世嬉の一酒造 蔵とビールファンド ファンドニュース 2016年01月

被災地からのレポート2016年1月30日 12:18

南三陸町の塩釜で学びました。東北のものづくりのすばらしさとすごさ!

三陸旅行4

今日は、東京からお世話になっている先生とご友人が来ました。

私達、震災後の勉強会 みやぎECの会で講師をしていただいた先生です。

みやぎECの会とは、南三陸町の山内鮮魚店の専務 山内さんが中心となり、震災後自分たちで東北を全国に輸出しようと勉強会を開催しています。

その先生方が東北の私たちの企業を見てみたいということで旅行を計画しました。

行程は 一ノ関(世嬉の一)→南三陸町(山内鮮魚店)→塩釜(間宮塩蔵商店)→懇親会→仙台周辺観光という流れでした。

私も山内さんや間宮さんの新工場を見たくて同行させていただきました。

まずは、世嬉の一からです。(三枚の写真は山内さん撮影です。プロですね・・・)

三陸旅行3

 

三陸旅行2

 

三陸旅行

珍しく、私が説明しました。そして、結構写真にはないですが、蔵の二階や修復工事の現場など拝見していただきました。

あとは、郷土料理を体験していただき、南三陸町へ!

私も山内さんの工場楽しみです。山内さんとは、ホヤビールや牡蠣のビールでお世話になっております。

新工場の建屋です。すごいですね~

山内9

南三陸の津波被害はすごいものがあり、この土地も水害で住宅が流された後だそうです。

多々問題あるのだとは思いますが、震災から4年たった時に完成した新工場。力強さを感じました。

山内8

山内さんの屋号が飾られています。かっこいい!

山内7

そして経営理念。経営理念を忠実に行っているなぁ・・・と感動しました。

そして一番感動したのは、新工場の事務所!

山内13

山内12

山内11

すごい!東京のオフィス見たい・・・実際にこのオフィスが出来てから若い人が仕事したいという希望が増えたとか。

山内10

事務所内にキッチンもありました。実際に山内さんの商品の調理方法等を撮影したりもするそうです。

お洒落ですね~。

でももっとも驚いたのは、スタッフさんの休憩室やその他の部屋。

細かいところにスタッフへの配慮がある工場だと思いました。

一方、築97年の世嬉の一。不便なのが当たり前と思って負担掛けているなぁと反省です。

そして、いざ工場へ。現在、工場ではしっかり朝ごはんセットの出荷で大忙しだそうです。

山内6

今日はサンマの焼いたものをパックしていました。

山内5

山内4

山内3

スタッフの人たちも清潔感もあり、細かい骨までも丁寧にとったりと・・・すごい!

日本の食品工場は、気遣いの宝庫だと感じました。

そして技術の高さも感じます。詳しくは書きませんが、高い技術で美味しさと健康をそのまま家庭にお届けする方法を追及しているのだなぁと思いました。

商品開発もどんどん行っているし、山内鮮魚店様の力強さとすごさを感じたひと時でした。

山内さんのサイトはこちらです。

http://www.yamauchi-f.com/

山内1

その後、被災した庁舎のところに行きました。

ビックリしたのは、いつの間にかここでも大きな高台ができています。

全部かさ上げで地形が変わっていました。・・・まるでピラミッドの用ですね。

山内2

是非は別として、変わりゆく風景にただただ唖然とするばかりでした。

気を取り直して、ここから塩釜へ移動です。

高速道路も整備されとても快適に移動です。

次は間宮塩蔵商店様、社長の間宮さんは、みやぎECの副会長。とてもお忙しい方ですが、いつも本気でぶつかっていく方。

間宮商店様は、干物の会社ですが・・・間宮エイジングという新しい手法で、干物という長期保存のための手法から、

調理方法の一つとして、魚を美味しく調理する工場にしています。

間宮1

この方が社長さんです。お若いですよ。

間宮さんのところは、魚の処理の仕方、エイジング(熟成)の仕方がすごい!

何がすごいかって・・・あまり書くと企業秘密になるかもしれないので記載しませんが・・・

間宮5

 

間宮4

塩がなじんでより美味しくなっておさかな・・・

間宮2

ここでも感じたのが、素材をどのように品質向上させるか、小さい事まで気をつけて行っている事。

うちの工場長も連れて行けばよかったとすごく感じました。

間宮6

最後にいただいた、サバの粕漬け!ビックリしました。ここの商品は、干物というよりエイジング(熟成)

よりお魚が美味しくなるのですね~。

間宮塩蔵商店さんはこちら

http://www.mamiyaenzo.jp/

昔からの手法をより進化させ、お客様にあった商品づくり。

そして、それを達成するためのチームづくりや場づくり。すごいなぁと感動したツアーでした。

そして、こんなに素晴らしいものづくりをしている東北の素晴らしさに嬉しくなった一日でした。

この後は懇親会になだれ込むのですが・・・いい興奮と学びがあったので飲みすぎました(笑)

世嬉の一も見習って素晴らしいモノづくりをめざし、今日も元気に営業中です。

 

    -------------PR------------------  

バレンタインギフト好評発売中!

VTbana400

ご注文はこちら

 

    2月13・14日の2日間いわて蔵ビール祭りを開催します。

    12366221_743138152484775_7623779472583123315_n

    いわて蔵ビール周年祭を開催します。

    現在、500円お得な前売り券発売中!

