セキュリテ熊本被災地応援ファンド 熊本

熊本2017年9月23日 18:00

隠れ茶房-茶蔵カフェ-

こんにちは、緒方です。

今回は、「隠れ茶房 茶蔵カフェ」の阿蘇店に行ってきたので紹介したいと思います。

隠れ茶房茶蔵カフェは以前紹介した「olmo coppia」の近くにあります。



入り口から隠れた名店という雰囲気がありました。入り口から入るとまず始めに右手に「千年の蔵 さー蔵」という和食のお店があり、そのさらに奥に「茶蔵カフェ」があります。
私が行った日は、夏休みでなおかつ日曜日だったため多くの方が訪れていました。



席が空くまでカフェの周りを散歩していると、綺麗な景色に癒されました!日差しは強かったですが、風も吹いていて夏を存分に感じられました。



店内に入ってみると、納屋を改装してつくられているため、とても落ち着いた雰囲気が魅力です。席によっては外の広大な田園風景を見ながら食事ができます。

茶蔵カフェのランチは、然ランチとパスタランチから選べます。今回はパスタランチを選びました。



パスタランチについている菜園野菜のサラダです。茶蔵菜園で愛情たっぷりに育てられた無農薬野菜なので、野菜そのものが新鮮で美味しかったです。



そしてメインのパスタ。3種類から選べました。私が選んだのは「新漬け高菜とベーコンのバター醤油パスタ」です。
自家製の新漬け阿蘇高菜と薫り高いベーコンを使った和風パスタで、パスタに高菜とベーコンとバター醤油がよく絡んでいて、香りも味も最高でした。
阿蘇は高菜が有名ですが、今回いただいた高菜は新漬け高菜だったので、いつも食べる高菜と触感や香りが違って新鮮でした!



デザートにガトーショコラも注文しました。濃厚でほんのり苦いチョコレートが食後のデザートにぴったりでした。
お店の雰囲気も食事も大満足でした。今度は同じ敷地にある「千年の蔵 さー蔵」にも行ってみたいです。
緒方李華

熊本被災地応援ファンド

この記事だけを表示

熊本2017年9月17日 15:00

鍋ケ滝

こんにちは。

今回は阿蘇の小国町というところにある「鍋ケ滝」について紹介したいと思います。

鍋ケ滝は幅約20m、高さ10mの大きな滝です。



滝の前まで下りていく前の周りの景色はこのような感じです。森の中の緑が心をリラックスさせてくれます。

そして入り口から階段を下りていくと…


迫力のある大きな滝が目の前に広がります。鍋ケ滝は阿蘇のカルデラをつくった約9万年前の巨大噴火によって堆積した火山灰が凝結した固い岩石でできています。滝は表からだけでなく、裏からも見ることができます。



裏から見る滝は表から見たときと違った魅力があります。鍋ケ滝の滝裏の空間は長い年月かけて岩石下の柔らかい地層が水に削られて生まれたものです。この滝裏の空間がとても広いことが鍋ケ滝の特徴です。また、滝の裏側を対岸まで歩いていくことができるため、「裏見の滝」とも呼ばれているそうです。



横から見る滝も素敵でした。滝の近くは水しぶきが飛んできて涼むことができました。だんだんと涼しい季節になってきましたが、暑い夏にはぴったりの避暑地です!





滝の周りの景色も幻想的な風景が広がっていて楽しむことができます。鍋ケ滝は平成26年に「世界ジオパーク」に認定された「阿蘇ジオパーク」の中でも阿蘇の大地のいぶきを感じることができる重要な場所の一つとされています。自然を直に感じられる場所でした。
緒方李華

この記事だけを表示

熊本2017年9月12日 11:01

熊本復興ねぶた

こんにちは!庄山です。

9月3日に熊本城二の丸公園で行われた「熊本復興ねぶた」に行ってきました!

