丸光食品ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2013年1月7日 21:49

年頭のご挨拶とビッグニュースのお知らせ

みなさま
明けましておめでとうございます。

写真のように、こちらは雪・氷点下。このような道を毎日通勤しています。

丸光

昨年は、激動の1年だったように思います。2011年の大震災以来、走り続けて参りました。何度転んで何度起き上がったことでしょう。

念願の、念願の工場オープン。でも環境や、機械の違いで思うように麺づくりが出来ず、毎日毎日作り続け、泣く泣く廃棄する日々が続きました。

やっと商品を出荷できる状態にたどりつき工場を本稼働させ、電話機やファクスも取り付けられ、さあいよいよ、という段階でも、電話が鳴りメモしようと思ったらペンがない、掃除しようと思ったら、ほうきがない、といった具合でした。何にもないってこうゆう事なんだと、改めて身に染みたような気が致しました。

それでも12月は、麺屋にとっては1年に一度の大イベントなのですが、何が何だかわからないほど大忙しでした!

毎日忙しさの中で、やっぱり仕事をしてるっていいなぁ~と思いました。地元のスーパーさんの納品がはじまり「丸光復活!!」とPOPを貼ってくれて。でもやはり製造量が少ない、納品量が少ないのが課題です。丸光だけが再建を果たしてもだめなんです。それぞれの企業が再建していき、みなが働き出さないと・・・。

やはり丸光は再建という目標に向かえた分、幸せなんだと思います。そして、その再建をいち早くできたのも、みなさまのおかげです。
色々大変なことがありましたし、何度も転びました。でも転ぶ度に皆様からの温かいメッセージで元気づけられ、オープンすることができました。ありがとうございました。心より御礼申し上げます。

また、たくさんの方から年賀状を頂きました。それぞれコメントが書いてあり読んでいると涙がでてきそうになりました。有難うございました。

大変だったことばかり書いてしまいましたが、ビックニュースもありまして!!なんと出資者の方が丸光で働きたいと、12月から社員として勤務しています。東京の方で引越してきてくれました)

長い長い道のりでしたが、みなさまのおかげでオープンできた丸光を軌道にのせ、多くの方に丸光の麺を食べていただけるよう頑張ります!

何より、まずはすべての出資者の方に、特典の麺を食べていただけるよう、現在、全社をあげて準備をしておりますので、まだお手元に届いていない方、今しばらくお待ちください。

みなさま本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

株式会社 丸光製麺
専務取締役 熊谷 敬子

-----------------------------------------------------------
1口または2口お申込の方には丸光食品の定番商品から「丸光の麺3点セット」を、
3口以上のお申込で海鮮ふかひれ生ラーメンを含む「気仙沼麺セット」をもれなくご送付

丸光
※ 特典の発送は、2013年1月7日までに契約成立となっている方については1月中に発送いたします。
それ以降は、毎月月初にとりまとめ、発送いたします。今回、対象となっていない方は、2月までお待ちください。