    詳細はこちら

この記事だけを表示

被災地からのレポート2016年1月27日 20:15

世嬉の一ピクニックの再開します。

四代目、佐藤 航です。
これからも世嬉の一の活動内容を投資家の皆様にお伝えしていきたいのですが、私自身、手が回らなくなってきており、新人社員 せきの一子さん(本人の希望で本名は控えています。)にもブログを記載してもらいます。
さて、今回、当社では世嬉の一だけでなく世嬉の一周辺のすばらしい人・風景・食材を紹介する活動を今年からやろうと考えました。
世嬉の一のある、一関はこの5年間で7000人の人口が減少し、村一個分なくなってしまいました。
これは大きな流れですので仕方がないかもしれませんが、そんな中でも元気にそして自慢できるものがたくさんあります。そんな方々や地域と連携し、点ではなく線、面で全国に発信しようと企画しました。
せきの一子も一緒に取材にいきましたのでぜひ読んでみてください。

-------------------------------------
皆様

こんにちは! せきの一子です。

今日は日差しもあり、寒さが和らいでますね(ウレシイ!)

ガッチガチに凍っていた駐車場の一部も、この日差しで解けかけてきました。

それを我等がスーパー営業マン・吉田さん は見逃しません!

20160127-吉田さん1

ガーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!

フォークリフトで地面にはりついた氷を破壊しております。

その砕かれた氷を運んでいるのが、星さん。 マラソンが趣味の、とっても明るく楽しい方なんです♪

この二人の会話のやりとりは、まるで漫才。 この撮影をしている間も何度も笑わせてもらいました(^0^)

20160127吉田さん2

↑↑↑ 真剣です。

 

さてさて、過去に開催した事がある “世嬉の一 ピクニック” また復活します!

一関はとても広く、実は見所や素晴らしい取り組みをしている方々が沢山いらっしゃるんです。

そこで “世嬉の一 ピクニック”と称して、一関やその周辺地域の素晴らしい人々・場所・伝統 を皆様に

見て・聞いて・体験して もらえる機会を定期的に作っていきたいと思います。

どなたでもご参加いただけますので、ぜひピクニック情報チェックしてくださいね!

 

さっそくですが、5月に開催予定の 仮称「菜の花と搾りたてオイルdeてんぷら ピクニック」での訪問先である

株式会社デクノボンズさんにお邪魔してきました。

外看板

デクノボンズさんは一関市大東で菜の花からとれる「なたね油」を製造していらっしゃいます。

デクノボンズ代表の小野寺さんから、菜種を炒る所から瓶詰めまでの工程を丁寧に教えて頂きました。

機械

右にいらっしゃる男性が小野寺さんです。   こちらは菜種を炒る器械で、薪で火起しをするんだそうです。

湿度、気温、薪の燃え具合によって調整しているそうです。 目配り、心配りが必要なのですね。

 

炒られた菜種はこのあと搾り器にかけられ、濾過され、120度の熱で加熱殺菌処理し、一つ一つ手作業で

瓶詰めをし商品となります。

こんなに綺麗な色なんですよ~!

完成オイル

菜種油は酸化しにくく、熱にも強いのが特徴なので、揚げものにはもってこい!の油です。

出来立てのオイルは風味もよく、これまた美味しさが際立つそうですよ☆

 

賞状

小野寺さんの活動は 「フード・アクション・ニッポン アワード2010  プロダクト部門 入賞」 を受賞されました!

 

世嬉の一ピクニックでは、

-工場見学

-器械から出たばかりのフレッシュオイルのテイスティング

-なたね油で菜の花や山菜のてんぷらを食べる

等々皆様に体験して頂ける事を企画しています☆

菜の花も山菜も自分達で収穫し、青空の元でてんぷらを食べる!

その横には軽トラビールバーも♪♪♪

 

さ・ら・に! 食の匠であり、“てご舎”を経営している伊東さん手作りの

けんちん汁や無農薬のお米を糠釜で炊くふっくらご飯も用意して頂く予定です!

あーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!  想像しているだけで食べたくなってきました。

伊東さんは醤油も味噌もお酢も全て昔ながらの手法で手作りされてるんです。

食事

打ち合わせでお邪魔したのに、こんな風におもてなしをして頂きました。

カブの酢づけ、大葉味噌、百合の葉酢、お焼き・・・何を食べても感動の美味しさ♪

小野寺さん伊東さん

左が食の匠 てご舎の伊東さん    右がデクノボンズの小野寺さん

 

5月のピクニック、詳細が決まりましたらまたブログ等でお知らせ致しますので、ぜひご参加くださいね☆

 

今日も世嬉の一は元気いっぱい営業中です!

 ————-PR——————  

VTbana400

ご注文はこちら

 

    2月13・14日の2日間いわて蔵ビール祭りを開催します。

    12366221_743138152484775_7623779472583123315_n

    いわて蔵ビール周年祭を開催します。

    現在、500円お得な前売り券発売中!

