2011-08-04-THU


【2012年3月の更新】
第1回 ようやく、麺をつくれる! 2012-03-21-WED
第2回 お嬢さま、8億の借金を返す。  2012-03-22-THU
第3回 強運の人。                        2012-03-23-FRI
第4回 みんなの、うどん屋。             2012-03-26-MON

第4回が出るのは来週月曜日。続きが楽しみですね!



------------------------------------------------------------
半分投資、半分寄付。1口=1万500円の被災地応援ファンド。
「丸光食品ファンド」の詳細・お申込はこちら:
https://www.securite.jp/fund/detail/165
1口または2口お申込の方には丸光食品の定番商品から「丸光の麺3点セット」を、
3口以上のお申込で海鮮ふかひれ生ラーメンを含む「気仙沼麺セット」をもれなくご送付
丸光



この記事だけを表示

被災地からのレポート2012年3月21日 17:34

3/28 第2回東京ファンミーティングの告知と御礼

みなさま こんにちは 丸光食品 熊谷敬子です。
先週は、まさに丸光ウィーク・・・

3/12 世田谷『丸光食品の話を聞こう』

3/16 仙台 説明会
3/17 丸光工場見学&現地説明会

たくさんの方にお集まり頂きまして、

本当にありがとうございました。
それぞれの企画で、被災地の話を初めて聞く方・丸光食品を
知らなかった方・丸光を応援してくださっている方、
たくさんの方々と逢うことができました。

そしてメッセージをいただいたり、直接感想を伺うことができ、

何度泣いたか・・・
やっぱり支えられていたんだと改めて感じました。

現地説明会(ツアー)では、小雨の降る中、

バスは満席状態でみなさんと1日を一緒に過ごしました。
あの工場を初めて見たとき、みなさんとツアーで
こうしていることをイメージしていました。
それが現実となり、実際は稼動まで まだまだなんですが、
何とも言えず泣いてました。

現在は工事もスタートしていませんが、工事が完了し機械が入って

麺が生産されている工場を、
またみなさんに見て頂きたいと思います。

丸光食品は、
中小企業の中の小さな小さな会社ですし正式な社員は十数名・・・
でもファンの域を飛び越え、一緒に働いてる気がする仲間は
全国の何千人ですから大手企業!!です(笑)

まだまだ頑張ります!また大きな力を得ることができ、

心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

3/28(水)18:30~ 銀座の岩手銀河プラザにて

『第2回ファンミーティング』をしたいと思います。

会議みたいな堅苦しいものではなく、

話し合い的なカンジでやりたいと思ってます。

1回目1/31に集まり今日までやってきた事や今後について

お話ししたいと思います。
できればその後、お食事でも・・・

1回目に参加された方、また参加されなかった方も是非どうぞ。

アットホームな会になりますので、
投資をご検討中の方も、是非ご参加下さい。

定員がありますので可能な限り事前のお申込をお願いします。


【開催概要】

日 時:2012年3月28日(水)18:45-20:15
会 場:いわて銀河プラザ(東京銀座)地下会議室
(アクセス)http://www.iwate-ginpla.net/info/index.html#map
定  員:20人
参加費:無料
お申込:下記のお申し込みフォームよりお申し込み下さい。

※フォームがうまく表示されない方は、①お名前、②
メールアドレス、③メッセージ
(当日参加者の皆さまにお配りする予定ですので、
その前提でお書き下さい)を
明記の上、seminar[at]securite.jp宛に、
お申し込み下さい。


この記事だけを表示

被災地からのレポート2012年3月15日 13:16

「気仙沼の丸光食品さんの話を聞こう。」開催報告。明日もセミナーあります!

こんにちは。ミュージックセキュリティーズの杉山です。

月曜日に世田谷で開催された「気仙沼の丸光食品さんの話を聞こう。」を、
企画・主催して下さった株式会社カゲンの子安さんから、
ご報告をいただきましたので、こちらにご紹介いたします。

------------------------------------------------------
丸光食品ファンの皆さん

子安です。こんにちは。

ご案内していた敬子さんのお話を聞く会ですが、
3/12夜に開催しまして、無事に終了しました。

当日は65名の方にお集まりいただきました。
(ファンミーティングでお会いした皆さんも
来ていただきました。バタバタしていて
ロクにお話もできずすみませんでした!)

