KFアテイン雪滑り塗料ファンド ファンドニュース 2014年07月

被災地からのレポート2014年7月15日 17:39

晴れました!!

こんにちは。技術の小野寺です。

今日の仙台は快晴で、気温も30℃を超え、夏らしい天気となっています。

しかし、まだ梅雨明けではないそうで、また雨が降るのかと思うと、

残念な気持ちになります。早く梅雨明けして毎日カラッと晴れてほしいものです。


 

さて、今日はこの晴れの日を利用して屋外でテストプレートを乾かしました。

雨が続いている期間にも同じようにテストプレートを作成する機会があったのですが、室内や強制乾燥での乾燥だったため下地がうまく乾かずに失敗してしまうこともありました。

強制乾燥でも低い温度なら問題がないようですが、あまり高い温度で乾燥させてしまうとちぢみ現象が発生しやすくなり、塗膜表面がぼこぼこしてしまう現象が起きるようです。

そのため酸化重合タイプの雪王は室内や強制乾燥よりも、風があって酸素に多く触れられる屋外で乾燥させる事が一番いいようです。

やはり自然は偉大ですね。(笑)


 

テストプレートはお客様に直接、色や水すべりを確認して頂けるものです。

テストプレート1枚でお客様の雪王に対する印象が決まってしまうものだと思います。

 

そのため、技術として雪王に対して少しでも良い印象をもって頂けるようにこれからも

塗装の技術の向上や、作業内容の工夫をしてテストプレート1枚で

「雪王は素晴らしい塗料だ。」

と思っていただけるように努力していきたいと思います。

この記事だけを表示

被災地からのレポート2014年7月11日 19:25

除雪車

こんにちは♪

経理の熊谷です^^ 蒸し暑いけど雨・・・早く夏がこないかなっ♪と毎日思っています。

春と秋という暑くも寒くもない時期が好きなので、個人的には夏をすっとばして秋でもよし!と思います。

が、冬は寒いし灯油代がかかるので、冬は当分来なくてよし。・・・・といってここでツベコベ言っても変わりゆく季節は変えられないので、あきらめて今を楽しもうと思います。笑

 

さて、この度は、除雪車について私が感じていることを書きたいと思います。

KFアテインに入社して、塗料の勉強会や日々営業チームのミーティングなどを聞いて、除雪車やロータリーなどに雪がへばり付いて取れなくなる様や、そのへばり付いた雪を現場作業員の方がスコップなどでとる大変さなどを想像していました。

しかし先週、営業の林に秋田のお客様のところへ訪ねた時の写真やビデオを見せてもらい、私の想像していた「ザビ剥がし作業」や、「塗装作業」、除雪車自体も違うことが多く、とても驚きました。

ロータリーで巻込み事故が起きてしまう原因や、シュートに大量の雪が詰まった場合の除雪方法等、話を聞いて想像していたものと、現実が大きく異なり驚きました。

林さんの説明は、臨場感が伝わってくるのでそれだけでも、どんなに現場作業員の方が過酷な労働をされているのか、また除雪をする作業にどんな危険がついて回るのか、「えー!!!!そうだったんですか!?」ということが多かったです。


 

(ここからは私の想像の範囲です。もっと違う理由などはあると思いますが)

・国や市の方は、現場作業員の方を思うと、少しでも効率の良い作業が出来るように考えながら、予算内に納めるという苦悩。

・整備業者の方は、長時間同じ姿勢・中腰のままという肉体的苦労を伴うため、作業の効率化を考えなければならない。(雪王は雪の滑りを重要視した塗料なので、少々乾くまでに時間を要します。が、効果は抜群!)

・現場作業員の方は、限られた除雪作業時間の中で、全力で市民の為に除雪作業をするのに、いちいち詰まる重い雪のせいで効率も上がらず寒さとの戦い、更に雪の除去作業中に命を落とす恐れもある事故と隣り合わせ。

様々な立場のお考えや方針がある中、私たちは営業により多くのお客様へ出会えること、そして多くのお客様に雪王という商品を知って頂くこと、さらに 実際に使ってこれから起こるかもしれない問題を未然に防ぎ、「雪」が原因で苦労されている方を少しでも早く減らせるようKFアテインスタッフ一同、日々精 進して参りたいと思いました。

 

下の写真は、「雪王」で塗装して頂いた、ハイド板とロータリー車のオーガ・ブロア部分です!

この冬の除雪作業で、作業軽減のお役に立てますように♪

 

驚きが大きく、それを伝えようとつい長文になってしまいました(汗

では、今日も良い一日をお過ごしください♪^^

この記事だけを表示

被災地からのレポート2014年7月9日 18:22

雪王の塗装立会いをしてきました!