    詳細はこちら

 

 

 

 

この記事だけを表示

被災地からのレポート2016年1月25日 19:31

世嬉の一 新入社員歓迎会&新年会を開催しました!

fuukei

残雪が残る世嬉の一。

雪に光が反射してとてもきれいです。

この雪景色を見ていると東北に生まれて幸せだなぁといつも感じます。

そんな幸せを感じつつ、今日は世嬉の一の新入社員歓迎会&新年会が開催されました!

その6

sono1

パートさんも社員さんも参加するため、大変申し訳ございませんが夜の営業は終了。

みんなで懇親をふかめようと集まりました。

そして世嬉の一の宴会といったら、必ずおこなうのがゲーム。

前回は箸入れでしたが、今回はピーナッツを箸で何個つまめるかというイベント。

未成年から74歳までいるので、なかなか一緒にできるゲームを探すのは幹事さん大変ですが、毎回器用さを競っているような気がします。

その5

ハンディつけろ~とか、老眼鏡がほしいとかさまざま意見出つつも結構真剣にやっています!

その4

このピーナッツ箸つかみゲームも結構盛り上がります。

そして、今回は利き酒ならぬ、利き水大会も開催!

その3

強制的に私も参加させられました。

その2

結構難しいですね~

その7

もうよっているので、わかりませんでした。

結果は、私ははずれ・・・・新入社員さんがなんとあてるという快挙でした!

fuukei2

みんなで一緒に盛り上がる。みんなで笑顔になる。

そんな会社づくりっていいなぁと思いつつ、みんなで飲んで笑ったひと時でした。

ちなみに今回の新年会でもっとも美味しいお酒が、ビール部門の大立目さんが醸造しました、ビールを蒸留して醸造したスピリッツ?リキュール?でした。

4月までにお客様にお届けできるよう努力するそうです。

今日も世嬉の一は一体となって元気に営業中です。

    -------------PR------------------  

バレンタインギフト好評発売中!

VTbana400

ご注文はこちら

 

    2月13・14日の2日間いわて蔵ビール祭りを開催します。

    12366221_743138152484775_7623779472583123315_n

    いわて蔵ビール周年祭を開催します。

    現在、500円お得な前売り券発売中!

    詳細はこちら

この記事だけを表示

被災地からのレポート2016年1月24日 11:59

蔵の補修工事の状況報告。22世紀の子供達のため?大げさでしょうか?

みなさんこんにちは。四代目の佐藤です。

今日は全国的に大寒波が到来しているようですね。

みなさんの地域は大丈夫でしょうか?

世嬉の一はいつも通りの風景。朝、みんなで雪かきををし、業務をおこなっています。

P1240912

お昼頃からきれいな青空で、雪と蔵と空のコントラストがとてもきれいです。

P1240911

なんかいい雰囲気ですね。冬の蔵も大好きです。

雪の中でも座敷童ちゃんが元気で遊んでいます。

DSC_0319

たまたま、ご来店されたお客様と一緒に雪ウサギをレストラン前につくりました。

お客様ありがとうございます。

DSC_0321

その後も何かつくっている座敷童ちゃんたち・・・・基本はお餅だそうです(笑)

IMG_20160123_160734

さて、震災からもうすぐ5年たつのですが、まだまだ震災復興の工事は続いております。

きっとあと数年、当社は続くのだろうなぁと・・・・とちょっと悩んでしまいます。

こちらは奥の石蔵。

震災当時、仮の板張りなどで補修しておりましたが、今回3月までに崩れないように補強工事を行っています。

P1200882

震災前は、事務所、売店、発送所、商品倉庫だったところです。

壁も全部はずし、設立当時の姿になっています。

P1200881

立っているのは当社の専務。専務と比べてみると蔵の大きさがわかりますね。

P1200878

レンガ壁も全体が見えてきます。

P1200879

素敵でしょう。

今行っている工事は、補強のため、鉄骨を入れる工事です。

P1200877

写真のように壁に螺子をとめ、そこに鉄骨を四方と縦に入れていきます。

壁の中に鉄骨の枠組みを作るような感じですね。

P1200876

レンガ壁にもつけています。

P1200875

3月までで、第二期工事が終わり、4月第四期工事。

ずーっと補修。

専務がお金の心配をしています。そりゃそうだ・・・

ただ、三代目より常に言われている事、守る事は、この蔵のある風景も一関の資産、たまたま世嬉の一が預かっているもの。

借金しても残せるなら残しなさいとのこと。

今行っている工事も30年は持たせるためのもの。

30年後はきっと五代目が継いでくれる。

5代目達の時代に、この蔵が活気ある活動をし、一関がそれと同時に活気ある町になっていればいいのかなぁ。

今はちょっとだけ、踏ん張ることで、未来が素敵になると思うと楽しくなります。

今日も世嬉の一は未来に向けて元気に営業中です。

・・・・追伸・・・・

先日、四代目が務めていた会社の上司に仙台で会いました。

その上司は、よく22世紀の子供たちのために仕事、事業、生き方を決定することも大切だよと言っていたことを思い出します。(その方は、有名な経営コンサルタントだったので、主に経営者にお伝えしていました)

「22世紀の子供達へ・・・・」100年後全然想像つかないのですが、実はこの蔵はもうすぐ100年。

100年前のご先祖様のおかげで事業ができると思うと、22世紀の子供たちに向けて仕事するのもありなんですね。

 

    -------------PR------------------  

バレンタインギフト好評発売中!

