ニュースリリース

ファンド募集・告知2018年9月14日 19:06

震災で熊本県最古の酒蔵が損壊。日本一の酒蔵観光施設を目指す【通潤酒造新たな物語ファンド】の出資者が300人を突破

【通潤酒造新たな物語ファンド】の出資者が300人を突破

~震災からの復興、新たな挑戦~


1口数万円の少額からご出資いただけるインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」が組成する「通潤酒造 新しい物語ファンド」の出資者が、この度300人を超えました。
通潤酒造は、2016年の熊本地震で熊本で一番古い酒蔵含む11棟の蔵が損壊、酒4,000リットル分を失うなど大きな被害を受けました。本ファンドは、寛政四年(1792年)創建の寛政蔵をリノベーションし、観光拠点として内外から人の集う観光酒蔵へ、地域復興のシンボルとして再生させるためのファンドです。

【通潤酒造 新しい物語ファンド】 https://www.securite.jp/fund/detail/3266
/data/blog/archive/original/43546.jpg


インパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」が組成する「通潤酒造 新しい物語ファンド」の出資者が、この度300人を超えました。通潤酒造株式会は、敷地内になる寛政四年(1792年)創建の寛政蔵をリノベーションするための費用の一部として、2019年3月31日まで、総額31,500,000円の出資を皆様から募っております。

2016年4月12日に起きた熊本地震から約2年5か月がすぎ、多くの募金や支援が行われています。当社が運営する「セキュリテ」でも「セキュリテ熊本地震被災地応援ファンド」として被災から立ち上がろうとする事業者を出資を通じて応援しています。

「セキュリテ熊本地震被災地応援ファンド」の出資者は自ら選んだ企業へ応援の気持ちをお金に託す、返済義務のない寄付金が半額、出資金が半額で、元本保証のないあたたかな投資です。これにより、一刻も早い事業の復興を願う事業者の背中を後押しし、出資者は長期にわたり復興を見守るシステムとなっています。

「通潤酒造 新たな物語ファンド」は「セキュリテ熊本地震被災地応援ファンド」の一つとして2017年3月31日に立ち上がりました。約一年間で260名を超える出資があり、一度は募集を終了しましたが2018年8月8日、コンセプトの明確化などにより募集を再開しました。通潤酒造は、2016年の熊本地震で熊本で一番古い酒蔵含む11棟の蔵が損壊、酒4,000リットル分を失うなど大きな被害を受けました。本ファンドは、寛政四年(1792年)創建の酒蔵をリノベーションし、観光拠点として内外から人の集う観光酒蔵へ、地域復興のシンボルとして再生させるためのファンドです。

世界に向けて発信できる日本一の酒蔵観光施設を目指すため、これまで以上のご支援を賜りますようお願い申し上げます。


◆インパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」とは
セキュリテは、1口数万円の少額からご出資いただけるインパクト投資プラットフォームです。
※インパクト投資とは、経済的なリターンを求めるだけではなく、それぞれの地域で抱える課題や貧困や環境などの社会的な課題に対して皆様からの出資を通じて解決しようとする、経済的な価値と社会的な価値の両方を追求する新しい投資の仕組みです。


【本件に関するお問い合わせ先】
ミュージックセキュリティーズ株式会社 広報
メールアドレス: pr@musicsecurities.com​​