歌津小太郎こぶ巻ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2012年10月17日 20:52

祝進水! 第三大黒丸!!


皆さんこんにちは、歌津小太郎の千葉孝浩です。

10月13日(土)に私たちの地域で震災後初めての大型養殖船、第三大黒丸4.8トンの進水式が盛大に執り行われました。





この第三大黒丸は船主の佐々木英幸さん(30才)がいち早く、南三陸町歌津馬場、中山地区の漁業復興の足掛かりとなるよう北海道まで造船所を訪ねて三陸仕様の養殖船を今年の3月から8ヶ月の月日を経て特別に手掛けてもらったそうです。






(船主の佐々木英幸さんです。)

これまで南三陸町にも造船所が2ヶ所程ありましたが、この震災で大きく被害を受け再開がだいぶ遅れていたため、先輩の漁師仲間から紹介された北海道の造船所に何度も足を運びやっとの思いで依頼が承諾されたとの苦労話を伺いました。

佐々木さんを見ていると業種こそ違いますが、同じ地域の事業主としてよくぞこの不安の中で自ら進んで復興の牽引役を引き受けられたと感銘を受けるとともに、私自身もこれまで以上に奮起しなくてはと、とてもいい刺激を受けました。

実は歌津小太郎の新工場建設地は、この佐々木さんのお父さんから土地をお借りできたことが突破口となって事業再開の具体的な計画が進められて来られました。


(お父さんの佐々木一郎さんです。)






(佐々木家の皆さんの当日の写真です。)

震災後、誰よりもお世話になった一家の皆さんが復興していく姿を拝見しまして、私も自分の事のように喜び、その日は夜遅くまでお祝いしました。





次は私たちの番です!!

歌津小太郎もいよいよ来週から「みなさん館」レンタル工房で加工品の製造が始まります。

不安もありますが、新しいステージに向かってもう一歩、勇気を持って進んでまいります。



これからも応援よろしくお願いします。
-------------------------
(宮城県南三陸町)
歌津小太郎こぶ巻ファンド(1口1万500円)の詳細・お申込はこちら: