歌津小太郎こぶ巻ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2015年4月2日 11:29

今年も行きます!さくらまつり!

今年もさくらの季節がやってきました。
『歌津小太郎』にとって4回目の出店となるさくらまつり。
(有)橋本水産食品・千葉孝浩がトレードマークの歌津小太郎ハッピに バンダナ帽を身にまとい、皆さんに会いに行きます。


↑こちらは去年の様子。わかめの試食とセールスに追われる千葉。
 昨年同様、この機会に歌津の地域と歌津小太郎の復興の進捗もお伝えできればと 思っています。


今回は、
・新物 湯通し塩蔵わかめ
・新物 めかぶ漬
・陸中漬
・ひと味ぼれ/ほたて
・さんま昆布巻 の5アイテムが小太郎ブースに並びます。
 南三陸町歌津の旬の味と地元漁師のお母さん達が作るおふくろの味をお持ちしますので、
皆さん是非!イベント会場へ足を運んで頂ければと思います。


 ■埼玉県蓮田市・第25回商工祭さくらまつり
日 時: 2015年4月4日(土) 午前10時~午後4時 ※雨天順延
場 所: 元荒川河川敷公園(蓮田駅より徒歩10分程度)
会場までは、蓮田駅東口よりのぼり旗を目印にご来場いただけます。
 (会場付近の混雑緩和の為、公共機関をご利用ください)

詳しくはこちら↓
 http://www.nihon-kankou.or.jp/saitama/detail/11238ba2210115879


↑去年のさくらまつりの様子。
 絶好のさくら日和でした。


↑海藻戦隊・わかめんジャー。 今年は来てくれるかな~?


【解説】 私達、歌津小太郎のある南三陸町の馬場中山地区と蓮田市さんとは震災を機に深くおつきあいをさせていただいています。蓮田市と白岡町の建設業者さんの有志により結成された“はすだ支援隊“の皆さんが初めて馬場中山地区のボランティアに来ていただいたのが2011年4月下旬。それ以来、ガレキ撤去、炊き出しに始まり、第二避難所建設、道路建設といった大きなプロジェクトも私達・地域のメンバーを導き奮い立たせながら協同で活動してくださいました。震災から4年を経過した今もなお、ご支援を継続して頂いています。


記事担当 渡邊笑美