星のり店ファンド ファンドニュース 2011年10月

被災地からのレポート2011年10月31日 23:16

【星のり店】星さん出演情報

11/10(木)18:30から、「3がつ11にちをわすれないためにセンター」の、
「暮らしのシェア」コーナーに、星さんが出演されます!
津波の被害を受けた海苔・米栽培の復旧作業、
セキュリテ被災地応援ファンドなどについて、お話するそうです。
〈概要〉
日時:2011年11月10日(木)18:30~19:30
ホスト:小野朋浩(小さな街)
ゲスト:星 博(星のり店代表、海苔養殖・農家)
主催:3がつ11にちをわすれないためにセンター
協力:せんだいコミュニティカフェ準備室
観覧費:300円(ワンドリンク付) ※定員10名(先着順)
なお、星のり店ファンドは、今週中に再募集を行う予定ですので、
前回、間に合わなかった方は、是非この機会にご参加下さい。
-----------------------------------------------------------
自慢の有機、無農薬米と復興一番のりの「おにぎりセット」をもれなくご送付
「星のり店ファンド」の詳細はこちら(現在は受付けていません):

この記事だけを表示

被災地からのレポート2011年10月20日 23:05

【星のり店】海苔の赤ちゃん無事誕生、順調に生育中です!

大変お待たせいたしました。
海苔の赤ちゃん無事誕生し、順調に生育しております。
白かった網に、黒く、ピカピカした海苔の種がびっしりです。

星のり店-市民ファンド
 
まだ薄暗い朝5時から11時頃まで、松島湾種漁場での網を上げたり下げたりの干出作業の成果です。
種が見えるまでちょっと心配でしたが、さすがベテラン種付け師、拍手でした。
 
そして、今日から種網の冷凍作業開始です。
種網を外洋(太平洋)へ張り出す時期まで、冷凍庫で少しの間休んでもらいます。
水温、栄養塩、潮の流れ等、海の状況を見ながらの張り込みとなります。

星のり店-市民ファンド
 
種場松島湾から揚げてきた種網を少しだけ乾燥させてから袋詰めするのですが、
船長は第一ラウンド無事通過でホットしたのかニコニコ顔で網干しをしておりました。
 
皆様の応援で求めることが出来た-40度の冷凍庫へ即入庫完了。

星のり店ー市民ファンド
 
さて、前々回「河はのりの恋人」その3で終わっておりました。
今日は最後のその4です。
 
河から海に注いだ植物プランクトンの多い海は栄養分が多く、《豊かな海 》となり《魚の宝庫》になります。
 
養殖物のワカメ、牡蠣、帆立、のり、は《豊かな海 》でなければ育たないのです。
これを《沿岸水》または《汽水》と呼ばれ、カツオ、マグロのいる《黒潮》、
サンマ、サケ、タラのいる《親潮》とも違う海水です。
 
のりにとって河水はどうしてもなくてはならない、恋人より妻かも知れません。
 
そんな訳で、森を絶やさず河を大事にきれいに!ですね。

--
自慢の有機、無農薬米と復興一番のりの「おにぎりセット」をもれなくご送付
「星のり店ファンド」の詳細はこちら(現在は受付けていません):

※近々再募集の予定です。再募集のお知らせはウェブサイトやツイッター、メールニュース等で行います。
メールニュースの登録(無料)はこちらから:https://www.securite.jp/member/apply/agree

この記事だけを表示

被災地からのレポート2011年10月10日 14:51

【星のり店】浮上イカダで海苔の種育苗作業

皆様いつも応援ありがとうございます。
星のり店 星陽子です。
 
秋本番で気候もよ良く、美味しい旬が盛りだくさんですね。
ここ七ヶ浜にも待ちに待った、鮭がやってきました。
 
アリューシャンからロシア沖の海流が北海道沖へ、北海道沖の親潮が三陸沖へ。
サンマ、サケと共に七ヶ浜沖へ南下してきました。
三陸沖から南方へ向かって、カツオ、マグロの南下も始まります。
 
潮の流れが大きく変わり始めました。
3/11、太平洋に流れ出た福島原発の汚染水を黒潮が北の海へ運んでしまいました。
どの辺りまで流れ着いているのか確定は出来ませんが、やはり、疑問、不安、心配、でした。
 
魚が教えてくれました。
春に北へ向かって流れた海水は今、ようやく南へ向かってどんどん流れております。
 
この漁場で、のりを育てて良いかどうかの的確な答えが出た訳ではありません。
今後、網の張り出し収穫にあたり随時、放射能数値を報告してまいりますので宜しくお願いいたします。
 
今朝水揚げされた鮭、今夜の食卓に並ぶのですが、感激のあまり記念撮影してしまいました。

星のり店-市民ファンド
 
さて、海苔の種育苗作業ですが順調に進んでおります。
 
いつになく、真剣な表情で種網に干出(網乾燥)を与えているのは80歳の爺じです。(船長星博の父)
通常なら潮の干潮、満潮を利用して干出しているのですが、当店では浮上イカダで強制的に干出しています。

星のり店-市民ファンド
 
干出はのりにとって、ストレスの一種で悪条件の元では次代の種を放出する性質があります。
これを二次芽と呼び親芽だけの種網より、二次芽の多い種網の方が高品質で、美味しいのりに成長します。
 
《河はのりの恋人》その4は、、、、。ようやく育ち始めた、「赤ちゃんのり」の画像と共に次回お送りします。


--
自慢の有機、無農薬米と復興一番のりの「おにぎりセット」をもれなくご送付
「星のり店ファンド」の詳細はこちら(現在は受付けていません):

この記事だけを表示