丸光食品ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2012年11月26日 13:58

オープン記念!丸光製麺工場見学会レポート!

セキュリテ被災地応援ファンドの応援団山田さんの工場見学レポートです!
山田さんについては、こちら

--
気仙沼唯一の製麺会社である丸光製麺(旧:丸光食品)さんの
新工場が10月のプレオープンを経て、いよいよ11月15日に
念願のグランドオープンとなりました。

それを記念して11月17日に応援ファンド出資者限定の

プレミアム工場見学会が行われたので参加してきました。



丸光さんの新工場である一関工場については

今年3月、この工場を借りてやります、という段階と
10月のプレオープン直前の段階で2度レポートしてますので
よろしければ↓こちらも合わせてご覧ください!

新工場予定地見学会(3月)


◎新工場オープン直前レポート(10月)

前編(稼働準備編)
後編(試運転編)


17日は、12時に新工場に参加者の皆さんが到着し、

まずは昼食として、丸光さんのはっと汁をいただきました。
(僕は車の急なトラブルでちょっと遅れて到着 ^^;)

事務室の方で敬子さんや従業員の皆さんが

お忙しいにも関わらず、はっと汁を準備してくださいました。

先月に来たときは、事務室もまだ稼働直前でしたが

さすがにもう色々物が入って、動いてるカンジですね。







お!敬子さんキャラのマウスパッドまでありました(^^

これ、いいですね~☆

そして、こちらがはっと汁です!

製造再開後のはっとは僕も初めてだったので
いきなり嬉しく美味しい味でしたね☆





敬子さんもまずは一旦落ち着いてお食事です(^^


少し休憩して、いよいよ見学会がスタート!

まずは参加者の皆さんから簡単に自己紹介です。



この日はガイド役の杉山さんも含めて総勢25人。

これだけいると、さすがに部屋も一杯になりますね~。
嬉しい悲鳴ですね!

そして、敬子さんからのご挨拶&流れの説明。




この日は、ただの見学とか体験ではありません。

まだまだ工場の人出が足りないので、一日社員として
しっかり製造を手伝ってもらいます、とのこと(^^

出資者としては、そういうのが逆に嬉しいんですよね。






ということで、白衣や帽子などを着用して作業準備です。

多くのみなさんにとっては初めての経験ですね。

当然ながら、白衣などもまだ数が足りないため、

一部の方はエプロンなどで代用しています。



こちらは、ミュージックセキュリティーズの杉山さんと

丸光応援団の齋藤さんという頼りになるお2人。

さぁ、そして、いよいよ工場で入ります!








社長の茂さんより、機械や行程の説明をいただきつつ、

実際に、機械を回してうどんを作っていきます。

みなさん、こうやって麺ができるのかと関心のご様子(*^^*)












工場で製造されている方にとっては当たり前でしょうが

普通の人にとっては、一つ一つが発見の連続なんですよね。
こういうところを見れるなんて、本当に貴重な機会です。

ここら辺から、作業ごとに分かれていきます。

こちらは、打ったばかりの麺を茹でる行程のチーム。





まだお湯が沸いてないので、こちらはまた後程。。。


そして、こちらは天ぷらを揚げる行程のチーム。

天ぷらうどんに入っている、自家製の天ぷらです。

敬子さんの説明を受け、実際に作業やってみますよ!










天ぷらのタネが油に入ったところで、

タイミングよく箸で海老を入れていくのですが
これが意外と難しい~。

あまり入れすぎると、原価率が高くなっちゃいますが

今回のは大盤振舞のが多かったようですね(^^;
(僕は2個ほど、海老なしのを流しちゃいました。。。)

そして、揚がった天ぷらはこちらから出ます。

まずは天ぷらを斜めに並べて冷ますんですね。





圧巻のビジュアルでしょう!?あー、美味しそう~。。。

思わずつまみ食いをしたくなりますね(^^

そして、今度は冷ました天ぷらを袋詰めしていく作業。






震災前は機械でやれていた作業ですが、

今回は機械を買うための資金が足りなかったとのことで
今後しばらくは手作業で行うそうです。

いやぁ、本当に手間がかかっていますね~!


