星のり店ファンド ファンドニュース 2011年12月

被災地からのレポート2011年12月22日 21:57

【星のり店】 速報!海苔を初摘みしました!

なんと!
嬉しいお知らせが星さんから届きました!
(午前中に連絡が来たのですが、掲載が遅くなりすみません!)


--
寒いで~す。
良きお知らせです。
 
本日、海苔を初摘みしました。
取りあえず画像だけ送ります。
 
刈採った海苔を10tタンクで海水洗浄
星のり店-市民ファンド

裁断機で細かく切ってます。
星のり店-市民ファンド

星のり店-市民ファンド

今から乾燥作業なので乾燥室にこもります。

--

のりって、こんな風なんですね。初めてみました。目からウロコです!

前回は、とても残念なお知らせで心配でしたが、
少しでも収穫できて本当に嬉しいですね!
続報が楽しみです。

(ミュージックセキュリティーズ・杉山)

-----------------------------------------------------------
自慢の有機、無農薬米と復興一番のりの「おにぎりセット」をもれなくご送付
「星のり店ファンド」の詳細はこちら(募集は完了しております):
http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=187

この記事だけを表示

被災地からのレポート2011年12月14日 10:15

【星のり店】 残念 のりが、、

残念!恐れていた現象が出てしまいました。
星のり店 星博です。

14日に収穫予定の海苔がバッサリちぎれてしまいました。

海苔養殖漁場へ高濃度の塩素系化学物質が流れ出たようです。
震災後、大津波により仙台市、多賀城市の汚水処理場が
破壊され通常処理不能になっておりました。
殺菌のため高濃度塩素処理になるのではと、
不安を抱いておりましたが、やはりでした。
 
のりにとって一番苦手なのは塩素なんですよ。
どんなに強い種に育て上げても、これには負けます。
 海水温が更に低下して塩素が海底に沈むのを待つしかないようです。
 
応援いただいてる皆様へ、お正月の磯辺もちで
味わっていただく予定でしたが、残念です。
 
今日は風が強く鮮明に写せませんでしたが、
のりがちぎれて無くなっているのが判るかと思います。
普通は収穫寸前は網の目がわからないほど、のり、のりで真っ黒なのです。

星のり店-市民ファンド

星のり店-市民ファンド

-----------------------------------------------------------
自慢の有機、無農薬米と復興一番のりの「おにぎりセット」をもれなくご送付
「星のり店ファンド」の詳細はこちら(募集は完了しております):

この記事だけを表示

被災地からのレポート2011年12月13日 10:19

【星のり店】 師走 海上体感温度は5℃!

こんにちは。星のり店の星陽子です。
海上体感温度は5℃。
日本列島はとうとう冬を迎えましたね。
応援をいただいている皆々様お変わりございませんでしょうか?
 
冬到来と共に海苔もそろそろ旬を迎える頃となりました。
海水温低下を確認し海へ独り立ちした海苔の赤ちゃんは順調に成長しております。

星のり店-市民ファンド
 
筏へ網を張り込み、その後3回のブラシ掛けで海苔の葉は6~7cm程伸びました。
四角の網目が黒く海苔で見えなくなったら、待ちに待った復興一番のりの収穫です。

星のり店-市民ファンド
 
海苔にとってこの時期は絶好の海況で、スクスク伸びるのです。
なぜ海水温が18℃以下でなければならないか?が解かってきます。
 
海水温が18℃以下になるとあの広い太平洋の水が自然に上下交換が始まります。
表面水が冷やされ18℃以下になってるときの海底水温は20℃~22℃と温かく、
冷たい水は下降し温かい水は上昇してくるのです。
 
夏から秋にかけ大地に降った雨が「河水」となって栄養分を海にそそぎ、
そして海底に沈み蓄積し、次に上下交換によって栄養分が海面に浮上してくるのです。
この当たりから海苔は大好物の養分(蛋白質、ビタミン類、ミネラルなどetc)を吸い黒く成長します。
 
間もなくご出資いただいた皆様に海苔をお届けできるかなあと思います。
お届けは放射能検査終了後、未検出での発送となりますので、しばらくお待ち下さいませ。
 
次回、海苔の収穫作業お届けいたします。


-----------------------------------------------------------
自慢の有機、無農薬米と復興一番のりの「おにぎりセット」をもれなくご送付
「星のり店ファンド」の詳細はこちら(募集は完了しております):

この記事だけを表示