斉吉商店ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2011年10月24日 21:50

【斉吉商店】 ご出資いただいた皆さまのお陰でガス式のスチコンを導入できました

皆様いつもいつも大応援をいただき、感謝申し上げます。


今日はファンドでご出資いただいたなかから一番初めに準備することができました、ただ今大活躍中の「スチームコンべクションオーブン」について、詳しくご報告させていただきます。


「スチームコンべクションオーブン」は、オーブンというだけあって焼くことはもちろんですが、スチームですから蒸すことができます。オーブンのように閉じた中で蒸すのですが、無圧です。時間と温度を決めて調理することができます。


斉吉ではこの機械を存分に使って様々な商品をつくっていました。特に魚介類を固くしないで、柔らかく加熱するために活躍していました。


以前は、「ホテルパン」というバットが30段のものが1機、24段が1機、10段が2機、6段1機と5台有りましたが、今回は写真の10段と、こちらはスペースの関係でまだ設置していませんが、6段2機購入させていただきました。

 

 


前に立っているのは金のさんま担当大臣の千加ちゃんですが、実は金のさんまを炊くときに欠かせない工程が、「スチコン(こう略しています)」にあります。はじめに表面だけ、さっとスチームをかけるのです。


それから今回さらに有難かった事を報告します。


気仙沼は被害が大きく、なかなか地元での工場再開できない理由のひとつに電力の問題があります。


通常、工場は「キュービクル」という大きなブレーカーのような働きをする機械を入れるのですが、これは前の斉吉の工場で「キュービクル」だけで450万位かかるものです。被害に遭って、電気が通ることもままならないなか、よその工場を借りることになっても、半年ほど借りるのに電気の容量を増やすことは大変なことでした。


次の自社工場に移るにつけても、冷蔵庫冷凍庫、空調はじめ、電気の容量は、ほんとに大きいのです。そこで、今回大きく電気を使うスチコンをガス式でお願いしました。


日本で「スチコン」はほとんどが電気です。早くご出資いただいたことで、時間のかかるガス式の発注がより早くできました。ヨーロッパでは、ほとんどがガス式です。


おかげさまで、他の冷凍庫等電気でなくてはならないものとガス式の「スチコン」と共存で、お借りした工場で順調に仕事ができています。「スチコン」の工程の後は、もちろん鍋になりますが、写真のように細かい泡が鍋の表面を覆い、とてもいい塩梅です。

 


自社仮設工場に引っ越せる日を楽しみに待ちながらも、中才工場で商品がつくれて幸せです。


ありがとうございます。


またご報告いたします。

 


斉吉


セキュリテ被災地応援ファンドへのお申込はこちら
http://oen.securite.jp/
 

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.