セキュリテ熊本被災地応援ファンド 被災地のニュース・現状

被災地のニュース・現状2017年7月13日 18:00

益城町の現状


 こんにちは。緒方です。

 今回は私の地元である益城町の現状について紹介したいと思います。

 益城町は昨年の熊本地震で2度の震度7を観測し、新聞やテレビなど多くのメディアに取り上げられました。しかし、地震から1年以上経ち、現状が伝えられる機会が少なくなっています。


/data/blog/archive/original/35968.JPG


 これは、私の実家の近くの道路です。大きな土のうが歩道にいくつも並べられています。もともとは歩道の横にコンクリートのブロック塀があったのですが、地震でそのブロック塀が崩れてしまい、土がむき出しになっています。土のうは余震が来たり、雨で土が柔らかくなったりして土が崩れてきてしまうのを防ぐために地震後ずっと置いてあります。大きな道路は整備が完了したところが多いですが、整備が行われていない道路もたくさんあります。



/data/blog/archive/original/35969.JPG


 ここも私の実家の近くの道路です。一見するとあまり地震の影響がないように見えます。しかし地震前、道路の両側は住宅が連続して立ち並んでいました。この道を通る際に当たり前のように見ていた家が解体され、更地となった場所が多くあり、寂しい感じがします…。

 地震後に自分の家を解体し、仮設住宅やみなし仮設住宅に住んでいらっしゃる方は多くいますが、長年住み慣れたところを離れて新しい環境で過ごすというのは簡単なことではありません。私の家族は益城町のみなし仮設住宅に住んでいますが、ご近所さんで家を解体して益城町を離れた方が何人かいらっしゃいます。私の祖母はこのようにご近所さんが益城町から離れて行ってしまうのが悲しいと言っていました。だんだんと生活の再建が進んでいく中で、人とのかかわりが減ってしまい、心のつながりを求めている人は少なくないと思います。今後は外見の復興だけでなく、前向きになれる心や気持ちといった内面の復興にも力を入れていくべきだと感じました。



/data/blog/archive/original/35970.JPG


 益城町では家の解体がまだ進んでいないところもありますが、このように家を再び建て直している姿をよく見かけるようになりました。毎日朝から夕方まで工事の音が鳴り響きます。地震直後は家が解体されたり、がれきをかき集めたりする悲しい音として聞こえていましたが、現在は復興に向けて前に進む音に変わった気がします。これから地震前の益城町の姿に戻るだけでなく、地震前より元気な益城町になれば嬉しいです。益城町についてこれからも現状を伝えていきたいと思います。
 
緒方李華





 

この記事だけを表示

被災地のニュース・現状2017年7月12日 17:30

住民の心の支え、熊本城

こんにちは!

みなさんは熊本といえば何を思い浮かべるでしょうか。

熊本は九州の中心で、熊本市街は熊本城を中心に発展してきました。
今回は、熊本のシンボルである熊本城について紹介したいと思います。

熊本城は、加藤清正が築城しました。(1607年)
大阪城、名古屋城とともに日本三大名城のひとつに数えられる熊本城の天守閣は、
以前は多くの観光客であふれていました。

/data/blog/archive/original/35870.jpg
https://kumamoto.photo/archives/picture.php?/185/tags/31-%E7%86%8A%E6%9C%AC%E5%9F%8E

しかし、地震の影響で熊本城は大きな被害を受け、現在は天守閣に近づくこともできません。
/data/blog/archive/original/35871.jpg
https://kumamoto.photo/archives/picture.php?/2817/category/263

/data/blog/archive/original/35872.jpg
https://kumamoto.photo/archives/picture.php?/2814/category/263

熊本城の天守閣は大天守と小天守があります。
天守閣は、大天守が8本、小天守が4本の地中杭の上に建っているため、
地震の時その杭に支えられて構造自体には大きな被害はありませんでした。
しかし、瓦が飛んだり、石垣が崩れたりなどの被害がありました。

/data/blog/archive/original/35873.jpg
http://news.mynavi.jp/articles/2016/11/15/kumamoto/

大天守の復旧は平成30年までに完了する予定です。
小天守は少し遅れると思われますが、大天守も小天守もなるべく早い復旧を目指しています。

今回地震で大きく損傷した熊本城ですが、
実は、かつて西南戦争の際に天守閣と本丸御殿一帯が焼失したことがあります。
その後(1960年)に鉄筋コンクリートで再建され、
瓦や石垣の位置まで外観を忠実に再現して後世まで受け継がれてきました。
地震で多くのものを失いましたが、それでも前に進むための復興のシンボルとして、
熊本城は大きな役割を果たしています。
今も昔も熊本城住民の支えとなっているのです。

<参考>
https://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=16136&class_set_id=2&class_id=2555
熊本市HP/復興のシンボル熊本城-2017年4月「天守閣」

http://castle.link-hp.net/01.html
熊本城の歴史:熊本城観光体験記
2017年7月 庄山真由

この記事だけを表示

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2022 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.