歌津小太郎こぶ巻ファンド ファンドニュース 2013年08月

被災地からのレポート2013年8月29日 09:21

今年も行ってきました

8月24日(土)に埼玉県蓮田市で開催された「はすだ市民まつり」に地域を代表して、
南三陸町の特産品を販売に行ってまいりました。

蓮田市とは、震災直後から南三陸町歌津馬場、中山地区に支援に入っていただいた
「はすだ支援隊」の皆さんとのご縁がきっかけとなり今も尚、支援隊の皆さんはもちろん、
市長さんはじめ、自治会や商店街の皆様にもご支援を頂戴し、私たち被災地に合わせた
目線で2年半もの長い間、継続したお付き合いのなかで、ご支援をいただいています。

 ※当日の写真



午前中から、気温30度を越える中、いよいよ開店です。



 開店直後、蓮田市の中野市長さんから激励をいただいた時の写真です。
(写真一番右の方が、中野市長さんです。)



はすだ支援隊の皆さんの熱心な呼び込みに、お客様が自然に集まってきます。



 あまりの暑さに、スポーツドリンクで、本日3回目の乾杯!!

今回の参加で2年目になる特産品販売イベントも、
少しずつ増えている商品アイテムを見て、市民の皆さまにも、
南三陸がゆっくりではありますが、復興に向かっていることを実感していだけるのだと、
改めて感じました。

 ※商品の写真 毎度、ご好評の「わかめ」と…



今回から歌津小太郎の「陸中漬(りくちゅうづけ)」と
「ひと味ぼれ(ひとみぼれ)」が初お披露目!!



また、同日に神奈川県座間市で開催されたイベントでは、
㈱かおる建設工業の皆さまにも、南三陸の特産品を販売していただきました。

かおる建設さんも、はすだ支援隊の皆さま同様、震災直後から私たちの地域に、
多大なるご支援を頂戴し、現在も会社全体で南三陸町歌津馬場、中山地区を応援していただいています。

これからも、皆さまの温かい応援の力をお借りして、地域の復興、歌津小太郎の復興につなげていきたいと思います。

(記事担当:千葉)



歌津小太郎こぶ巻ファンド募集中です:
https://www.securite.jp/fund/detail/305

この記事だけを表示

被災地からのレポート2013年8月21日 11:41

押しますよ。

この度、南三陸町で新しい取り組みが始まります。

私達、歌津小太郎もグループの一員である、南三陸町地域観光復興グループの企画で、
南三陸町内のお店では、プレセント付、スタンプラリーが行われています。

その名も『南三陸てん店(てん)まっぷ2013』!


南三陸町の街ナカにあったお店達が「点々」と各地区に復活しています。  
そんな点々と点在する南三陸のお店を、転々と巡って南三陸を元気にしよう!と
点在したお店と人々を結びつけるのが目的で始まった、南三陸てん店まっぷ。

地産品・食料品販売や飲食店・仕出し、宿泊施設や理容・美容・健康、
趣味・レジャーや生活・農産業用品、ガソリンスタンドなど多くのお店が
スタンプラリーに登場しています。





歌津小太郎もここに押しますよ(^^♪



地元の方も、観光で訪れた方も、マップ片手に来てけさい~ん(*'▽')

この記事だけを表示

被災地からのレポート2013年8月2日 14:33

独占インタビュー

歌津小太郎の商品の味付けは、小太郎夫人・千葉あさ子さんの味付けが基本となっています。

 今、この味を従業員の及川智子さんが引き継いでいます。 従業員のほとんどが、地元漁師の奥様達。智子さんもその一人です。                                                                            
(写真左側が、あさ子さん、右側が智子さん)
※この日は、こんぶ炒りを引継ぎ中

一つ一つ材料を見極め、一つ一つ材料を切る。
 一つ一つ味付けをし、一つ一つ袋に詰める。


※智子さん、こんぶ炒り中!

 歌津小太郎商品が出来るまでには、従業員の“皆さんに、届けたい。”気持ちが 込められ、作られています。


※二人で味の確かめ合い。 


“よしっ!これでOK”

あさ子さんはこう話します。 『従業員は職人だねぇ~』

工場、従業員の事をとにかく第一に考える、歌津の母です。


“はい!出来上がり~!”

あさ子さんはいつもこのような感謝の言葉を使います。

“ありがとさんでござりした。”(ありがとうございました。)


この記事だけを表示