次に、こちらは、はっと作りのチームです。








従業員さんにはっとのちぎり方を教えてもらって

なにはなくとも、さっそくやってみます。
不揃いなのも、手作り感が出て、良いでしょう(^^)v

さぁ、では、いよいよ、麺の茹で行程に行きます。

20分近く茹でて、冷水で3段階で冷まして、
そして、1玉ずつ出てくるところまで自動化されています。











袋詰めされて落ちてきたものをトレイに並べていきます。

こうやって、たくさん製造されていく様子はやっぱり嬉しい!



ということで、途中、記念写真をパシャリ☆


さて、うどんの次は、はっとを茹でてそれを袋詰め。








なんと、こちらは自動化されておらず、

茹でたはっとを計量機で測って1袋ずつ分けていきます。
いやぁ、これは大変ですね~。



こうやって出荷できるようやく出荷できる段階になります。

機械化されているとはいえ、人の手が入るところが
たくさんあるんだということが分かりましたね。

製造された麺は、冷蔵室で保管されます。






さすが元・牛乳工場だけあって、冷蔵室はとっても広い!

これは丸光さんにとっても嬉しいことです(^^)b


さぁ、最後は出来上がった麺に、つゆなどを入れて完成!






工場見学会に参加してくれた皆さんのお土産は

これまた手が足りないので、自分で詰めてください!
とのことですが、これは参加者には嬉しい体験☆

天ぷらうどん、ラーメン、焼きそば、はっとの中から

一人3種類選んでお持ち帰らせていただきました♪







丸光オリジナルの天ぷらうどんは、

ずーっと昔から、うどん、天ぷら、つゆ、七味が
全部セットになって1人前なんですよ!



そして、最後は、シーラーで袋を閉じます。








いやぁ、ここまで自分でやってみると、

やっぱり商品の見え方・思い入れが変わりますね。

参加者のみなさんの嬉しい顔がたくさん。






こちらは夫婦でご参加の平さん。

奥さんは、丸光の一日社員やレシピ企画部など
様々な場面でご活躍の心強い応援団のお一人です。

敬子さん、杉山さんも、笑顔でパシャリ☆




って、あれ!?

アンカーコーヒーのやっちさんもいつの間に!

実はやっちさんも小さい頃から食べなれた

丸光さんの新工場を見たいということで
休憩の差し入れコーヒーを持って最後に登場☆

ということで、一通りの作業を終了して、

事務室で、アンカーコーヒーでコーヒーブレイク♪





アンカーコーヒーの常連客である敬子さんも

思わずニンマリでした(^^)v

最後は、敬子さんからご挨拶をいただき、終了。




いやぁ、本当にプレミアムな工場見学会でしたね。

参加された皆さんもきっと、より強い丸光ファンに
なったことだと思います。

ただ、敬子さんもおっしゃっていましたが

製造ができる状態になったとはいえ、
お客さんや取引先も多く被災された状態なので
売上げはそのままでは震災前には戻りません。

これから新しいお客さん・新しい販路を

作っていかなければならないのでこれからが
本当の復興への道と言えます。

大変な道ではありますが、こうやって

長くつながって応援してくれるファン・出資者が
いるというのはきっと大きな力になるでしょうね。

ということで、今後ますます丸光さんを

強く応援していこうと思った工場見学会でした。

参加者の皆さんは、そのままペンションに移動し

食事・交流会となりましたが、僕は気仙沼で
用事があったため、そこで別れて見送りました。

きっとそちらの様子は杉山さんか齊藤さんが

セキュリテブログで報告してくれることと思いますので
どうぞお楽しみに~!

さて、丸光さんを応援するファンドはまだ募集中です。

(本日時点で、満額まで94.4%!あとわずか!)

今回のブログを見て、丸光応援団に加わりたいなと

思った方は、ぜひ出資をご検討くださいね。
豪華出資者特典もあり、絶対おすすめですよ~。
(何より、敬子さんと仲良くなれるのが一番の特典かな ^^)

みんなのうどん屋、丸光製麺さんを一緒に応援しましょう!!

https://www.securite.jp/fund/detail/336