VTbana400

ご注文はこちら

 

    2月13・14日の2日間いわて蔵ビール祭りを開催します。

    12366221_743138152484775_7623779472583123315_n

    いわて蔵ビール周年祭を開催します。

    現在、500円お得な前売り券発売中!

    詳細はこちら

    社長と走ろう!天下の奇祭!大原水掛まつり 2月11日

    水かけまつり2016ポスター 小

    男性のみ限定、女性はみるだけ!水掛祭りに参加して今年をすばらしい年にしませんか!?

    男性参加費10000円(内容、水掛祭り参加費5500円(さらし、わらじ、手ぬぐい等、必要なければ大丈夫です)その他、交通費、宴会費です!

    詳細はこちら

この記事だけを表示

被災地からのレポート2016年1月23日 10:12

陸前高田米崎りんごで今年のビール醸造を行います。

投資家の皆様いつもありがとうございます。
世嬉の一酒造の四代目の佐藤 航です。
最近おかげさまで、積極的に活動を行い、忙しくなる毎日です。
そこで、今後、私だけでなく昨年12月に入社していただいた、スタッフにもブログを掲載してもらとうと思います。
今後も震災から当社がどのように活動しているか、ブログを通してご報告いたしますので、よろしくお願いします。
尚、スタッフは仮に「せきの一子」と名乗っています。
というのも、最近女性スタッフを掲載すると、変な電話などくるときがあり、大変恐縮ですが本名と顔写真は控えさせて頂きます。
(私は全然大丈夫ですが・・・・)
せきの一子の正体を知りたい方はぜひ、当社に遊びに来てくださいね。
さて、前置きが長くなりましたが、ここからブログです。
-------------------------
皆さん

こんばんは!  せきの一子です(^^)

週末の大寒波の予兆なのか、今日は一日中「すばれる」くらいの気温です。

「さぶっ!」 ブルブル

 

今日は、陸前高田にある 農家カフェ フライパン さんがいらっしゃいました!

フライパンさんは2013年から「りんごエール 陸前高田」を作っており、

世嬉の一はそのお手伝いをさせて頂いてます(^^)v
(震災復興活動の支援で、陸前高田米崎りんごを使用したビールを醸造しています) 

 

今日は、皆さんでその仕込み “りんごの搾汁” にいらっしゃいました。

これがそのリンゴです!  とっても美味しそう♪♪♪

6

特別に、搾りたてのりんごジュースをいただいちゃいましたheart

5

 

うきゃ~~~っ♪めっちゃ美味しい!!!!!!!

私が今まで飲んだ「りんごジュース」の中でもピカイチの美味しさです。 本当に。

この搾汁ですが、まずはリンゴのワックスを取り除き

2

 

一つ一つ器械に入れて搾汁するんです。

心を込めて搾りだしてます!!!

3

すると・・・・・・

4

きたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

100パーセントの搾りたてジュース♪

これがビールと一緒になるんですね。

明日は、“仕込み”が始まります。

 

1

農家カフェ フライパンの皆さんですsmiley

 

出来上がりが楽しみですね!!

 

世嬉の一は明日も元気いっぱい営業します(^^)

 

    ————-PR——————  

VTbana400

ご注文はこちら

 

    2月13・14日の2日間いわて蔵ビール祭りを開催します。

    12366221_743138152484775_7623779472583123315_n

    いわて蔵ビール周年祭を開催します。

    現在、500円お得な前売り券発売中!

    詳細はこちら

    社長と走ろう!天下の奇祭!大原水掛まつり 2月11日

    水かけまつり2016ポスター 小

    男性のみ限定、女性はみるだけ!水掛祭りに参加して今年をすばらしい年にしませんか!?

    男性参加費10000円(内容、水掛祭り参加費5500円(さらし、わらじ、手ぬぐい等、必要なければ大丈夫です)その他、交通費、宴会費です!

    詳細はこちら

 

この記事だけを表示

被災地からのレポート2016年1月20日 20:00

新社員も含め、社員勉強会で世嬉の一の歴史を学びました。

P1200885

久々に冬らしい大雪がふった日。

世嬉の一では毎月行っている社員勉強会が開催されました。

2016年最初の勉強会。

そこで、今回は三代目(現会長)に世嬉の一の歴史について話してもらいました。

実は初代から四代目まで知っているのは、三代目1人。

四代目がまだ小学2年生の時に、二代目が他界しているので二代目の行ってきたことなどは聞いているものの、実体験していないので、三代目にお願いしました。

また、最近新しいスタッフが増えてきているので、歴史から学ぶ「世嬉の一の精神というか、心」を学んでほしかったからです。

社員勉強会2

74歳、会長が話す内容を真剣に聞くスタッフたち。

 

社員勉強会

三代目もだんだん熱がこもります!

下記が当社の歴史を三代目がまとめたものです。

52817-1

もち食文化の取り組みも話してもらいました。

52817-2

三代目の話が終わった後、スタッフたちから質問や意見がでました。

社員勉強会1

何度聞いててもけっこう波乱万丈の世嬉の一だったんだなぁと思います。

そして、現在、多くのお客様やスタッフ、そして地域の人々に支えられて営業できることを、改めて感謝の気持ちがわいてきます。

たぶん、スタッフたちも同じ思いだと思います。

世嬉の一は今日も多くの人々に支えらえていることを感謝しつつ、元気に営業中です。


 

    -------------PR------------------  

バレンタインギフト好評発売中!