「熊本復興ねぶた」とは、熊本地震後に復旧・復興のための様々な取り組みが行われるなか、
お金や物資という応援ではなく、祭りを通して被災された方々に元気や笑顔を届け、
更なる復興を祈願して国の重要無形民俗文化財にも指定されている“青森の雄大なねぶた”を運行するものです。
/data/blog/archive/original/38147.png

私は今回初めてこのお祭りに行きました。
開始30分前にもかかわらず会場は多くの人でにぎわっていて驚きました。

この祭りの特徴は、「ねぶた」といわれる大型の灯籠を乗せた山車と「ハネト」といわれる人達です。
「ハネト」は「ラッセーラ、ラッセーラ」と声を掛け合いながら「ねぶた」の周りを踊ります。
また、「ハネト」は誰でもその場で参加することができ、子供たちを始めとして多くの人が一緒に踊っていました。
/data/blog/archive/original/38148.png

夜になって暗くなるとより一層「ねぶた」が美しく見えました。
/data/blog/archive/original/38145.png

/data/blog/archive/original/38146.png

実際に「ねぶた」を見て、その大きさと美しさに圧倒されました。
また、会場にいる人が一体となってお祭りを活気づかせていてとても楽しかったです。

参考:http://www.fukkou-nebuta.jp/

熊本地震被災地応援ファンド
庄山真由

この記事だけを表示

熊本2017年9月8日 15:30

阿蘇-大観峰-

こんにちは。
今回は阿蘇の大観峰について紹介したいと思います。

大観峰は阿蘇外輪山の最高峰ににあたる場所で、標高は936mあります。ここからは阿蘇五岳を一度に望むことができます。



駐車場から大観峰の展望所まで歩いていく途中の景色はこのような感じです。この時点ですでに絶景です!!しばらく歩いていくと…




周りの山々を上から眺めることができます。どこを見ても緑が広がっていて雄大な阿蘇の景色を贅沢に楽しめます。



そして展望所からの眺めがこちらになります!スマートフォンのパノラマ写真で撮影したものですが、圧巻の絶景です。私が行った日は晴れていたので空と雲と山が一度に見渡せ、本当に素晴らしい景色でした。



山の緑にも、濃い緑色から薄い緑色まで様々です。360度大自然を満喫できます。



大観峰からの景色を眺めながら食べるソフトクリームも最高でした。大観峰こだわりのジャージー牛乳ソフトクリームや大観峰限定のメロンソフトクリームなど種類も豊富です。

大観峰の景色は、季節や天気によって異なります。夏は心地良い風が吹いていて涼しく気持ちがいいです。晴れた日の夜は満点の星空を楽しむこともできます。

阿蘇に行かれる際にはぜひこの絶景を楽しんでみてください!


緒方李華

この記事だけを表示

熊本2017年9月6日 13:00

阿蘇プラザホテルに滞在~スプーン曲げ!~

こんにちは!庄山です。

今回は阿蘇プラザホテルさんの敷地内にあるパワースポットについて紹介したいと思います。
/data/blog/archive/original/37916.png
ここではスプーン曲げができる、ということで連れて行ってもらいました。
誰でもスプーンを曲げることができると聞いたときは信じられませんでした。
スプーンなんて曲がるはずがないと思っていました。


さて、いよいよスプーン曲げに挑戦です!
自分だけ曲げることができなかったらどうしよう、と不安を抱えながら挑戦しました。
/data/blog/archive/original/37917.png

全然曲がる気配もなく2,3分経ちました…
やっぱりスプーンを曲げるなんて無理、と思っていたら
あるときグイッと曲がりました!!!
そのときの驚きと感動はとても大きかったです。
/data/blog/archive/original/37918.png

これは阿蘇プラザホテルの隣にある「然カフェ」で受付しています。
ぜひ一度この感動を味わってみてください!

