KFアテイン雪滑り塗料ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2014年7月9日 18:22

雪王の塗装立会いをしてきました!

KFアテインの林です

いつも弊社ブログをご覧頂きましてありがとうございます。


先日、秋田県の市町村様で雪王の塗装立会いをして参りました。


今回は、除雪ドーザ3台のハイドバンへ試行して頂きます。

除雪車の近くに行ってみると、ハイドバンがサビていたため、まずはケレン(サビ落とし)作業からスタートです。


サンダーという器具を使用してサビ落としを行います。

私自身、サビ落としはヤスリの経験しかなかったため、「是非やらせてください!」と塗装業者様へ無理を言って、サンダーでのサビ落とし作業をやらせて頂くことになりました!


あまり上手くありませんが・・・


写真のような状態まで50分掛けて丁寧に磨きました。


サビを落とした後はいよいよ塗装です。

気温30度でカラッとした青空の多い日と気候に恵まれたこともあり、業者様に塗装して頂いた雪王は今日も気持ち良さそうに約3時間で指触乾燥(指で触っても指紋や傷がつかない状態)まで乾燥していました。

(塗装開始10:40、塗装終了10:55



こちらの市町村様は、除雪稼働時間が年間で350700時間と非常に雪深い地域です。

今回試行して頂いたことで、オペレーター様(除雪車の運転手様)が少しでも安全に除雪作業を行えるようになればと、今から冬が楽しみです!


サビ落としを経験しての感想は、正直とても大変だったということと、ハイドバンは比較的サビ落としがしやすいため、ロータリ除雪車や散布車の下回りのサビ落としは何倍もの時間と労力が必要だと身に染みて感じた瞬間でした。

特に散布車の下回りは、融雪剤の散布量が多い所だと鉄に穴が空いたり、折れたりと腐食が最も激しい部位で、下回りのサビ落としは1番大変な作業です。

散布車の下回りへ弊社商品、重防食塗料「鉄王」を塗装して、その上から雪王を塗装して頂ければ、従来よりもサビの進行や発生を大幅に抑えることができます。

今回サビ落とし経験をさせて頂いたことで、改めて雪王と鉄王をもっと多くのお客様にPRしなくちゃ!と感じました。

 

いつも大変お世話になっている多くのお客様や、投資家の方々へ、

少しでも恩返しが出来るよう、私は営業という立場で、心と笑顔と商品を精一杯お届けしていきます。