VTbana400

ご注文はこちら

 

    2月13・14日の2日間いわて蔵ビール祭りを開催します。

    12366221_743138152484775_7623779472583123315_n

    いわて蔵ビール周年祭を開催します。

    現在、500円お得な前売り券発売中!

    詳細はこちら

    社長と走ろう!天下の奇祭!大原水掛まつり 2月11日

    水かけまつり2016ポスター 小

    男性のみ限定、女性はみるだけ!水掛祭りに参加して今年をすばらしい年にしませんか!?

    男性参加費10000円(内容、水掛祭り参加費5500円(さらし、わらじ、手ぬぐい等、必要なければ大丈夫です)その他、交通費、宴会費です!

    詳細はこちら

この記事だけを表示

被災地からのレポート2016年1月18日 18:54

四代目 シンガポール渡航記 その4 帰国編

DSC_0294

今日はシンガポール最終日。

夜の飛行機で日本へ帰ります。

その前に、四代目は町の様子をもう少し知りたいと、観光アイランド「Sentosa島」に行くことにしました。

ここは、カジノやUFJ、水族館、ホテルなど大規模リゾート地です。

そこで飲み物やその他はどんな様子か・・・といいつつ、最後はちょっと休みたいとも思いつつ・・・来ました。

市内から電車にのってすぐでした。

島に渡る際に、無料の電車と、山に登ってロープウェイで行く方法があります。

何でも高いところから見てみたいと、迷わずロープウェイで行きました。

町が一望でき、様々な事を感じました。

DSC_0277

高速にの先にある、高層ビルディング。また、まだまだ工事中のところが多く、大型クレーンがところどころにあります。

 DSC_0276

そして、まだまだ建設ラッシュの国営住宅。

現地の人に聞くと、50階だての国営住宅もあり、どんどん建設されているそうです。

人口が増え、活気があるというのがわかります。

そして一番感動したのが次の風景。

DSC_0280

大型タンカーがかなりの数往来しています。

輸出入の拠点として、活気があるのがわかります。

あるインポーターがシンガポールに来ている、酒・ビールを荷卸ししないで、ここで経由してタイ、インドネシア、マレーシアに再輸出しているというのもわかります。

すごい数に圧倒されました。

DSC_0275

そして遠くに見える恐竜の首のようなところ・・・これでコンテナの荷卸しをしていました。

近くに見に行きましたが、すごい量です。圧倒されました。

これをみただけで、私は可能性と活気と様々なものを感じました。

私自身、あまり勉強できる方ではないので、やっぱり、行って見て、体験しないとなかなかわからないものです。

DSC_0279

そして豪華客船の上を通り過ぎ、セントーサ島に渡りました。

下には、USJ、大型水族館、カジノ、ホテルなど豪華リゾート地が・・・・

そして到着地には・・・馬鹿でかいマーライオン。

やはりマーライオン押しですね。

DSC_0285

まるで釜石大観音。大きいだけである程度集客あるんですね~。すごい。

あとは、ビーチでゆっくり考え事しました。

なかなかせっかち君なので、こういうゆっくりした時間がないのでよかったです。

DSC_0293

ビーチからもタンカーの往来が見えつつ・・・シンガポールで感じたことをまとめました。

1.人口が増えている地域は基本活気がある!

2.アメリカとはまた違った多民族国家なので、いろいろな文化を受け入れてくれる。ただ、わかりやすく伝える工夫が必要。

3.シンガポールだけでなく、周辺諸国に波及することを考える。

4.若い人のやる気がすごい!

5.なんか可能性が大きい!!!!!!!!!!!

6.来てみなければわからないなぁ~

7.なんかめちゃくちゃやる気出た!!!!!!!!!

8.いわての魅力を酒ビールを通して世界に伝えるぞ!!!!!!

と思いつつ、ビーチで寝てしまいました・・・・

ゆっくりしたし、スイッチOFFにしてビールのもう・・・

ビール島

お洒落な海の家的バーで地元タイガービール600mlオーダー・・・20ドル(1700円くらい)高いね~。

海を眺めながら美味しくいただきました。

DSC_0294

遠くのタンカーにいわて蔵ビールや清酒 世嬉の一が積まれてやってくるのを想像してました。

楽しみですね~(ほぼ妄想です)

DSC_0299

そろそろ、空港へ移動。今回の旅はかなり刺激と収穫がありました。

駅にいても、多国籍民族であるので、中国語、インド系の人の言葉、マレー語、英語が飛び交い、とても心地よく聞こえてきます。

気温も活気もあつい国シンガポール、お世話になりました。

次は私たちのお酒やビールが岩手の魅力とともにお伺いしますね!

今日も世嬉の一は元気に営業しています。

・・・おまけ・・・

日本に到着したら大雪でした。

一関雪

この寒さ、雪の多さ・・・東北の魅力の一つだなぁ・・・

シンガポールの人たちにもこの雪を見せたいと思いました。

DSC_0292

寝そべっていたときの風景。

 

    -------------PR------------------  

VTbana400

ご注文はこちら

 

    2月13・14日の2日間いわて蔵ビール祭りを開催します。

    12366221_743138152484775_7623779472583123315_n

    いわて蔵ビール周年祭を開催します。

    現在、500円お得な前売り券発売中!