KFアテインの林です

いつも弊社ブログをご覧頂きましてありがとうございます。


先日、秋田県の市町村様で雪王の塗装立会いをして参りました。


今回は、除雪ドーザ3台のハイドバンへ試行して頂きます。

除雪車の近くに行ってみると、ハイドバンがサビていたため、まずはケレン(サビ落とし)作業からスタートです。


サンダーという器具を使用してサビ落としを行います。

私自身、サビ落としはヤスリの経験しかなかったため、「是非やらせてください!」と塗装業者様へ無理を言って、サンダーでのサビ落とし作業をやらせて頂くことになりました!


あまり上手くありませんが・・・


写真のような状態まで50分掛けて丁寧に磨きました。


サビを落とした後はいよいよ塗装です。

気温30度でカラッとした青空の多い日と気候に恵まれたこともあり、業者様に塗装して頂いた雪王は今日も気持ち良さそうに約3時間で指触乾燥(指で触っても指紋や傷がつかない状態)まで乾燥していました。

(塗装開始10:40、塗装終了10:55



こちらの市町村様は、除雪稼働時間が年間で350700時間と非常に雪深い地域です。

今回試行して頂いたことで、オペレーター様(除雪車の運転手様)が少しでも安全に除雪作業を行えるようになればと、今から冬が楽しみです!


サビ落としを経験しての感想は、正直とても大変だったということと、ハイドバンは比較的サビ落としがしやすいため、ロータリ除雪車や散布車の下回りのサビ落としは何倍もの時間と労力が必要だと身に染みて感じた瞬間でした。

特に散布車の下回りは、融雪剤の散布量が多い所だと鉄に穴が空いたり、折れたりと腐食が最も激しい部位で、下回りのサビ落としは1番大変な作業です。

散布車の下回りへ弊社商品、重防食塗料「鉄王」を塗装して、その上から雪王を塗装して頂ければ、従来よりもサビの進行や発生を大幅に抑えることができます。

今回サビ落とし経験をさせて頂いたことで、改めて雪王と鉄王をもっと多くのお客様にPRしなくちゃ!と感じました。

 

いつも大変お世話になっている多くのお客様や、投資家の方々へ、

少しでも恩返しが出来るよう、私は営業という立場で、心と笑顔と商品を精一杯お届けしていきます。

この記事だけを表示

被災地からのレポート2014年7月2日 19:54

ようやく“雪シーズン”が終わりました!なぜ???

KFアテイン株式会社 代表の川又です。ご無沙汰しております。

7月になり重機用雪滑り塗料やスキーワックスを製造販売する弊社の2013-14年期の“雪シーズン”が終わりましたのでまとめてご報告させて頂きます。

 

まずは、なぜ6月までが“雪シーズン”なのか?

除雪車などの整備は冬が終わるとすぐ春整備をする地域と、冬の除雪に向けて、直前の秋に整備する地域がございます。桜の開花とともに春整備をされる 地域の自治体様や整備業者様から重機用雪滑り塗料「雪王」のご注文を頂きます。遅くまで除雪車が活躍する北海道などではその整備作業が概ね6月まで続くの です。

 

写真は今シーズン活躍してくれた重機です。整備塗装して、来シーズンの除雪作業に備えます。

従いまして「雪王」の出荷は3月4月と8月9月が最も多く、5月から7月にかけてはご使用後の感想をお聞かせ頂いたり、秋整備のお客様へ「雪王」の PRをさせて頂いたりと、営業スタッフがフル稼働となります。お客様からお問い合わせのお電話を沢山頂く際には、営業事務も経理担当も全員が営業スタッフ をサポートします。

 

大変嬉しいことに「雪王」は前シーズンに比べ、3倍の売上アップという結果となりました。「雪王」を採用いただいた自治体様の数も増え、“除雪車には「雪王」”という商品が浸透して参りました!

 

写真は重機用雪滑り塗料「雪王」と後ほど紹介いたします屋根用雪滑り塗料添加剤「陸王」です!

被災地応援ファンドへの参加もご縁でご紹介頂きまして、震災から1年後の2012年3月から原材料費の購入資金等を使途として募集を開始し、 2013年7月に合計451名の方々からの応援を頂きファンド満額となりました。ちょうど1年前ですね! 本当にありがとうございます!

 

昨年の今頃、ファンド満額になる直前に東京で技術者の方が集まる会合で、「東北発・機能性(雪滑り)塗料を雪国へ ~ベンチャー企業の挑戦~」とい うタイトルで講演をさせて頂き、その発表資料をこちらのブログでもアップさせて頂きました。スタッフ全員が一丸となって「わかりやすく」を意識して作成し た資料の効果だと思いますが、雪のあまり降らない首都圏の方もKFアテインに関心を持って頂き、ご理解をいただけるようになり、それからほどなくしてファ ンドが満額となりました。

あれから1年経ちまして、各種の数字や進捗に関しましては、ミュージックセキュリティーズ様より報告があると思います。

 

7月から9月の間は屋根用雪滑り塗料添加剤「陸王」の出荷が最盛期となります。また、更なる品質の向上を目指して改良や新機能の開発にも力を入れておりますので、KFアテインは夏も活発に活動します!

(「陸王」は東北3県と北海道・・長野に塗装施工代理店がございます。詳しくはKFアテインホームページをご覧下さい)


 

未熟者の私たちを応援してくださる提携先さんや特徴ある機能性塗料を活用してくださるアイディアをお持ちの方を募集しております。お問合せはお電話もしくはKFアテインのホームページの“お問合せ“からお寄せ頂ければと思います。

(ミュージックセキュリティーズのブログで見た! とお伝え頂けると幸いです)

 

KFアテイン株式会社

http://www.attain-wax.com/

TEL 022-355-2701

FAX 022-355-2702

この記事だけを表示

被災地からのレポート2014年7月1日 20:54

ピカピカの雪王☆

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます!

KFアテイン営業の土屋です!(^^)!

私たちの会社は仙台にありますが、、最近は晴れたり急に雨が降ったりといったお天気です。

 

いよいよ7月ですね♪

今日は社内の月初ミーティングを行いました。

私たち営業は担当の県を決めているので、自分が担当させて頂いている県のお客様に、どのように雪王をお知らせしていくのか?

どんな情報をお届けしていったら、お客様のお役に立てるのか?などをみんなで真剣に話し合いました。

そして、また新たな気持ちで、社員一同、一致団結して頑張ろう!という気持ちになりました!!


 

今日は「雪王」についてお話をしたいと思います。

写真は、今年4月に雪王を塗装して頂いたロータリー車です☆

見てください!ツヤツヤでピカピカ☆ですよね!

今冬、雪王を塗装したこの車が、除雪作業の軽減につながり、作業をされるオペレーターの皆様のお役に立てることを切に願っています(^O^)

 

雪王の開発コンセプトは、『着雪を防ぐことで、除雪作業の軽減につなげたい!』 というものです。

ハイドバンに着雪した雪の除去作業や、ロータリー車の雪詰まり除去作業をするために、オペレーターさんはいったん車を降りて、スコップや棒などで雪を落とさなくてはなりません。

夜中、とくに吹雪の時は暗い中で除雪車のハザードは見えにくいですし、追い越そうとした車が衝突して事故になることも多いそうです。

また、雪の除去作業中に機械の誤作動などで腕を巻き込まれてけがしてしまう危険性もあり、除雪作業は本当に過酷で危険を伴う作業です。

 

弊社はもともとスキーワックスの製造販売をしている会社で、その雪を滑らせる技術を塗料に応用できないか?と考えたのが、「雪王」です!

ワックスの滑りの成分を充分生かすためには、丈夫な塗膜を作る必要があり、そのために、どんな樹脂を使うのがいいのか等を考えに考えた結果、「雪王」が誕生しました!

また、雪王には防錆剤が入っていることや、着色顔料を多く入れていることで、特に雪王の赤色は隠ぺい性が向上しております!

写真のロータリー車も、1回塗りでこんなにツヤツヤな仕上がりです☆

今まで、下塗りの錆止めや、色を綺麗に入れるためのサフェーサーという中塗りをしていた塗装業者の皆様からは、「雪王は下塗りいらないし、一回で綺麗に色が入るから

いいね!作業がしやすいよ!」と言っていただけております(*^^)v

 

今の時期、雪王を塗装頂ければ、雪王は気持ち良さそうに乾燥してくれます。

お天気の良い日には、社内で「今日は雪王の塗装に最高な日だね!」という会話がよくされています

(*^。^*)

引き続き、雪王についてのご感想やご要望をお聞かせ頂けたら幸いでございます。

一人でも多くのお客様に喜んで頂くため、社員一同、日々、全力でご対応させて頂きます。

ご不明な点やご要望などございましたら、弊社までお問い合わせくださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

KFアテイン株式会社

〒983-0034 宮城県仙台市宮城野区扇町4丁目9-13 ビジネスパーク114

TEL:022-355-2701 FAX:022-355-2702

アドレス:info@attaingroup.co.jp

この記事だけを表示