阿蘇プラザ 五岳満喫nendoファンド


熊本地震被災地応援ファンド
庄山真由

この記事だけを表示

熊本2017年8月31日 10:07

阿蘇プラザホテルに滞在~気球体験~

こんにちは!庄山です。

阿蘇プラザ滞在時に阿蘇プラザ近くの遊水地にて気球を体験させていただきました。
朝6時だったため眠気と闘いながら遊水地に向かいました。
/data/blog/archive/original/37254.JPG

しかし、実際に気球を目にした瞬間、
眠気は吹っ飛んでわくわくしました。


気球が上昇していくにつれて遠くの景色まで見えるようになり、
阿蘇の自然を感じることができました。
残念ながら曇っていて周囲の山はあまりみえませんでしたが
初めての気球体験に興奮しました。
/data/blog/archive/original/37160.JPG
/data/blog/archive/original/37162.JPG

改めて阿蘇は緑が多くて風景がすばらしいと感じました。
下をみると高くて少し怖かったです(笑)



熊本地震被災地応援ファンド
庄山真由


 

この記事だけを表示

熊本2017年8月29日 14:36

阿蘇プラザホテル~zen cafe~

こんにちは、緒方です。

今回は、阿蘇プラザホテルさんの横にある「zen cafe」について紹介したいと思います!



こちらが「zen cafe」です。2013年にスタートしてユニークな市民活動として注目を集めている「火の国阿蘇恵みのブランド―然」というブランドの心を集めたお店です。




店内には、「然」ブランドの商品が多く並べられていました。その中でも、写真の中にある、瓶に入った緑色の飲み物は「蛍丸サイダー」です。この「蛍丸サイダー」は、前の記事でも紹介した、熊本地震によって甚大な被害を受けた「阿蘇神社」の復旧を支援するために地元の特産品企画会社が販売しているもので、売り上げの一部が阿蘇神社の復興支援へとあてられます。阿蘇神社の宮司に代々伝わる幻の宝剣「蛍丸」がモチーフとなっており、この「蛍丸サイダー」は蛍丸の刀の持ち主であった阿蘇神社の門前町で汲み上げられた湧水を使用してつくられています。



カフェにも阿蘇の魅力が詰まったメニューがたくさんあります。こちらは、阿蘇高菜コッペパンです。阿蘇の美味しい湧水と新鮮な卵からつくられる外側はパリパリ、内側はもっちりなコッペパンに、ドイツで金賞を受賞したソーセージと地元特製の阿蘇高菜がどっさりとのっていてやみつきになる一品でした。
コッペパンの種類は他にも、阿蘇野菜ピクルスコッペパンや阿蘇五岳コッペパンもあります。



そして、阿部牧場謹製濃厚絶品ソフトクリームも。世界で優秀味覚賞を三ツ星受賞したASO MILKを使用したミルク感たっぷりの濃厚なソフトクリームは阿蘇に来たら絶対に食べたい人気のメニューです。
他にも中岳ショコラや濃厚スティックフロマージュなど阿蘇の美味しいが集結したスイーツメニューもおすすめです。

店内も落ち着いた雰囲気で、ゆっくりと買い物をしたり、食事をしたり、一息ついたりしてくつろぐことができます。阿蘇プラザホテルに宿泊されるときはもちろん、阿蘇に来る機会がある方はぜひ立ち寄ってみてください!

熊本被災地応援ファンド
緒方李華

この記事だけを表示

熊本2017年8月26日 20:35

阿蘇プラザホテル~こだわりの料理~

こんにちは、緒方です。

今回は、阿蘇プラザホテルさんの料理について紹介したいと思います。

阿蘇プラザホテルでの夕食は、熊本や阿蘇の四季に応じた新鮮で旬な食材をふんだんに使った会席料理です。一品、一品丁寧に作り上げられたお料理を楽しむことができます。

     

旬の素材やお料理の彩りも綺麗で、食べて美味しいのはもちろんですが、目で見て楽しむこともできます!今回、2泊お世話になったのですが、2日とも料理を見た瞬間からテンションが上がってしまいました。もともとの素材の味に加えて、手間をかけてつくられたのが分かる味付けや盛り付けに大満足でした。



2日目は炊き込みご飯も。食事会場に着いてから火をつけていただくため、熱々のご飯が食べられます。

     

和食だけでなく洋皿のメニューも充実しており、とても美味しかったです。

   