    詳細はこちら

    社長と走ろう!天下の奇祭!大原水掛まつり 2月11日

    水かけまつり2016ポスター 小

    男性のみ限定、女性はみるだけ!水掛祭りに参加して今年をすばらしい年にしませんか!?

    男性参加費10000円(内容、水掛祭り参加費5500円(さらし、わらじ、手ぬぐい等、必要なければ大丈夫です)その他、交通費、宴会費です!

    詳細はこちら

この記事だけを表示

被災地からのレポート2016年1月17日 00:55

四代目 シンガポール渡航記 その3

今日も四代目はシンガポールで酒とビールのトップ営業!

シンガポールに岩手を売り込んでくると意気込んでいます。

まずは、今日はシンガポールの人口70%以上を占め、高所得者が多いという中華系のかたがた・・・その町チャイナタウンにいってみました。

DSC_0266

春節前なので、すごいヒト。人々の声も大きく。すごく活気があります。

このパワー。現在の世界の購買力を担っているってわかる気がします。

ついでに、近くのアラブストリート&リトルインディアにいきました。

DSC_0267

まるで違う国。行きかうヒトがみんなインド系のかたがた。とにかく美男美女。目鼻立ちくっきり。

スコールがきたのかちょっと静かでした。ただ、マーケットの中に入るとトラディショナルな衣服がすごい!

DSC_0269

そして本日はシンガポールでうちのビールを少し販売してくれているチャールズさんと待ち合わせ・・・

まずはコーヒーショップに!じつは当社でここのオリジナルビールを醸造していました。

シンガポールからコーヒー豆が届き、それでコーヒービールを醸造しました。

DSC_0249

(すみません、おなかが出ているように見えますが、窓にうつっている店名をみせるようにへんな格好しています)

向かって左端の紳士がインポーターのチャールズさん。右がコーヒーショップオーナーのデニスさん。

DSC_0237

デニスさんは、コーヒー豆を輸入して自分で焙煎しています。

シンガポールの地元のヒトに人気のコーヒーショップでひっきりなしにヒトがきます。家族でくるコーヒーショップですが、

狭いので椅子はありません。コーヒーを飲むだけでなく、購入にもきているようです。

(店名:NYLON @Blk4Everton Park#01-04 0800004)

DSC_0235

DSC_0240

DSC_0234

焙煎機・・・これで麦芽も焙煎できる・・・・

DSC_0239

DSC_0238

DSC_0241

コーヒーの焙煎方法、品質管理などたっぷり講義を受けて、コーヒーを頂きました。

DSC_0243

美味しい!

そして彼のコーヒーで作ったビールがこれです。

DSC_0246

実は注文が殺到して300本が一瞬で売れたそうです。

DSC_0251 (1)

ラベルの画像をいただきました。右が日本でビール醸造、左がシンガポールでコーヒー焙煎。

素敵なラベルですね!

早速次の企画を頼まれました。CPAコーヒーペールエールだそうです!

もちろん快諾しました。

次は焼き鳥やBinchoへ

ネットで調べると好評価だけどちょっと高級だとか・・・

DSC_0262

店頭はこんな感じ・・・あれ?現地のヒトがランチをとっていました。

正直高級ではなく、うちのビールも置いている様子がない・・・

ということで、店のヒトに聞くと、おくの扉をあけていけと・・・

DSC_0261

奥にオシャレなカウンターが・・・・

いわて蔵ビールもありました。

DSC_0252

一番上に!しかも最高単価!22シンガポールドル(約1800円!)高!

一応、つくっているのはうちの会社だよとお伝えしてオーダーしました。

DSC_0255

シンガポールで山椒エール!そしておススメに従い、焼き鳥丼をオーダーしました。

な・なんとコース料理でした。

アペタイザーとして煮物がきて、サラダとから揚げといわれて写真のものがでてきました。

 DSC_0257

そしてメインの焼き鳥丼。スープと漬物、最期に抹茶アイスが出てきました。

DSC_0260

合計。55ドルのランチになりました。豪華!NYで一風堂に入ったときと同様の衝撃でした。

こんなに高くてもお客様ひっきりなしに入ってきます。私も座るところを無理やりカウンターの隅につけてもらいました。

そして若いヒトが多い。高取得者は若いヒトも多いのですね。

リッチなランチを食べたのでその分働かなければ!

そう、伊勢丹スコッツの販売会に戻りました。

DSC_0271

在庫がほとんどない!このおばちゃんがすごく売ってくれます。大吟醸50ドル高いね~。でも買うヒト買うよ!といってくれます。

すごく売ってくれました。ビールはもう完売です!

そしてもう一人。伊勢丹スコッツのバーカウンターのバリさん。

DSC_0273

うちの酒を気にきってくれてとにかくバーカウンターに来るヒトに売る売る!