丸光食品

敬子さんのまっすぐなお話は
参加者の心にきちんと届いたと思います。

丸光食品

帰り際に何人かの方から「投資します!」
という声をいただきました。
少しでも増えるといいですね!

丸光食品

以下、メールなどでいただいた参加者の声です。

●30代男性

昨日はありがとうございました。
東北の現状を聞くよい機会になりました。

昨年、4月、東松島市でボランティアに参加しましたが
あれから1年経過しました。

震災直後はなにかしなくてはという思いがありましたが
しばらく時間が経つと意識が薄れることに反省しております。

今回のファンドの仕組みは小口で長期的に関わることが
できるよい仕組みですね。

瓦礫撤去率99%のお話は印象に残りました。
報道から伝わることと現状の思い違い。

現地に視察に行く、現地の人の話を聞かないと真実はわからない。
こんなに国土が小さな国なのに隣人のことに無関心なのは悲しいですね。

今週の丸光食品様の工場見学ツアーにスタッフと参加する予定です。

わずかですが投資もさせていただきます。


●40代男性(フェイスブックへの投稿より)

昨晩は気仙沼の丸光食品のお話を伺いに池尻まで。
多くの困難に萎えずに再建を目指している様子を
率直に淡々とお話になる姿にじんわり。

それよりなにより,まだ工場が出来ていないのに,
うどんもふかひれラーメンも早く食べたい!と思った。

遅ればせながらファンドにも申込み。


●30代男性

今回の話は、被災地の方の現状(の一部ではありますが)を知れた事や、
自分にできる事は何か?等を考えた事はもちろんなのですが、
それ以上に思ったのが「新たに会社を創り、今まで以上を目指していく事。
そしてその為に何が出来るのかを思案し、行動にうつす」といった
熊谷さんの姿勢や意識に接し、逆にパワーをいただきました。

今、江古田でラーメン屋の店長をやる事になり、
仕事の楽しさを感じる学びの毎日ではありますが、同時に
「一から始める店づくり」の大変さを
この規模ですら実感している日々でもあります。

そんな中で今回のお話を聞いて
「やるべき事に対しての姿勢、行動力」を学びました。
自分も先ずは結果を出す事に精を出して行きたいと思います。

努力や行動すれば全てが結果に繋がる訳ではありませんが、
結果を出している人は必ずしっかりした意識と行動力をもってして、
結果を出しているのだと思います。夢への一歩として、
けっして遠回りだとは思わずに前へ前へ、今を強く進んで行きます。

本当に良い場を与えていただき、ありがとうございました。


●30代男性

敬子さんのお話を聞いて、実際の被災地のリアルな状況や、
話を聞けば、当然だよなと思ってしまうが、リアルな悩み
(雇用保険が切れている。融資をもらえない。大工がいない。など)
を聞くことができたのがよかったと思いました。

なによりも、敬子さんの意思の強さに感銘を受けました。
まるで、すでに再建して、工場が稼動して、
品物か供給されているかのように感じてしまいました。
もうただ『やりたい』とか『やる』という次元ではなくて、
『すでにそうなる』という意思。
『もう、決まっている』という強さ。
はやく天ぷらうどんが食べたいですね。
お疲れ様でした。

------------------------------------------------------

株式会社カゲンは、会社として、商品の売上の一部を
セキュリテ被災地応援ファンドに出資していただいています。



今回、子安さんは、一出資者としてファンミーティングにご参加頂き、
それが、今回の講演会につながりました。

出資をきっかけに、丸光ファンのつながりが
こうしてどんどん広がっていくのがとても嬉しいです。

今週は明日、明後日と丸光さんのイベントが目白押しです。
皆様、是非、ご参加下さい。

ご参加できない方、ご関心を持っていただけそうなお知り合いに
ご案内頂ければ幸いです。


◆セキュリテ被災地応援ファンドセミナー「丸光食品のこれまでとこれから」(仙台)◆


日 時:2012年3月16日(金)19:20-20:50

会 場:エル・ソーラ仙台・大研修室 (アエル28階)
(アクセス)http://www.sendai-l.jp/whats_ls/
参加費:無料
申 込:http://www.musicsecurities.com/blog/community_news.php?ba=b10820a31313


