世嬉の一酒造 蔵とビールファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2013年5月17日 12:24

いわて蔵ビール アメリカに続き、シンガポールへ

シンガポールへ「いわて蔵ビール」が出発しました!

当社のビールがシンガポールで行われる、
シンガポールビアフェスタ2013に出品することになりました。
当社が行うのではなく、商社さんが東京で当社の商品を飲んで美味しかったから、
シンガポールの輸出のため、出品するのだそうです。

ビアフエスタでバイヤーさんが美味しいと思ったら販路が拡大しそうですね。

私自身、当社のビール工場は大きな工場ではないため、
輸出に関してはそれほど積極的では実はありません。
まだまだ国内に広げていくというスタンスです。

でも、次の考え方で海外進出をしております。
それは、「この地域の良さを地域の人に知ってもらいたい!」
ということです。

私たち岩手の小さな町で育ちました。
都会にいくと田舎自慢というのをあまりしません(東北人の性格でしょうか?)
私自身、学生時代上京したら、なるべく東京人になろうと努力し、
東北色を消していったほうがかっこいいと思ってました。
(関西の友人と広島の友人に感化されるなと一括されましたが・・・)

でも地元に帰ってきて、地域の人がもっともっと自分達の地域にプライドをもって、
良さをPRしたほうが、ここでの生活がもっともっと心豊かな生活ができると
思いました。

私達は、酒とビールを醸造しております。
この商売でなにか地域を活性化できないか・・・

そんな時、思い立ったのが輸出です。
ニューヨーカーやロンドン子がうちのビールを飲んで「美味しい!」
この「IwateKuraBeerはどんなところで造っているのだろう?」と思ってくれ、
そして、一ノ関に海外からも人さんが着てくれたら・・・
多分地域の人も嬉しくなるかなぁ・・・

それよりも、地域の人が自分達の地元のものが、
海外でも評価されるって地元の人が知ったら、
さらに地元自慢できる要素が増えるかなぁ・・・

そんな事を思っていつも輸出の話がくると取り組みます。

だから、輸出するビールも常に地域と関わりあるものにしています。
今回も「オイスタースタウト」や「ジャパニーズハーブエール山椒」を入れています。
震災で陸前高田の牡蠣を使用することが現在は難しいですが、
両方とももともと地域の食材を使用して醸造するビールです。

世嬉の一の活動の中で地域が元気になれば(特に心が!)嬉しいです。

世嬉の一は今日も自分達のビールに自信をもって元気に営業中です。

------------PR----------------------
クリックで挿入クリックで挿入
4月は気仙沼の斉吉商店の「金のサンマ」が恩送りになっています。


クリックで挿入
父の日に、ご贈答に・お誕生日に・お祝いに
名入れラベルのお酒
↓↓↓

夏ばて防止に甘酒はいかがですか?
クリックで挿入
こうじのあまざけ(ノンアルコール)
お子さんも安心の飲物です。
↓↓↓

クリックで挿入
Mast帆布×世嬉の一コラボグッズ
↓↓↓

クリックで挿入
大吟醸完成しました!!!杜氏の最高傑作です!
販売はこちら


美味しいマサジビールプロジェクトのビールはこちら
クリックで挿入
ご注文はこちらから
↓↓↓


■■■イベント情報■■■
地域の方の健康と楽しさのための童謡の会
誰でも参加できます。
(毎月第二月曜日)TEL:0191-21-1144
クリックで挿入
↓↓↓

ご家族で一生餅のお祝いは・・・
蔵元レストラン世嬉の一で!
クリックで挿入
↓↓↓