ニュースリリース

お知らせ2020年4月17日 21:00

新型コロナウイルスを受けたミャンマー政府の政策とMJIの事業方針について

/data/blog/archive/original/45047.jpg
2020年4月17日
 ミュージックセキュリティーズ株式会社
認定特定非営利活動法人 Living in Peace
 
 
新型コロナウイルスを受けたミャンマー政府の政策とMJIの事業方針について
 
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
4月2日にミャンマーの国内の状況及び匿名組合契約「LIPミャンマーMJI貧困削減ファンド1及び2」の投資先であるマイクロファイナンス機関「MJI ENTERPRISE Co., Ltd.」(以下、「MJI」)の事業方針についてお知らせ致しましたが、ミャンマーの金融規制局(Financial Regulatory Department、以下、「FRD」)が2020年4月6日付で新たに指令を発出し、MJIは事業方針を更新いたしました。その内容を、現時点におけるMJIの業績への影響と併せて、下記のとおり通知致します。
 
 
1. FRDの指令について
FRDは、4月6日付で以下の内容を含む指令をマイクロファイナンス機関に対して発出しました。
・4月6日から30日までの間、人の集団又は密集に対する、貸出、回収、預金、新規顧客の開拓、既存顧客へのトレーニングの提供を禁止すること
・当該期間中に出金可能な職員数は最大5名とし、緊急で融資、預金、返済が必要となった場合には政府の指示に従うこと
・コロナウイルスにより事業が悪化している顧客に対して返済を強制せず、返済時期を調整すること

2. MJIの事業方針について
MJIは、4月9日、FRDの上記指令を受けて以下のとおり事業方針を更新致しました。
・支店では、リモートワーク期間を4月30日まで延長し、5月4日から営業を再開する
・本店では、リモートワーク期間を4月24日まで延長し、27日から営業を再開する
・融資業務を、4月30日まで停止し、通常の融資を5月8日から再開する
・4月中に予定されていた融資は、5月中の申請と合わせて可能な限り実行する
・回収業務を、4月30日まで停止し、通常の回収を一括返済についてのみ5月4日から再開する
・顧客との連絡は、コロナウイルスや事業への影響に関する情報のみとし、回収にかかる内容は含まない
※但し、ミャンマー政府当局から追加の規制が発生した場合はこの限りでなく変更可能性がある

3. 業績への影響について
現時点でのMJIの事業への影響は以下のとおりです。
・コロナウイルスを除く通常延滞は順調に下がっており、3月末時点での返済遅延(Delinquency)合計約3,200米ドルで、0.08%の見込み
・コロナウイルスの影響で事業悪化している顧客が出てきており、3月末時点の返済遅延は合計約4,300米ドルで、2.62%の見込み
・コロナウイルスの影響で返済遅延となった顧客614名中510名が住むエリアがロックダウンされており現実的に回収が困難な状況
・これらを踏まえたキャッシュフローと事業経過報告書の改定版を作成しており、5月中に完了させる見込みとなっております。

4. 現在募集中の匿名組合契約「LIPミャンマーMJI貧困削減ファンド2」について
本ファンドは募集期間を2020年1月30日より2020年4月30日までとしております。今後の状況次第では変更の可能性もありますが、現時点におきましては、予定通り4月末まで募集を継続し、5月にはファンド資金をミャンマーへ送金いたします。
  
 
【本件に関するお問い合わせ先】
ミュージックセキュリティーズ株式会社 (担当:周) 
E-mail:chu@securite.jp
 
 
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.