次回は彼と一緒にのみに行こうと約束しました。

バーカウンターに座っている人たちもバリさんに言われてうちのお酒を買ってくれたヒトです。

嬉しいですね。

カタコト言葉でもなんか気持ちが通じるというのを実感しました。

世嬉の一の語源、世の人々を嬉しくする一番の酒造りを目指す。にちょっと近づいた感じがします。

今日も世嬉の一は、世界の人々の笑顔を見て元気に営業中です。

    -------------PR------------------

     

    ただいま、東京ドームで「ふるさと祭り」に参加しています。

    20160109_105155 (1)

    1月8日~17日(日)まで11時~21時まで

    いわて蔵ビールと清酒 世嬉の一を発売中です!

    http://www.tokyo-dome.co.jp/furusato/

     

    2月13・14日の2日間いわて蔵ビール祭りを開催します。

    12366221_743138152484775_7623779472583123315_n

    いわて蔵ビール周年祭を開催します。

    現在、500円お得な前売り券発売中!

    詳細はこちら

    社長と走ろう!天下の奇祭!大原水掛まつり 2月11日

    水かけまつり2016ポスター 小

    男性のみ限定、女性はみるだけ!水掛祭りに参加して今年をすばらしい年にしませんか!?

    男性参加費10000円(内容、水掛祭り参加費5500円(さらし、わらじ、手ぬぐい等、必要なければ大丈夫です)その他、交通費、宴会費です!

    詳細はこちら

この記事だけを表示

被災地からのレポート2016年1月15日 10:06

四代目、シンガポール 渡航記その2

DSC_0197

本日もシンガポールより・・・

このビル地震きたら大丈夫なのかなぁ・・・と思ってしまいます。

DSC_0166

さて、本日、伊勢丹スコッツにきております。関西空港主催?のITADAKIMASUフェアに参加させていただきました。

ばっちり「いわて蔵ビール」をPRしていますが・・・・こんな感じで・・・

DSC_0168

IMG_20160115_203049

売れているのは、実は日本酒!大吟醸、純米吟醸。

少ししかもっていっていなかったので、急いで追加!

この品質でこの価格は安い!とのこと。正直反応にびっくり。

日本の倍くらいの根付けですが、現地のインポーターに聞くと、3倍くらいが普通だそうです。

その後勉強会にいきました。

IMG_20160115_103058

シンガポールでは、中華系が7割をしめ、そこがターゲットです。

味は濃いのがいいそうです。ただ、佃煮は売りにくい。(あましょっぱいは難しい?)

シンガポールから近隣にさらに輸出する場合もある。

人口500万人。急増中だそうです。

一人当たりの所得は日本人よりあり、モノは高い。

などなど。

こないとわからないことも結構おしえていただきました。

その後商談会。

私たちのブースにはひっきりなしに来てくれました。通訳さんが上手に通訳してくれますが、

私のブロークンイングリッシュでなんとか話してみると試みる。多分、心は通じているような・・・

DSC_0215

最初の紳士と女性の二人は、日本酒のインポーター。岩手の商品は扱っておらず、ぜひとのこと。

中華系レストランにも日本酒はいいよとのこと。新潟には何度もいっているよとのこと。

ぜひ岩手にもきてね、と伝えました。

クラフトビールは利益が取りにくい・・・と正直な反応。

DSC_0217

次の兄弟みたいな方も日本酒を探しているとのこと。とにかく高級志向。面白いですね。

DSC_0219

次はクラフトビールを扱いたいという日本人の方。シンガポールで結婚されて、地ビールというレストランを経営もしているそうです。

さらにクラフトビールを周辺諸国にもおくっているとのこと。日本のクラフトビールはこのヒトを通してシンガポールにきているのがおおいようです。

さらに、いわて蔵ビールにもきているとのこと。びっくり!

DSC_0221

次は、シンガポールでほっともっとややよい亭を展開しているとのこと。

新規店舗を高級化するのでクラフトビールと日本酒をさがしているとのことでした。

DSC_0223

このかたがたも飲食店。うちのオイスタースタウト飲んだことがある。美味しいとのこと。

自然発酵ビールと山椒がきになっていること。だんだん、私もなれて仲良くなってきました。

DSC_0225

最後はうにを仕入れているヒト。とにかく明るい!

彼はタイに山椒エールを輸出したいとのこと・・・

4時間ひっきりなしだったので少々つかれましたが、とても勉強になりました。

沢山お会いした中から、ベストパートナーを探さないといけないなぁ・・・

その後、みんなで懇親会。

総勢40名。

関西のかたがたです。

IMG_20160115_234028

関西のかたがたは本当に元気!私も見習おうと思いました。

リバーサイドのレストランバーのようなところで懇親会だったのですが、次はタイだねとか、インドネシアはなど、商談会ではなく、販売会を目的にしているようです。ん~すごい。

さらに、ネットで海外にお茶を販売している方もいて勉強になりました。

昔より確実に距離は縮まっているんだなぁ・・・・

最後に、関西の三本締め?なんか道頓堀にいるような気分でした。

IMG_20160116_001414

夜9時半からスタートしたこともありますが、終わりは12時半!

みんなパワフルだなぁと思いつつ、様々なことを感じ、考えた一日でした。

世嬉の一は、世界に岩手の魅力を広げる決意を固め、今日も元気に営業中です!

