丸光食品ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2011年12月22日 11:40

【丸光食品ファンド】 師走のご挨拶

こんにちは。
丸光食品ファンド担当、
ミュージックセキュリティーズの杉山です。

今日は冬至ですね。
最近、急激に寒くなりましたが、いかがお過ごしですか。

昨日は、東京都主催の被災地復興支援セミナーに
丸光食品・熊谷敬子専務が参加され、私もお話を聞いてきました。

丸光食品-市民ファンド

震災後9ヶ月以上経っても、まだ再建できていない焦りや不安を抱えながらも、
出資者に励まされ、前を向いて進んできたという話をされていました。
今は、3月中の工場オープンに向け、奮闘しています。

熊谷専務から、出資者の皆様へのメッセージをお預かりしましたので、
お届けいたします。(出資者の方にはメールもお送りしております。)


--------------------------------------------------------
みなさま

いつも丸光を応援頂きましてありがとうございます。

今日の気仙沼はマイナス4度・・寒いです。
朝、起きた時には雪が積もっていて、日中もチラチラ雪が舞っていました。
震災の3月11日を思い出します。
あの日もこんなカンジで、もっとたくさんの雪が降り本当に寒い日でした。

あれから9ヶ月。たくさんの犠牲があり、
到底やりきれない思いがずっと体の中に残っています。
それでもこの9ヶ月、前を向いて進んでました。

しかし、とても慌ただしく毎日がハードでしたが、
会社はまだオープンできず、一体この9ヶ月何をしてきたのだろう?
そう思ってしまうこともしばしばあります。
必死で前を向いているのに、色々な壁が邪魔してなかなか一歩がでない。
悔しかったり、悲しかったり落ち込んだり、感情も忙しかったです。

それでも頑張って来れたのは、みなさまの応援でした。
メールやお手紙や宅配便、気仙沼まで来てくれた方もいましたし、
説明会で直接お会いして励ましてくれたり
子供たちにお土産を持ってきてくれたり。

会っていない方も、このメールやファンドのページで応援してくださいました。
感謝の言葉をどう表現して良いか分からないほどです。

現在は工場オープンに向けて話を詰めている状況ですが
工事関係者の手が足りずなかなか見積が進みません。
なんとか震災から1年の3月にはオープンしたいと強く願い、進めています。
見積がでて、OKという段階になれば、みなさまにご報告出来ると思います。

みなさまに丸光の麺を食べていただきたい!
私自身も早く食べたい!

みなさまにご報告できる日を・・・
工場オープンの日を・・・今はこれだけを考えて日々動いています。
これからも応援宜しくお願い致します。

みなさま、寒くなりましたのでお風邪などひきませんように。

丸光食品株式会社  熊谷 敬子

-------------------
1口または2口お申込の方には丸光食品の定番商品から「丸光の麺3点セット」を、
3口以上のお申込で海鮮ふかひれ生ラーメンを含む「気仙沼麺セット」をもれなくご送付
「丸光食品ファンド」の詳細・お申込はこちら:
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.