◆「丸光食品ファンド」工場見学&現地説明会〈気仙沼・
一関訪問〉◆

日 時:2012年3月17日(土)9:00-19:00(
集合は10分前にお願いします。)
集  合:仙台駅集合(貸切バスで気仙沼・一関へ移動)
仙台駅解散となります。
費 用:移動費用(貸切バス)、交流会飲食代として、6,
000円をご用意下さい。
支払方法:お申込の方にメールでご案内いたします。
募集人数:20人。

お申込:http://www.musicsecurities.com/blog/community_news.php?ba=b10820a31318



この記事だけを表示

被災地からのレポート2012年3月10日 10:55

【イベント案内】13日は東京、16日は仙台、17日は気仙沼と一関です!

ミュージックセキュリティーズの杉山です。

なんと、来週は、丸光食品に関連したイベントが3つも!
「丸光食品ウィーク」です^^

明日で震災から1年。丸光食品のこの1年間の取組み、悩み、
事業再開を阻んできた壁、そして、現在の想いや事業計画などを
直接伺える貴重な機会です。

12日(月)が東京、
16日(金)が仙台、そして
17日(土)は、仙台に集合し、
気仙沼と一関の丸光食品の工場跡地と新工場に訪問します。

今回は、特に、新天地でのオープンに向け、工場を改修し、
新たに機械・設備を入れ、事業を再開するまでに、
あと何にいくら必要なのか、今、必要なことを具体的にお話頂く予定です。

現在、丸光食品ファンドの募集口数8,000口に対して、
4,600口、およそ6割にあたるお申込を頂いています。

現在、投資をご検討中の方、自分にできることを考えたいという方、
既に投資をされている方は、この機会に是非ご参加下さい。
工場見学&現地説明会については、東京からの日帰りも可能です。

気仙沼の丸光食品さんの話を聞こう。(東京)

日 時: 2012年3月12日(月)19:30~21:00 (受付開始19:00)
会 場: IID 世田谷ものづくり学校 〒154-0001 東京都世田谷区池尻 2-4-5
会 費: 500円(当日受付にてお支払ください)
※全額を丸光食品さんの交通費に充てさせていただきます。
定 員: 150名(定員になり次第、締め切ります)


■「丸光食品のこれまでとこれから」(仙台)

日 時:2012年3月16日(金)19:20-20:50
会 場:エル・ソーラ仙台・大研修室 (アエル28階)
(アクセス)http://www.sendai-l.jp/whats_ls/
参加費:無料


■「丸光食品ファンド」工場見学&現地説明会〈気仙沼・一関訪問〉

日 時:2012年3月17日(土)9:00-19:00(集合は10分前にお願いします。)
集  合:仙台駅集合(貸切バスで気仙沼・一関へ移動)仙台駅解散となります。
費 用:移動費用(貸切バス)、交流会飲食代として、6,000円をご用意下さい。
支払方法:お申込の方にメールでご案内いたします。
募集人数:20人。お申込が12人に達しない場合には実施いたしません。




-------------------
半分投資、半分寄付。1口=1万500円の被災地応援ファンド。
「丸光食品ファンド」の詳細・お申込はこちら:
1口または2口お申込の方には丸光食品の定番商品から「丸光の麺3点セット」を、
3口以上のお申込で海鮮ふかひれ生ラーメンを含む「気仙沼麺セット」をもれなくご送付

この記事だけを表示

被災地からのレポート2012年3月6日 19:39

地鳴りとともに大きな揺れ ~震災からの1年~ NO.2

「少し振り返りたくなりました。~震災からの1年~No.1」からの続きです。)

地震だと理解した瞬間から身体が震え始めました。
地面から突き上げるような瞬間と、
大きく横に揺れる船に乗っているかのようなカンジ・・
地震だと分かっているのに『なにしたの~?』『なんで揺れてんの~?』
『お願い止まって!』とひとり車の中で大声をあげていました。

ごぉーという地鳴りとともに目の前の直線道路は、
アスファルトが大きく波を打ち、車に乗っていても分かるほど道が裂け、
電灯は今にも倒れそうなくらい横に揺れていました。
1分・・2分・・3分・・どのくらい揺れていたのか?
実際は短くても、このような時は長く感じるもの・・
いや本当に長く揺れていたと思います。
携帯は何度かけても繋がらない・・

何分か後『とうちゃん』から電話が・・
『大丈夫かー?』
『大丈夫じゃないけど・・大丈夫!』
『お客さんもいるし、まず避難するから』

『分かったー』と言い終わる前に電話は切れていた(電波がきれた)

次に私のとった行動は、
高速道路の脇に止めた車の中から下を覗きこんで、
このまま車ごと落ちても助かる高さかなー?と・・いや無理かなー?
電灯は大きく横揺れしていたので、まず倒れてもここは大丈夫かな?
それでも何かあれば、走るより車で逃げた方が早いよな、
サイドブレーキを外してブレーキを踏んだ、慌てるとシートベルトが外せない、
なんてよくきくなと思い、シートベルトも外した。
すぐ外に出れるようロックを解除して・・・

まだ揺れている。ブレーキを踏む足も自然と力んでた。どうして良いか分からない。
車のテレビをつけてみるが電波状態が悪く、よく見えない。
ラジオにしてみる 同じことしか言ってない。
とにかく大きな地震が起きた事しか分からない。

気がつくと 少し揺れがおさまったかのようだった。
地鳴りはまだ続いてる・・と、また大きな揺れ。
私は動くことができず、その場に結局1時間ほど居た。

まわりの車が走り出した。いつまでもここに居ても仕方ない、
走り出そうとした時、また大きな揺れ、どうしよう?
でも皆走りだしている、こんなに揺れているのに走って大丈夫なのか・・
おそるおそる走り出し次のパーキングへ入った。
車を止めると、地鳴りとともに大きな揺れ、一体いつまで続くのだろう?
携帯電話を見ると電波は立っている、でも繋がらない。
子供たちは無事なのか?地震があった時間は、まだ学校にいたはず。
半年前から学校で耐震補強工事をしていて終わったばかり、
学校にいてくれれば大丈夫かな?

とぅちゃんはお客さんと避難したのか、社員は?両親は?

隣に駐車してるおじさんから話しかけられた。
『相当でかいね、ラジオで沿岸部は津波だと言ってるよ』
『津波?でも少し前も地震の時、津波警報でて高台に避難したけど、
潮位が少しあがったくらいだったよ』
『なにこの地震だもの、潮位どころじゃないだろ』
誰でも何でも良かった、誰かと会話していることが妙に落ち着いた。
大粒の雪が降り出していた。外で話していたけど、
おじさんが『そろそろ行ってみるわ、あんたも気をつけて』と行ってしまった。

急に心細くなり、また色々な不安がよぎる、とりあえず今の内にトイレに
行っておこう。そこで60代くらいの男性に声をかけられ、
『小銭持ってないですか?どうしても今日納品しなきゃならなくて、先方に
連絡したいんだけど携帯繋がらないし、公衆電話なら繋がるんだが小銭がない』
『見てみますから』私も10円玉はなくて100円玉が3つ『これどうぞ』と
300円出すと、1000円札を出された。.
『いえいえ結構ですから、どうぞお使いください』と渡した。

トイレから出てくると『連絡つきました、ありがとう』と深々と頭を下げられた。
公衆電話から固定電話なら繋がると聞き、私も会社へ電話してみたが、
呼び出し音が続くだけ・・避難したんだなと思った。

電気(ライフライン)が全て止まっていたとは知らなかった。


NO.3へつづく・・・

-------------------

▼3月12日「気仙沼の丸光食品さんの話を聞こう。」(東京都・世田谷区)【申込受付中】
http://projectdd.weblike.jp/marumitsu/

半分投資、半分寄付。1口=1万500円の被災地応援ファンド。
「丸光食品ファンド」の詳細・お申込はこちら:
https://www.securite.jp/fund/detail/165
1口または2口お申込の方には丸光食品の定番商品から「丸光の麺3点セット」を、
3口以上のお申込で海鮮ふかひれ生ラーメンを含む「気仙沼麺セット」をもれなくご送付

この記事だけを表示