食後にはデザートも!左が牛乳プリン、右がフルーツの盛り合わせです。
食べ始めから食べ終わりまで、楽しく美味しい、お腹いっぱいの食事でした。



料理で満足するのは夕食だけではありません。阿蘇プラザホテルは朝食もとても豪華です。朝食はバイキング形式となっています。夕食と同様に熊本や阿蘇の素材を活かした和食から洋食、デザートまで豊富なメニューがあり、自分に合わせたスタイルで選べます。目覚めてから、豪華な朝食をとり、いいスタートで1日が始められますね。

このように、阿蘇プラザホテルではこだわりの料理も魅力の一つです。お部屋でゆっくりくつろぎ、美味しい料理でお腹いっぱい食事を楽しむことができます。

阿蘇プラザ五岳満喫nendファンド

熊本被災地応援ファンド
緒方李華

 

この記事だけを表示

熊本2017年8月23日 13:30

阿蘇神社

こんにちは、緒方です。

今回は、阿蘇神社について紹介したいと思います。

阿蘇神社は、熊本地震のニュースでも度々取り上げられたためご存知の方も多いと思います。地震によって境内建物が甚大な被害を受けました。楼門・拝殿が倒壊し、3つの神殿も大きく倒壊しました。



こちらが楼門のあった場所です。現在は工事が進められており、中に入ることはできませんでした。



拝殿も近くまでは行けないため、仮の拝殿がつくられていました。私が行った日はお盆の時期ということもあり、参拝者の方がたくさんいらっしゃいました。



拝殿側はこのように仕切りがあって立ち入り禁止となっています。仕切りには地震前の楼門や拝殿の姿、地震直後の神社の様子が分かる写真が貼ってあり、地震による被害が大きかったことが伝わります。

阿蘇神社は肥後一の宮として地域はもとより広く崇敬を集めていました。地域の守り神であり、多くの人々の心のよりどころである神社として、一刻も早い復旧か求められています。



阿蘇神社の周りには商店街やパワースポットなどもあり、神社を訪れた際にはその周辺も散策して楽しめます。

熊本被災地応援ファンド
緒方李華


 

この記事だけを表示

熊本2017年8月20日 16:00

阿蘇のオーガニックカフェ~olmo coppia~

こんにちは、緒方です。

今回は熊本の阿蘇市にある、オーガニックカフェ「olmo coppia」さんについて紹介したいと思います!




「olmo coppia」とは「一対のけやき」という意味で、築160年の蔵を改装してつくられたお店のすぐ横に立つ2本のケヤキの木があり、改装の際にはお店の床の下になっている部分にはその大木の根っこが端から端まで通っていたそうです。
ケヤキの根の上に立っているお店であること、そしてそのケヤキのように地に足のついたお店でいたいという思いからこの名前が付けられたそうです。



こちらがolmo coppiaの外観です。蔵を改装してつくられたということで、隠れ家のような素敵な雰囲気のお店でした。

そして、olmo coppiaさんの魅力はお店の雰囲気だけではありません!とにかく料理が美味しいんです。私はランチの時間に行って、「畑の野菜ワンプレートセット」を頼みました。


まず出てきたのが、かぼちゃの冷製スープ。かぼちゃの甘くて優しい味が食欲をそそります。また、冷製スープなので暑い夏にはたまらない一品でした。



そしてこちらが野菜のワンプレート。雑穀米かクルミパンか選べたのですが、私はクルミパンにしました。お麩のソテーやトマトのキッシュ、ピクルス、サラダなど野菜たっぷりのメニューです。私は野菜がとても好きというわけではないのですが、ここで使われていた野菜はどれも本当に美味しくて驚きました。普段、一人暮らしで自炊をする際はなかなか野菜を食べないので、久しぶりに野菜を美味しくたくさん食べました。


お腹いっぱいで満足していたら、デザートまでついていてさらに大満足でした。
olmo coppiaさんは自家菜園野菜と南阿蘇から届く露地栽培の無農薬野菜を中心にオーガニックの材料をつかって手作りしているため、ランチの内容はその日や季節で変わるそうです。

ランチメニューの他にも、有機コーヒーや自家製ジンジャー、自家製チーズケーキなど美味しそうなメニューが豊富です。

阿蘇に行かれる方はぜひ行かれてみてくださいね!

熊本被災地応援ファンド
緒方李華


 

この記事だけを表示