世嬉の一酒造 蔵とビールファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2013年1月8日 11:19

チャリティーコンサート急遽開催決定!

急遽決定!チャリティーコンサート開催【入場無料】

今週木曜日に無料で行う企画が急遽決まりました。
(昨日まりました)
世嬉の一酒造の石蔵クラストンにてハンドベルの素敵な音楽演奏や
被災地の映像と詩の朗読をピアノに合わせて行う素敵なコンサートを行います。
被災地支援の一環で一ノ関でも開催していただけるとの事です。
ぜひ皆様遊びに来てください。

【日程】1月10日(木)
【時間】18:00開場、18:30開演~19:45(演奏終了)
【場所】石蔵クラストン
【公演内容】

第一部 修紅短期大学学生によるハンドベル演奏

第二部 映像と朗読とピアノ演奏
朗読:北村 智恵
ピアノ 望月 優
(プログラム)

1.私達は忘れない ~朗読とピアノのための~
(東北大震災被災者詩集より)
2.きつねのおきゃくさま
3.音楽の玉手箱(オルゴール)
4.雪はおどっている「子どもの領分より」
5.幻想曲 ニ短調 K397
6.スケルツォ 第一番 ロ単調

主催:東日本大震災 被災遺児のためのチャリティコンサート実行委員会
後援:バッハ研究会、世嬉の一酒造株式会社


ハンドベルの様子です。修紅短期大学の学生さんはいつもがんばっています!


朗読や歌の音楽教育家 北村先生のご紹介

音楽学・音楽教育家。
ピアノ指導、楽譜の監修・校訂、作・編曲、CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノート・新聞・ 音楽雑誌への執筆等、長年に及ぶ。相愛大学「ピアノ教授法」・「音楽学演習」講師。
朝日カルチャーをはじめ、全国各地でピアノ指導者のための講座・公開レッスンの講師をつとめる一方、 学校関係や、教育セミナーの講演も多い。
日頃クラシック音楽に疎遠な人たちのためのコンサートを企画しコメンテーターとして、クラシック音楽 の普及に尽力、94年より毎年、大阪府文化振興財団(現・大阪府立文化情報センター音楽情報サロン) 主催の「セミナー・コンサート」の講師を9年間つとめ、また「阪神大震災救援コンサート」のチャリティー 活動も10年間続けた。
‘97年地域における福祉・文化活動への功労として『ライオンズクラブ高槻基金』を受賞。時折出演しているNHK 「ラジオ深夜便 ないとエッセー」においても音楽と社会の接点を語り広く共感を得ている。
専門のショパン研究においては、2003年よりショパン作品全曲レクチャーコンサート・シリーズ 「ショパンへの道」を企画し講師をつとめ、好評を博している。
音楽教育図書、ピアノ曲集など著書多数。なかでも、「シルバーエイジの今からピアニスト」は、 日本で初めての高齢者を対象にしたピアノ教則本として、各方面から大きな反響をうけ、その指導内容 や発表会の模様が、NHKのテレビ番組「にんげんドキュメント」として放映され、全国及び世界各地から 大きな話題を呼んで何度も再放送された。また2004年9月に出版された「ピーターラビット ピアノの本」(全音楽譜出版社)は、イギリスの原作絵本「ピーターラビットとその仲間たち」の各場面を 「ピアノ導入書」として作曲構成された世界で初めてのピアノの本で、その指導上の工夫や画期的な内容が 専門家の間で高く評価されている。

 
------------PR----------------------

クリックで挿入
杜氏や蔵元が飲んでいるそのままのお酒を頒布会に!

----------------------
世嬉の一に1万円からの投資に参加しませんか?
世嬉の一では、マイクロ投資ぷラットフォーム ミュージックセキュリティーズ様の
ご協力で「蔵とビールのファンド」を開催しています。
小原友輔げ設計して建てた蔵を街づくりに活用するために、蔵とビールのファンドをつくりました。
-----------------------