    -------------PR------------------

     

    ただいま、東京ドームで「ふるさと祭り」に参加しています。

    20160109_105155 (1)

    1月8日~17日(日)まで11時~21時まで

    いわて蔵ビールと清酒 世嬉の一を発売中です!

    http://www.tokyo-dome.co.jp/furusato/

     

    2月13・14日の2日間いわて蔵ビール祭りを開催します。

    12366221_743138152484775_7623779472583123315_n

    いわて蔵ビール周年祭を開催します。

    現在、500円お得な前売り券発売中!

    詳細はこちら

    社長と走ろう!天下の奇祭!大原水掛まつり 2月11日

    水かけまつり2016ポスター 小

    男性のみ限定、女性はみるだけ!水掛祭りに参加して今年をすばらしい年にしませんか!?

    男性参加費10000円(内容、水掛祭り参加費5500円(さらし、わらじ、手ぬぐい等、必要なければ大丈夫です)その他、交通費、宴会費です!

    詳細はこちら

この記事だけを表示

被災地からのレポート2016年1月14日 10:08

四代目 シンガポール渡航記 その1

 

DSC_0199

四代目、シンガポールに来ております。商談会と販売会。

JETROさんと関西空港さん、仙台JETRO、77銀行さんが協賛で開催しているイベントに、なぜか「世嬉の一も参加しませんか?」

ということで参加しました。

明日が商談会ということで、深夜の飛行機でシンガポールに到着。

まずは、お決まりの場所で撮影させていただきました。

3日間、マーライオンさんラッキーな商談会にしてくださいね。

DSC_0171

まずは、朝食、カタコト英語でもなんとなる。牛の腸がのったそばと餃子?を注文。おいしかったです。

そして市場調査、まずは、シンガポールのブルワリーに行ってみることにしました。

DSC_0174

雪の岩手とマ逆の暑さ。湿度78%。ビールうれるだろうな・・・と運河沿いを歩いていると・・・

ありました。シンガポールの地ビール。ビアワークス。

DSC_0175

おしゃれですね。ブルワリーパブのようです。

ブルワーさんにも会いましたが、英語圏の方のよう。

IMG_20160114_131652

お客様も西洋人系の方が多いですね。

早速テイスティングセットを頼みました。

IMG_20160114_132512

美味しいですね~。シーズなるも豊富にあり、昼間から結構飲まれている方が多いようです。

IMG_20160114_134037

季節限定ビールのシングルホップペールエールもいただきました。アメリカンスタイルのビールですね。

DSC_0194

そのまま歩いていくと、もう一件発見!ここはシンガポール以のブルワーさんがやっているビールレストランのようです。

日本の岩手からきて、ビールも造っているんですよ。というと、気さくに案内。

DSC_0195

カウンターの中にいれていただき、写真もとりました!

DSC_0193

ビールはこれまた様々な種類。緑色のビールはラガービール。どれもさっぱりしていました。

右から二番目はドラゴンフルーツビール。

店員さんに聞くと、女性にうけるビールと、男性用とあるとのこと。

多様な社会なので、様々な種類が展開できるのかなぁ?

 

川沿いのお店はそのほかに日本酒を扱うお店も多々ありました。

ただ、高い!!!ちょっと昼間からは気が引けて入れませんでした。

DSC_0191

南部美人さんもありましたよ!呼び込みのお姉さんと話をすると、日本酒は人気とのこと。

ただ、ビアバーのお姉さんと話をすると、日本酒を飲んだことがないとのこと。

どちらもまだまだ市場はひろがるのだなぁ・・・一部でしか知られてないのだなぁと思いました。

そして、ビール会社の方に聞いた日本人オーナーで日本の地ビールだけ扱っている店があるからいってみらとのこと・・・

早速探していってみました。

オシャレなビルの一等地にその店はありました。そのまま「地ビール」

DSC_0203

DSC_0204

残念ながらうちのビールは置いてませんでしたが、興味をもっていただきました。

嬉しいですね。

DSC_0205

550万人も住んでいて、ここ10年で人口がかなり増加しているとのこと。

一関市は、ここ5年で7000人減少(村1個分)、東北は5年で35万人(県庁一個分減少)。

増加しているまちをみると活気があるなぁと思ってしまいます。

私たち世嬉の一がシンガポールに商品が進出することで、岩手のよさをつたえ、日本に来たとき、岩手に遊びに来てもらいたいなぁと思いました。

世嬉の一は岩手を輸出しようと世界に向かって元気を発信しています!

 

-------------PR------------------

 

ただいま、東京ドームで「ふるさと祭り」に参加しています。

20160109_105155 (1)

1月8日~17日(日)まで11時~21時まで

いわて蔵ビールと清酒 世嬉の一を発売中です!

http://www.tokyo-dome.co.jp/furusato/

 

2月13・14日の2日間いわて蔵ビール祭りを開催します。

12366221_743138152484775_7623779472583123315_n

いわて蔵ビール周年祭を開催します。

現在、500円お得な前売り券発売中!

詳細はこちら

社長と走ろう!天下の奇祭!大原水掛まつり 2月11日

水かけまつり2016ポスター 小

男性のみ限定、女性はみるだけ!水掛祭りに参加して今年をすばらしい年にしませんか!?

男性参加費10000円(内容、水掛祭り参加費5500円(さらし、わらじ、手ぬぐい等、必要なければ大丈夫です)その他、交通費、宴会費です!

詳細はこちら

この記事だけを表示