星のり店ファンド ファンドニュース 2011年07月

被災地からのレポート2011年7月28日 00:05

【星のり店】 養殖筏作りも順調 &海苔の美味しさの秘密その3!

こんにちは。星のり店です。
資材不足の中、メーカーさんの協力で網を張り込む養殖筏作りも順調に進んでおります。

hoshi07261
 
美味しい海苔つくりとは?
スクスクと育てば美味しくなるというものではありません。
海にも畑と同じように浮遊珪藻と呼ばれる雑草があり、
成長を阻害し病気に感染しやすくなります。

hoshi07262

そこでEM活性液に5~6分網を浸してあげ、病気に負けない葉体に成長させます。
「お~い今日も元気か?」と海苔の顔を見ながら話しかけて作業をしています。

hoshi07263


--
自慢の有機、無農薬米と復興一番のりの「おにぎりセット」をもれなくご送付
「星のり店ファンド」の詳細・お申込はこちら:
https://www.securite.jp/fund/detail/187

※ 8月4日の盛岡説明会に星のり店も参加します!是非お近くの方はお越し下さい。

この記事だけを表示

被災地からのレポート2011年7月20日 13:49

【星のり店】海苔種付網の仕立て作業開始!

こんにちは。星のり店です。
台風の影響で雨、風くれぐれもご注意下さい。
さて、美味しい海苔の秘密?シリーズ3回目と予定を組んでおりましたが、
海苔種付網仕立ての作業が始まりましたので、ご覧下さい。

地震で陥没した岸壁に網洗浄機を設置し、汚れた網を海水でガラガラと洗濯し、天日乾燥させます。

星のり店ファンド7201

網1枚の長さは18m、幅1,2m、これを10枚重ねに仕立てます。
ただ重ねれば良いという訳ではなく、1,2m間隔で15箇所、5枚づつしっかりと束ねます。
更に同じく5枚束ねた網を重ねる。
10枚重ねた網を40重ね。根気の作業です。(例年より6割減の網数です)
この網に海苔の種を付着させますが目には見えない胞子で、9月中旬頃から種付けが始まります。
船長の裏技でこの胞子を何十倍、何百倍にも元気な海苔細胞に仕上げるのです。

星のり店ファンド7202

今年はこの大変な作業に強力な助っ人があり、
作業がはかどる、はかどる、爺ちゃんは(船長の父80歳)大喜びでした。
強力な助っ人とは仙台食農交流ネット皆々様+飛び入りで伊豆屋司法書士さん、
猛暑での作業ホントにご苦労様でした。ありがとう。

星のり店ファンド7203


--
自慢の有機、無農薬米と復興一番のりの「おにぎりセット」をもれなくご送付
「星のり店ファンド」の詳細・お申込はこちら:
https://www.securite.jp/fund/detail/187

この記事だけを表示

被災地からのレポート2011年7月14日 10:12

【星のり店】お米の苗で解説!海苔の美味しさの秘密 その2

こんにちは。星のり店 星陽子です。

美味しい海苔の秘密???
お待たせいたしました前回の続きです。
今回は更に解り易く、毎日食べるご飯の幼少の頃の苗で説明します。

種まきをして一週間目、約5~6センチの苗に10kgの重さのローラーで苗をつぶします。
苗が折れてしまうのではと、ちょっと心配。2日間はのだばっているけれども(横になって倒れている)、
3日目に苗は天を刺すように立っています。

星のり7143

ローラーの重さを5kgづつ増やし、この作業を田植え寸前まで繰り返します。
そのことにより土中の根は太く、丈夫になり無農薬、無化学肥料栽培が可能になります。

星のり7142

これがいわゆる細胞活性化、多細胞で海苔と同じ原理です。

子育ても同じかなあと、何でも思いどうりにしてあげるのではなく、
我慢を覚えてもらい強くたくましく、そう簡単にはいきませんがね。

星のり7141

でも、田んぼの中を走り回る子供たちはたくましいですよ。思う存分苗を踏みつぶしていきます。
苗も負けてたまるかといつの間にか起き上がっております。
次回もお楽しみに!


自慢の有機、無農薬米と復興一番のりの「おにぎりセット」をもれなくご送付
「星のり店ファンド」の詳細・お申込はこちら:
https://www.securite.jp/fund/detail/187

この記事だけを表示

被災地からのレポート2011年7月6日 18:44

【星のり店】 細胞多数!星のり店の海苔の美味しさの秘密

こんにちは!星のり店 星陽子です。
誰もが海苔好きになるノリの秘密を少しづつお伝えしてまいります。

海苔は葉体細胞の集まりです。
強く元気な葉体は細胞の数が多く密集していますが、
弱い葉体は細胞がまばらで少ないです。

海苔は細胞分裂を繰り返しながら海の栄養を吸収し、
どんどん成長し《旨み》を蓄えますが、
細胞が少ない海苔は栄養を吸収できず、旨み、香りが減少していきます。

次の画像は元熊本県水産試験場、場長 太田扶桑男先生検診結果です(海苔分野の第一人者)






細胞多数が当店の海苔で、細胞がまばらで少ないほうが一般の海苔です。
何故美味しいか納得。次回はどのようにして細胞を元気にし増やすかです。お楽しみに。

---

どうですか、みなさん
ちょっとびっくりしませんでした?
私が無知なのもありますが、「海苔の養殖」事業の裏に、
こんなに科学的な裏づけがあるんですね。
次回のレポートも楽しみです!

最後に、応援ファンドのトップページ用に
「星のり店・男三人衆」の写真を頂きましたので、こちらでもご紹介いたします。





「星のり店ファンド」の詳細・お申込はこちら:
https://www.securite.jp/fund/detail/187


(ミュージックセキュリティーズ・杉山)

この記事だけを表示