世嬉の一酒造 蔵とビールファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2013年7月29日 12:14

本当のオイスタースタウトの復活の日になりました。

昨日までの大雨がやみ、とても気持ちのいい日になりました。
ゆりもきれいに咲いています。

そんな中、すごく!嬉しいお知らせです!
震災前に当社で醸造していたオイスタースタウトは全て陸前高田市の広田湾産の牡蠣でした。
マルテン水産の千田誠さんからお譲り頂いておりました。

あの3.11以来、千田さんの奮闘ぶりを陰ながら応援していたのですが・・・
この度、陸前高田の牡蠣で醸造することが可能になりました!

マルテン水産さん自体の復活はもう少し早かったのですが、
当社に卸すより外に販売した方が先方様のためになると思い、
この二年間、日本の様々な牡蠣を使用して醸造を続けておりました。
(一次、オイスタースタウトの醸造を中止した方がいいか悩みましたが、
一度中止してしまうと復活できなくなるかとも思い、何とかつづけておりました。)

今日は久々の本来のオイスタースタウト醸造の初日です!
孝紀工場長と香りが違う!新鮮さが違う!と感動していました。

千田誠さんから届いた牡蠣です。

千田さんはこんな人です。

こんな牡蠣です。香りがよく、正直レストランで出してもいい感じです。
本来ならもっと後の季節にだすものですが、今回特別に出荷してもらいました。

殻も綺麗でしょう!

この牡蠣の身と殻をビール醸造に使用すると、とても濃厚で美味しいビールになります。
こんな黒いビールです。
牡蠣の殻は醗酵をよくしてくれます。身は黒ビールの奥行きをつくってくれます。

過去、アメリカのワールドビアカップでシルバーアワードも受賞しました。

今日は、その大切なオイスタースタウトの醸造初日です!

孝紀さんが煮沸釜に牡蠣の殻と身をいれます。

アルバイトの菅原君も一生懸命手助けします。





なんか、孝紀さんも背筋を伸ばして醸造しているようです。
この日の孝紀さんの日報には、牡蠣の香りやつやがよく、
千田さんの思いを引継ぎいいビールに仕上げるのために緊張したと記載していました。
 
沢山牡蠣を入れました。殻と身で総重量50KG!

約一ヶ月かかり美味しいビールに仕上がります。
私自身もこのビールの醸造を首を長くして待っておりました。
8月下旬には出荷できると思います。
それまで大事に大事に醸造管理をしていきたいと思います。

今日も世嬉の一は陸前高田から元気をもらって元気に営業中です!

---------PR--------------------------
お中元のご注文はこちら
↓↓↓


■お得な頒布会(ビール)■
クリックで挿入
ビール頒布会は7月から始まります。
頒布会のお申し込みはこちら
↓↓↓

■お得な頒布会(お酒)■
9月から始まる熟成生原酒頒布会があります。
こちらは、生原酒を低温熟成させ、8ヶ月以上のものをお送りします。
クリックで挿入
生原酒を数ヶ月低温熟成させたお酒は、まろやかで香りがより芳醇になります。
↓↓↓


クリックで挿入
コラボレーションビール(コーヒービール)はMSまで
↓↓↓

クリックで挿入クリックで挿入
現在は気仙沼の斉吉商店の「金のサンマ」が恩送りになっています。


クリックで挿入
ご贈答に・お誕生日に・お祝いに
名入れラベルのお酒
↓↓↓

夏ばて防止に甘酒はいかがですか?
クリックで挿入
こうじのあまざけ(ノンアルコール)
お子さんも安心の飲物です。
↓↓↓

クリックで挿入
Mast帆布×世嬉の一コラボグッズ
↓↓↓

■■■イベント情報■■■
地域の方の健康と楽しさのための童謡の会
誰でも参加できます。
(毎月第二月曜日)TEL:0191-21-1144
クリックで挿入
↓↓↓

ご家族で一生餅のお祝いは・・・
蔵元レストラン世嬉の一で!
クリックで挿入
↓↓↓